時事放談  野次・喜多 珍道中談義

おなじみ、野次さん・喜多さんの歯に衣着せぬ時事談義

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無能・無責任・無自覚安倍総理・官邸

2007年07月05日 09時13分40秒 | Weblog
米特使、「原爆使用が何百万人もの日本人の命救った」(朝日新聞) - goo ニュース

無能・無責任・無自覚 安倍総理・官邸

喜多さん> 核不拡散問題特使ロバート・ジョセフ氏の原爆投下の正当化論は
    非難されて当然・日本は非難するのが当然であるのに、
    「無能・無責任・無自覚」安倍総理・官邸はこの発言を確認するのに
    18時間を掛けてもなお確認できない(したくない)
    「無能・無責任」ぶり。
野次さん> こんな総理・官邸イラナイ!
    北朝鮮が日本に核ミサイルを発射して十八時間経っても確認できない
    政府・官邸・総理に何の危機管理が出来るのか。
喜多さん> 野次さんの言う核兵器保有ブラフ論も一理ある。
    日本政府が非公式にでも「北朝鮮に許すならば、日本にも許せ!」と
    言っただけで、こんな発言は出なくなる。
    それが出来ない自民党安倍政権、危機管理も国際外交(騙し合い)も
    出来ない無能・無責任な非現実的無能政権。
野次さん> むしろ売国奴政権と言うべきだろう。
    アメリカにベッタリの犬ッコロ政権ではダメなんだ!
    国際外交は甘くない!だから日本は六ヶ国協議からはずされ、4ヶ国で
    よいなどと言われてしまうのだ!
北朝鮮最大の功労者
参照
6カ国協議、来週にも開催の可能性=ロシア外務次官(ロイター) - goo ニュース
喜多さん> もう無能政権は取り替えよう、このままでは日本は未来が無い。
野次さん> 安倍自民党政権よりも少しでもマシな御仁に政権を任せるべき。
     野党を飼い殺しにしてはいけない!”責任”を与えて責任政党に
     育てるべし!
     それ以外に未来は無い!
リメンバー 「消された年金」
年金流用6兆円を忘れるな!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愚民アンケート? | トップ | 遅きに必すル! »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
魔性の女の化けの皮を剥がせ! (BOSO21)
2007-07-05 14:51:36
小池防衛大臣について???であったが
今日も白川勝彦氏が舌鋒鋭くつれづれ日記で語っている。
正式名称は「永田町徒然日記」、国政を離れてもう何年か?
永田町の魑魅魍魎たちからは、今でも目が離せないようだ。

>魔性の女の化けの皮を剥がせ!
07年07月05日

昨日のニュース・報道は、新しく就任した小池百合子防衛大臣のことでもち切りであった。私はなんとなく嫌ぁーな感じがした。小池氏もだいぶ歳をとったが、それでもまだ多少の色香はある。この色香でまた政治を誤魔化そうというのが、安倍首相の魂胆である。また小池氏は権力者に追従してそのことをあえて平気で行う魔性の女である。郵政解散選挙では、多くの国民がその毒気に完全に当てられた。今回、その轍を踏んではならない。

魔性の女は、化けの皮を被っているものである。今回、その化けの皮を剥ぐ絶好の材料がアメリカ側から提供された。そう、“米特使、「原爆使用が何百万人もの日本人の命救った」”というニュースである。

米政府のロバート・ジョセフ核不拡散問題特使(前国務次官)は3日の記者会見で、広島・長崎への原爆投下について「原爆の使用が終戦をもたらし、連合国側の数十万単位の人命だけでなく、文字通り、何百万人もの日本人の命を救ったという点では、ほとんどの歴史家の見解は一致する」と語った。

 米国とロシアの核軍縮枠組みづくりに関する会見での発言で、久間前防衛相の発言問題と直接絡んだものではない。ジョセフ氏は、「原爆を使用した米国が核不拡散について訴える道義的な根拠があるのか」との質問に対し、「米国は核不拡散で指導的立場に立ってきた」などとかわした。

 米国の歴史学者の間では、原爆使用と終戦の因果関係は必ずしも明確ではない、という学説が有力だ。だが、特使発言のような見方は、保守派を中心に米国内でなお根強い。米政府はこれまで原爆使用について謝罪したことはなく、ジョセフ氏もこれまでの流れに沿って原爆投下の正当化論を繰り返したものとみられる。

ジョセフ核不拡散問題特使の「原爆の使用が終戦をもたらし、連合国側の数十万単位の人命だけでなく、文字通り、何百万人もの日本人の命を救った」という見解は、“歴史家の見解”という言葉を借りてジョセフ氏自身の考えを述べていると捉えられる。核不拡散問題特使というのがどの程度の役職なのか私は知らないが、アメリカの政府高官の一人であることは確かなのだろう。そうであるとしたならば、わが国の政府高官がこのことを無視する訳にはいかないであろう。

広島・長崎に投下された原子爆弾は、当時“新型爆弾”と呼ばれた。その被害のあまりの悲惨さが、わが国の政府を周章狼狽させたことは確かである。しかし、時の政府は、ポツダム宣言の受諾によって国体が護持されるのかどうかに汲々としていた。“国体の護持”とは、天皇を中心とするわが国の支配体制である。詳しくは、憲法改正問題講座2「ポツダム宣言受諾と昭和憲法の制定」を参照されたい。

ジョセフ核不拡散問題特使の発言について、塩崎官房長官は記者の質問に対してどういう発言なのか詳細を把握していないということで言及を避けていた。同じ質問を安倍首相や小池新防衛大臣に対してマスコミはしなければならない。そのことによって魔性の女の化けの皮は剥がれて行くであろう。またお目出度い安倍首相の化けの皮も剥がされていくであろう。彼らにとって“日米同盟”という呪縛は、かつての“国体の護持”という呪縛と同じくらいに現実を冷静に考えることを妨げているのだ。そのためにわが国の国益や国民の利益が損なわれているのである。これは今回の参議院選挙の重要な争点としなければならない。

今日で国会は閉幕する。本当は、国会の場で安倍首相や小池新防衛大臣に対してこのような質問をすべきなのだが、それは難しくなった。だから、マスコミに期待するしかないのだ。かつてのマスコミならば、嬉々としてこのような質問をしたであろうが果たしてどうだろうか。最近では、マスコミが何を報道するかだけではなく、マスコミがどう報道するのかもニュース・報道の見どころになってしまった。。これが私にとってニュース・報道をみるひとつの興味なのであるが、これはやはり悲しむべき現実なのだろう。

それでは、また明日。

07年07月05日 06時47分AM 掲載 分類: 8.マスコミ論
http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=262
SP痴漢で逮捕 (野次喜多)
2007-07-05 18:11:12
2007-07-05 16:36:54

 小池百合子大臣のSPが、痴漢で逮捕されたと、TV報道されていました。
さすがに小池百合子には痴漢してなかったようですな?

◎ 訂正小池ではなく高市大臣だそうです (野次喜多)

2007-07-05 17:58:03

訂正小池ではなく高市大臣だそうです。
訂正いたします。でも、おんなじようなもんですな?
少子化担当大臣というのが笑えますが!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
安倍さんには軍師も参謀もいなかったの? (山本勘助は軍師、瀬島龍三は参謀)
安倍さんの突然の総理辞任は日本国中驚きましたね、内閣改造をやり所信表明までやって いざこれからという時に「やあーめた」では「それはないよ」といいたくなります。 植木等さんではないが日本一の無責任男といわざるを得ません野党の党首が40年の政治生活で聞いたこ...