原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

【ワクチンは生物兵器】WHOの極秘文書が、パトリック・ジョーダンという勇気あるジャーナリストにより暴露

2014-05-30 12:05:04 | 未分類

【ワクチンは生物兵器】WHOの極秘文書が、

パトリック・ジョーダンという勇気あるジャーナリストにより暴露

01. 2014年5月30日 00:41:11 : Eg08bpS4nw
国連の人口削減計画に日本も当然加担していると見做すべきですね。
第一国連には凄い金額出してるでしょう。
文字起こししてみました。
全部はユーチューブで見て下さい。

03:40
1972年に、
WHOの極秘文書が、パトリック・ジョーダンという

勇気あるジャーナリストによって暴露された。

それによると、「WHOは、ワクチンの形態をした生物兵器を開発する」 

という「極秘文書」。

ワクチンは生物兵器であると認めている。

しかも、スリーステップ(3段階)でこの生物兵器を人類の身体に

時限爆弾として植え込む、と、そこまで書いている。

まず0歳児に打つ。なぜか。

まだ0歳児の、免疫の弱いときにワクチンの種を植え込む。

だから0歳児に20回、30回と打つ。

ではなぜ0歳児にワクチンを打つのかとよく聞かれる。

その児を将来殺すためですよと言ったらお母さんがひっくり返りました。

で、今度は子宮頸ガンワクチン。

10代になったら打つ。それはどういうことか。

この生物兵器がスタンバイ・モードになる。

そしたら今度はパンデミックで、インフルエンザが流行った。

そしたら今度は国家で強制的に法律を作っておく。誰も逃れられない。

その時に最後の仕上げでトリガー(引き金)のワクチンを打つ。

すると、アジュバンドという、トリガーになる薬が、引き金を引くんです。

何が起こるかというと、サイト・ガイ・ストームという、

免疫の嵐の爆発が起こるんです。

そうしたら確実に死ぬ。原因不明で。

ワン・ツー・スリーで。これで行くわけです。

なぜこんなことをするのか。謎が解けた。

 

1992年にブラジルサミット。アジェンダ21という行動計画。

最大の環境問題は、人口問題である。

であれば、その人口を(70億)、適正人口は10億人だ、

では60億人は、処分するべきだと、はっきり言っている。

その為にワクチンを打つのだ、と。

ワクチンは、人口を減らすための、殺戮の生物兵器だ。嘘だと思ったら、

ジョン・ピー・ホルドレン、は彼の本ではっきり言っている。

「適正人口は10億人で、60億人は減らすべきである。」

さらに、食料、飲料水に不妊剤を混入する。

投薬によって、大規模な不妊化を行う。

強制的な妊娠中絶を行う。

政府によって、新生児を没収する。

妊娠を防ぐ体内インプラント(マイクロチップのこと)を植え込む。


『ワクチンの罠 効果がないどころか超有害!』

船瀬俊介先生ダイジェスト版ワールドフォーラム2014年5月
http://www.youtube.com/watch?v=2DSQftXUggw

 


 

「ワクチン伝説に終止符―極秘文書が衝撃的真実を明らかに」
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/98321e1ed64fd38b1f78b46f8314d5c9
2014-02-14

一般市民に非常に危険なワクチンを押し付け、生まれてくるはずであった子供達やその他の者、何千人も殺害したのである (CDCはこのデータを公開せずに、同じワクチンを強制し続けるであろう) 。

 

 

『子宮頸がんワクチンを打つな』

健康被害959名以上驚くべき状況!国、公認の人体実験か?

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/034659c4c00fd0c4c315b7d24b190f91
2014-02-14

 


インフルエンザ・ワクチンの常識>『劇薬・発がん性物質』『効かない』

★まったくと言っていいほど効かないのです。

 これはウイルスを学んだ者にとっては常識です。

 「打っておいたほうがいい」どころか害毒

★自然にインフルエンザに感染したほうが、

 ワクチンとは比べ物にならないほどの強い抗体が作られます。

 多くの人が知らず知らずインフルエンザにかかっているのです。
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/c1553e68f73d12575317876509b1b063
2013-12-30

 

 

<子宮頸がんワクチン被害深刻!!>

現在車椅子の生活。

こんなにひどい副作用出るなら、どこの親も接種しない
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/4bebd87098a584d8d7895261d3304fb5
2013-09-16
「頭をトンカチで殴られたような割れんばかりの激しい痛み」が

全身に及び、通常の社会生活さえ営めない

 

 

<これはワクチンではない。毒を注入しているのである>

子宮頸がんワクチンで、心肺停止、失神、けいれん。

「脳に相当なダメージ」を受けた事例も。

長期的な痛みやしびれを訴える人が相次ぐ。

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/824fe2fe8f5da265c464fd020fa2f27e
2013-06-19

 

 

<子宮頸がんワクチン重い副反応> 

全国で接種した延べ663万5千人うち956人に副反応が起きている

失神が多い「四肢の運動能力低下」「歩行不能」などで未回復の例も

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/8bcd509e878473b9a61778d45ed4106b
2013-03-08 

 

 

「子宮頸がんワクチンを打つな」医師のブログ

日本の子供たちの健康被害、 500名以上 !驚くべき状況です。

「脳に相当なダメージ」を受けた事例も。

このようなものを注射することは非人道的。 

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/65332cf6b94533c2617677272410abba
2012-08-24

ワクチン接種後3日に1人、6日めに1人、心肺停止の状態で発見され、脳に相当なダメージを受けた事例があります。脳脊髄炎、小脳失調症と書かれている事例があります。これらを含め、30名以上のお子さんで、脳に障害が起こったと考えられます。
さらに若年性リウマチ(スティル病)、全身性紅斑性狼瘡(SLE)のような極めて治癒し難い深刻な自己免疫性疾患も引き起こされています。このような問題について、厚労省には調査する様子もみられません。

 


 

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/8242594f980edaf77a5eb113b4d05cf0 から

犬や猫たちを

“永久的に不毛(不妊)にするワクチン” 

その成分が含まれる子宮頸がんワクチン

子宮頸がんワクチン「サーバリックス」内のアジュバントという成分は、ペットの去勢・不妊のために使われてきたものです。
「サーバリックス」添付文書には「劇薬」と表示され、「免疫原性」としてこう記してあります。「抗体価と長期間にわたる感染の予防効果及び子宮頸がんとその前駆病変の予防効果との相関性については現時点では明確ではない。」
つまり、効果があるかわからないという事です。

 

ノバルティスのワクチンに 毒性物質

“MF-59 アジュバント”「特許名:Adguvant MF-59」
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/342.html より
投稿者 ひとりのちいさな手 日時 2009 年 9 月 24 日 01:30:18: 43GzZOvlUGhqg

去る1998年に国際的に発表されたある特許があります。それは基本的には、ペット用のワクチンで、みなさんのかわいい犬や猫たちに、体重に応じて接種するものでした。しかし、このワクチンと実験室でのすべての試験結果をみると、これは、ペットを“永久的に”、みなさんここで私は強調しますが、“永久的に不毛(不妊)にするワクチン”だったのです。
(不毛にする=子どもを産めないようにする。)

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ぬまゆのブログ】身体にまた、... | トップ | 5月30日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています