子宮筋腫・もの忘れ外来・病気

2017-07-14 17:15:08 | JPS 健康
子宮筋腫は基本的にはT1WIにて低~等信号、T2WIにて低信号を呈している。子宮筋腫内は血行障害があるため、筋腫は充血しやすく、硝子化、嚢胞化、石灰化、脂肪変性、壊死といった二次性変化を起こすため、様々な信号となることが知られている。腫瘤径が8cmを超えると悪性の可能性が出てくる。

「もの忘れ外来」岩波アクティブ新書
編者 北 徹 (京大付属病院老年科)

・薬の副作用にも注意しよう
 一般によく使われている薬で、認知機能を低下させるような副作用を持つ薬剤について

まず、使用頻度の高い薬として、高血圧の薬(降圧剤)が挙げられます。高齢者では、血圧を下げすぎると認知機能が低下することがあります。血圧は年齢とともに変化しますので、たとえ以前適正に調整されていたとしても、こまめにチェックする必要があります。同様に、糖尿病の薬が効きすぎても類似のことが起こります。血糖が下がりすぎると、冷や汗が出たり、頭がぼうっとしたりしますので、経口糖尿病薬やインスリンを使用している人は、注意が必要です。その他にも、副腎皮質ステロイドと呼ばれる炎症を抑える物質や、ヒスタミンという物質の作用を遮断するような一部の胃薬、ある種の心臓の薬、市販の解熱鎮痛薬、
咳止めの薬、乗り物酔いの薬なども、一過性の認知機能低下を起こすことがあります。[後略]

[略]過去1ヶ月間の血糖を反映するHbA1cが良好な値なら、糖尿病の薬を増やすのは危険で、低血糖を起こしていた可能性があります。低血糖で頭がボーッとし、痴呆が悪化します。血清ナトリウムが低くなりすぎていたのは、高血圧のため塩分摂取を厳しく制限されていたためと考えられます。これでは筋肉に力が入りません。上の血圧が160ミリくらいだった人に、薬を使ってまで100ミリに下げるのもいきすぎです。[後略]


ア アトピー性皮膚炎(大辞泉)
アトピー体質の人に生じる湿疹(しっしん)。乳児型は顔や頭に湿潤性の湿疹ができ、かゆい。小児型はひじ・ひざの屈側部に乾燥性の湿疹ができるもの、四肢の伸側部にできるものがあり、成人型ではさらに頸部(けいぶ)・額(ひたい)・まぶた・前胸部・手関節部などにもできる。
(ウィキペディア)
アトピー性皮膚炎(アトピーせいひふえん、英語:atopic dermatitis)とは、アレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症(湿疹など)を伴うもので過敏症の一種。アトピーという名前は 「場所が不特定」 という意味のギリシャ語 「アトポス」 (atopos - a=不特定、 topos=場所) から由来し、1923年 コカ(coca) という学者が 「遺伝的素因を持った人に現れる即時型アレルギーに基づく病気」 に対して名づけた。「アトピー性皮膚炎」 という言葉が医学用語として登場するのは、1933年である。アメリカ人のザルツバーガー皮膚科医が、皮膚炎と結びつけて 「アトピー性皮膚炎(Atopic Dermatitis)」 という病名をはじめて使用した。医学用語としては気管支喘息、鼻炎などのほかのアレルギー疾患にも冠されるが、日本においては慣用的に「アトピー」のみで皮膚炎のことを指すことが多い。
JPS: ビタミンA過剰症⇒皮膚炎
    ビタミンD過剰症⇒皮膚の乾燥
    塩分不足    ⇒化膿


オ 親指を吸う癖
JPS: 塩分不足
いろいろな説がありますが、直したければ、梅干しを一つあげてください。塩分を欲しがる本能から、親指
を吸うことで塩分補給しているだけですので、実験すればすぐ解ります。母乳を吸う動作も同じす。   


