JPS㈱ 足ツボ 大阪・京都

足ツボの施術と食事と健康
★大阪 月火木金日
06-6767-5528 
★京都 土 
 

スポック博士751-5日差し◎◎

2016-10-20 08:54:06 | 育児
SUN SAFETY
日差し
751

You have to think ahead and limit sun exposure before symp­toms appear.
Made in the shade. First, protect your child's skin from direct exposure to sunlight, especially between 10 A.M. and 2:00 P.M., when sunlight is strongest and most harmful. Make sure your child wears protective clothing and a hat. A good rule is that if your shadow is shorter than you are, the sun is strong enough to burn you. Remember that ultraviolet rays can damage the skin and eyes even on hazy or cloudy days. Use an umbrella at the beach. Find a shady tree at a barbecue. Wear long-sleeve shirts, long pants, bonnets and caps, anything that will come between the skin and direct sunlight. Not all clothing blocks the sun well, and it is possible to get burned through a shirt. Water does not block the sun well either, so be especially cautious while swim­ming.
Sunscreen is a must. There are three effective chemicals in sun­blocks or sunscreens: PABA esters, cinnamates, and benzophe-nones. Be sure that one or more of these are listed on the container. Sunscreens can irritate the skin of babies less than six months; it's best to keep them out of the sun. After six months, use one with a sun protection factor (SPF) of at least 15. This means that only one-fifteenth of the harmful rays get through, so fifteen minutes of sun exposure with sunscreen is the equiva­lent of one minute in the sun without it.
Use a waterproof sunscreen. Slather it on liberally at least a half hour before sun exposure, being sure not to miss any spots. Avoid the eyes, however; sunscreen stings. Reapply it frequently, every half hour or so. For a fair-skinned child who lives in a sunny climate, putting on sunblock cream or lotion should be part of his daily routine before leaving the house in the morn­ing. And a second application should be done before he goes out to play after school.

あなたが先に考え、症状が現れる前に、太陽への露出を制限する必要があります。
日陰で行われました。まず、特に午前10時との間で、直射日光からあなたの子供の肌を守ります2:00 P.M.、太陽光が最強かつ最も有害であるとき。あなたの子供は防護服と帽子を身に着けていることを確認してください。良いルールは、あなたの影はあなたがより短い場合には、太陽があなたを燃やすのに十分な強さということです。紫外線があってもかすんや曇りの日に皮膚や目を傷つける可能性があることを覚えておいてください。ビーチで傘を使用してください。バーベキューで日陰の木を探します。長袖シャツ、長ズボン、ボンネットやキャップ、皮膚や直射日光の間に来るものを着用してください。うまくていないすべての衣類のブロック日、シャツを通ってやけどをすることが可能です。水は、どちらかだけでなく、太陽をブロックするので、泳ぎながら、特に注意が必要ありません。
日焼け止めは必須です。 PABAエステル、桂皮酸、およびbenzophe-9時課:日焼けや日焼け止めで3効果的な化学物質があります。これらの1以上が、コンテナに記載されていることを確認してください。日焼け止めは、6ヶ月未満の赤ちゃんの皮膚を刺激することができます。それは太陽からそれらを保つことをお勧めします。 6ヵ月後なので、日焼け止めと太陽への露出の15分は、太陽の下で1分に相当し、これは有害な光線の唯一の15分の1を介して取得することを意味し、少なくとも15の日焼け防止指数(SPF)とのいずれかを使用それなし。
防水日焼け止めを使用してください。任意のスポットを見逃さないように注意してくださいされ、少なくとも半時間日光曝露の前に自由にそれを厚く塗ります。しかし、目を避けてください。日焼け止め刺さ。 、頻繁に半時間ごとかそこらでそれを再適用します。日当たりの良い気候に住んで色白の子のために、日焼け止めクリームやローションに置くことは朝に家を出る前に、彼の日常生活の一部である必要があります。彼は学校の後に遊びに行く前に2番目のアプリケーションが行われるべきです。


