JPS㈱ 足ツボ 大阪・京都

足ツボの施術と食事と健康
★大阪 月火木金日
06-6767-5528 
★京都 土 
 

スポック博士826-830はれた腺◎◎

2016-10-19 16:41:10 | 育児
p826
Your doctor or nurse practitioner may deal with this in one of three ways, especially if the ear infections are interfering with the child's hearing.
特に耳感染症が子供の聴力を阻害しているならば、あなたの医者または正看護婦は3つの方向の1つでこれに対処するかもしれません。

First, she may prescribe an antibiotic to be taken daily, often for months.
第1には、彼女は、しばしば何ヶ月も、毎日飲まれる抗生物質を処方するかもしれません。

The purpose of the antibiotic is to prevent the fluid in the middle ear from becoming infected, even when it cannot drain through the Eustachian tube.
それがエウスタキオ管中を流れ出ることができないときでも、抗生物質の目的は感染していることから中耳で流体を防ぐことになっています。

This works well for some children, less well for others.
これは、一部の子供たちのために、よりよく他のためにでなくよく働きます。

( As we have become increasingly aware of the risk of antibioticresistant bacteria, the routine use of antibiotics has dropped.)
(我々が抗生物質耐性バクテリアの危険性にますます気づいているようになって、抗生物質の日常的な使用は減少しました。)

p826
Second, the doctor may look for allergies that cause fluid to remain in the ear and encourage infections.
第2には、流体が耳の中に残って、感染症を促す原因になるアレルギーを、医者は探すかもしれません。

Finally, she may refer the child to an ear specialist, who will consider inserting tiny plastic tubes through the eardrums.
最後に、彼女は子供を耳の専門医に紹介するかもしれません。そして、その人は鼓膜を通して小さいプラスチック・チューブを挿入することを考えます。

This allows the air pressure to be the same in the middle ear as in the outer canal, which may reduce the chances of further infection or accumulation of fluid and return the child's hearing to normal.
これは気圧を外の運河の場合のように中耳の同じことでいさせます。そして、それは更なる感染症の可能性または流体の蓄積を減らすかもしれなくて、標準に子供の聴力を返すかもしれません。

Secondhand exposure to cigarette smoke increases the risk of ear infections: another powerful reason to stop smoking or never start.
タバコの煙への中古の露出は、耳感染症の危険性を増します: 禁煙するか、決して始まらないもう一つの強力な理由。


p826
Your doctor or nurse practitioner may deal with this in one of three ways, especially if the ear infections are interfering with the child's hearing.
特に耳感染症が子供の聴力を阻害しているならば、あなたの医者または正看護婦は3つの方向の1つでこれに対処するかもしれません。

First, she may prescribe an antibiotic to be taken daily, often for months.
第1には、彼女は、しばしば何ヶ月も、毎日飲まれる抗生物質を処方するかもしれません。

The purpose of the antibiotic is to prevent the fluid in the middle ear from becoming infected, even when it cannot drain through the Eustachian tube.
それがエウスタキオ管中を流れ出ることができないときでも、抗生物質の目的は感染していることから中耳で流体を防ぐことになっています。

This works well for some children, less well for others.
これは、一部の子供たちのために、よりよく他のためにでなくよく働きます。

( As we have become increasingly aware of the risk of antibioticresistant bacteria, the routine use of antibiotics has dropped.)
(我々が抗生物質耐性バクテリアの危険性にますます気づいているようになって、抗生物質の日常的な使用は減少しました。)

p826
Second, the doctor may look for allergies that cause fluid to remain in the ear and encourage infections.
第2には、流体が耳の中に残って、感染症を促す原因になるアレルギーを、医者は探すかもしれません。

Finally, she may refer the child to an ear specialist, who will consider inserting tiny plastic tubes through the eardrums.
最後に、彼女は子供を耳の専門医に紹介するかもしれません。そして、その人は鼓膜を通して小さいプラスチック・チューブを挿入することを考えます。

This allows the air pressure to be the same in the middle ear as in the outer canal, which may reduce the chances of further infection or accumulation of fluid and return the child's hearing to normal.
これは気圧を外の運河の場合のように中耳の同じことでいさせます。そして、それは更なる感染症の可能性または流体の蓄積を減らすかもしれなくて、標準に子供の聴力を返すかもしれません。

Secondhand exposure to cigarette smoke increases the risk of ear infections: another powerful reason to stop smoking or never start.
タバコの煙への中古の露出は、耳感染症の危険性を増します: 禁煙するか、決して始まらないもう一つの強力な理由。


