いつか海外暮らし!

旅行が好きで若い頃は国内旅行、今は海外旅行、いつか海外で暮らしたい。

2017カンボジア旅行 6月26日(月) シアヌークビル滞在

2017年08月11日 | カンボジア旅行 2017/06/21~
東南アジア時刻に慣れて来たのか。6:30頃起床した。
カメラを持って散歩に出た。
レストランやホテルが並ぶセレンディピティ・ビーチ・ストリートをビーチに向かう。
桟橋を歩く。桟橋の東側がオチェトアル・ビーチが広がり、西側は岩場である。
 桟橋からセレンディピティ・ビーチ・ストリート
 

波が高い。
 オチェトアル・ビーチ  写真拡大
    

 岩場&レストラン(桟橋西側)
 

ビーチ沿いの遊歩道を歩いた。バーやレストランが並ぶ。昨夜は騒がしかったのだろう。
遊歩道からビーチに移り、散策した。
 

ビーチ沿いの道路を宿に向かう。
けばけばしい中華レストランが並ぶ一角があった。中国人専用一角か。

宿の隣のレストランでアメリカン・ブレックファーストを食べて宿に戻った。
隣の部屋に泊まっていたカンボジア家族をチェックアウトしていた。週末をここで過ごしていたのだろう。
昨夜、ホテル従業員と間違えて、トイレットペーパーをもらった。失礼しました!!

昨日から考えているシアヌークビル沖のロンサレム島へ渡るかどうかであるが、高速船での船酔いや雨が降り、風も吹く、天気の悪い日のビーチほどテンションが下がる事はないなどの言い訳でロンサレム島へは行かない事にした。気が進まなかったのだ。
宿の居心地が悪いので近くにあるUS$30と看板のあるホテルに移ろうか?
しかし、ロンサレム島へは行かない事にしたが、ここシアヌークビルに居ても何をしようかな!!!
明日、カンポットに行くことにした。小さな田舎町で何もしなくても数日は滞在できるだろう。
居心地の悪い宿をもう1泊辛抱しよう。

スマホのSIMカードはどこで売っているかフロントで聞くと、シアヌークビル中心地に行けばあるとの事である。
そこまで行かなくても、この近くにあるはずだと思い、桟橋前の案内所に行った。
案内所にSIMカードがあると言う!
「何日使用できるか」と聞くと1ヶ月、GB(ギガバイト)の単語が忘れて出てこない。最近、単語を忘れて会話で困る。あれ!あれ!
話しが続かず、向かいにSmartのSIMカードを売っているので、そこへ行けと言われてしまった。

ここは何屋さん? ショーケースに米ドル他札を張り付けているので両替屋だろう。その横のショーケースにSIMカードが乱雑に置いてある。こんな一等地で!!!
1ヶ月使用のSIMカードを買い、セットアップしてもらった。確認しろとスマホを渡された、インターネットに繋がらないと再度セットアップを頼んだ。英語表記に切り替える様に言われた。ちょっと苦戦していたが繋がった。
データー通信料US$5、電話US$1であった。

朝の散歩で桟橋の西側にある岩場にレストランがあったので行って見た。
桟橋の付け根から歩道がある。その歩道を行くと左側は岩場で右側はきつい斜面になっていてその斜面にはゲストハウスがあった。
岩場にせり出す様にレストラン&バーがあった。
コーヒーを飲みながら、海を見たり岩に砕ける波を見たりしてボーッとしていた。
  

食事が出来そうにないレストランだったので歩道を戻ると、ラーメンと目に付いた。
ラーメンとエアコンに引き寄せられて入った。
みそラーメンと生ビールを頼んだ。みそラーメンの味は海外としては、こんなもんだろう。
エアコンの効いたラーメン屋からの写真です。実際の雰囲気とは違い、上手く撮れ過ぎた。
 

旅行代理店に寄ってカンポット行きミニバスのチケットを買った。
ANNY toursという会社のミニバスで12時発、ピックアップ11時 US$5であった。
カンポットの隣町ケップやベトナムのハーティエン行もあった。

夕食は昨日のリベンジである。
昨夜、桟橋横のレストランに行ったが週末の客が多すぎて相手にされなかったのだ。
レストラン前のビーチにもテーブルと椅子を置き、客を入れていたのでスタッフの手が回らなかった。
今日は普通に対応してくれた。
シーフード野菜炒めと生ビールを頼んだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017カンボジア旅行 6月25日(... | トップ | 2017カンボジア旅行 6月27日(... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しくブログ拝見させて頂きました。 (田中 実)
2017-08-12 00:01:15
楽しそうですね!
ビール好きなんですか?

コメントを投稿

カンボジア旅行 2017/06/21~」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL