原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

【フクシマ見聞録】”これちょっと危ないんじゃないの”ていう気持ちがあるのはわかる。でも言い出せない ※14回目の紹介

2016-10-12 22:10:09 | 【フクシマ見聞録】

1876to1945さんのツイート(2013年10月01日~)を順に紹介します。14回目の紹介

【フクシマ見聞録】

これちょっと危ないんじゃないの”ていう気持ちがあるのはわかる。でも言い出せない

Akira Tsuboi@1876to1945さん 2013年10月16日のツイートから

-四人での話は続いた。「著作権のほうで、、、。」
”むちゃくちゃなはなしですね”自分は聞いた。

”この前、セルゲイ・ヤブロコフさんが来ましたね。

ウクライナ、ロシアとの交流というのは
できはじめたんでしょうか。”

関西訛りの男性が言った。

「やってる。、、、ほそぼそとだけどね。-

 

-「あと大竹先生、琉球大学の。ヤマトシジミの件、
ルモンドが書いたんだけど。ル・モンドの記事を英語に書いて、
それを翻訳にかけて英語日本語にしてわたしのブログにのせた。

あと、ミシェルフェルネクス。エートス批判やっているひと。」

”いま、医療的なアプローチというのはありますか?”-

 

-三人で声を合わせていった。「郡山では時に聞きませんね。」

「ない」「ないですね。」「医療っていうともう福島医大とか」

女性が言うと「全部、”あっち側”。」乳酸菌の男性が続けた。

関西訛りの男性が言う。

「だいたいね、南東北病院っていうおっきな病院があるんだけどね、
70億かけてヴォロン-

 

-「、ていう施設作ってる。」”-ヴォロン、、?物ですか?

”「放射性元素。放射線を出して癌治療をする先端的な施設。
だから医療機関にそういうのを入れてきてる。

もともと山下俊一がもってきたものはいろいろあるんだけど、
”医療利権”よね。」-

 

-”自分が来るということでもめませんでしたか?”

「いや全然知らなかった。今朝聞いたんで」乳酸菌の男性が言った。

”Iさん(関西訛りの男性)にもメールを送ったんですが
返信いただけなくて、今日はひょっとしたら中止なのかと思っていたんです。”

「最近、おろそかになっててね。-

 

-「ツイッターに夢中で、、、。」”いや、自分は絵を描いてて、
絵本を作ってます。売上をふくしま共同診療所にカンパしようと思ってるんですが、
そこはまあ政治的に色々と言われている。

はっきり言うと、中核派が広島でやってきた被曝診療を
福島市に持ち込んでいるわけです。-

 

-”3.11による被曝に対して、国による統制が目的ではない
医療的なサポートがぽっかりと欠けているように思うんです。

それは別にどこがやろうとかまわない。福島市に共産党系の病院があります。
院長は広島の被曝者認定裁判で被爆者側の参考人として出廷してきた人間でした。

だが彼は-

 

-”3.11後、福島は広島の汚染と比べて軽微だ、
避難移住する必要はない、こう言ったそうです。

結果として、行政と同じことを言った。

結果、被曝診療の実績を持つ残された組織は、中核派のみ、
という状況が生まれました。それでやっている。-

 

-”そこは国民健康保険で甲状腺エコーをのぞめばいつでもやる。
他の医師たちが根本から否定している、放射線の影響があるのではないか、
という前提で診る場所なんです。

そこを応援しようとしているわけです。

それで、自分も中核派だとかなんとか言われてるんですね。-

 

-”自分は共産主義者でもなんでもないし、中核派でもないんですが、
そういったくくり方で自分を見、距離を取る方がいることをひとづてに聞いていました。

”おろかしいはなしだと思うが、福島市の診療所と郡山市の
被曝に対する働きかけをする団体間にはふかい断絶がある。-

 

-たいてい、福島市で診療所をふくめた団体が反原発行動を行う当日に、
郡山市でもべつの行動がひらかれる。

”どちらへゆくか”住民は必然的に選択をすることになる。

そしてどちらに参加したかということが、
その人間の政治的な立場の色付けになってしまう。
中心的な立場にある人間がそのどちらへ-

 

-参加するか、綱引きの様な状態になる。そこで不毛な価値判断がうまれてゆく。
被曝を避ける、ただこの問題が一つあるだけなのだが、
おろかしい大人は、おろかしく反目する。

反目していても各々すべきをことをしていれば何言うこともない。

しかし聞いてみると、郡山には医療的な働きかけはないという-

 

-ハモニカを吹いていた禿頭の男が足早に帰ってしまったことの原因は、
自分にあるような思いを感じていた。

「ー郡山のひと、ほんとうに何も考えていませんよ」乳酸菌の男性が、
他者の意見として言った。

「多少は”これちょっと危ないんじゃないの”
ていう気持ちがあるのはわかる。でも言い出せない」-

 

-診療所の話は、そこで止まり、脇にそれていった。-


 ※次回に続く

 2016/10/13(木)22:00に投稿予定です。 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【告発!検察「裏ガネ作り」... | トップ | 10月12日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む