原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

【フクシマ見聞録】ヨウ素が体内に入り血液の中に入ると、その大部分が甲状腺に溜まるわけです ※70回目の紹介

2017-01-30 22:28:30 | 【フクシマ見聞録】

1876to1945さんのツイート(2013年10月01日~)を順に紹介します。70回目の紹介

【フクシマ見聞録】

ヨウ素が体内に入り血液の中に入ると、

その大部分が甲状腺に溜まるわけです

Akira Tsuboi@1876to1945さん 2014年1月12日のツイートから

 

-街の全ての人のいとなみが静止した。それまで反原発の団体に
はげしく声をぶつけ、集団の中に乗り込んでくるようにして突き上げていたウヨク団体も、
その間に入って飛び込んでくる人間を制していた警察もその場に足をとめて静止し、
路面電車も運行を止め、路上の車のすべてが、やはり静止した。-

 

-8月6日、8時15分-。全ての人間がその時だけ自らの所属する
団体のいかなる属性からも離れて、ひとしく静止し、沈黙した。

静止した人のたてるざわめきから取り残されるようにして、
ただ夏の日差しがふりそそぎ、蝉の声ばかりがあぶり出されるようにして持続する。-

 

-いずれも、人の動きとは無関係にずっと持続していたものだった。
”爆災当日は蝉が啼いていたのだろうか”自分は沈黙の中で思った。

なぜ静止し、沈黙したのか。それは間だった。黙って、手をとめて、
過ぎ去った時間に一時でも思いを向かわせる。そのための間だった。-

 

-そんな場所がこの国にあるのだった。時の経過により、意識して思いを
寄せなければ近づけない。切り捨てようとすれば無いものとして振る舞える。

その場所は隔絶した場所だった。隔絶した場所だったが、確実に存在する場所だった。
そのことは動かしようがない。それは原風景と呼ぶ類の場所なのだった-

 

-崎山氏の話に、あの時の蝉の声を思いだした。「-で、これなんですけど、
これはヨウ素剤(白い錠剤を示す)、。また何かがあった場合には必要になる可能性もあると
思うんですけれども、ヨウ素剤家庭で用意されている方いらっしゃいますか?」
崎山氏の話は3.11後の被曝医療体制の話に移った。-

 

福島行-崎山氏の問に手を上げるものはいなかった。「いないですね、。

あの、ええと、まあヨウ素剤はなぜ飲むかということなんですけれども、
これもうみなさんご存知かもしれませんが、ヨウ素を吸引とかしゃくになって
(不明)入ってゆくと、血液の中に入ると、それが大部分が甲状腺に溜まるわけです-

 

-「その甲状腺がなぜヨウ素を取りこむかということですけれども、
甲状腺は甲状腺ホルモンをだしているんですね。

甲状腺ホルモンというのはからだの代謝とか成長機能とか
いろいろな部分にひじょうに重要なホルモンなわけです。で、
これを生産するのに造るのに、ヨウ素が必要なんです。-

 

-「ヨウ素がないと甲状腺ホルモンができないので、血液の中に入ると
甲状腺が(聞き取れず)になる。で、この時に放射性ヨウ素で
あるか放射性ヨウ素でないか、安定ヨウ素であるかというのは
化学的な性質はおなじですから、区別しないで甲状腺はとりこんでしまうわけですね。-

 

-「その場合に安定ヨウ素を飲んでおいて、血液の中のヨウ素の量を
高めておくと、そうすると相対的にですね、放射性ヨウ素の濃度が下がりますから、
ここに取りこまれる放射性ヨウ素が少なくて済む、ということになる。

ですけれでも、それはタイミングが重要で、放射性ヨウ素が来た、来る、とわかって-

 

-「24時間以内、それも24時間前から4時間くらい前に飲めば、
90%以上阻害することができるんですけれども、もう取り込んでしまって
24時間後だと、もうほとんど阻害効果がないんですね。

ですから、ヨウ素剤というのは飲むタイミングがひじょうに重要だということ。-

 

-「なんかあったということが分かったら、すぐ飲んだほうが
いいということなんです。ですけれども、実際に飲んだ、飲ませたのは
ほんとうに少ない。約1万人くらいしか飲んでないですね。

で、今度の事故で、、ええほとんどの日本中にあるヨウ素剤は福島に来たんです。-

 

-「だから福島にはすごい備蓄があったんですけれども、
飲まれた方は1万人ぐらいしかしかいない。そういうことなんです-」崎山氏の話は続く。-

 

※次回に続く

 2017/2/1(水)22:00に投稿予定です。 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【告発!検察「裏ガネ作り」... | トップ | 1月30日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

【フクシマ見聞録】」カテゴリの最新記事