原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

動燃裏工作部隊「K機関」を暴く ※4回目の紹介

2015-01-08 22:00:00 | 【原子力ムラの陰謀】

*『原子力ムラの陰謀』著者:今西憲之

第2章 動燃裏工作部隊「K機関」を暴く」を複数回に分け紹介します。4回目の紹介


原子力ムラの暗部を刻銘に記録に遺し、その男は逝った-

1995年12月8日、「夢の原子炉」と言われた

高速増殖炉「もんじゅ」でナトリウム漏れ事故が発生。

事故をめぐる”隠蔽”が次々と発覚する中、

一人の「国策会社」幹部が突如、命を落とした。

死の謎を解く鍵は、遺された膨大な資料のみ。

そこには原子力ムラが行ってきた”裏工作”の歴史が、

あまりにも生々しく記録されていた。

(P3「まえがき」から)

「『もんじゅ事故』で謎の死を遂げた西村成生さんが残した内部資料があるらしい」

 2012年冬、はじめにその話を聞いた時は、ここまで深くその資料と付き合うことになるとは想像もしていなかった。

  「西村ファイル」と名づけた資料の山を読み進めるうち、取材班は何度も我が目を疑った。国の特殊法人であるはずの動力炉・核燃料開発事業団(動燃=当時) が地域住民や職員の思想・行動を徹底的に調べ上げ、「洗脳」「工作」といった言葉が頻繁に飛び交う。そして、あまりに不自然な西村氏の死-。「原子力ム ラ」の異常な体質が、次々と浮かび上がってきたのである。

----------------

**『原子力ムラの陰謀』著書 「第2章 動燃裏工作部隊「K機関」を暴く」の紹介

前回の話:動燃裏工作部隊「K機関」を暴く ※3回目の紹介

◎身分は秘匿、工作資金は「プール金」から

 そして、前掲の「第一案」作成日から5日後、2月25日付で本社総務部が作った<人形峠事業所業務の円滑な推進を支援するための特命チームの設置について>と題する社内連絡文書に、こんな記述が躍った。

<名称は、特命チーム(呼称を、Kチーム)とする。特命チームの本部は、本社内に設置するが、特に、室を設ける等の措置は取らない。さらに、地域連絡事務所を岡山県岡山市内に設置する>

「K機関」は「Kチーム」と名称を変え、Y氏の案が全面的に採用されたのだ。

「『K』は『回収ウラン』『工作』、そしてKチームのキャップのZ氏の頭文字だったと記憶している。本社から60人ほどが、日常業務ほったらかしで働いていた。回収ウランの利用は核燃料サイクル完成に不可欠な『国策の中の国策』で、絶対に譲れない。社内はこの特命のためなら何をやってもいいという雰囲気だった。実際、東京と人形峠を何十人もの職員が往復していたし、国会対応のために、結構な人数の職員が議員会館など永田町周辺で張り付いていた」(元動燃関係者)

 文書には、反対運動への”敵意”がにじみ出ている。

<(反対運動は)核燃料サイクルの推進そのものへの全国規模の組織的な挑戦と捉えるべきものである>

<上記挑戦の土壌が、広域に展開する前に、地域風土である”よそ者が庭を荒らすな”を正しい認識から顕現させ、「地域に有益な人形峠」意識を早期に高揚させることが喫緊の課題である>

<原子力基盤技術開発の必要性を地域に浸透させ、今後の人形峠事業所の位置付けを明確にしていくことが、地域社会の理解を得る上で非常に急がれる>

 核燃料サイクルへの反対運動は国家に楯突くものであり、”よそ者嫌い”という土地柄・地域性を利用して全国への拡大を阻止するー社内文書でこんな作戦を高らかに宣言しているのだ。

※続き「第2章 動燃裏工作部隊「K機関」を暴く 」は、1/9(金)22:00に投稿予定です。

(内容の一部)
・・工作に必要な予算・・数千万円程度必要・・当該予算(税金)はプールする
・・元動燃関係者「国家が推し進める核燃料サイクルですから、予算は青天井」
・・原子力施設の地元には、国の「電源三法交付金」が支払われる。この原資は、我々の電力料金に上乗せすることで捻出されている。カネで横っ面をひっぱたき、黙らせる。原子力ムラの得意技

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月7日(水)のつぶやき | トップ | 1月8日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む