横浜 青葉 茗荷館 (よこはま あおば みょうがかん)

花・風景・スナップショット・写真紀行などの写真館です。

文京桜まつり 播磨坂の桜

2017-04-05 | 










播磨坂の桜です。
昼時に桜並木の中でお弁当を食べる人たち、桜を見ながら散歩する人、写真を撮る人など、いろいろ。

本日、散り始め。


『昭和46年度から播磨坂さくら並木で行われているまつりです。
江戸時代、この辺りは松平播磨守の上屋敷であったこと、また、千川が流れる低地一帯には「播磨田んぼ」が広がっていたことから、この坂道が「播磨坂」と呼ばれるようになりました。
道路は戦災復興事業における付近一帯の土地区画整理によって、都市計画道路環状三号線の一部として造られました。
その後計画は変更されて、拡幅された道路には、昭和35年に「全区を花でうずめる運動」により桜の若木が植えられ、現在のさくら並木となりました。
桜は、ソメイヨシノを中心に約120本植えられ、淡い黄緑色で八重咲きの鬱金(うこん)桜などのめずらしい桜も見られます。
期間中のいずれかの土日2日間は、車道を歩行者に開放し、「こどもどうぶつ村」や「子ども紅白玉入れ大会」、吹奏楽の演奏などが催されます。』
文京区ホームページからの転載をさせていただきました。

文京区ホームページはこちらです。


交通案内
 東京メトロ丸ノ内線、茗荷谷駅から徒歩約7分
 東京メトロ南北線線、後楽園駅から徒歩約20分


この近くには、浄土宗吉水山朝覚院宗慶寺があります。
徳川家康の側室、松平忠輝(家康の六男)の生母、阿茶局(法名朝覚院殿貞誉宗慶大禅定尼)の隠居寺であり、墓碑があります。
また、小石川七福神の寿老人が祭られています。



スマートフォンのカメラでの撮影でした。


人気ブログランキングへ

※掲載内容等について、変更することがあります。ご了承をお願いいたします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世田谷 大蔵 妙法寺の桜 | トップ | 千鳥ヶ淵の桜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。