752 PREVENTING INJURIES
                             けがを防止

Sunglasses. Everybody should wear sunglasses, even infants. The harmful effects of ultraviolet light on the eyes don't show up until much later in life, so you can't wait for problems to appear before practicing prevention. You don't need to buy expensive sunglasses, just so the label states that they block UV rays. The darkness of the lens has nothing to do with UV protection; the lenses must be coated with a special compound that specifically blocks out UV light. Baby shades are well tolerated by most in­fants, and the child gets used to wearing sunglasses.
サングラス。誰もがサングラス、でも幼児を着用しなければなりません。目に紫外線の有害な影響は、ずっと後の生活の中でまで表示されませんので、問題は予防を実践する前に表示されるのを、あなたは待つことができません。あなたは、ラベルは、彼らが紫外線を遮断すると述べているだけのように、高価なサングラスを購入する必要はありません。レンズの闇は、紫外線保護とは何の関係もありません。レンズは特殊な化合物特異的に遮断UVうち光で被覆しなければなりません。赤ちゃんの色合いがよく、ほとんどの乳児によって許容されており、子供はサングラスを身に着けているに使用されます。

PREVENTING INSECT BITES
昆虫BITESを防止

Insect bites are always unpleasant and occasionally dangerous. West Nile virus is one example of an illness transmitted by mos­quito bites that is spreading in the United States (see page 886.)
What you can do. Protect your child against insect bites by mak­ing sure his clothing covers as much skin as possible when the bugs are out in full force. Light-colored clothing is less attractive to bugs.

虫刺されは常に不快な、時には危険です。西ナイルウイルスが米国で広がっている蚊に刺さによって送信された病気の一例である(ページ886を参照してください)
あなたができること。バグが完全な力で出ているときに必ず彼の服は、できるだけ多くの皮膚をカバーして行うことで、虫刺されに対するあなたの子供を保護します。明るい色の服は、バグにあまり魅力的です。

PREVENTING DOG BITES
昆虫BITESを防止

753

Avoid heavily scented detergents and shampoos during the bug season. Use insect repellents designed for children. If the product contains DEET, the concentration for children should not exceed 10 percent. Keep the child's hands free of repellent so it doesn't get in his eyes or mouth. DEET may be harmful if in­gested. Wash all repellent off when the child is back indoors.
Mosquitoes: Drain any standing water on your property to cut down on mosquitoes. Keep toddlers indoors at night, when mosquitoes arrive in full force. Keep doors closed, and repair damaged or missing screens.
Bees and wasps: When bees are about, avoid eating outdoors. Wash your children's hands after snacks to avoid attracting bees. It's safest to have nests removed professionally.
Ticks: Deer ticks, the carriers of Lyme disease, are very tiny creatures, the size of a pinhead. (Wood ticks, about the size of a small nail head, are more common and not harmful.) If you're not sure whether there is Lyme disease in your area, check with your doctor. You can also find a great deal of information on Lyme disease on the Centers for Disease Control (CDC) website, www.cdc.gov; click on Health Topics (and see page 859).
Protective clothing and DEET-containing repellants help, but you'll still need to check carefully for ticks after your child has been playing outside, especially in tall grass or near wooded areas. If you find one, the chances are good that it has not had a chance to transmit the disease. The best method for removing ticks is to use a tweezers to grab the tick as close to the skin as possible, then pull straight out. Don't use petroleum jelly (Vase­line), nail polish, or a hot match. Wash the skin with an antisep­tic, and ask your child's doctor whether your child needs to take antibiotics.

バグシーズン中に重く香りの洗剤やシャンプーは避けてください。子供たちのために設計された防虫剤を使用してください。製品はディートが含まれている場合は、子供のための濃度は10%を超えてはなりません。それは彼の目や口に入らないように、忌避剤の自由子供の手を触れないでください。摂取した場合DEETは有害である可能性があります。子供が屋内に帰ってきたときに、すべての忌避を洗い流します。
蚊:蚊を削減するためにあなたの財産上の任意の立って水を排出します。蚊は完全な力に到着したとき、夜に屋内幼児を保管してください。ドアが閉じておいてください、と修復破損または不足している画面。
ミツバチとスズメバチ:ミツバチは約ある場合、屋外で食べることを避けます。ミツバチを集め避けるために軽食の後にあなたの子供の手を洗ってください。それは専門的に削除巣を持つことが最も安全です。
ダニ:鹿は、ライム病のキャリアダニ、非常に小さな生き物、ピンヘッドの大きさがあります。あなたはライム病がお住まいの地域でがあるかどうかわからない場合、あなたの医者に確認してください(木材は、小さな釘の頭の大きさについて、より一般的な有害されていません。ティック)。また、www.cdc.govを疾病対策センターにライム病に関する大量の情報(CDC)のウェブサイトを見つけることができます。健康トピックをクリックして(およびページ859を参照してください)。
防護服とDEET含有防虫剤は助けるが、あなたの子供は、特に背の高い草の中や緑豊かなエリアの近くに、外で遊ぶされた後、あなたはまだダニを慎重に確認する必要があります。あなたがものを見つけた場合、チャンスはそれが病気を送信する機会がなかったことが良いです。ダニを除去するための最良の方法は、その後、まっすぐ引き出し、できるだけ皮膚に近いダニをつかむためにピンセットを使用することです。石油ゼリー(ワセリン)、マニキュア、またはホットマッチを使用しないでください。防腐剤で皮膚を洗浄し、あなたの子供は抗生物質を取る必要があるかどうかをあなたの子供の医師に尋ねます。