826
TONSILS AND ADENOIDS.
扁桃腺とアデノイド。


Tonsils and adenoids were blamed for so many things in the twentieth century that many people still think of them as villains that have to be removed eventually, the sooner the better.
その多くの人々が結局追い出されなければならない悪者としてまだ彼らのことを考える20世紀めで、扁桃腺とアデノイドはそれほど多くのもので非難されました、早ければ早いほどよい。

This is the wrong way to look at them.
これは、彼らを見る間違った方法です。

They are there to help overcome infection and build the body's resistance to germs.
彼らは、感染を克服して、細菌に対する体の抵抗を構築するのを助けるために、そこにいます。


The tonsils and adenoids are made of lymphoid tissue, like the glands ( lymph nodes) that you can often feel along the sides of the neck or behind a child's ears.
リンパ組織(あなたが首の側に沿って、または、子供の耳の後でしばしばさわることができる腺(リンパ節)のような)で、扁桃腺とアデノイドはできています。

Lymphoid tissue swells up in the process of killing germs and builds immunity.
リンパ組織は細菌を殺すプロセスに腫れ上がって、免疫を構築します。

The tonsils.
扁桃腺。

The tonsils normally grow until the age of eight, then shrink.
扁桃腺は、通常8の年齢まで成長して、そして縮みます。

Doctors used to think that all very enlarged tonsils were diseased and should be removed, but that isn't true.
すべての非常に拡大した扁桃腺が病気にかかって、摘出されなければならないと、医者は思ったものです、しかし、それは真実でありません。

There is no need to remove the tonsils, even when they are large, from a child who is otherwise healthy.彼らが大きいときでも、さもなければ健康である子供から、扁桃腺を摘出する必要がありません。




TONSILS AND ADENOIDS 827
扁桃腺とアデノイド

Frequent colds, sore throats, and ear infections are not good reasons for a tonsillectomy.
頻繁な風邪、のどの痛みと耳感染症は、扁桃腺摘出の正当な理由でありません。

If tonsils are so large that they obstruct the airway, they may need to be removed.
扁桃腺が彼らが気道を妨げるように大きいならば、彼らは追い出される必要があるかもしれません。

Tonsils that are chronically infected or that have pockets of infection in them may also need to go.
慢性的に感染している、あるいは、彼らの中で感染の地帯を持っている扁桃腺は、行く必要もあるかもしれません。


The adenoids.
アデノイド。

The adenoids are clusters of lymphoid tissue up behind the soft palate, where the nose passages join the throat.
アデノイドは軟口蓋の後の上へリンパ組織の一群です、そこで、鼻通路はのどを結びます。


When they become greatly enlarged, they may block this passageway and cause mouth-breathing and snoring.
大いに大きくされるとき、彼らはこの通路をふさぐかもしれなくて、口呼吸といびきを引き起こすかもしれません。

They may also prevent the free discharge of mucus and pus from the nose, thus prolonging colds and sinus infections.
彼らは粘液と膿の自由な放出に対しても鼻を妨げるかもしれません。このように、風邪と副鼻洞感染症を長くします。

Or they may block the Eustachian tubes that drain the middle ear, resulting in chronic ear infections.
または、彼らは中耳の水抜きをするエウスタキオ管をブロックするかもしれません。そして、慢性耳感染症に終わります。

Sometimes these conditions can be treated with antibiotics; sometimes surgical removal of the adenoids is necessary.
時々、これらの状況は、抗生物質で扱われることができます; 時々、アデノイドの外科的除去は、必要です。

There is also a condition, called obstructive sleep apnea, in which the adenoids are so large that they obstruct the breathing passages when the child sleeps.
状態もあります。そして、閉塞性睡眠無呼吸と呼ばれています。そこにおいて、アデノイドは子供が眠るとき彼らが呼吸通路をふさぐように大きいです

Not only does he snore loudly, which is not dangerous, but there are periods when he cannot breathe through the passages at all.
するだけです、彼は大きくいびきをかきます、そしてそれは彼がまったく通路で呼吸することができないとき期間があるが、危険でありません。


The parents may hear a long pause ( more than five seconds ) in the child's snoring, during which he cannot move air at all and may act as if he is trying to catch his breath.
両親は子供のいびきの長い中断(5秒以上)を聞くかもしれません。そして、まるで息をつこうとしているように、それの間、彼はまったく空気を動かすことができなくて、行動するかもしれません。

This condition often requires removal of the adenoids to ensure open breathing passages at night.
この状態は、夜に開いた呼吸通路を確実にすることをアデノイドの除去にしばしば要求します。

Milder forms of sleep apnea also exist: The child keeps breathing but the oxygen level in the blood drops low enough to interfere with sleep.
睡眠無呼吸のより穏やかな型も、存在します: 子供は呼吸し続けます、しかし、血の酸素濃度は睡眠のじゃまをするのに十分低い状態に陥ります。


Occasionally an ear specialist will remove the adenoids in a child with chronic or recurrent ear infections as a way to drain the ear through the Eustachian tube.
時折、エウスタキオ管を通して耳の水抜きをする方法として、耳の専門医は、慢性であるか再発する耳感染症で、子供でアデノイドを取り除きます。

If the tonsils are removed, the adenoids are sometimes cut out, too, but there may be reason to take out the adenoids alone if they are a persistent obstruction and leave the tonsils.
扁桃腺が摘出されるならば、また、アデノイドは時々さえぎられます、しかし、彼らが持続性の閉塞で、扁桃腺を残すならば、単独でアデノイドを取り出す理由があるかもしれません。

The adenoids always grow back to some extent, and the body always tries to grow new lumps of lymphoid tissue where the tonsils used to be.咽頭扁桃は常にある程度後ろに成長します、そして、扁桃腺があったものであるリンパ組織の新しいかたまりを発達させようと、体は常にします。

828 COMMON CHILDHOOD ILLNESSES
普通の小児病

This isn't a sign that the operation was incompletely done or has to be done again.
これは、活動が不完全にされたという徴候でないか、二度とされる必要がありません。

It shows only that the body means to have lymphoid tissue in that region and tries hard to replace it.
体がその領域にリンパ組織があるつもりで、一生懸命にそれに代わろうとすることを、それは示すだけです。



828
SORE THROAT AND SWOLLEN GLANDS
のどの痛みとはれた腺

A sore throat without inflamed tonsils is called pharyngitis.
炎症を起こした扁桃腺のないのどの痛みは、咽頭炎と呼ばれています。

Inflamed tonsils are tonsillitis.
炎症を起こした扁桃腺は、扁桃腺炎です。

And a sore throat with inflamed tonsils is called pharyngo-tonsillitis.そして、炎症を起こした扁桃腺によるのどの痛みは、咽頭扁桃腺炎と呼ばれています。
The main concern with sore throats is to detect those infections caused by the streptococcus bacteria (strep throats) so that they can be treated with antibiotics.
のどの痛みに対する主要な関心は、彼らが抗生物質で治療されることができるように、それらの感染症が連鎖球菌バクテリア(敗血性咽頭炎)に起因するのを見つけることです。

Untreated strep throats often get better on their own, but sometimes they turn into more severe infections or cause rheumatic fever, a serious chronic condition.
無処置の敗血性咽頭炎は自分達だけでしばしば良くなります、しかし、時々、彼らはよりひどい感染症に変わるか、リウマチ熱(深刻な慢性の状態)を引き起こします。


Call the doctor in all cases of sore throat, especially if there is a fever of greater than 101.
のどの痛みのすべてのケースで、特に101を超える熱があるならば、医者を呼んでください。
The doctor will do a throat culture or a rapid test for streptococcus if there is any suspicion.
疑いがあるならば、医者はのど培養または連鎖球菌に対する迅速な検査をします。


If the test is negative for strep, the cause is likely to be a virus, and the infection will most likely go away on its own without antibiotics.
テストが連鎖球菌が陰性であるならば、原因はウイルスでありそうです、そして、感染症は抗生物質なしで単独でたぶん去るでしょう。

Rest, acetaminophen (Tylenol and other brands), and plenty of fluids help.
休み、アセトアミノフェン(タイルノールと他のブランド)と多くの流体は、役に立ちます。

Warm salt water gargles and throat lozenges for children old enough not to choke (after age four or five), are also good comfort measures.
暖かい塩水のうがい薬と窒息しないように十分に古い子供のための喉のトローチは(4歳または5の後)、また良い快適な措置である。



Strep throat.
敗血性咽頭炎。


This is the common name for a throat infection caused by the streptococcus bacteria.
これは、連鎖球菌バクテリアに起因するのど感染症の通称です。

The child usually has high fever for several days and feels sick.
子供は、通常数日間高熱があって、気分が悪くなります。

The tonsils often become fiery red and swollen.
扁桃腺は、赤くて、ふくらんでしばしば炎症を起こしたようになります。


