あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

強敵・枝野幸男

2018-02-13 22:56:59 | 政治(安倍政権)
 「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という故事がある。
 言うまでもない事だが、意味はそのまんまである。

 枝野幸男は日本にとって強敵だ。俺は昔から、そう思っていた。

【産経】「非自民」「反再編」強調…枝野幸男氏が描く左旋回の弧
http://www.sankei.com/politics/news/180212/plt1802120030-n1.html

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査では、支持率0・7%の民進党や1・8%の希望の党を横目に、15・6%だった。

 現状の野党の状況で、この数字が叩き出せるのは脅威以外の何者でもない。
 しかも、世論調査実施は産経新聞とFNNの合同世論調査(以下、合同世論調査)でである。はっきり言って、一番立憲民主党への支持率が出にくいアンケートだ。

 違う見方をすれば、俺は合同世論調査を少し見直した。ここはマスコミ連中の中ではほとんど唯一と言っていい、産経新聞のお膝元なのだから、多少右側に偏っていると思っていたのである。

 俺がこれまで一番信頼をおいていた、時事通信の世論調査と同列ぐらいに考えてもいいのかもしれんと思った。
 まあ、それは置いといて。合同世論調査において、立民は自民党を除けばブッチギリの支持率を叩き出したのである。それは、未だ大量に、「日本型左翼(注:サヨクにあらず)への支持率がそこそこ需要として存在している」という事なのだ。

 ちなみに俺が標榜する左翼とは、日本には少なくとも政党としては存在していない。ここでいう左翼とは、団塊の世代が支持している左翼の事で、反米で親共産党な立ち位置の事である。

 こいつらは、今の親米右派に対し、憎しみすら抱いているように見える。
 で、中途半端な旧民主党のような、右左・呉越同舟を嫌っていたと思うのだ。そして、それはまさに、枝野幸男がそうだと思う。

「自民党に代わる受け皿」という野党像の放棄だった。

 結局、自民党はほぼ唯一の「右側の受け皿」として機能しているので、残るは左側の受け皿のみなんだよね。右側指向なら、もう国政ではほとんど自民党しか選択肢がない。
 唯一、維新の会も右側と言えるとは思うけど、自民党との違いを打ち出せていない。
 自民党でも、二階俊博や額賀福志郎のような大物左翼が入り混じるなど、大概な呉越同舟っぷりなのに、維新はそれ以上に輪をかけた呉越同舟っぷりで、ここでも自民党との違いを見いだせない。
 なら、維新への投票は、単なる保守分断にしかならず、直感的に「自民党へ一票入れた方が良さそうだな」という心理が働いてしまっている。

 つまり、民進党や共産党、立憲民主党、希望の党なんかに投票するのは、もう大半が左翼なのだ。

 なら、純化した方が投票が集中するに決まってる。

 そこを、枝野はよくわかっていた。共産党、志位和夫提唱の「確かな野党が必要」というスタンスに近い。二大政党の両翼を担う野望を、最初から持っていないのだ。身の程をわきまえているという言い方が近いか。

 俺は、常々思っていたが、野党連中はバクチが好きなのだ。当たればでかいネタで勝負する。一方枝野は慎重なのだ。淡々と「失敗しないように」事を進めれば、結果は自ずとついてくると考えているフシがある。

 実は、ある意味安倍総理とは似た者同士の調整型だと思うのだけど。自民党みたいな大所帯の調整役では運営がままならないと考えており、「立って半畳寝て一畳」みたいな、意思統一をはかりやすい、自分でコントロールできる範囲内で、運営をやりたい人なのではないかと思う。

 それでいて、最近の曖昧で意味不明な主張の数々は、自らの「日本型左翼臭」の消臭に躍起になっているのではなかろうかと思っている。
 なんにせよ、慎重なのだ。今は雌伏の時とか思って、力を蓄えているような気がする。一気に目立って尻尾を出してしまい、急減速だけは避けているかのような。

 俺は、もはや現在の情勢下において、日本型左翼のこれ以上の復活はなく、速やかに衰退していくと考えているのだけど…。

 とにかく。枝野は不気味だ。そう思う。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

クレベリンゲル 60gx2個セット

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平昌五輪の開会式でドローン... | トップ | 韓国は反日のままがいい »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-02-14 00:02:33
枝野に限らず。
サヨクなんて、「敵」ではないよ。

議論に応じてくれると言うなら、それだけで「利用価値がある」
Unknown (Unknown)
2018-02-23 19:01:25
自分も枝野さんは強敵だと思いますね。
立憲民主は民進から右派を追い出して左派に寄った政党なので特定のイデオロギー(反原発や反基地)を中心に主張してる内は支持が伸びないと予想しますが、地に足をつけて労働や福祉政策を訴えるようになると一般層も取り込んで2大政党に成長しそうな気がしますね。

コメントを投稿

政治(安倍政権)」カテゴリの最新記事