原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

千葉県柏市『311前より116倍高いウラン235(中性子線)検出』

2014-02-21 13:56:59 | 放射能汚染

千葉県柏市『311前より116倍高いウラン235(中性子線)検出』

http://fukushima-diary.com/2011/10/breaking-news-neutron-ray-measured-in-tokyo/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed:+FukushimaDiary+(Fukushima+Diary) (英文)を元に、和訳

【千葉県柏市】最悪のホットスポットの一つ。市民はウラン235を検出

311前、中性子線の平均値は、 4 NSV / hであった。

311後は、 464 NSV /h( 311前より116倍高い)。

中性子線は、ウラン235から放出される。

千葉、柏市の最悪のホットスポットの一つで、市民はウラン235を検出した。

<松葉第一近隣公園のベンチの横 測定結果>

2011年10月11日9:40 〜 10:30

地面からの高1.2メートル

•バックグラウンド0.372マイクロシーベルト/ hの
• 80.0 keVの、放射性物質= 254カウントの未ソートのタイプ
191 keVの、 LEU (低濃縮ウラン= 180カウント•
• 594 keVのCS- 134 = 221カウント
• 655 keVのCS- 137 = 208カウント
地面からの高15ミリメートル

•バックグラウンド0.628マイクロシーベルト/ hの
• 30.2 keVのCS- 137 = 621カウント
188 keVの、 LEU (低濃縮ウラン= 156カウント•
• 594 keVのCS- 134 = 467カウント
• 654 keVのCS- 137 = 412カウント
柏市でも1.2の高さから、彼らはウラン235を測定することができる。

これらはすべて、地面に散乱し、中性子線を放出している。

中性子線を測定した瞬間の映像です。 (栃木県)

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=-2pRbJfM2KQ


中性子線は、ガイガーカウンターでは測定できず、

人体への影響は、より高く有害である。

NUC安全規格ICRP60によると:

•腫瘍リスク:ガンマ線よりも3 〜 200倍高い
癌であなたの人生を短くする可能性:ガンマ線よりも15 〜 45倍も高い
•遺伝的形質転換:ガンマ線よりも35 〜 70倍も高い
•染色体異常:ガンマ線よりも40 〜 50倍も高い
•哺乳類遺伝的影響:ガンマ線よりも10 〜 45倍も高い

私が、線量計(ガイガーカウンター)で計測した「空間線量」が低いことにより、

実害がないかのような印象をあたえ、

被害が過小評価される、と警告したのはこのためだ。

実際に「鼻血」、「疲労(ぶらぶら病)」、「免疫低下による問題」等の多くのケースがあったが、「空間線量」が低いため「風評被害」だとされている。

しかし、中性子線の測定により、被害の深刻さが明らかになる。

見えない死角に、恐怖のプルトニウムが常にある。

東京一帯に降り注いだ「ウラン235」は、

福島第一原発事故で放出された「プルトニウム(MOX燃料に含む)」である。

これは中性子線を放出し続ける。

(和訳終わり)
 
 
 

 
 
地球最強の猛毒プルトニウム
ミリグラムで数十万人を殺すことができる放射性猛毒だ

88. 2013年4月06日 11:41:15 : wSJGaiNjJo
チェルノブイリより酷いのは福島第一がプルトニウム混合MOX燃料を燃やしていたことだ
地球最強の猛毒プルトニウム
ミリグラムで数十万人を殺すことができる放射性猛毒だ
福島核爆発で拡散したプルトニウムは推定数キロ~10数キロ

日本人皆殺しにできる量が放出された

 

 

チェルノブイリ周辺国の人口は事故後26年で1300万人減少

ベラルーシでは被災者の『孫世代』の障害発生率は95%程度 

26. 2013年4月04日 22:39:21 : Z4lIrj8gPI
チェルノブイリ周辺国の人口は事故後26年で1300万人減少
ベラルーシでは被災者の孫世代の障害発生率は95%程度 
これは事実 嘘だと思うなら調べてください
平均寿命も大幅に短くなってます
小学校の授業は25分づつであるということ ベラルーシやウクライナは将来滅びの国です
さて数十倍も人口密度の高い日本では20年後どのようになりますか

 

 

知人に確認したところ、

ネットで報告されている通り、今でもウクライナ・ベラルーシ・
ロシアの強汚染地域は、大変な状態。

学校の授業も短縮しないと、授業ができない所も

582. 母系社会 2013年10月08日 19:06:51 : Xfgr7Fh//h.LU : 26Y1InxnQ6

知人に、学術研究のために、毎年、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ
などの旧ソ連圏に行っている人がいて、数日前に確認しましたが・・・

やはり、ネットで報告されている通り、今でもウクライナ・ベラルーシ・
ロシアの強汚染地域は、大変な状態だそうです。

被曝2世の子供には健康な子は少ないとか、学校の授業も短縮しないと、
授業ができない所とかも、実際にあるそうです。

 

 


福島第一原子力発電所から80km圏内における
土壌へのガンマ線放出核種の沈着量の測定結果
( H24.12.1換算 )
http://radb.jaea.go.jp/mapdb/portals/201006/ (環境省)より

放射性セシウムの測定箇所は、福島第一原子力発電所から80 km圏内の地域を5 km×5 kmのメッシュに分割し、非可住区域及び測定箇所までの道路が通行止めなどにより測定が困難であった箇所を除き、各メッシュ内で測定に適した一箇所を選定した(380箇所)。

 

 


東京湾岸と千葉が劣化ウラン地獄に!