The glands (lymph nodes) in the neck are swollen and sometimes tender.
after a day or two, white spots or white patches may appear on the tonsils.
首の腺(リンパ節)は、ふくらんで、時々痛いです。
1、2日後に、白い点または白斑は、扁桃腺に現れるかもしれません。

Older children may complain of such a sore throat that they can hardly swallow; others complain of a stomachache or headache.
彼らがほとんどのみこむことができないそのようなのどの痛みを、年長児は訴えるかもしれません; 他の人は、胃痛または頭痛を訴えます。

Young children may be bothered surprisingly little by the sore throat, and strep throat is rare under age two.
幼児はのどの痛みによって驚くほどほとんど悩まされないかもしれません、そして、敗血性咽頭炎は年齢2の下でまれです。



SORE THROAT AND SWOLLEN GLANDS 829
のどの痛みとはれた腺

In strep throat is usually no cough or runny nose.
咳または鼻水は、敗血性咽頭炎において、通常ありません。

A child whose tonsils have been removed can still get strep throat.
扁桃腺が摘出された子供は、まだ敗血性咽頭炎にかかることができます。

The treatment for strep throats and scarlet fever (below) is an antibiotic of the penicillin family, either by mouth or injection, or another antibiotic if the child is allergic to penicillin.
子供がペニシリンに対するアレルギーであるならば、敗血性咽頭炎と猩紅熱(下記)の治療は、口または注射によって、ペニシリン家族の抗生物質またはもう一つの抗生物質です。

829
Scarlet fever.
猩紅熱。

This is an infection from a type of streptococcus that causes a rash.
これは、発疹を引き起こす一種の連鎖球菌による感染です。

The rash typically appears a day or two after the child becomes sick.
子供が病気になったあと、発疹は1、2日のように一般的に見えます。

It begins on the warm, moist parts of the body, such as the sides of the chest, the groin, and the back.
それは、体(例えば胸の側、鼠径部と背中)の暖かい、湿った部分から始まります。

From a distance, it looks like a uniform red flush; if you look at it closely, you will see that it is made up of tiny red spots on a reddish background.
遠くから、それは均一な赤い紅潮のように見えます; 細かくそれを見るならば、それが赤みがかった背景の上で小さい赤い点から成り立つのを、あなたは見ます。

It feels like fine sandpaper.
それは、純粋な紙やすりのような感じがします。

It may spread over the whole body and the sides of the face, but the region around the mouth stays pale.それは全身と顔の側を引き延ばすかもしれません、しかし、口のあたりの地域は青白いままでいます。

The throat is red, sometimes fiery red, and after a while the tongue usually gets red, first around the edge.
のどは赤い、時々燃えるような赤です、そして、しばらくして、舌は通常赤く、端のまわりで最初になります。

While it looks more dramatic than an ordinary strep throat, scarlet fever is no more dangerous.
それが普通の敗血性咽頭炎より劇的に見える間、猩紅熱はこれ以上危険でありません。

The treatment is the same as for any sore throat caused by streptococcus.
処置は、連鎖球菌に起因するどんなのどの痛みに関しての同じことでもあります。

In rare cases, a toxin that causes scarlet fever may produce a much more severe rash.
まれに、猩紅熱を引き起こす毒素は、ずっとひどい発疹をもたらすかもしれません。


Other kinds of sore throat.
他の種類ののどの痛み。

There are all kinds and degrees of throat infections caused by a variety of germs, primarily viruses.
いろいろな細菌(主にウイルス)に起因するのど感染症のすべての種類と程度が、あります。

Many people feel a slight sore throat at the beginning of every cold.
多くの人々は、あらゆる寒さの始めにわずかなのどの痛みを感じます。

The doctor, in examining a child with a fever, often finds a slightly red throat as the only sign of disease.
医者は、熱で子供を検査する際に、病気の唯一の徴候として、わずかに赤いのどをしばしば見つけます。

The child may not notice any soreness.
子供は、少しの痛みにも気がつかないかもしれません。

Most of these sore throats are soon over.
大部分のこれらののどの痛みは、すぐに終わっています。

The child should stay indoors if he feels sick or has a fever.
彼が気分が悪くなるか、熱があるならば、子供は屋内にいなければなりません。

The doctor should be called if there is fever, the child looks sick, or the throat is more than slightly sore (even if there is no fever).
熱があるならば、医者は呼ばれなければなりません、子供は顔色が悪いです、あるいは、のどは十二分にわずかに痛みます(たとえ熱がないとしても)。

Some children wake on many winter mornings with a sore throat.
一部の子供たちは、のどの痛みを伴って多くの冬の朝に起きます。

They otherwise act well, and the sore throat goes away shortly.
さもなければ、彼らはよく行動します、そして、のどの痛みはまもなく去ります。


This kind of sore throat is due to dry winter air, not illness, and is no significance.
この種ののどの痛みは乾いた冬の空気(病気でない)によって、重要性でありません。



830 COMMON CHILDHOOD ILLNESSES
普通の小児病

A humidifier can help prevent this.
加湿機は、これを防止するのを助けることができます。

Colds with runny, stuffy noses can also cause sore throats, especially in the early morning, because the mucus may run down the back of the throat during the night, causing irritation.
粘液が夜の間にのどの後ろを流れ落ちるかもしれないので、特に朝早く、流れやすい、詰まった鼻による風邪はのどの痛みを引き起こすこともありえます。そして、刺激を引き起こします。

830
Swollen glands.
はれた腺。

The lymph glands or nodes that are scattered up and down the sides of the neck may become sore and swollen from any disease in the throat, mild or severe.
首の側の上に、そして、それの下で点在するリンパ腺またはノードはのどで痛くてどんな病気からでもふくらむようになるかもしれません。そして、穏やかであるか、厳しいです。

The most common cause of swollen glands is infection of the tonsils, whether by strep or virus.
連鎖球菌またはウイルスによってあるかどうかにかかわらず、はれた腺で最も一般的な原因は扁桃腺の感染です。

Occasionally, the glands themselves become infected.
時折、腺自体は感染しています。

They are then often very swollen, warm, or tender.
それから、彼らはしばしば非常にふくらむか、暖かいか、優しいです。

A doctor needs to evaluate all such large neck swellings.
医者は、すべてのそのような大きな首膨張を評価する必要があります。

Treatment is by antibiotics.
処置は、抗生物質のそばにあります。



Neck glands may remain slightly enlarged for weeks or even months after some throat infections.
首腺は、若干ののど感染症の後週または月の間さえわずかに腫脹するままかもしれません。

Swollen glands have other causes, too, such as infected teeth, scalp infections, and general diseases, like rubella ( German measles).
はれた腺には、他の原因が、また、感染歯、頭皮感染症と一般的な病気(風疹(風疹)のような)のようなあります。

You should consult your doctor about them, but if he finds that your child is generally healthy, don't worry about slightly swollen glands. あなたは彼らについてあなたの医者に意見を聞かなければなりません、しかし、彼があなたの子供が通常、健康であるとわかるならば、わずかにはれた腺について心配しないでください。

CROUP AND EPIGLOTTITIS
偽膜性喉頭炎と喉頭蓋炎


Croup.
偽膜性喉頭炎。

Croup is caused by swelling in and just below the vocal cords.
偽膜性喉頭炎は、中で、そして、ちょうど声帯の下でふくらむことに起因します。

There is usually a hoarse, ringing, barking or croupy cough, and some tightness of breathing, especially when the child inhales.
かすれたか、盛大であるか、ほえているか、クループ性の咳と特に子供が吸い込むとき呼吸する若干の緊張が通常あります。


The cause of croup is a viral infection.
偽膜性喉頭炎の原因は、ウイルス感染です。

Croup is scary when you see it for the first time, but it's usually not as serious as it looks.
あなたが初めてそれを見るとき、偽膜性喉頭炎は怖いです、しかし、それは見るほど通常深刻でありません。

It may recur several times in early childhood.それは、幼年期に数回、繰り返されるかもしれません。

Call the doctor promptly for any kind of croup.
どんな偽膜性喉頭炎のためにでもすぐに医者を呼んでください。


Sometimes what looks croup is really a child choking on a small object that has gotten stuck in the windpipe.
時々、偽膜性喉頭炎に見えることは、本当に、気管で動けなかった小さな物で窒息している子供です。

So it's very important that any child who develops a sudden croupy cough be checked by a doctor.
それで、突然のクループ性の咳になるどんな子供でも医者によってチェックされることは、非常に重要です。

Spasmodic croup is usually a mild form of croup that comes on suddenly during the evening.
痙攣性偽膜性喉頭炎は、通常、夕方の間に突然やって来る偽膜性喉頭炎の穏やかな型です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スポック博士831-6イン... | トップ | スポック博士821-25風邪◎◎ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む