goo

澤田有紀

いつも優しい笑顔の佳代子先生からバトンをうけとりました。澤田有紀です。

休みの日はよく散歩にいきます。
先日は自宅前の川に行きました。

石の三段投げ?をしたりして遊びました。
ここの川は、秋になると鮭が帰ってきます。 近くには神社や自然が一杯ありいつもエネルギーチャージをします。



今週末にもまた行こうかな。

次は、突然のバトンなのに快く引き受けてくださった、A&jの酒井順子先生です。

ありがとうございます。

【真・管理人から皆様へ】

(↑クリックしてね)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

樋口暢哉

西永福の黒豹こと森昌太先生から回ってきました、西永福のネッシー樋口暢哉です。
ただいまブラックプールに向けてロンドンで練習、レッスンに励んでおります。今日は某先生にステップを変えられて(前回も変えられた。)苦悩していますが、とても充実しています。
今回はレッスンで質問することを日本から持ってきました。ワルツのナチュラルターンのスイングで一番低くなるところはどこですか?

①3&の&のところ
②1
③1&の&のところ

さあどれでしょう?




正解は......



うーん、色んな先生に聞いてみたんですよ。
まずM先生。
「ノブ(こっちではそう呼ばれてます。イギリスで一番有名な日本食レストランの名前だそうです。)、あなた何年、私から習ってるの?3&でおりたらその後は上がり続けるのよ。」
S先生も「アマチュアは1まで降りるけど、プロフェッショナルは3&で降りたらその後は上がり続けるんだ!お前はプロフェッショナルだろ!」

ところ変わってB先生
「いい質問だね。1までグラビティを使って1&では*コメンストライズなんだよ。*コメンストライズ=ライズの始まり」

ところ変わってJ先生
「おおノブ、ついに英語で質問出来るようになったのね~!ワルツのナチュラルターンの一番低いところは1&よ。1&でバネを使わないと大きなスイングにならないでしょう?」

ね。迷うでしょ。

どれですかー?

でね、僕が編み出したのが
3&で80%(一番低いところが100%)まで降りて、そこからグラビティを使って斜め下に降りながら後半フットプレッシャー、1で右足タッチ、1&でさらにグラビティを使って100%まで降りて後半2に向かってフットプレッシャーをかけて上がっていく、です。異論は聞きません。
この間2拍。あれ1小節もいってない....

こんな毎日です。楽しそうでしょう?試合で見かけたら僕のナチュラルターンにご注目下さい。





今日は僕が住んでるところのオーナーさんが韓国焼肉をやってくれました。ヤッホー!これで明日からも頑張れるぜ。

続いて僕が紹介するのは恵比寿のアメリカバイソンこと朝増拓哉先生です。よろしくお願いします。


【真・管理人から皆様へ】

(↑クリックしてね)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

森昌太

フロアの貴公子こと白井鷹征先生からバトンを受け取りました、フロアの奇行士ことミヤジマヒデユキダンススクールの森昌太です。
よろしくお願いします。

白井先生とはJPCLCUPのフォーメーションでご一緒させていただきました。
JPCLCUPの海外派遣コンペでは白井先生が優勝、僕が準優勝と海外派遣を持っていかれてしまったので、その後のフォーメーションでは白井先生のパートナーさんをリフトで落としてしまいそうになったのはここだけの秘密です。

というのは冗談で、僕たちのフォーメーションチームは4組だけの少数精鋭で、とても仲良く練習しました!

4月23日に行われた競技会ではチーム全員でボールルームの競技会に出場、切磋琢磨したのちフォーメーションの打ち上げを行いました!



その日は僕の誕生日だった事もあってみんなに祝って頂きました!
皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m



うちのチームは8人しかいないのに4月生まれと、ほぼ4月生まれを含めて5人もいたので(多分)合同誕生会になりました!

チームキャプテンの加藤先生も4月生まれという事でお祝いしました!お疲れ様&おめでとうございます!



そんなこんなで無事にJPCLCUPを終えましたが、来年は記念すべき20周年が3月25日頃に行われるという事で、素晴らしいパーティにする為に今から緊張しています。

僕のつまらない自分語りにお付き合い頂きましてありがとうございました。
続きましては同じ教室で、現在イギリスでブラックプールに向けて凌ぎを削っているボールルームの貴公子こと、ミヤジマヒデユキダンススクールの、樋口暢哉先生にお願いします!
皆様、乞うご期待!


