朱と群青

日々の思いを、時々趣味の絵をアップしながら書き綴っています。

熊本地震の本震から半年経ちましたが、明るい未来の兆しは・・・。

2016年10月17日 | 日常

昨日は昼から晴れて、久し振りの秋晴れとなりました。

家内の実家のある田舎へドライブしましたが、道路際のコスモスがちょうど見ごろに開花していました。


 

熊本地震の本震(最大震度7の地震)から半年経ちました。

被害の酷かった益城町の状況は、連日テレビで放映されている様に悲惨な状況がほとんど変っていませんし。

熊本市内でも、道路にはみ出した倒壊家屋については一部片付けは済んだとは言うものの、公的な倒壊家屋の

片付け工事ほとんど進んでいません。


自動車で市内の道路を走ると、至る所で道路が波打っているのが分かり、速度を落として注意して走らないと、

陥没した処のショックが大きいです。

 

私だけでなく周りの皆が同じような、もしくはそれ以上の被害を受けていますので

一人、落ち込んではいられません。

 

我が家で飼っているチワワのクルミは、半年も続いている余震の恐怖のストレスのためか、部分的な脱毛になりました。

毛が、元どうりにふさふさとなるまでは、いましばらくはかかるようです。

漸く秋風が吹くようになったこの頃、元気が出てきてかなり食欲も出てきて、体重が増えています。

クルミも、そして飼い主の私も同様です。

チワワのクルミのぬいぐるみ写真



すみません!合成写真です。


 

先日、バスセンタに立ち寄ったら、地震前に貼られていた観光ポスターが放置されていて、何となく白々しく、

また、悲しい気持にもなりましたが、過去の記念として映像をカメラに収めました。

 

 

 

 

 

 

復興は遅々として、期待するほど進んでいませんが、

何時しか又、こんな観光ポスターが、

輝かしく目に留まるようになりたいものです。


**********************


12月のチャリティ色紙展に提出する絵を描き始めました。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月も終わりの、水彩画の1... | トップ | デパートのギャラリーで絵の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL