JPS㈱ 足ツボ 大阪・京都

足ツボの施術と食事と健康
★大阪 月火木金日
06-6767-5528 
★京都 土 
 

スポック博士816-20子供の風邪◎◎

2016-10-19 17:48:20 | 育児
p816
Cold viruses can lower the resistance of the nose and throat to more troublesome bacteria, such as streptococcus and pneumococcus.
冷えたウイルスは、より厄介なバクテリア(例えば連鎖球菌と肺炎球菌)まで、鼻とのどの抵抗を下げることができます。

These germs often live in healthy people's noses and throats in winter and spring but do no harm because they are held at bay the body's resistance.
彼らが湾で体の抵抗にされるので、これらの細菌はしばしば冬と春に健康な人々の鼻とのどで生きないで、害を与えません。

It's only after the cold virus has lowered the resistance that these other germs get their chance to multiply and spread.
冷えたウイルスが抵抗を下げたあとだけ、これらの他の細菌は増えて、広がる彼らの機会を得ます。

They can then cause infections in the middle ears (otitis media), nasal sinuses (sinusitis) and lungs (pneumonia).
それから、彼らは中耳(中耳炎)、鼻腔(副鼻腔炎)と肺(肺炎)で感染症を引き起こすことがありえます。

To prevent a cold, avoid close physical contact with anyone who has one and practice good hand-washing (see page 588).
風邪を防止するために、1を持つ人は誰とでも近い物理的接触を避けて、良い手洗い(588ページを見ます)を行ってください。

You can increase your child's ability to fight off colds by helping her to eat and sleep well and by keeping your home as stress-free as possible (for example, keeping yelling to a minimum).
あなたは、彼女が食べて、よく眠るのを援助することによって、そして、家を(たとえば、最低限に叫び続ける)できるだけストレスがなくしておくことによって風邪を退けるあなたの子供の能力を増やすことができます。

Colds in the infant.
幼児の風邪。

If your baby has a cold in his first year, the chances are that it will be mild.
あなたの赤ちゃんが彼の最初の年の風邪をひいているならば、可能性はそれが穏やかであるということです。

He may sneeze in the beginning; his nose will be runny, bubbly, or stuffy.
彼は、始めに、くしゃみをするかもしれません; 彼の鼻は流れやすいか、陽気であるか、息が詰まります。

He may cough a little.
彼は、少し咳をするかもしれません。

He is not likely to have a fever.
彼は、熱がありそうでありません。

When his nose is bubbly, you may wish that you could blow it for him, but it won't seem to bother him.
彼の鼻が陽気であるとき、あなたは彼のために台無しにすることができたことを願うかもしれません、しかし、それは彼を悩ますようでありません。

On the other hand, if his nose is obstructed by thick mucus, it may make him frantic.
他方、彼の鼻が濃い粘液によって妨げられるならば、それは彼を半狂乱にするかもしれません。

He keeps trying to close his mouth and is angry when he can't breathe.
呼吸することができないとき、彼は口を閉じようとし続けて、怒っています。

The stuffiness may bother him most when he tries to nurse at the breast or bottle, so much so that at times he refuses, altogrther.
彼が、時々、全く、拒絶するほど非常にそう、胸またはビンで看護しようとするとき、息詰まりは彼を最も悩ますかもしれません。


Bubbling and obstruction can often be relieved by sucking the mucus out with a nasal syringe.
泡立つことと障害は、鼻音で粘液を吸い出すことによって、しばしば軽減されることができます。

Compress the bulb, insert the tip into the nose, and release the bulb.
球を圧縮して、先端を鼻に挿入して、球をリリースしてください。

The inside lining of the baby's nose is very sensitive, so don7t push too hard, and limit suctioning to times when it's really needed, such as before eating or sleeping.
赤ちゃん鼻の内部の裏は、非常に感度が高いです∥あまり激しく押さないで、そして、それが本当に必要であるとき時代まで吸引することを制限します、ような食べるか、眠ることの前に。

A drop or two of salt water may be put into the nostril before suctioning; let it sit there for about five minutes to soften the mucus before sucking it out.
低下、あるいは、塩の吸引する前に、鼻孔に入れられるかもしれません; それにそれを吸い出す前に粘液を柔らかくするためにおよそ5分の間そこに座らせてください。

Do one nostri at a time (babies hate this process but feel much better afterwards).
一度に1つの鼻孔をしてください(赤ちゃんはこのプロセスを憎むが、その後非常に気分がよいです)。


You can buy salt water (saline) nose drops at a drug store without a prescription; they are inexpensive, and save you the trouble of mixing up salt water drops yourself (see page 820 for instructions).
あなたは、処方なしで薬で塩(塩性の)鼻を買うことができます; 彼らは安価です、そして、あなたを除いて、塩をかき混ぜるトラブルはあなた自身(指示についてページ820を参照します)を落とします。

p817
Etxra moisture in the room sometimes helps to prevent the mucus in a child's nose from drying out.
部屋の余分の湿気は、乾燥することから子供の鼻で粘液を防ぐのを時々助けます。

If the obstruction is severe, the doctor may prescribe nose drops or an oral medication to use just before nursing.
障害が厳しいならば、医者は看護の直前に使用に点鼻薬または経口薬を処方するかもしれません。

The baby may not lose much of her appetite.
赤ちゃんは、彼女の食欲の多くを失わないかもしれません。

Usually the cold is gone in a week.
通常、寒さは一週間のうちになくなります。

Sometimes, though, a small baby's cold can last an unbelievably long time, even though it stays mild.
時々、しかし、たとえそれが穏やかなままでいるとしても、小さな赤ちゃんの寒さは信じられないくらい長い時間の間もつことができます。

When a cold lasts longer than two weeks, check with the doctor or nurse practitioner.
風邪が2週より長く続くとき、医者または正看護婦に確かめてください。


Of course, babies' colds can become severe.
もちろん、赤ちゃんの風邪は、厳しくなることができます。

They may lead to ear infections, sinusitis, and other complications.
それらは、耳感染症、副鼻腔炎と他の複雑化につながるかもしれません。

A sign that this may have happened is that the baby develops a fever a few days into the illness.
これが起こったかもしれないという徴候は、赤ちゃんが熱を病気へ2、3日発達させるということです。

If she has a frequent, deep, or wheezy cough, she should be examined by a doctor or nurse practitioner, even if she has no fever.
頻繁であるか、深いかゼーゼーいう咳にかかっているならば、たとえ熱がないとしても、彼女は医者または正看護婦によって検査されなければなりません。

The same applies if she looks sick with a cold.
彼女が風邪をひいて顔色が悪いならば、同じことはあてはまります。

Remember that a baby can be quite sick but not have a fever, especially in the first two to three months of life, when resistance to infection is low.
感染に対する抵抗が低いとき、特に生後最初の2~3ヵ月に、赤ちゃんが全く病気でありえるが、熱があることがありえないのを思い出してください。

A baby with a temperature of 100,5 or higher in that period should be checked by a doctor or nurse practitioner.
100,5の熱の、または、より高くその期間の赤ちゃんは、医者または正看護婦によってチェックされなければなりません。

Colds and fever after infancy.
幼少の後の風邪と熱。

Some children go on having the same mild colds, with no fever or complications, that they had during infancy.
熱または複雑化(彼らは幼少の間に持ちました)なしで、一部の子供たちは、同じ軽い風邪をひいてい続けます。

But it's more usual when children are over six months old for their colds and throat infections to act differently.
しかし、子供たちが違って行うために彼らの風邪とのど感染症のために6ヵ月以上いるとき、それはより普通です。

Here is a common story.
一般の物語は、ここにあります。

A little girl of two is well during the morning.
2の少女は、朝の間に健康です。

At lunchtime, she seems a little tired and has less appetite than usual.
昼食時で、彼女は少し疲れているようで、いつもより少ない食欲があります。


When she wakes up from her nap, she is cranky, and her parents notice that she is hot.
居眠りから起きるとき、彼女は風変わりです、そして、彼女の両親は彼女が熱があると気がつきます。

