JPS㈱ 足ツボ 大阪・京都

足ツボの施術と食事と健康
★大阪 月火木金日
06-6767-5528 
★京都 土 
 

スポック博士806-10虫歯◎◎

2016-10-19 18:17:57 | 育児
In regions with high levels of natural fluoride in the water, tooth decay is rare.
水中の天然フッ化物のレベルが高い地域では、虫歯は稀です。
The addition of fluoride to the water in most American cities has had a similarly beneficial effect Children can also get fluoride in the form of tablets or drops.
ほとんどのアメリカの都市における水へのフッ化物の添加は、同様に有益な効果の子供たちはまた、錠剤または液滴の形態でフッ化物を得ることができてきました。


806 DENTAL DEVELOPMENT AND ORAL HEALTH
歯科開発と口腔の健康


It also helps to put fluoride directly onto the teeth, in the form of tooth-pastes, mouth rinses, or special preparations that dentists use.
また、歯のペースト、口内リンス、または歯科医が使用する特殊な製剤の形態で、歯に直接フッ化物を置くのに役立ちます。
Fluoride in the water.
水にフッ化物。
For decades, fluoride has been added in very small, safe amounts to the water of many communities as a public health measure.
何十年もの間、フッ化物は、公衆衛生対策として多くのコミュニティの水に非常に小さく、安全な量で添加されています。
If you're not sure whether your water has enough fluoride, you can call the information number on your water bill and ask.
あなたは水が十分にフッ化物を持っているかどうかわからない場合、あなたはあなたの水の請求書に情報番号に電話して尋ねることができます。
Adequate fluoridation is 0.7 to 1.0 ppm (parts per million).
適切なフッ素化は、0.7〜1.0 ppmの(百万分率)です。
If you have your own well, call your county health department for advice.
あなたがあなた自身の井戸を持っている場合は、アドバイスのためのあなたの郡保健局を呼び出します。
If your water is low on fluoride, your family mostly drinks bottled water, or you use a home purification system that takes out all the fluoride and other minerals, it makes sense for you and your child to use a fluoride supplement (drops or pills).
あなたの水は、あなたの家族のほとんどはドリンクミネラルウォーターフッ化物が不足している、またはあなたがすべてのフッ化物や他の鉱物を取り出すホーム精製システムを使用している場合、それはフッ化物サプリメントを(低下または丸剤)を使用するように、あなたとあなたの子供のために理にかなっています。

Fluoride for babies. If you're breast-feeding and drinking fluoridated water, you don't need to give your baby extra fluoride.
赤ちゃんのためのフッ化物。あなたは授乳や飲料フッ素添加水をしている場合、あなたの赤ちゃんに余分なフッ化物を与える必要はありません。
If your water is not fluoridated, consider giving your baby an infant vitamin with fluoride.
あなたの水がフッ素化されていない場合は、あなたの赤ちゃんフッ化乳児ビタミンを与えることを検討。
Baby formulas contain little fluoride, but if you mix the formula with fluoridated water, your child will get plenty of fluoride.
赤ちゃんの式は少しフッ化物が含まれていますが、あなたはフッ素添加水で式を混ぜた場合、あなたの子供は、フッ化物のたくさん取得します。
If not, consider adding fluoride drops.
ない場合は、フッ化物の滴を追加することを検討してください。

Enough, but not too much.
十分ではなく、あまりにも多く。
Your child's doctor or nurse practitioner and dentist can help make sure your child gets the right amount of fluoride.
あなたの子供の医師または看護師開業医や歯科医はあなたの子供は、フッ化物の適切な量を取得することを確認してくださいすることができます。
If there is no fluoride in your water supply, your doctor or nurse practitioner may prescribe the appropriate daily dose for your infant, which will vary depending on your community and your child's age and weight.
あなたの水の供給にはフッ化物がない場合は、医師や看護師医師は、あなたのコミュニティとあなたの子供の年齢と体重に応じて変化するであろう、あなたの幼児のための適切な毎日の投与量を処方することがあります。
Too much fluoride can cause unattractive white and brown specks on the teeth, so it's important to give the correct amount.
あまりにも多くのフッ化物は歯に魅力のない白と茶色の斑点が発生する可能性がありますので、正確な量を与えることが重要です。
Your child may also receive periodical topical applications of special fluoride solutions in the dentist's office.
あなたの子供はまた、歯科医院で特別なフッ化ソリューションの定期的な局所適用を受けることができます。
Fluoridated toothpastes are also beneficial for their surface effect on the enamel.
フッ化物練り歯磨きはまた、エナメル質に対するそれらの表面効果のために有益です。