汚染の事実を知る、内閣府の官僚は、千葉から神奈川県に脱出

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/25aa7f1b1ff7c899cdb754c6ab12f344

日本政府は隠ぺいしているが、東京東部、東京湾岸地域、千葉が劣化ウランですさまじく汚染されているようだ。

「ホットスポットの放射線測定は、セシウム合算線量だけであり、ウランなどの核種は測定されていないし、汚染にカウントされていいない。ウラン汚染も加えれば、東京湾岸地域、東京東部、千葉県の汚染はすさまじいレベルになるらしい。」

 

 

東京都のマンションで空調フィルターからウラン3,000ベクレル/kg!

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/ccd14c8872687744d4f05fd2b88506ec

2012年7月28日 03:00 

調査をおこなったのは、欧州放射線リスク委員会(ECRR)のクリス・バズビー博士。

鉛210やセシウム137、ロジウム102など、都内の一般的なマンションに通常存在しない物質ばかり。中でもウラニウムは約3,000ベクレル/kgという高濃度で含まれていることがわかっている。

同じような汚染は関東一円のどの住まいでもありえる。子どもや妊婦のいる家庭では、早急にフィルターを掃除すべきかもしれない。

 

 

これは本当にマズい。とんでもない健康被害に襲われる!

”都内フィルター セシウムだけで10万Bq超”

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/7d074da80b1171fbc1da7c2b010f5c9b 

 8月5日

これは本当にマズい。東京都民は目をさましてほしい。とんでもない健康被害に襲われる。

 


多量の高放射能微粒子 住民の肺に存在 白ロシア

★汚染地帯に住む住民の遺体200体を解剖した結果、

 肺の中にホットパーティクル(プルトニウム)が、数百から2万前後。

 これは、死ぬまで肺の中にとどまり放射線を出し続ける。

★「5年後ぐらいから肺がんが多発する可能性が大きい」と警告(1990年)

http://ameblo.jp/x-csv/entry-10963879692.html より

多量の高放射能微粒子 住民の肺に存在 白ロシア

【モスクワ8日=渥美記者】

4年前にソ連で起きたチェルノブイリ原子力発電所の事故で大気中に放出された「ホットパーティクル」と呼ばれる高い放射能をもった微粒子が、白ロシア共和国の放射能汚染地域に住んでいる住民の肺の中に予想を超えるほど多量に存在することがわかった。同共和国のミンスク大学放射線化学研究室のエフゲニー・ペトリャエフ教授が朝日新聞の取材に対して明らかにしたもので、1年半にわたる住民の遺体解剖で得た肺の標本とレントゲン写真を示し、「5年後ぐらいから肺がんが多発する可能性が大きい」と警告した。詳細なデータは近く国際原子力機関(IAEA)に提出される。
ペトリャエフ教授が解剖した遺体は200体。チェルノブイリ原発の北に位置し、放射能汚染指定地が多数点在するゴメリ州の住民がほとんどで、交通事故や一般的な病気で死んだ11歳から70歳までの男女。全員の肺を摘出して調べた結果、7割の人の肺からホットパーティクルを検出した。
ソ連国内の広範な土地の放射能汚染の主役は、炉心から飛散した揮発性のセシウムだが、ホットパーティクルはいくつかの不揮発性の放射性物質の混合物だ。爆発の時、2000度以上の高温で溶けて結晶化した核燃料ウランが主体で、その中に猛毒のプルトニウム、ルテニウムなどが混じっている。
肺の中にあった粒子の直径は0.01ミクロンから4ミクロン、細かなものは肺の深部、大きなものは気管支近くに分布していた。1人の肺全体のホットパーティクルの数は、数百から2万前後まで。1つの粒子の放射能の強さもさまざまだが、セシウムのように尿中から排出されることはなく、死ぬまで肺の中にとどまり放射線を出し続ける。ペトリャエフ教授は「1個平均を1億分の1キュリーと推定すれば、2万個あれば何年かあとにほぼ確実にがんを引き起こす」という。

(朝日新聞 1990/07/09)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【福島作業員の手記】事故あ... | トップ | 岩手沿岸部で、若者が次々と... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む