JPS㈱ 足ツボ 大阪・京都

足ツボの施術と食事と健康
★大阪 月火木金日
06-6767-5528 
★京都 土 
 

スポック博士831-6インフルエンザ◎◎

2016-10-19 16:20:40 | 育児
CROUP AND EPIGLOTTITIS 831
偽膜性喉頭炎と喉頭蓋炎


The child may have been perfectly healthy during the day or may have had the mildest of colds without a cough.
子供は日中完全に健康である場合があったか、咳なしで風邪で最も穏やかなものを持ったかもしれません。

Suddenly she wakes up with a violent fit of croupy coughing, is hoarse, and has difficulty breathing.
突然、彼女はクループ性のせきの激しい発作で起きて、しわがれ声で、呼吸困難があります。

The child struggles and heaves to get air in.
子供は奮闘して、空気を入れるためにむかつきます。

She has no fever.
彼女は、熱がありません。

Croup that accompanies a viral cold and fever is usually more severe.
ウィルス性風邪と熱を併発する偽膜性喉頭炎は、通常より厳しいです。

The child has a croupy cough and tight breathing.
子供は、クループ性の咳と堅い呼吸があります。

As the child breathes in, the narrowed airway makes a loud gasping sound, called stridor.
子供が息を吸い込んで、狭くなる気道は大きい喘ぎを丈夫にします。そして、喘鳴と呼ばれています。

Croup may come on gradually or suddenly at any time of the day or night.
偽膜性喉頭炎は、日または夜のいつでも、徐々に、または、突然やって来るかもしれません。

The cough sounds like a dog or seal barking.
咳は、ほえている犬またはアザラシのように聞こえます。

When the swelling in the airway is severe, it can be very difficult for the child to breathe.
気道の膨張が厳しいとき、子供が呼吸することは非常に難しくありえます。


A child with a hoarse, croupy cough with fever, especially with tightness of breathing and rapid breathing, should be put under the close, continuous supervision od a doctor without delay.
熱を伴うかすれた、クループ性の咳の子供は、特に呼吸と急速な呼吸の緊張で、終わりの下に置かれなければなりません。そして、連続監督オッドが滞りなく医者です。

If you can't reach your own doctor right away, find another one.
あなたがすぐにあなた自身の医者と連絡をとることができないならば、別のものを見つけてください。

If you can't reach your own doctor right away, find another one.
あなたがすぐにあなた自身の医者と連絡をとることができないならば、別のものを見つけてください。

If you can't reach any, take your child to a hospital.
あなたが何にも着くことができないならば、あなたの子供を病院へ連れて行ってください。

Medicines can open up the airway in an emergency but can be given only in a hospital.
薬は緊急時には気道を開けることができるが、病院だけで与えられることができます。

The emergency treatment for croup until a doctor can be reached is moist air.
医者までの偽膜性喉頭炎の治療が渡されることができる非常事態は、湿った空気です。

Use a cold-mist humidifier if you have one.
あなたが1を持つならば、冷たい霧加湿機を使ってください。

A small room is preferable because you can humidify it faster.
あなたがより速くそれを湿らすことができるので、小さな部屋は好ましいです。

You can also take the child into the bathroom and run very hot water into the tub to make steam, not to put the child in.
あなたは洗面所に子供を連れて行くこともできて、蒸気を作るために非常に熱い水をタブに陥らせることもできます。そして、子供を入れません。

If there is a shower, that works best of all.
シャワーがあるならば、それは一番働きます。

A twenty-minute steam in the bathroom with the child sitting upright in your lap and the door shut is the best first treatment.
まっすぐにあなたのひざに座っている子供と一緒の洗面所と閉められるドアの20分の蒸気は、最高の最初の処置です。


Humidifier or vaporizer steam works much better if it's concentrated under a tent.
それがテントの下で集中したならば、加湿機または気化器蒸気は非常によりよく働きます。

You can make one by draping sheets over a crib or small table placed on the bed, or you can tack them to the wall.
ベッドに置かれるベビーベッドまたは小さなテーブルの上にシートを布で覆うことによって、あなたは1になることができます、あるいは、あなたは彼らを壁にとめることができます。

When the child breathes the moist air, the croup will usually begin to improve rapidly.
子供が湿った空気を呼吸するとき、偽膜性喉頭炎は通常速くよくなり始めます。

Croup is made worse by an anxious child, so if the makeshift tent frightens the child, it's better not to use it.
偽膜性喉頭炎は心配性の子供によってより悪くなるので、間に合わせのテントが子供を怖がらせるならば、それを使わないことはよりよいです。

You or another adult should stay awake as long as there are any symptoms of croup.
偽膜性喉頭炎のどんな徴候でもある限り、あなたまたはもう一人の大人は起きているままでいなければなりません。


After the croup is over, wake up two to three hours later to check that the child is breathing comfortably.
偽膜性喉頭炎が終わっていたあと、子供が気持ちよく呼吸していることを確認するために、2~3時間後に起きてください。


832 COMMON CHILDHOOD ILLNESSES
普通の小児病

Spasmodic croup and viral croup sometimes come back a night or two later.
痙攣性偽膜性喉頭炎とウィルス性偽膜性喉頭炎は、後で夜または2を後退させに時々来ます。

Having the child sleep in a room whose air has been moistened can help.
子供に空気が湿った部屋に泊まらせることは、助けることができます。

You should take this precaution for three or four nights.
あなたは、3つまたは4つの夜の間、この予防措置をとらなければなりません。

Epiglottitis.
喉頭蓋炎。

This infection is now rare, thanks to the Hib (Haemophilus influenza B ) immunization.
Hib(ヘモフィルス属インフルエンザB)免疫化のおかげで、この感染症は、現在まれです。

Epiglottitis looks like severe croup with a high fever.
喉頭蓋炎は、高熱でひどい偽膜性喉頭炎のように見えます。

The epiglottis is a small bit of tissue that forms the trap door at the to of the windpipe that keeps food out.
喉頭蓋は、それが罠ドアを作る組織の小さなビットですために食物を中に入れない気管の。

If it becomes infected and swollen, it can block off the windpipe completely.
感染していて、ふくらむならば、それは完全に気管をふさぐことができます。

A child with epiglottitis is likely to become ill very quickly.
喉頭蓋炎の子供は、非常に速く病気になりそうです。

He learns forward, drools, refuses to take food or liquids, and usually makes no sounds at all for fear of provoking a typical croupy cough.
彼は前方へ学んで、よだれを垂らして、食物または液体をとることを拒否して、通常、典型的クループ性の咳を引き起こすことを恐れて、まったく音をたてません。

He may be unwilling to turn his head because he's keeping his neck in the position that gives him the most room for air to pass between the swollen epiglottis and the windpipe.
空気がふくれた喉頭蓋と気管の間で通る最も多くの余地を彼に与える位置に首を置いておいているので、彼は頭を回す気がない場合があります。

Epiglottitis is a true medical emergency.
喉頭蓋炎は、本当の医学非常事態です。

Get the child to a doctor or hospital as quickly as possible.
できるだけ速く、子供を医者または病院に連れて行ってください。


832INFLUENZA, BRONCHITIS, AND PNEUMONIA
インフルエンザ、気管支炎と肺炎


Influenza.
インフルエンザ。

The flu can be a miserable illness, with headache, sore throat, fever, muscle aches, cough, and running nose, and sometimes vomiting or diarrhea.
風邪は、頭痛、のどの痛み、熱、筋肉の痛み、咳と継続鼻で、哀れな病気と時々嘔吐または下痢でありえます。

Occasionally there is such severe pain in the calf muscles that the child is reluctant to walk.
時折、子供が歩くのを嫌うような激痛が、ふくらはぎの筋肉です。

Fever can last a week or so, the cough even longer.
熱は、1、2週(咳より長く)の間さえもつことができます。


A person can come down with the flu just a few days after being exposed to it; usually symptoms start five to seven days after exposure.
人は、ちょうどそれにさらされることの数日後に、風邪にかかることができます; 通常、徴候は露出の5~7日後に始まります。

Even before the person begins to feel sick, she will be contagious and will remain so until the fever is gone.人が気分が悪くなり始める前にさえ、熱がなくなるまで、彼女は伝染性で、そう残ります。

This is why the illness spreads so rapidly.
そういうわけで、病気はとても速く蔓延します。

Flu vaccines are available, but because the virus changes, new vaccines must be made each year to keep up.
インフルエンザワクチンは利用できます、しかし、ウイルスが変わるので、新しいワクチンはついていくために毎年行われなければなりません。


INFLUENZA, BRONCHITIS, AND PNEUMONIA 833
インフルエンザ、気管支炎と肺炎

Children with asthma and other chronic lung conditions, heart disease, diabetes, and some neurological disorders should have the flu vaccine each year.
喘息と他の慢性肺の病の子供たち、心臓病、糖尿病と若干の神経障害には、毎年インフルエンザワクチンがなければなりません。


Otherwise healthy children, especially children under age two, also benefit from the vaccine.
また、それ以外は健康な子供たち(特に2歳未満の子供たち)は、ワクチンから利益を得ます。

The treatment for influenza is to keep the child comfortable: Have her rest at home until her temperature remains normal for twenty-four hours; offer fluids that appeal to the child every hour or even half hour, but do not force them; and give her acetaminophen or ibuprofen for the fever and aches.
インフルエンザの治療は、子供を快適にしておくことです: 彼女の体温が24時間普通のままであるまで、自宅で彼女の休みをとってください; 毎時または30分さえ子供に訴えるが、彼らを押しつけない流体を提供してください; そして、熱と痛みのために彼女のアセトアミノフェンまたはイブプロフェンを与えてください。

(Never give aspirin to children or teenagers with the flu; it increases their susceptibility to Reye's syndrome; see page 872.)
(風邪で子供たちまたはティーンエイジャーにアスピリンを決して与えないでください; それは、彼らの感染性をライ症候群に増やします; 872ページを見てください。)

Early in the flu, treatment with a specific antiviral medication can help to shorten the illness.
風邪の初めに、特定の抗ウイルス薬物での治療は、病気を短くするのを助けることができます。

The doctor should be called at the onset of the flu and again if the child seems unusually ill, has an earache or trouble breathing, or after several days isn't getting better.
子供が異常に病気のようであるならば、医者は風邪の発症で、そして、再び呼ばれなければならないか、耳痛または呼吸困難があるか、数日の後快方に向かっていません。

Ear infections, sinusitis, or pneumonia can follow influenza as secondary infections and need treatment with antibiotics.
耳感染症、副鼻腔炎または肺炎は、インフルエンザの二次感染としてあとを継ぐことができて、抗生物質での治療を必要とすることができます。

Bronchitis.
気管支炎。


Bronchitis is an infection of the bronchial tubes, which lead to the lungs; in children it's almost always caused by a virus.
気管支炎は気管支の感染症です。そして、それは肺に至ります; 子供たちにおいて、それはウイルスにたいてい起因します。

There is usually plenty of coughing.多くのせきが、通常あります。

Sometimes a child seems short of breathes.
時々、子供は背が低いようですの呼吸します。

At times you can hear faraway squeaky noises as the child breathes.
時々、子供が呼吸して、あなたは遠いキーキーいう音を聞くことができます。

Parents worry when they think they hear mucus vibrating in the chest.
彼らが粘液が胸で振動しているのを聞くと思うとき、両親は心配します。

Actually, the mucus is in the throat; the noise it makes is transmitted to the chest.
実は、粘液はのどです; それがたてる雑音は、胸に送られます。

A mild case of bronchitis, with no fever or loss of appetite and only mild coughing, is only a little more serious than a cold in the nose.
気管支炎の軽症は、熱または食欲不振と軽いせきなしでだけ、鼻かぜより少し深刻なだけです。

The treatment is the same as for a bad cold: rest, fluids in moderation, and tender loving care.
処置は、ひどい風邪に関しての同じことです: 休み、節度の流体と優しい愛情のこもった世話。

If coughing interferes with sleep, a cough-suppressant may help.
せきが睡眠のじゃまをするならば、咳-抑制剤は助けるかもしれません。

Antibiotics should not be prescribed because they do not kill the viruses that cause bronchitis.
彼らが気管支炎を引き起こすウイルスを殺さないので、抗生物質は処方されてはいけません。

However, if the child acts sick, becomes short of breath, or has a fever of more than 101, call the doctor.
しかし、子供が病気のふりをするか、息切れするようになるか、101以上の熱があるならば、医者を呼んでください。

Bronchitis can be mistaken for other, more serious infections that may require treatment with antibiotics.
抗生物質での治療を必要とするかもしれない、他の、より重い感染症と、気管支炎は誤診されることができます。