TOOTH DECAY
虫歯
807

But be careful: Children who eat toothpaste, as most young children will, are at risk of getting too much fluoride.
しかし、注意してください:ほとんどの若い子供たちは、あまりにも多くのフッ化物を得ることの危険にさらされているように、歯磨き粉を食べる子供たち。
So use very small amounts (pea size), and keep the toothpaste away from very young children so that it doesn't become a convenient bathroom snack.
それは便利なバスルームのおやつにならないようにだから非常に少量(エンドウ豆のサイズ)を使用し、非常に若い子供たちから離れて歯磨き粉を保ちます。

DENTAL OFFICE VISITS
歯科医院を訪問

Getting to know the dentist and the dental office staff is very worthwhile.
歯科医や歯科医院のスタッフを知るには、非常に価値があります。
The best time to take your child to the dentist is shortly after the first tooth erupts, usually by twelve months of age.
歯科医は、年齢の12ヶ月、通常、最初の歯の噴火直後にあるに最高の時間は、あなたの子供を取ります。
You can ask the dentist questions about your child's dental care and learn more about dental problems.
あなたはあなたの子供の歯科治療についての歯科医の質問をし、歯の問題についての詳細を学ぶことができます。
In early preventive visits, the dentist is able to detect developing problems in the early stages, when they are solved more easily, painlessly, and in-expensively.
早期の予防訪問では、歯科医は、それらが痛みを伴わずに、より容易に解決される場合、初期段階での現像の問題を検出することができ、かつイン安価です。
More important, your child will have positive early experiences in the dentist's office.
さらに重要なのは、あなたの子供は、歯科医院で陽性早期の経験を持っています。
By the time she is three, she will be a dental-office veteran.
彼女が3であるときまでに、彼女は歯科オフィスのベテランになります。
Most future visits will be preventive in nature, rather than the traditional drill-and-fill sessions that haunt the childhood memories of so many adults.
ほとんどの将来の訪問ではなく、非常に多くの大人の子供時代の思い出を悩ませ、従来のドリルとフィルセッションよりも、本質的に予防になります。


TOOTH DECAY
虫歯

Some children get a lot of cavities, others almost none.
一部の子供たちは、キャビティ、他人ほとんどないの多くを得ます。
Why is this so?
これはなぜでしょうか?
We still don't know all the factors that lead to tooth decay (dental caries), but we do know that heredity plays a role, as do the diet of the pregnant mother, the child, and access or lack of access to good dental care.
我々はまだ虫歯(う蝕)につながるすべての要因を知りませんが、我々は妊娠中の母親、子供の食事がそうであるように遺伝は、役割を果たしていることを知っていますし、良い歯科へのアクセスのアクセスまたは欠如 お手入れ。
Bacteria and plaque.
細菌やプラーク。
The principal cause of tooth decay is acid produced by bacteria living in the mouth.
虫歯の主な原因は、酸は、口の中で生きている細菌によって産生されます。
The bacteria combine with food debris to form a material called dental plaque that sticks to tooth surfaces.
細菌が歯の表面に付着する歯垢と呼ばれる材料を形成するために食べ物のかすと組み合わせます。
The more hours of the day this plaque remains on the teeth, the greater the number of bacteria and the more acid is produced.
その日のより多くの時間は、このプラークが大きい細菌数、より酸が生成され、歯の上に残ります。
This acid dissolves the minerals that make up the enamel and dentin of the tooth, eventually destroying the tooth.
この酸は最終的には歯を破壊し、歯のエナメル質や象牙質を構成する鉱物を溶解します。