They take her temperature.
彼らは、彼女の体温をとります。

It's 102.
それは、102です。

By the time the doctor examines her, the temperature is 104.
医者が彼女を検診する頃には、温度は104です。

Her cheeks are flushed and her eyes are dull, but otherwise ahe doesn't seem particularly sick.
彼女の頬は洗浄されます、そして、彼女の目は鈍いです、しかし、さもなければ、彼女は特に病気のようでありません。


She may want no supper at all, or she may want a fair amount.
彼女はまったく夕食を望まないかもしれません、あるいは、彼女はかなりの量を望むかもしれません。

She has no cold symptoms, and the doctor has found nothing definite except that her throat is perhaps a little red.
彼女は冷えた徴候がありません、そして、彼女ののどがおそらく少し赤いこと以外は、医者は確かな何も見つけませんでした。

The next day she may have a little fever, and now her nose may begin to run.
その翌日、彼女は少しの熱があるかもしれません、そして、現在、彼女の鼻は走り始めるかもしれません。

Perhaos she coughs occasionally.
おそらく、彼女は時折咳をします。

From this point on, it's just a regular mild cold that lasts anywhere from two days to two weeks.
今後、それは、ちょうど2日から2週までどこでも続く規則的な軽い風邪です。

p818
There are several variations to this typical story.
いくつかのバリエーションが、この典型的物語にあります。

Sometimes the child vomits at the time her fever shoots up.
時々、子供は、彼女の熱が急上昇する時で吐きます。

This is particularly likely to happen if her parents have unwisely tried to get her to eat more of her lunch than she wanted.
彼女の両親があさはかにも彼女に彼女が望んだより彼女の昼食で多くのものを食べさせようとしたならば、これは特に起こりそうです。

(Always take a child's word for it when she loses her appetite.)
(常に、彼女が食欲を失うとき、子供のことばをそれと考えてください。)

Sometimes the fever lasts several days before the cold symptoms appear.
時々、熱は、冷えた徴候が現れる数日前に続きます。

Sometimes the fever lasts for a day or two then goes away without a running nose or cough taking its place.
時々、熱は1、2日の間続いて、そしてその位置をとっている継続鼻または咳なしで去ります。

The doctor may call it grippe or flu.
医者は、それをインフルエンザまたは風邪と呼ぶかもしれません。


p818
These terms are commonly used for infections that have no local symptoms (like running nose or diarrhea), only general ones (such as fever or a-sick-all-over feeling).
これらの用語は、一般的には、ローカルの症状(鼻や下痢を実行しているように)、唯一の一般的なもの(例えば、発熱または1-病人 - すべてのオーバー感覚など)を持たない感染症に使用されています。

You may suspect that this one-day fever is a cold that was stopped in its tracks: the child seems perfectly well for a day or two after her fever is gone then promptly develops a running nose or a cough.
あなたは、この一日熱が止められた風邪であると思うかもしれません: 彼女の熱がなくなって、そしてすぐに継続鼻または咳になったあと、子供は1、2日の間完全に健康なようです。


The point is that children over the age of six months may start their colds with a sudden fever, so don't be alarmed if this hapens.
点は、6ヵ月の年齢以上の子供たちが彼らの風邪を突然の熱で始めるかもしれなくて、それで、この場合びっくりしないということです。

You should, of course, always consult the doctor or nurse practitioner when your child falls ill with a fever; occasionally it may mean a more serious infection.
子供が熱で病気にかかるとき、あなたは、もちろん、常に医者または正看護婦に意見を聞かなければなりません; 時折、それはより重い感染症を意味するかもしれません。

When children are five to six years old, they're more likely to start their colds with little fever.
子供たちが5~6才であるとき、彼らはより風邪をほとんど熱で始めなさそうです。

Fever that begins after a cold is well under way has a different meaning entirely from the fever that comes on the first day.
風邪がかなり進行中だったあと、始まる熱は、完全に1日目に来る熱と異なる意味を持ちます。

It usually indicates that the cold has spread or become worse.
それは、寒さが広がったか、より悪くなったことを通常示します。

This isn't necessarily serious or alarming.
これが、必ずしも深刻であるというわけではありません、あるいは、警報を伝えること。

Just have the doctor see the child again tomake sure that her ears, lungs, and urinary system are still healthy.
ちょっと医者に彼女の耳、肺と泌尿器系がまだ健康なことを確認するためにもう一度子供に会わせてください。

Calling the doctor.
医者を呼ぶこと。

You don't need to call the doctor when your child has only a running nose or slight cough.
子供が継続鼻だけまたは軽い咳だけにかかっているとき、あなたは医者を呼ぶ必要はありません。


But you should call if new symtoms develop, such as ear pain, frequent coughing, or fever occurring several days after the cold began, which suggests a complication.
しかし、新しい徴候(例えば耳の痛み、頻繁なせきまたは寒さが始まった数日後に起こっている熱)が発現するならば、あなたは電話しなければなりません。そして、それは複雑化を提案します。

Rapid breathing, irritability, or excessive tiredness along with a cold should also prompt you to call the doctor or nurse practitioner (see page 698).
医者または正看護婦(698ページを見ます)に電話をすることを、風邪と一緒の急速な呼吸、短気または過度の疲労は、あなたにも促さなければなりません。

p819
Treatment.
処置。

Most doctors and parents don't keep a child indoors or prescribe special treatment for a simple cold.
大部分の医者と両親は、子供を屋内で保たないか、特別な処置を単純な風邪に対して処方しません。

Remember that colds are caused by viruses.
風邪がウイルスに起因するのを思い出してください。

Antibiotics are used only for a bacterial infection (which can follow the viral infection ).
抗生物質が、細菌感染(ウイルス感染に続くことができる)のためにだけ、使われます。

The overuse of antibiotics for simple colds is causing strains of bacteria to become resistant to them.
単純な風邪のための抗生物質の濫用は、バクテリアの種が彼らに抵抗するようになる原因になっています。

A result is that when the child is truly ill with a bacterial infection, the usual antibiotics may not work.
単純な風邪のための抗生物質の濫用は、バクテリアの種が彼らに抵抗するようになる原因になっています。

Experiments have proved that chilling does not cause colds.
実験は、冷凍が風邪を引き起こさないということを証明しました。

But chilling may make one worse by drying the lining of the nose or generally putting strain on a body that is already busy fighting off an infection.
しかし、冷凍は1を鼻の裏を乾燥させるか、一般に感染症を退けるのにすでに忙しい体に重圧を与えることによってより悪くするかもしれません。

So if your child is particularly susceptible to frequent and prolonged colds or complications such as bronchitis and ear infections, you may want to keep her indoors for a day or two, unless the weather is warm.
それで、子供が特に気管支炎と耳感染症のような頻繁で長い風邪または複雑化に影響されやすいならば、天気が暖かくない限り、あなたは1、2日の間彼女を屋内で保ちたいかもしれません。


p819
Vaporizers and humidifiers.
気化器と加湿機。


The doctor sometimes recommends humidifying the air of the child's room when she has a cold.
彼女が風邪をひいているとき、医者は子供の部屋の空気を湿らすことを時々勧めます。

This counteracts dryness and soothes her inflamed nose and throat.
これは乾燥を打ち消して、彼女の炎症を起こした鼻とのどを鎮静させます。

It is particularly valuable in the treatment of a tight, dry cough or very thick mucus.
それは、特に堅い、乾いた咳または非常に濃い粘液の処理において貴重です。

Extra moisture isless necessary in warm weather, when the heat is off.
暖かい天気(熱は離れています)の余分の湿気等のない必需品。

An ultrasonic humidifier, which produces a cool mist, may cost as little as $40 or as much as $400.
超音波加湿機(それは涼しい霧をもたらします)は、わずか40ドルまたは400ドルもかかるかもしれません。

A regular cool-mist humidifier costing $30
30ドルがかかっている普通の涼しい霧加湿機

0r less does an adequate job.
0rは、十分な仕事をよりしません。

With either type of cool-mist humidifier, it's important to clean the water reservoir at least once a week with a cup of chlorine bleach in a gallon of water.
どちらの種類の涼しい霧加湿機ででも、1ガロンの水の中でカップ1杯の塩素漂白剤で週に一度少なくとも水貯水池をきれいにすることは、重要です。