Pneumonia.
肺炎。

Pneumonia is an infection of the lungs themselves caused by either a virus or bacteria.
肺炎は、ウイルスかバクテリアに起因して、肺自体の感染症です。

Bacterial pneumonia usually comes on after a child has had a cold for several days, or it may start without warning.
子供が数日間風邪をひいていたあと、細菌性肺炎は通常やって来ます、あるいは、それは警告なしで始まるかもしれません。

Suspect it if the temperature climbs above 102, breathing becomes rapid, and the child coughs frequently.
温度が102を上回って登るならば、それを疑ってください、呼吸は急速になります、そして、子供はしばしば咳をします。

A child with pneumonia will sometimes make a grunting noise.
肺炎の子供は、時々ブツブツ言ってい騒ぎます。

Antibiotics usually promptly cure bacterial pneumonia if treatment is started frequently.
処置がしばしば始まるならば、抗生物質は通常細菌性肺炎をすぐに治療します。

Pneumonias caused by viruses are more common and usually less severe, often getting better on their own in two to four weeks.
ウイルスに起因する肺炎はより一般的で通常より厳しくありません。そして、しばしば2~4週で自分達だけで良くなります。

Although viral infectons pneumonia is caused by a virus or bacteria, so antibiotics are usually prescribed for all children with pneumonia.
ウィルス性infectons肺炎がウイルスまたはバクテリアに起因するが、それで、抗生物質は通常肺炎ですべての子供たちに対して規定されます。

p834

Bronchiolitis.
細気管支炎。

Bronchiolitis (not to be confused with bronchitis; see previous page ) is an inflammation by a virus of the small respiratory passages in the lungs (bronchioles).
細気管支炎(気管支炎で混乱しません; 前のページを参照してください)、肺(細気管支)の小さな呼吸通路のウイルスによる炎症です。

It is a wheezing respiratory illness that affects infants and toddlers, usually two to twenty-four months of age.
それは、通常2~24ヵ月、幼児と幼児を襲う喘鳴呼吸器疾患です。

The child usually has a cold in addition to a cough and wheezing and breathes fast and has to work harder than normal to exhale.
子供は、通常咳と喘鳴に加えて風邪をひいていて、速く呼吸して、息を吐き出すために普通であるより一生懸命に働かなければなりません。

Several viruses cause bronchiolitis.
いくつかのウイルスは、細気管支炎を引き起こします。

One you may hear about is called RSV, which stands for respiratory syncytial virus.
あなたが聞かされるかもしれない1つはRSVと呼ばれています。そして、それはRSウイルスを表します。

Many of the children admitted to hospitals with severe wheezing illness have RSV.
ひどい喘鳴病気で病院に入院する子供たちの多くは、RSVを持ちます。

Bronchiolitis can be mild or severe.
細気管支炎は穏やかでありえるか、厳しくありえます。

Some children become short of breath and have to work hard to breathe.
一部の子供たちは息切れするようになって、呼吸するために、一生懸命に働かなければなりません。

They cannot comfortably eat or rest and become exhausted from the exertion of breathing.
彼らは気持ちよく食べることができないか、休むことができなくて、呼吸の努力で疲れきります。

Most children with bronchiolitis do well and can be treated at home; about one in twenty require hospitalization to carefuliy monitor the breathing status.
細気管支炎の大部分の子供たちは、うまくやって、自宅で扱われることができます; 20のおよそ1つは、carefuliyへの入院が呼吸の状態をモニターすることを必要とします。

There is also a new medication that can prevent RSV infection in high-risk babies, such as those with underlying chronic lung disease; unfortunately, it has to be given by monthly injection during the flu season.
リスクの大きい赤ちゃん(根底にある慢性肺疾患にかかったそれらのような)でRSV感染症を防止することができる新薬も、あります; 残念なことに、それは風邪期の間に毎月の注射によって与えられなければなりません。

Because bronchiolitis can occationally lead to significant respiratory problems, it is important to contant your doctor or nurse practitioner so she can help you monitor your child7s symptoms.
細気管支炎が重要な呼吸系疾患にoccationallyにつながることができるので、彼女があなたがあなたのchild7s徴候を監視するのを手伝うことができるように、あなたの医者または正看護婦をcontantすることは重要です。