PREVENTING DOG BITES
犬の咬傷を防止

Children need to learn to leave strange dogs alone. Small chil­dren may be more likely to startle or hurt the animal and so are more likely to be bitten.
子供だけでは奇妙な犬を残すことを学ぶ必要があります。小さな子供たちは驚愕または傷ついた動物をので、かまれる可能性が高い可能性が高いかもしれません。


754 PREVENTING INJURIES
けがを防止
754 PREVENTING INJURIES

Most of the people injured by dog bites are ten years old and younger.
The breeds most commonly associated with dog-related in­juries, in order of frequency, are pit bulls, Rottweilers, and Ger­man shepherds. A combination of factors contributes to these injuries, including the behavior and upbringing of the dog, whether the dog is leashed, and the behavior of the child.
What you can do. Before you choose a family dog, read about the various breeds. Steer clear of aggressive or high-strung breeds. Spay or neuter your dog to reduce aggressive tendencies related to territorialism. Never leave infants or young children alone with any dog. (There is a series of wonderful wordless pic­ture books about a dog named Carl who proves to be an excel­lent babysitter. Enjoy the books, but don't try it at home.)
Dog rules for children. A sensitive, anxious child may need lots of reassurance before he goes anywhere near a dog. A bold, fear­less child may need to be taught specific rules for dealing with dogs. Here are some commonsense ones:
• Keep away from dogs you don't know, even if they're tied up.
• Always ask the owner before petting or playing with a dog.
• Never tease a dog, or stare directly into the eyes of a dog you don't know. Many dogs take staring as a threat or chal­lenge.
• Don't disturb a dog who is sleeping, eating, or caring for puppies.
• If a dog comes near you, don't run away; he probably just wants to sniff you.
• If a dog knocks you over, curl up in a ball and stay still.
• Beware of dogs while biking or skating.

犬の咬傷によって負傷した人々のほとんどは10歳以下です。
最も一般的に犬の災害に関連した品種は、頻度順に、ピットブル、ロットワイラー、ドイツの羊飼いです。要因の組み合わせは、犬が束縛されているかどうか、犬の行動や育成を含め、これらの損傷に寄与し、子どもの行動。
あなたができること。あなたは家族の犬を選択する前に、様々な品種について読みます。攻撃的または高神経質品種を避けます。地主制度に関連した攻撃的な傾向を減らすためにあなたの犬を去勢または去勢。任意の犬と一緒に単独で、乳児や幼児を残すことはありません。 (優れたベビーシッターであることが判明しているカールという名前の犬についての素晴らしい無言絵本のシリーズがあります。本をお楽しみください、しかし、自宅でそれをしようとしないでください。)
犬は子供のためのルール。彼は犬の近くにどこでも行く前に敏感な、気になる子どもは安心の多くを必要とする場合があります。大胆な、大胆不敵な子供が犬に対処するための特定のルールを教えることが必要になる場合があります。ここではいくつかの常識的なものは以下のとおりです。
•それらが縛られている場合でも、あなたが知らない犬に近づかないでください。
•必ずふれあいや犬と一緒にプレイする前に所有者に依頼してください。
•犬をいじめるしない、またはあなたが知らない犬の目を直視しないでください。多くの犬は、脅威や挑戦として見つめ取ります。
•、寝て食べ、または子犬の世話をされている犬を邪魔しないでください。
•犬はあなたの近くに来る場合は、離れて実行しないでください。彼はおそらくあなたを盗聴したいと考えています。
•犬はあなたをノックする場合は、ボールに丸く、まだご利用いただけます。
•サイクリングやスケートをしながら、犬の用心。