This will prevent the growth of molds and bacteria in the reservoir, which then would be blown into the room.
これは貯水池で型とバクテリアの成長を防止します。そして、それから、それは部屋に吹きつけられます。

p819
An electric steam vaporizer gets moisture in the air by boiling water with an electric heating element.
電気蒸気気化器は、電気発熱体で熱湯によって空中で湿気を得ます。

p819-820

But steam isn't any better than cool mist for adding moisture to the air.
しかし、蒸気は、湿気を空気に加えるための涼しい霧より少しもよくありません。

With steam there is a danger of scalding if a child puts his hand or face in it or knocks the vaporizer over.
子供が彼の手または顔をそれに置くか、気化器をひっくり返すならば、蒸気で、お湯ですすぐ危険があります。

If you buy one of these steam vaporizers, get a large size that holds a quart or more and turns itself off after the water has boiled away.
あなたがこれらの蒸気気化器の1つを買うならば、水が蒸発したあと、1クォート以上を持って、それ自体をオフにするかなりのサイズを得てください。



p820
Nose drops.
点鼻薬。

The doctor may prescribe nose drops.医者は、点鼻薬を処方するかもしれません。

They generally fall into two groups.
彼らは、通常、2つのグループに分類されます。

The first is saltwater (saline) nose drops.
最初は、塩水(塩性の)点鼻薬です。

You can make these at home by dissolving a quarter teaspoon of table salt in four ounces of warm water, or you can buy them at a drugstore.
4オンスの温水の中で食卓塩の4分の1の茶さじを分解することによって、あなたは自宅でこれらを作ることができます、あるいは、あなたはドラッグストアで彼らを買うことができます。

These are good for loosening thick mucus so that a child can blow it out more easily.
子供がより簡単にそれを吹き飛ばすことができるように、これらは濃い粘液をゆるめることによいです。

See page 821 for instructions.
指示については821ページを見てください。

p820

The other group of nose drops includes solutions that shrink the tissues in the nose.
点鼻薬の他のグループは、鼻の組織を縮小する解決を含みます。

This opens up more space for breathing and gives the mucus a better chance to drain.
これは呼吸のより多くの余地を開けて、粘液に流れ出るより良い機会を与えます。

The drawback is that after the tissues have been shrunk for a time, they will expand again, sometimes more than before.
欠点は、組織がしばらく縮小されたあと、時々以前より、彼らが再び拡大するということです。

This may leave the nose stuffier than ever and may be irritating to the delicate membranes if it's done too often.
それがあまりにしばしばされるならば、これは鼻をこれまでより息が詰まるままにするかもしれなくて、繊細な膜を刺激する場合があります。

p820

There are two situations in which the shrinking kind of nose drops is useful.
点鼻薬の縮んでいる種類が役に立つ2つの状況が、あります。


The first is when a baby is so stuffed up that she is frantic.
最初は、赤ちゃんが彼女が半狂乱であるように上に押し込まれる時です。

She can't nurse without becoming irritable or gagging, and her sleep is interrupted.
彼女はいらいらするようになるか、ゲーゲーすることなく看護することができません、そして、彼女の睡眠は中断されます。

( This condition may be relieved by suction with a nasal syringe alone.)
(この状態は単独で鼻洗浄器で吸引によって楽にされるかもしれません。)

Older children with colds who cannot sleep comfortably may also benefit from these nose drops.
気持ちよく眠ることができない風邪の年長児は、これらの点鼻薬からも利益を得るかもしれません。

The second situation is in the late stages of a bad cold or sinusitis, when the nose is filled with a thick secretion that does not discharge by itself.
鼻が単独で解放をしない厚い分泌で満たされるとき、第2の状況はひどい風邪または副鼻腔炎の遅いステージにあります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スポック博士821-25風邪◎◎ | トップ | スポック博士811-15風邪◎◎ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む