コ 骨粗しょう症(大辞泉)
骨の構造が海綿状になり、もろく折れやすくなった状態。通常は老化現象の一。骨多孔症。
(ウィキペディア)
骨粗鬆症(こつそしょうしょう、osteoporosis)とは、骨形成速度よりも骨吸収速度が高いことにより、骨に小さな穴が多発する症状をいう。背中が曲がることに現れる骨の変形、骨性の痛み、さらに骨折の原因となる。骨折は一般に強い外力が加わった場合に起こるが、骨粗鬆症においては、日常生活程度の負荷によって骨折を引き起こす。骨折による痛みや障害はもちろん、大腿骨や股関節の骨折はいわゆる高齢者の寝たきりにつながり、生活の質 (QOL) を著しく低くする。日本では厚生労働省などによると、日本国内の患者は高齢女性を中心に年々増加しており、自覚症状のない未受診者を含めると、推計で1100万人超に上る。患者の8割は女性である。ホルモンの分泌バランスが変化する更年期以降の女性に多く、60代女性の3人に1人、70代女性の2人に1人が、患者になっている可能性があるとされる。初期段階に自覚症状はなく、骨折して初めて気付くケースも少なくない。アメリカ合衆国では3000万人に症状が現れていると考えられている。骨は建築物に用いられる鉄骨などとは異なり、正常時は常に骨芽細胞と破骨細胞によって形成・吸収がバランスよく行われ、古い骨を壊し、新しい骨を作り、一定の量を保っている。高齢の女性においては、性ホルモンの一種エストロゲンの産出量が、閉経後に急速に低下する。エストロゲンには骨芽細胞の活動を高める作用があるため、閉経によって骨粗鬆症へと進みやすい。さらに女性は男性に比べてもともと骨量が少ないため、形成・吸収のバランスが崩れたときに、症状が表面化しやすい。
JPS: ビタミンD過剰・ カルシウム過剰

シ 子宮頸がん(大辞泉)
子宮癌のうち子宮頸部に発生する癌。外子宮口にできることが多い。罹患率は20歳代後半から40歳前後まで増加し、70歳代後半から再び増加する。性交により感染するヒトパピローマウイルス(HPV)や喫煙などがリスク要因とされる。初期の段階では症状が全くないため、定期的に検診を受けることが早期発見につながる。
(ウィキペディア)
子宮頸癌(しきゅうけいがん、Cervical cancer)は、子宮頸部と呼ばれる子宮の出口より発生する癌。ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の感染によって発症する性行為感染症。ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)によって引き起こされる他の疾患としては、尖圭コンジローマ、疣贅があるが、癌がウイルスから創られるというのは、近年の医学的な大発見である。
JPS: ビタミンD過剰・ カルシウム過剰
   タンパク質過剰
    塩分不足

シ 子宮内膜症(大辞泉)
子宮内膜の組織が、子宮腔以外の部位に生じる病気。月経周期に一致して増殖・出血・再生を繰り返し、障害を起こす。
(ウィキペディア)
子宮内膜が子宮外で増殖する疾患である。良性の疾患ではあるが、転移や浸潤するなど悪性腫瘍のような性質も併せ持っている。子宮外にあるとはいえ子宮内膜であることに変わりはないので、エストロゲンに依存して発育していく。
JPS: ビタミンD過剰・ カルシウム過剰
   タンパク質過剰
    塩分不足


シ 心筋梗塞(しんきんこうそく、英: Myocardial
Infarction)は、虚血性心疾患のうちの一つ。心臓が栄養としている冠動脈の血流量が下がり、心筋が虚血状態になり壊死してしまった状態。通常は急性に起こる「急性心筋梗塞 (AMI) 」のことを指す。
冠動脈の血流量減少は、主に動脈硬化などの何らかの要因によって狭窄(きょうさく)を起こすことによる。心筋が虚血状態に陥っても壊死にまで至らない前段階を狭心症といい、狭心症から急性心筋梗塞までの一連の病態を総称して急性冠症候群 (acute coronary syndrome; ACS) という概念が提唱されている。
(ウィキペディア)
JPS: ビタミンD過剰・ カルシウム過剰
   タンパク質過剰・塩分不足 