FIREWORKS AND TRICK OR TREAT 755
花火やトリック・オア・トリート

FIREWORKS AND TRICK OR TREAT


Holidays are exciting and often memorable but can also bring special hazards. Consider the Fourth of July and Halloween.
The Fourth of July. The use of fireworks on the Fourth of July results in almost six thousand injuries to children each year. These injuries usually involve the hands, fingers, eyes, or head, sometimes resulting in the loss of a finger or limb or in blind­ness. Children and fireworks are a bad combination. Fireworks are illegal in many states and are not recommended for personal use. Even sparklers, which seem so harmless, are a tragedy wait­ing to happen. Why take the risk? When viewing public fire­works displays, stay far away and protect the ears of small children from the loud explosions.
Halloween. Injuries on October 31 are often caused by falls, pedestrian mishaps, and burns and rarely by vampires and witches. Most important, make sure that costumes and masks don't obstruct your child's vision. Face paint or makeup is often safer than a mask. Trick or treaters should carry flashlights and not cut through yards where they may trip on items they cannot see. Shoes and costumes should fit so as not to cause tripping, and such items as fake swords and knives should be of flexible material that cannot cause injury. To prevent bums, make sure costumes, masks, beards, and wigs are made of flame-resistant materials. Clothing that is very loose is more likely to come into contact with candles (in a jack-o'-lantern, for example). Put re­flective tape on bags and costumes so that cars can see trick or treaters. Remind children to obey all traffic rules and not to dart out between parked cars. Accompany young children and wait until arriving home before eating any treats. Children under age eight should not trick or treat without the supervision of an adult or older sibling. Instruct children to travel only on well-established routes, stop only at homes with outside lights on,and not to enter a home unless accompanied by an adult.

休日は刺激的で、しばしば忘れられているだけでなく、特別な危険をもたらすことができます。 7月とハロウィンの第四を考えてみましょう。
7月の第四。子供たちに、ほぼ6000怪我各年の独立記念日の結果に花火の使用。これらの損傷は、通常、時々指や手足や失明の喪失、手、指、目、または頭を伴います。子どもと花火が悪い組み合わせです。花火は多くの州では違法であり、個人的な使用にはお勧めしません。そのように無害なようであっても花火は、起こるのを待って悲劇です。なぜリスクを取りますか?公共の花火大会を表示すると、遠く離れて滞在し、大声で爆発から小さな子供の耳を保護します。
ハロウィン。 10月31日上の傷害は、しばしば転倒、歩行者の事故、および火傷によりまれ吸血鬼や魔女によって引き起こされます。最も重要なのは、衣装やマスクはあなたの子供のビジョンを妨げないことを確認してください。フェイスペイントやメイクアップは、多くの場合、マスクよりも安全です。トリックまたは処理機は、彼らが見ることができない項目にトリップすることがありヤードを切って懐中電灯を運ぶべきではありません。靴や衣装はトリッピング引き起こすことがないようにフィットするべきであり、偽の刀やナイフなどの項目は、傷害が発生することはありません柔軟な材料であるべきです。火傷を防ぐために、確認してください衣装、マスク、ひげ、およびかつらは難燃性材料で作られています。非常に緩んでいる服は、(例えば、鬼火に)キャンドルと接触する可能性が高いです。車はトリックまたは処理機を見ることができるように、バッグや衣装に反射テープを入れてください。すべての交通規則に従うように子どもたちを思い出させるし、駐車した車の間でダーツすることはありません。幼い子供を同行し、任意のお菓子を食べる前に自宅に到着するまで待ちます。 8歳未満のお子様は、大人や年長の兄弟の監督なしトリックオアトリートべきではありません。のみでの外光と家庭で停止し、子どもたちだけに十分に確立されたルートを走行するように指示し、大人が同伴しない限り、家に入りません。

756 PREVENTING INJURIES
けがを防止
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スポック博士756-70水... | トップ | スポック博士746-50他... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む