原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

2号機再臨界さらに深刻化>今年最高のセシウム合算162.5MBq/km2。大規模な臨界が目前に迫っている気配

2013-03-16 22:12:24 | 原発の異常情報

<2号機再臨界さらに深刻化>

今年最高のセシウム合算162.5MBq/km2。

大規模な臨界が目前に迫っている気配

【定時降下物、今年最高のセシウム合算162.5MBq/km2を記録~2号機再臨界深刻化】 (TM)2013-03-15 22:09:03

☆定時降下物環境放射能測定結果(暫定値)(第443報)
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/download/1/koukabutsu443.pdf

<3月13日9時~3月14日9時>
セシウム134:53.5MBq/km2
セシウム137:109.MBq/km2
セシウム合算:162.5MBq/km2

前回までの今年のワースト記録

<3月2日9時~3月3日9時>
セシウム134:26.0MBq/km2
セシウム137:53.0MBq/km2
セシウム合算:79.0MBq/km2

の約2倍を超える凄まじい汚染状況。

********************************

下記のような情報も入ってきているようですので
【2号機から毎時200万ベクレルもの放射能が放出されている!先週から温度情報が隠蔽されている状態 】
http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/676.html
「2号機では昨年末から異常な温度上昇を観測していましたが、先週から東電がこのデータを非公開に変更してしまったため、2号機の温度上昇を知るのは非常に難しくなってしまっています。」

福島市方木田地内にある
福島県原子力センター福島支所
の定時降下物だけでも
前回までのワースト記録の約2倍を
超える凄まじい汚染状況
ですので、

もしかすると、2号機の局所臨界ではなく、
大規模な臨界が目前に迫っている気配も致しますが。

個人的には、屋内退避は当然として
最低限の避難準備も心がけていた方が無難に
感じますが・・・。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 堂々と売られる福島米>無知... | トップ | 深刻な免疫不全>今年の現時... »
最近の画像もっと見る

原発の異常情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事