いつか海外暮らし!

旅行が好きで若い頃は国内旅行、今は海外旅行、いつか海外で暮らしたい。

バンコク旅行 4泊5日 11月27日

2017年01月03日 | バンコク旅行 201...
朝食に昨日の麺屋台に行った。
市場は開いているが、麺屋台だけが休んでいる。
今日は日曜日だ、ムスリムの人は、きちんと休むのだ。
市場前のラームカムヘン通りを南に行くとペッチャブリー通りと交差する。その間に食堂が並ぶ。
軒先でお惣菜&弁当を売り、奥にテーブルが2~3台置いてある食堂である。
地元の人はそれぞれお気に入りの店があるのだろう。どこの店もはやっていた。
お粥を発見、更にぶらぶらと進むと麺の鉢が積み重ねあるのを発見した。
おやじさんにセンレックと言うと嫌な顔をされた、この忙しい時に!と言う感じだ。おばちゃんがいいよいいよと言う感じで注文を受けてくれた。
ここのセンレックは、ムスリムの麺屋台よりあっさして私の口に合った。

きょうの予定はどうしょうか。
プミポン国王の追悼の中心である王宮前広場に行ってみよう。
センセーブ運河終点→(徒歩)→王宮前広場→チャオプラヤ川→(エクスプレスボート)→タクシン(セントラル桟橋)→(BTS)→タニヤ通りでフットマッサージ→(BTS)→マーブンクローセンターMBKでスマフ購入→(BTS)→(ARL)→ホテル
このルートで今日は過ごそう。

昨日と同じく、センセーブ運河のボート乗り場に向かった。
今日は日曜日なので今日ほど乗客はいないだろうと思っていたが、1番目のボートは停まってくれず、2番、3番目は満杯で乗れず!!!
200mほど先に従来からある桟橋があり、そこでは乗客が乗り降りするのが見えた。仕方がない、そこまで歩いた。5年前はそこまで歩いていたのだ。

センセーブ運河のプラトーナム桟橋で乗り換え、終点パンファーで降りた。
プーカオトーン(ワット・サケットor黄金の山寺院)が建物の間から見える。
民主記念塔のある大通りに出ると喪服姿の人が多くなった。ボランティアがペットボトルの水を配っていた。
王宮前広場まで2kmを歩いた。
広場に入るにはセキュリティチェックがあった。失礼になったらいけないと思い警官にカメラで撮っても良いかと尋ねるとOKであった。

王宮前広場の外周道路は規制され一般車は進入禁止であった。
広場内の外周にはテントが張られ、ボランティアが弔問者のお世話&接待の場所になっているのだろうか?
 写真拡大
 

場違いのところにいるようで広場を横断し写真を1枚撮って離れた。
 写真拡大
 

王宮前広場から数100mにあるチャオプラヤ川に向かい、マハラジャ桟橋からチャオプラヤ・エクスプレスボートに乗った。

チャオプラヤ川西側のバンコク・ヤイ運河への水門が見えた。最近、水門を見かける時は水門2つとも開いている事が多かったが、今日は片方が閉まっていた。
チャオプラヤ川の水位が上がっているのだ。チャオプラヤ川の水がバンコク・ヤイ運河に流れ込むと運河沿が冠水するので閉めている。
チャオプラヤ川へ出入りするボートがある場合のみ開閉するのか??
 写真拡大
 

タクシン(セントラル桟橋)で下船してBTSでタニヤ通りに向かった。
バンコク「タイ古式マッサージ」店の10店を紹介しているWebサイトを見つけた、1番目のワット・ポー マッサージ 直営サロン39と3番目の有馬温泉は行った事があるが、その他は知らなかった。
今日は9番目がタニヤ通りにある「T Massage & Spa」に来たのだ。フットマッサージの経験がないので、フットマッサージ60分 300バーツを頼んだ。
フットマッサージは期待外れであった。このおばちゃんが下手くそなのか?? 途中から寝てしまった。皆さんは気持ち良いから途中で寝てしまったと勘違いするのではないか、関係なしに寝てしまう。
物足りないので追加でタイマッサージ60分 300バーツを受けた。
60分間のタイマッサージもはじめてで、毎回120分を受けているが、60分も良いかもしれない。場所を変えて60分を2回受けるのもアリかも知れない。
支払いを済まして出口でチップ100バーツを渡すと、フットマッサージとタイマッサージで各100バーツを要求された。仕方なく200バーツ渡した。
二度とこの店には来ないかも・・・・?

マーブンクローセンターMBKにスマホを買いに行った。
Zenfone GOを探した。
Zenfoneを陳列している店の店員にZenfone GOはないか聞くとないようだ。ちょっと待てと言ってどこかへ行った。
店員はZenfone GOを持って帰って来た。しかし、日本で使われている型式とは違った。
通信欄を見ると同じ様に思った、ただし、LTEに対応せず3Gまでだった。LTEほどの高速通信は必要なかったので型式は違うがZB452KGにした。

後日談、日本の格安SIMはLTE対応スマフであれば、どれの格安SIMでも使用できるが、3Gスマホはdocomo回線の格安SIMでなければ使えない。
タイのツーリストSIMが、LTE、3G & 2Gで使えるのに対して、日本の格安SIMがLTEのみとは考えもしなかった。
日本では結局、購入してきたZenfone GO ZB452KGにSIMを入れて動作確認をしなければ支障なく使えるかわからない。選定を間違えた!!!

食事後、BTSとエアポート・レイル・リンクを乗り継いでホテルに戻った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バンコク旅行 4泊5日 11月26日 | トップ | バンコク旅行 4泊5日 11月28日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バンコク旅行 201...」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL