B型肝炎の造り方 前立腺肥大

2017-07-14 17:06:48 | JPS 健康
B型肝炎の造り方・・予防注射の回し打ち(医者は変)かつては幼児期(7歳まで)の輸血による感染が多かったが、現在では先進国では検査体制が確立したためほとんど見られない。針刺し事故や覚醒剤注射の回し打ち・刺青での針の再使用などもある。日本では、戦後から昭和63年頃まで行われた幼児期の集団予防接種における注射針や注射筒の使い回しにより、HBVウイルスが蔓延した。国は昭和23年には注射針・注射筒の連続使用の危険性を認識していたが、40年にわたり使い回しの現状を放任していた。現在、推定150万人の持続感染者(キャリア)の内、集団予防接種による感染者は30%前後と言われており、この集団感染訴訟は、2011年6月28日に国と原告との間で基本合意が締結し、2012年1月13日に特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法が施行され、裁判上の和解等が成立した者に対し、国は法に基づく給付金等を支給することになった。

 1993年頃B型肝炎の患者さんが来ました。なぜB型肝炎になったのか?「妊娠で、出産の時、輸
血でなった。」1年間足ツボに通い、「B型肝炎が正常に戻りました。医者からは、いつ戻るかわからない
よ。」と言われたみたいです。

B型肝硬変 ウィキペディアより

肝硬変(かんこうへん、英: Liver cirrhosis)は肝臓病の一つである。慢性の肝障害が進行した結果、肝
細胞が死滅・減少し線維組織によって置換され、結果的に肝臓が硬く変化し、肝機能が著しく減衰した状態
を指す。肝炎は可逆的であるが、肝硬変は非可逆的である。

JPS: 3ヶ月間(週一回)の足ツボとタンパク質・カルシウム・ビタミンDを外食以外は、なるべくとらな
いようにして、検査値・超音波検査が、正常値以下になった人がいるので、報告しておきます。ただし、バ
ラクルード併用。同時に、B型肝炎もウイルスが、消えた。医者は肝硬変は治らない。と言っている。

前立腺肥大症 ウィキペディアより
前立腺は解剖学的には膀胱の下で尿道を取り囲むようにして存在する臓器である。前立腺から分泌される前
立腺液は精液の構成成分で、体外に射精された精液中の精子を保護しエネルギーを補充する働きがある。年
齢とともに生殖能力が必要でなくなるために、前立腺は萎縮するか肥大するかの二者択一の道を選ぶ。昭和
30年代(1955年代)ごろまでは、日本人男性のほとんどが前立腺は萎縮の経過をたどっていた。ところが、食生活の向上・欧米化により、現在では80歳までに日本人男性の80%が前立腺肥大症になるといわれている。溢流性尿失禁(奇異性尿失禁) の原因となる。発症には人種や地理的要因による差異があり、頻度は東洋人が低く、次いで白人、黒人の順序で高くなる。栄養状態による差として、ビタミン類、脂質、タンパク質の過不足などが注目されており、緑黄色野菜の摂取量と発症率に相関があるとする見解もあるが、否定的な結果も示唆されている。 更に、「社会的環境」や「肉体的特徴」により発症に傾向があるとする見解もあるが、何れも正確な対照比較試験及び系統的な研究に乏しく、結論は出されていない。また、既往症や合併疾患との関連性、血液型、食事内容に関しても、研究が不足している。

検査
PSA血液検査(前立腺腫瘍マーカー)4~2.5ng/ml以下が正常値

JPS: 半年間(週一回)の足ツボとタンパク質を外食以外は、なるべくとらないようにして、検査値が、正常値以下になった人がいるので、報告しておきます。その方は医者で、脳外科医。「これからは、予
防医学に徹します。」「予防医学って言うのは、製薬会社の接待で、ゴルフに行かない事。」

JPS:警告

あなたの体は、食べ物で出来ている。
決してカスミからは出来ていない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガン・ウイルス性疾患・全て... | トップ | JPS スポック博士の検証 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む