808 DENTAL DEVELOPMENT AND ORAL HEALTH
歯科開発と口腔の健康


808 DENTAL DEVELOPMENT AND ORAL HEALTH
歯科開発と口腔の健康


The bacteria live off sugars and starches in the child's diet.
細菌は、子供の食事中の糖およびデンプンをオフに住んでいます。
Anything that keeps sugars sitting in the mouth for a long time is likely to be good for the bacteria and bad for the teeth.
糖は長い間、口の中で座っ保つものは、歯のための細菌のための良い面と悪い可能性があります。
That is why frequent between-meal snacking promotes tooth decay.
頻繁間-食事間食は虫歯を促進する理由です。
Especially harmful are lollipops, sticky candy, dried fruit, soda pop, and sweets like cookies and crackers, which cling to the teeth.
特に有害では歯にしがみつくクッキーやクラッカーなどロリポップ、粘着性のキャンディ、ドライフルーツ、ソーダポップ、そしてお菓子です。

Saliva contains substances that help teeth resist attack by bacteria.
唾液は、歯が細菌による攻撃に抵抗を助ける物質が含まれています。
Since the body produces less saliva during sleep, nighttime is when cavities form the most.
体が睡眠中に以下の唾液を生成するので、空洞がほとんど形成する場合、夜間です。
That is why brushing the teeth before bed is so important.
寝る前に歯を磨くことはとても重要である理由です。
Foods that promote saliva—such as sugarless gum—can help fight cavities.
シュガーレスとして、唾液などを促進食品ガムは-でき空洞を闘います。
There are also sub-stances in some sugarless chewing gums, xylitol and sorbitol, that kill cavity-forming bacteria and another substance, casein, that strengthens teeth.
キャビティ形成菌や歯を強化する他の物質、カゼインを、殺すガム、キシリトールやソルビトールを噛むいくつかのシュガーレスにおけるサブスタンスもあります。

Baby-bottle cavities.
ベビーボトルの空洞。
An especially severe type of tooth decay is nursing caries or baby-bottle tooth decay.
虫歯の特に重症型は、看護虫歯やベビーボトル虫歯です。
When formula or breast milk sits on a baby's teeth for a long time, the sugars in the milk promote the growth of cavity-forming bacteria, which then destroy the teeth.
式や母乳が長時間赤ちゃんの歯に座ったとき、乳汁中の糖は、その後、歯を破壊するキャビティ形成細菌の増殖を促進します。
The teeth most at risk are the upper front teeth, since the tongue covers the lower teeth during nursing and sucking.
舌が看護や吸引時に下の歯をカバーしているため、最もリスクのある歯は、上部の前歯です。
There is normally enough time between feedings for the flow of saliva to clean the teeth.
歯をきれいにする唾液の流れのための授乳の間に十分な時間が通常あります。
But when babies keep a nipple in their mouths much of the time, this normal cleaning may not have a chance to occur.
赤ちゃんは時間の多く彼らの口で乳首を維持する場合には、この通常の洗浄が発生する機会を持っていないかもしれません。
The worst baby-bottle tooth decay happens when babies fall asleep with the bottle in their mouths.
赤ちゃんが口の中にボトルで眠りに落ちるときに最悪のベビーボトル虫歯が発生します。
While they sleep, the formula sits on their teeth and the bacteria multiply away.
彼らが眠っている間に、式は、自分の歯に座って、細菌が離れ掛けます。

Baby-bottle decay may start even before the first birthday.
ベビーボトルの崩壊にも最初の誕生日の前に起動することがあります。
Sometimes nursing caries is so severe that the infected teeth have to be removed.
時には、虫歯を看護することは、感染した歯が除去されなければならないほど深刻です。
For this reason, a baby should not be put to bed with a bottle of milk, juice, or other sweetened fluid.
このため、赤ちゃんはミルク、ジュース、または他の加糖液のボトルにベッドに置かれるべきではありません。
The only acceptable fluid for sleep time is water.
睡眠時間のみ許容される流体は水です。