ツ 椎間板ヘルニア(大辞泉)
椎間板の髄核が外側へ、多くは背中側へ脱出した状態。脊髄や神経を圧迫するので痛み、腰椎(ようつい)に起こることが多く、ぎっくり腰のかたちで発症することもある。
(ウィキペディア)
椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア、herniated disc)は、ヘルニアの一種であり、椎間板の一部が正常の椎間腔を超えて突出した状態である。椎体と椎体の間には人体最大の無血管領域と呼ばれる椎間板が存在している。椎間板は中央にゼラチン状の髄核、周囲にはコラーゲンを豊富に含む線維輪から成る。この
髄核や線維輪の一部などが突出した状態が椎間板ヘルニアである。Macnabによる分類が有名である。
多くの動物は脊椎を重力に垂直にして生活しているのに対し、人間は二足歩行であるために脊椎は重力と平行方向となる。このため、立位では椎間板には多くの負荷がかかる。椎間板ヘルニアは、下位腰椎 (L4/5, L5/S1) が最多で、次に下位頸椎に多く、胸椎には少ない。胸椎に少ないのは、胸郭により、椎体間の可動性が頚椎や腰椎に比べ少ないことによる。また、神経根走行の関係から、下位腰椎では、上位腰椎に比べ、神経根症状を起こしやすく、発見されやすい面もあるかもしれない。高齢になると、下位頚椎での可動性が減少し、ヘルニアが起こりにくくなり、比較的上位の頚椎病変を来しやすくなる。すなわち、椎間板ヘルニアは、よく動く脊椎の部分で起こりやすいのである。最新の研究では、腰椎椎間板ヘルニアの発症原因の一つとして遺伝的要素が係わっていることを理化学研究所らの研究グループが突き止めた。
JPS: ビタミンD過剰・ カルシウム過剰
   タンパク質過剰・塩分不足 

ツ 痛風(大辞泉)
体内で核酸の代謝産物である尿酸がたまり、関節や腎臓(じんぞう)に沈着する病気。初めは親指に起こることが多く、激痛があり、放置すると腎不全になる。40歳以後の男性に多い。痛風腎。 
(ウィキペディア)
痛風(つうふう、gout)は、高尿酸血症を原因とした関節炎を来す疾患。名称は、痛み(発作の箇所)が風が吹く様に足・膝・腰・肩・肘や手など全身の関節・骨端を移動し、尚且つ風が強くなったり穏やかになったりする様に痛みが酷くなったり和らいだりを繰り返す(痛みの悪風に中(あた)る意、または吹いた風が当たっただけでも痛む、の説もある)ことから命名された。
JPS: タンパク質過剰・ カルシウム過剰
   塩分不足

ト 糖尿病(大辞泉)
高血糖と糖尿とが持続的にみられる慢性の病気。体内でぶどう糖がエネルギー源として利用されるために必要なインスリンの不足によって起こる。のどの渇き・多尿・空腹感・倦怠感(けんたいかん)などの自覚症状があり、感染症・動脈硬化・白内障などの合併症を起こしやすい。25歳未満の若年者に発症する1型糖尿病、主に成人になってから発症する2型糖尿病などがある。
(ウィキペディア)
糖尿病(とうにょうびょう、Diabetes Mellitus: DM)は、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高い状態をさす病名である。ひとことに血糖値が高いと言っても、無症状の状態から、著しいのどの渇き・大量の尿を排泄する状態、さらには意識障害、昏睡に至るまで様々であるが、これらをすべてまとめて、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準を超えている場合を糖尿病という。糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中のブドウ糖が血管内皮のタンパク質と結合し、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、目、腎臓を含む体中の様々な臓器に重大な傷害を及ぼす可能性があり、糖尿病治療の主な目的はそれら合併症を防ぐことにある。
JPS: ビタミンD過剰・ カルシウム過剰
   タンパク質過剰・塩分不足

