いつか海外暮らし!

旅行が好きで若い頃は国内旅行、今は海外旅行、いつか海外で暮らしたい。

2017カンボジア旅行 6月24日(土) カンボジア国境 ココンへ

2017年08月01日 | カンボジア旅行 2017/06/21~
4時30分起床。 曇り
6時前にチェックアウトしBTS駅に向かう。
6時20分にエマカイバスターミナルに着いた。
朝食を取れそうな食道がない。タイラーメンの店は開いていたが準備中で駄目。
7イレブンでサンドイッチとコーヒーを買う。
トラート行きバスは定刻7時に出発した。

今回の旅行は、タイ湾沿いにカンボジア&ベトナムを予定している。
今日は、タイとカンボジア国境の町ココンまで行く。
 

スクンビット通りから別れ、東に向かうポイントで多くの乗客が乗って来た。
昔からここは、バンコクへの出入り口になっている。パタヤからバンコクへ乗合いバンで来ると、ここでバンコクの行先別に乗り換えた。

私の座席が南側を向いているので日が差し込むと思ったが、太陽の位置が高いからかカーテンを閉めなくてもよく、車窓からの風景を見て過ごした。
チョンブリー8:30、南下していたバスが東に向かった。南下を続けるとパタヤに着く。
スマホのGoogleマップで現在地を確認していた。
チョンブリーから国道3号線を外れ国道344号線を走った。海沿いでまた国道3号線に入り、チャンタブリーに着いた。
スマホのバッテリーの消費が激しいので、電源を切っている。車窓からの風景を見るのも飽きて来た。
頻繁にバスが停車するようになってきた、車掌にトラートには何時に着くのか聞くと13時との事。
トラートに13:20に到着した。バンコクから6時間20分かかった。

腹が減った。食堂があったので取り合えずタイラーメンを食べた。
バスターミナルの奥に歩いて行くと「Cambodia Border」の表示を見付けた。
 
チケットは120バーツした。客人数がそろえば出発するのだろう。
5人組家族が来たので、14時過ぎハートレックへ乗合いバン(ロット・トゥー)は出発した。

はじめて海が見えたがすぐに見えなくなった。
道路の拡張工事をしていた。
クローン・ヤイで家族連れがおり、高校生も降りた。高校生は乗合いバンで通学しているのだ。

トラートから1時間25分でタイ側国境ハートレックに着いた。15時25分になっていた。
雨が降り出した。
 国境へ
 
タイを出国してカンボジアに歩く。
バイクタクシーの運ちゃんがまとわり付いてきた。無視する。
次にトゥクトゥクの運ちゃんが近づいて来た。
キャリーバックを転がしながら歩いた。
 国境線
 

タイ側イミグレーションから600mほどにカンボジア側国境Cham Yeamのイミグレーションがあった。
visa申請所に向かうと運ちゃんがその前にと、連れていかれた。
銃型温度計をおでこに当てられ20バーツを取られた。ヘルスチェックらしい。
運ちゃんがvisa申請用紙を出し、パスポートを出せ書いてやると言う。
断って自分で書く。この年で老眼鏡なしで文庫本を読めるが、申請用紙などに記入するのが辛くなってきた。

旅行の計画ではタイ(観光ビザ免除)→カンボジア(ビザ必要)→ベトナム(15日以内ビザ免除)→カンボジア(ビザ必要)→タイ(観光ビザ免除)の予定でいるので、カンボジアで2度アライバルビザを取得しなければならない。ビザ代も掛かり、面倒くさいので1年マルチビザを取ることにした。
バンコクのカンボジア領事館でマルチビザが取れるだろうと調べると取れない!!!
シェムリアップやプノンペンの空港でアライバル・ビザのマルチビザが取れる。陸路国境ではポイペトでマルチビザが取れることが分かった。
しかし、ここココンのイミグレーションでの情報が無かった。