【真・管理人から皆様へ】

(↑クリックしてね)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

斎藤佳代子

ロンドン留学中の コダマボールルームダンスの中島美喜先生からバトンを受け取りましたサイトウダンスアカデミーの斎藤佳代子です。


完全コーヒー党だったのですが!
今、日本茶にはまっています。

きっかけは……少し前に
友人と仙台の北に位置する塩釜で、美味しいお寿司を食べた後、
どこかで美味しいコーヒーでもと
捜しながら歩いていて


なんかいい感じのお店だなぁと
偶然覗いた矢部園という
茶舗でおいしいお茶をごちそうになったからでした。

試飲で頂いたどのお茶も格別のおいしさです☆


緑茶は
スーと通るような奥深い美味しさだったり、
まろやかに広がる味わいの美味しさだったり
日本茶ってこんなにいろんな味わいがあったのですね☆



このくきほうじ茶は絶品で
トロトロの口当たりと広がる香ばしさが後頭部からフワッと抜けていきました☆☆☆



なんですか?このほうじ茶!


折しもこの日JR東日本トランスイート四季島が上野駅を出発して話題になっていましたが

なんとこの矢部園のお茶が4種類採用されているのだそうです。

大人気の四季島は来年3月まで予約でいっぱいだそうですが

お茶だけでも四季島気分を味わわせて頂いて嬉しかったです。

ご主人自ら氷水でじっくりだして振舞ってくださる心意気に
お茶への深い思いが滲んで
よりおいしく感じたのかもしれません。

しまった!
お茶の奥深さにふれてしまいました^_^;


このところ朝一番の緑茶で1日が始まり
夜お風呂上がりには金色のくきほうじ茶にうっとりしています。

ダンスに関係ありますか?って

大ありです!
あのお茶に対する深い愛情は全く見習うべきものがあります。


次は明るさとわかりやすいレッスンで人気急上昇中のわがサイトウダンスの長田有紀先生 です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

中嶋美喜

Mトモミスポーツダンスクラブのスタイル抜群姉御肌、遠藤知美先生よりブログが回って参りました中嶋美喜です。
只今ロンドンにて、ブラックプール前のダンス留学中です。

近年、段々と早くから渡英するカップルが減り、以前はゴールデンウィーク前はどのお教室もいっぱいだったのが、めっきり少なくなったように感じます。

何年か前は沢山の素晴らしい先輩方に囲まれて、毎日、後先考えず前進するのみでした。
そんな日々の中で、マーカスカレン夫妻による日本人カップルを集めたパーティが毎年ブラックプール前に行われていました。
数年前からその日程に競技会が新たに加わり、そのパーティはなくなったのですが、そのパーティでは御礼を込めて出し物を用意するのが恒例でした。

ある年の出し物にミヤジマヒデユキダンススクールの宮嶋先生考案によるジャクソンファイブの曲を使ってチアリーディングをするというものがありました。
スターライトというお教室の朝練は8時からでした。その前に打ち合わせをするからと宮嶋先生に言われ、集合したその朝。。
忙しいコンペ前に関わらず、宮嶋先生、清水先生による振り付けが完璧に用意され、ポンポンも人数分用意してくださっていました。
そして振り付け中も、"はい、そこ前に出過ぎないー!" "はい、もっと大きく〜〜‼︎"などなどユーモアを交えながらのご指導。。本当に楽しかったです。
今まであまりお話した事のなかった選手との交流があったり、ちょっとしたコンペ前の息抜きプラス、気合い入れができるパーティだったように思います。

また今年はスターライトのお教室でのパーティもなくなり、至近距離で見るトップダンサーの踊りも見られず残念です。JPCLからは、何年か前に庄司組がパッションタンゴを踊っております。大変名誉ある事です。

少しずつ時代が変わっている感が否めないですが、ブラックプールで日本人選手によい風が吹きますようにと願いながら、次にバトンを回したいと思います。
次は才色兼備、生徒さんからも大変慕われ、皆の憧れの的、斉藤佳代子先生にお願い致します。
佳代子先生、またいつか飲みましょうね!


【真・管理人から皆様へ】

(↑クリックしてね)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