TOOTHBRUSHING AND FLOSSING
歯磨きとフロス
809

Even diluted sweet fluids can promote decay.
でも希甘い流体は減衰を促進することができます。

TOOTHBRUSHING AND FLOSSING
歯磨きとフロス


Effective brushing.
効果的なブラッシング。
How can tooth decay be prevented?
虫歯はどのように防ぐことができますか?
The secret is daily, consistent removal of dental plaque before it does its nasty work.
秘密は、その厄介な仕事をして歯垢の一貫性の除去前、毎日です。
First, a tip about cleaning babies' teeth: use a soft-bristled toothbrush.
まず、赤ちゃんの歯のクリーニングについてのヒント:ソフト毛先の歯ブラシを使用しています。
There is a myth that one should use a soft gauze or cloth to wipe a baby's teeth and gums so as not to damage the delicate gum tissue.
デリケートな歯肉組織を損傷しないように1は、赤ちゃんの歯と歯茎を拭くために柔らかいガーゼや布を使用する必要があります神話があります。
Those "delicate" gum tissues chew on table legs, cribs, coffee tables, siblings, and anything else in their way.
それらの "微妙な"ガム組織は、テーブル脚、ベビーベッド、コーヒーテーブル、兄弟、そして彼らの方法で何かにかみます。
A baby's gums are no more delicate than alligator hide. Brush, don't wipe.
赤ちゃんの歯茎にはワニの皮よりも繊細ではありません。ブラシは、拭かないでください。
Babies love it.
赤ちゃんはそれを愛します。

A child's teeth should be carefully brushed after breakfast and before bedtime, with daily flossing between adjoining teeth, usually before the evening brushing.
子供の歯は慎重に、通常、夜のブラッシングの前に、隣接する歯と歯の間、毎日フロッシングで、朝食後と就寝前にブラッシングする必要があります。
If possible, an after-lunch brushing is helpful too, to remove food residue.
可能な場合は、ブラッシングは、あまりにも便利です後、昼食食品の残留物を除去します。

810 DENTAL DEVELOPMENT AND ORAL HEALTH
歯科開発と口腔の健康


Starting at about two, your child may insist on doing everything herself, but most young children do not have the manual dexterity required for proper brushing and flossing until they are nine or ten years old.
約2から開始して、あなたの子供は、自分自身をすべてをやって主張することができるが、ほとんどの幼児は、手先の器用さが適切なブラッシングのために必要な、彼らは9または10歳になるまでフロッシングはありません。
You can let your young child begin the brushing by herself from the earliest ages, but you will probably need to finish up to ensure that all dental plaque has been eliminated.
あなたは、あなたの若い子供が最も早い年齢から自分でブラッシングを開始させることができますが、あなたはおそらく、すべての歯垢が除去されたことを確認するために最後の仕上げにする必要があります。
You can gradually let your child take over completely when she proves capable, usually between six and ten years.
あなたは徐々に彼女ができることを証明完全ときにあなたの子供は、通常、6年から10年の間に、引き継ぐことができます。

Flossing.
フロッシング。
Some parents question the need to floss a child's teeth.
一部の親は、子供の歯をフロスする必要性を疑問視。
Most teeth in the back of a child's mouth are in close contact with those on either side.
子供の口の奥のほとんどの歯は、いずれかの側のものと密着しています。
Even some front teeth may be in tight contact with their neighbors.
さらにいくつかの前歯は隣人に密着していてもよいです。
Such teeth are so close together that food and dental plaque can get wedged in between.
このような歯は食べ物や歯垢が間にくさび形を得ることができることを一緒に非常に近いです。
No matter how vigorously or carefully they are brushed, the bristles cannot penetrate to clear out the food and plaque.
どんなに激しくまたは慎重に彼らが起毛されているか、剛毛は食べ物や歯垢をクリアするために浸透することはできません。
Dental floss disrupts and dislodges that debris so that the toothbrush can sweep it away.
デンタルフロス破壊し、歯ブラシがそれを一掃することができるように、その破片をdislodges。

It's worth getting your child used to gentle flossing as soon as you notice food wedged between her teeth.
それはあなたの子供がとすぐに食べ物が彼女の歯の間に押し込ま気づくように穏やかなフロッシングに慣れる価値があります。
Your child's dentist or dental hygienist can demonstrate all the methods used to hold a child for perfect brushing and flossing.
あなたの子供の歯科医や歯科衛生士は完璧なブラッシングとフロッシングの子を保持するために使用されるすべてのメソッドを実証することができます。

SEALANTS
シーラント
811

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スポック博士811-15風邪◎◎ | トップ | スポック博士801-5歯◎◎ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む