駄目もとで、1年マルチビザを要求したがシングルビザしか発給できないと言われた。
visa代1,300バーツを要求されたが、バーツが足らない。US$10+1,000バーツで払った。
パスポートの1ページ分を占めるvisaシールを貼られた。剥がれやすく場所もとるので小さなvisaシールに改善して欲しいものだ。
次に入出国カードもトゥクトゥク運ちゃんが持っていた。記入して提出、スタンプを確認して無事入国した。
16時頃になっていた。
トゥクトゥク運ちゃんと運賃交渉、バイタクがUS$3だろうからUS$6程度か? US$7でOKした。
 カンボジア イミグレーション方面を振り返る
 

運ちゃんは、欧米人女性二人に声を掛けた。交渉が難航している。
ココン(Koh Kong)に向かった。イングランドとカナダの学生さん?だろう。今日中にシアヌークビルに行くと言っている。
矢崎カンボジア工場の前を通り過ぎた。
工場従業員が仕事が終わり、工場送迎バスに乗りココンに向かっていた。
橋の料金所で渋滞していた。

ココン(Koh Kong)のバスターミナルに着いた。
1台のSUVが停まっていた。彼女達がトゥクトゥク運ちゃんを通じて手配したようだ。
彼女達は、運賃を聞いて驚いて断っていた。
どこでこの様なことになったのか判らないがトゥクトゥク運ちゃんが怒り出した。ここはカンボジアだ・・・・・・!!
しかし、彼女達も払えないものは払えない。大もめである。
運ちゃんが彼女達に必要にせまるのでSUV運ちゃんもよわっていた。私も大声で運ちゃんにまくし立てたが通じたのか????
大雨になった。周りに野次馬が集まっている。
彼女達は、売店へ逃げた。SUVは、帰えって行った。
トゥクトゥク運ちゃんは、彼女達をトゥクトゥクに呼び戻した。運ちゃんもSUV運ちゃんへの手前、彼女達に強く当たったのだろう。

私は、まだ行き先を言っていないが、トゥクトゥクはどこへ向かっているのだろうか。
停まって電話をしている。電話がかかって来たのだろう。
まもなく、前にSUVが停まった。私には、訳が解らない。
彼女達は、US$12でいいと言っている。シアヌークビルまで1人US$12で行けると、大喜びして私も誘われた。私はバンコクを出で10時間も経つ、更に4時間はきついので断った。
SUVの運ちゃんがトゥクトゥク運ちゃんにお金を握らせ、SUVを出発させた。

運ちゃんにバスチケット売場に案内されUS$10でチケットを買った。US$10は運ちゃんへの紹介料も含まれているだろう。
運ちゃん紹介のゲストハウスにエアコン付きUS$15で決めた。
SIMカードを買いに行来たいと言うとポケットからSIMカードを出てきた。3ヶ月有効で3GBで$3、セットアップをしてもらった。
トゥクトゥク代とSIMカード代を合わせてUS$10を渡した。
次に女子高生はどうかと来た、丁重にお断りしてた。
最後に、バーツの余った小銭をねだってきた。
トゥクトゥク運ちゃんのビジネスモデルは、国境でトゥクトゥクの客を拾う(本業)、バスチケット&ゲストハウスの紹介料をもらい、SIMカードを売り、売春斡旋までして最後に余ったバーツの小銭をねだる。
この運ちゃんは、やり手である。

ゲストハウスで紹介してもらったレストランへ行った。まだ、しとしとと降っている。傘をさして向かった。欧米人がいたのですぐに分かた。
カンボジアではドラフトビールが安い、中ジョッキーでUS$0.5を思い出し、ドラフトビールを頼んだ。
欧米人は長期滞在者の様でみんな知り合いである。

スマホが繋がらない。セットアップをしてもらい、その場で、確認しなかったのが間違いであった。
SIMカードを取り外した。


本日 ルート
 バンコク・エマカイ・バスターミナル7:00発 → トラート・バスターミナル13:20着
 トラート・バスターミナル14:00発 → ハートレック15:25着
 ハートレック/Cham Yeam国境 16:05完了
 国境 → ココン
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017カンボジア旅行 6月23日(... | トップ | 2017カンボジア旅行 6月25日(... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しくブログ拝見させて頂きました。 (田中 実)
2017-08-03 22:31:29
こんばんは!
東南アジアいいですね。
僕も今カンボジアにいます!どこかで会ってたりしないですかね!?

コメントを投稿

カンボジア旅行 2017/06/21~」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL