原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

『原爆被爆者と一般人の罹病率(グラフ)』腰痛3.6倍,目の病気5倍,神経痛と筋肉リウマチ4.7倍・・・

2014-08-02 16:54:06 | 被ばく症状(資料)

『原爆被爆者と一般人の罹病率(グラフ)』

腰痛3.6倍,目の病気5倍,神経痛と筋肉リウマチ4.7倍・・・

チェルノブイリ原発事故:国際原子力共同体の危機
ミハイル・V・マリコ
ベラルーシ科学アカデミー・物理化学放射線問題研究所(ベラルーシ
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/saigai/Malko96A-j.html より引用

 ここで,大変興味深い事実に触れておく.チェルノブイリ事故被災住民に一般的な病気の発生率が有意に増加していることに対して疑問を呈する専門家たちは,そのような影響が1945年8月の広島・長崎原爆被爆者の中には見られていないと,大変しばしば述べている.しかしながら,それは正しくない.そのことは,阪南中央病院(大阪府)の専門家によって示されている33.彼らは,1985年から90年にかけて,1232人の原爆被爆者を調べた.その結果,「腰痛は3.6倍,高血圧は1.7倍,目の病気は5倍,神経痛と筋肉リウマチは4.7倍に増えており,胃痛・胃炎などでも同じ傾向である33.」

 日本の専門家のデータを図1に示す.著者らによれば,日本の厚生省の「国民保健統計」には,歯の病気,頭痛,関節炎,体力低下,頸部脊椎炎が含まれていなかったとのことで33,図1には一般公衆についてはそうした病気のデータが示されていない.チェルノブイリ事故被災者と,広島・長崎被爆生存者との間に見られるデータの一致は,ベラルーシ,ロシア,ウクライナにおける一般的病気の発生率の増加が,単に心理的な要因によるものではなく,事故によって引き起こされたとの仮説を強く支持するものとなっている.このことは,チェルノブイリ事故によるすべてのカテゴリーの被災者で一般的な病気の発生率が増加しているという現象に関し,現段階では,国際原子力共同体によってしばしば表明されてきた疑問のすべてが客観的な根拠をもっていないことを示している.

図1 日本の原爆被爆生存者と一般住民の罹病率と比較(%)33

 (引用終了)


===『健康被害』に関する過去記事===

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/96f84ae6f954c0753a51c85471deb8ab より

@Lulu__19
私は東京都武蔵野市から福岡に避難しました。
ひどい腰痛だった母は、避難してすぐに痛みが無くなった。
私の下痢も頭痛も不眠も無くなった。
東京の瓦礫焼却始まって知人は一家4人中3人心筋梗塞で突然死、
友人の会社の課の中で2人突然死。これは全て真実です。

・・・・・

@Cisibasi
現在、某医療機関に潜入取材中ですが、入院患者が多数、
心筋梗塞を誘うような症状で、入院症状とは明らかに違う
セシウム摂取によると思われる、急性の心不全で、
集中治療室に、カテーテル手術を受けています。あまりに多いため、
看護師シフトや医者の診察シフトにも影響が出ている
2013年1月26日

・・・・・

@tokaiama
放射能汚染で日本人がバタバタ死んでいる状態
これを政府は完全沈黙、マスコミ各社は一切報道しない
何事もないかのような世論が作られ、
洗脳されたロボットのような大多数の国民は、
時代が普通に過ぎてると信じてる
いつまで、この壮大なウソが隠し続けられるのだ!

 

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/63c3777d44717d98f497ddf91c9f8c31 より

放射能の怖さは、このようにしてジワジワと
本人の自覚のないままに健康を蝕んでいくところにあります。
 
年齢が20才であっても関係なく同様の症状が出ます。
 
放射能にやられた場合、この症状が一度出たら、
改善することはありません。重度化していくだけなのです。

脳の障害、心臓疾患、抵抗力の低下による結膜炎や手足口病・
インフルエンザ、腰痛、喉の違和感などの被曝初期症状を引き起こします。

放射能の健康被害のピークは4年後です。
まだ2年半もありますが、すでに日本の場合には、
顕著な形で症状が出てきているようです。

私の知る限りでは酷い状況です。

  

関東在住。体調と対策についての詳細な記録。2012-03-02
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/2196689897d8e07c1f8887ffec70aa8d より
ここまでの対策で、
・ひどい倦怠感
・だるさ
・極度の鬱
・胃の痛み
・腰痛
まではずいぶん軽くなりました。
 
 残りの症状は
・胸骨の痛み
・めまい
・記憶力の低下
などです。 
 
 残っている症状の中で、強いのは胸部の痛みでした。(正確に言うと、胸骨の中央がしびれるように痛い)ここだけは、むしろ、やや悪化したような感じがありました。

 

福島の子どもに高血圧症 中1年生で9倍に増加

<日本人間ドッグ学会が、高血圧と判断する基準を引き上げ>
変更前の基準では、多くの子供たちが高血圧と判断されたとしても、
変更後は、140mmHg超えも高血圧との判断がされなくなる可能性があります。
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/c93631062a6ded073e07afae7c4be67b

 

どうもおかしい。体調が狂い始める隣人が増えている。
放射能は真っ先に目・鼻・口を直撃する。
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/2f4fa5e44499122c441b4371c857de51 より

<チェルノブイリ症候群>
友人が送ってくれたチェルノブイリ症候群は、

特定非営利法人「チェルノブイリへのかけはしの公式サイトブログである。
それによると、甲状腺がんの多発ばかりではない。
さまざまな症状が出る。個人の弱いところ、持病の悪化である。
「頭痛・めまい・ぼうっとする・考えがまとまらない・ハイとうつになる・
ノイローゼ・てんかん・知性に異常」
3・11以後の症状にこうしたことが起きていないかどうか。

「目・鼻・口・喉・声帯・性器関連の炎症・子供でも
のちのち白内障になる・声が出なくなる・口内炎・鼻血・歯茎の出血・虫歯の悪化」
「咳・痰・カラ咳・繰り返す風邪・気管支炎・肺炎・喘息」
思い当たる症状がいくつもあるようなのだ。

「下痢・軟便・食欲がない・吐き気・嘔吐・揚げ物にむかつく・胃が痛い」
「突然、襲ってくるだるさ・眠い・立っていられない」
「脱毛・徐々に抜ける」
「夜中に腎臓のあたりが痛くなる・腎臓炎・膀胱炎・おねしょ」
「中耳炎を繰り返す」
「アレルギー症状の悪化・手の皮がむける・傷が治りにくい」
「心臓が痛い・夜中に胸が痛い・血圧異常・息がきれる・突然死」
「骨の痛み・骨の異常」
「生理不順・出血異常・乳がんの増加」
「甲状腺の異常」
「リンパ節のハレ」
ドイツでは体全体の放射能汚染を測定してくれるが、

日本政府と医師会が禁じているという。
恐ろしい政府と東電の罪は計り知れない。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月1日(金)のつぶやき | トップ | 福島市の小中学校プールが放... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む