Most children are better in seven to ten days, but a few may wheeze with succeeding colds.
大部分の子供たちは7~10日でよりよいです、しかし、2、3は以降の風邪でゼーゼーいうかもしれません。

p835
HEADACHES
頭痛

Headaches are common in children and teenagers.
頭痛は、子供たちとティーンエイジャーに普通にみられます。

Though a headache can be an early sign of a wide variety of illnesses, ranging from the common cold to more serious infections, the most frequent cause by far is stress.
頭痛が、風邪からより重い感染症にわたって、多種多様な病気の初期の徴候でありえるけれども、最もよくある原因は断然ストレスです。

Think of the child who for days has been memorizing his part in the school play or the child who's been practicing extra hours afyer school on the gymnastics team.
学校劇での彼の役割を何日も記憶していた子供または余分の時間afyer学校を体操チームに行っていた子供のことを考えてください。

Fatigue, tension, and anticipation often combine to produce changes in the blood flow to the muscles of the head and neck, causing a headache.
疲労、緊張と予想は頭と首の筋肉に血流の変化をもたらすためにしばしば組み合わさります。そして、頭痛を引き起こします。

When a young child complains of a headache, call the doctor promptly, because it's more likely at this age that the headache is an early symptom of an oncoming illness.
幼児が頭痛を訴えるとき、頭痛が近づいてくる病気の初期の徴候であることはこの年数でよりありそうであるので、すぐに医者を呼んでください。

An older child who has a headache can be given the appropriate dose of acetaminophen or ibuprofen, followed by a rest period --- lying down, playing quietly, or engaging in another restful activity --- until the medicine starts to work.
頭痛がする年上の子供はアセトアミノフェンまたはイブプロフェンの適切な量を与えられることができます。そして、活動休止期が続きます-横になるか、静かに遊ぶか、もう一つの落ち着いた ― 薬が作用し始めるまで ― 活動に従事します。
Sometimes an ice pack helps.
時々、氷嚢は助けます。

If a headache lasts as long as four hours after the child has taken a medication or other symptoms of illness (such as fever) appear, the doctor or nurse practitioner should be called.
子供の後の4時間が薬物を飲んだ、あるいは、病気(例えば熱)の他の徴候が現れる限り頭痛が続くならば、医者または正看護婦は電話をされなければなりません。

A child who has frequent headaches should have a through phusical examination, including a check of his vision, a dentalexam, a neurological evalution, and a careful review of the child's diet.
頻繁な頭痛がする子供は、彼の展望、歯アル試験、神経学的evalutionと子供のダイエットの慎重なチェックのチェックを含む直通phusicalな試験を受けなければなりません。

It's also worth considering whether something in the child's home life, school, or social activities may be causing undue stress.
それは、子供の家庭生活か、学校か社会的な活動の何かが不当なストレスを引き起こしている場合があるかどうかについて考える価値もあります。

p836

Children do get migraine headaches, although they are less likely to have characteristic migraine symptoms, such as an aura of flashing lights or other visual changes or weakness in one extremity.
子供たちは片頭痛にかかります、しかし、彼らは特徴的片頭痛徴候(例えば閃光または他の視覚の変化の雰囲気または1つの端の弱さ)がありそうにありません。

A pattern of severe headaches in a child should indicate the possibility of migraines, especially (though not only ) if they run in the family.
子供のひどい頭痛のパターンは、片頭痛の可能性を示さなければなりません、特に()それらが家族に代々起こるならば。

If a headache comes on after a fall or a blow to the head, get in touch with the doctor promptly.
頭痛が落下または頭への強打の後やって来るならば、すぐに医者と接触してください。

Headaches on rising or in the morning or that wake a child at night are often signs of sreious illness.
上昇に関する、または、朝の頭痛またはそれは、夜に子供を起こしますsreiousな病気の合図でしばしばあります。

Discuss with your child's doctor any recurrent early-mornig headaches and any associated with dizziness, blurred or double vision, nausea and vomiting.
どんな再発する初期のmornig頭痛でもとめまい、ぼやけるか倍の展望、吐き気と嘔吐と関連した何でもあなたの子供の医者と協議してください。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スポック博士836-40胃... | トップ | スポック博士826-830... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む