脳梗塞(のうこうそく、cerebral infarction/stroke、別名:脳軟化症(のうなんかしょう))とは、脳を栄養する動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事をいう。また、それによる諸症状も脳梗塞と呼ばれる事がある。なかでも、症状が激烈で(片麻痺、意識障害、失語など)突然に発症したものは、他の原因によるものも含め、一般に脳卒中と呼ばれる。それに対して、緩徐に進行して認知症(脳血管性認知症)などの形をとるものもある。
日本人の死亡原因の中でも多くを占めている高頻度な疾患である上、後遺症を残して介護が必要となることが多く福祉の面でも大きな課題を伴う疾患である。ちなみに「脳軟化症」の名の由来は、脳細胞は壊死すると溶けてしまうこと(「融解壊死」)から。
JPS: ビタミンD過剰・ カルシウム過剰
   タンパク質過剰・塩分不足

ハ 肺がん(大辞泉)
肺に発生する癌。初め気管支の粘膜に発生し、咳(せき)・痰(たん)・血痰・胸痛などの症状がみられる。喫煙や大気汚染などが原因となる。
(ウィキペディア)
肺癌(はいがん、Lung cancer)とは肺に発生する、上皮細胞由来の悪性腫瘍。90%以上が気管支原性癌 (bronchogenic carcinoma) 、つまり気管・気管支、細気管支あるいは末梢肺由来の癌である。

ハ 白内障(大辞泉)
水晶体が混濁して視力が低下する病気。瞳孔(どうこう)が白く見えるので、白そこひともいう。糖尿病や外傷によるもの、先天性のものなどがあるが、老人性のものが多く、手術により視力の回復を図る。
(ウィキペディア)
「牛乳を飲むと白内障になる」という説がある。牛乳の成分である乳糖が分解されてガラクト-スとグルコースが生成され、このガラクトースにより水晶体を白濁させる可能性はある。しかし一般にグルコースより先にガラクトースが消費されるため、血中にはほとんど残留しないとされる。また1970年Curt.P.RichterとJames.R.Dukeはラットにヨーグルトを与えたら白内障になったと「サイエンス」に報告している。この際ラットに与えた量は体重の3分の1くらいという超大量投与であった。
JPS: ビタミンD過剰・ カルシウム過剰
   タンパク質過剰・塩分不足

ヒ ひざ痛 食べ過ぎ

ビ ビタミン (大辞泉)
微量で生体の正常な発育や物質代謝を調節し、生命活動に不可欠な有機物。ふつう動物体内では生合成されないので、食物から摂取しなければならない。脂溶性ビタミンのA・D・E・Kなどと、水溶性ビタミンのB群・Cなどとに大別され、欠乏や過剰により種々の障害が起こる。発見の経緯や生理作用別にA・B・Cなどと名付けられ、さらに化学物質名で呼ばれる。

フ 不整脈(大辞泉)
脈拍のリズムが不規則になること。また、その状態の脈拍。→徐脈性不整脈 →頻脈性不整脈
JPS: ビタミンD過剰・ カルシウム過剰
   タンパク質過剰・塩分不足

ヨ 予防接種(大辞泉)
感染症の発生・流行の予防のため、毒性を弱めた病原体などを抗原として体内に注入し、長期間の免疫をつくること。

ラ 卵巣嚢腫(大辞泉)
卵巣に生じた嚢腫。一般に良性腫瘍(しゅよう)であるが、悪性や中間性のこともある。
 (ウィキペディア)
卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ、ovarian cyst)とは、卵巣に生ずる嚢胞状の病変の総称であり、腫瘍性のものを含め多種多様な疾患が包括される。ヒトにおいては婦人科学の対象となる。獣医学的には特に機能性嚢胞に分類されるものが重要である。牛、豚で主要な卵巣疾患であり、馬、羊、山羊にも発生する。卵胞嚢腫と黄体嚢腫に区別される。症状として無発情あるいは思牡狂を示す。
JPS: ビタミンD過剰・ カルシウム過剰
   タンパク質過剰・塩分不足

リ リウマチwikipedia関節・骨・筋肉の痛みやこわばりを来す疾病の総称。
コラーゲンのある部位とは専門的には結合組織と言われることから「結合組織病」
関節リウマチ
リウマチ熱
鶏の骨の関節

JPS:警告

あなたの体は、食べ物で出来ている。
決してカスミからは出来ていない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やってみよう | トップ | クエン酸 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む