あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

韓国は反日のままがいい

2018-02-15 00:47:31 | 政治(安倍政権)
【産経】韓国「不当な主張」と抗議 竹島「固有の領土」明記で
http://www.sankei.com/politics/news/180214/plt1802140029-n1.html

 なんというか、マジで長期政権を目指してほしいな…。文在寅韓国大統領。

 今回、訪韓してしまった安倍総理を見ていると、奴はいつ、韓国と友好な立場をとるか、わかったものではない。

 前々大統領である李明博大統領のような、まだ反日がマイルドだった大統領が政権をとっていたら、現在のような、韓国に対する正しい対応が安倍総理にできるかどうか…。とてつもなく怪しい。

 安倍総理自身は殊更韓国と友好関係を築きたいと思っていなかったとしても、自民党内の獅子身中の虫共が騒ぎ出す事は間違いなく、再三主張した通り、安倍総理は調整型の無難総理なので、韓国とは関係改善が進んでしまう可能性が高い。

 現在、自民党内では韓国の蛮行なんかに対する勉強会なんぞが行われるような状態で、自民党内左派と意見調整をしようとする安倍総理をむしろ批判するような勢力が拡大しつつある。
 だから、イヤイヤながらも韓国へと旅立った安倍総理も、終始いかめしい顔で文在寅大統領と向き合い、友好関係を結ぶスキを与えなかった。

 それができるのは、自民党内に巨大な嫌韓勢力があったればこそである。
 そして、そやつらに力を与えているのが、何を隠そう文在寅韓国大統領、その人であると言っても過言ではない。

 だって前述の産経記事みたいなのを許しちゃうんだもんなぁ。

 基本的に、国際社会ではキチガイが最強である。どっかの国に言うことを聞かすのは至難だが、自国民を人権弾圧とか、他国を武力で脅迫とかは実に簡単で、そーゆー事をやってる連中が望んでいる効果も得られやすい。
 俺は正直、大規模な市場介入などで世界から嫌われる中国が、あれだけバブリーな経済政策をとっていながら国家としてなかなか崩壊しないサマを見て、国際社会において傍若無人に自由に振る舞う事で、なんのデメリットがあるのだろうと思う。

 そりゃ無論、些細なデメリットはあるだろうが、メリットはそれを補って余りある。
 文在寅や金正恩は、それをよく知っていると思うのだ。まさに、「泣く子は飴を2つもらえる」。そこにモラルはないのかもしれないが、徹底的なゲームズマンシップがある。
 俺は、日本にそんな国になってほしくない。
 どんなにメリットがあろうが、俺はお天道様に顔向けできないような生活をおくりたくはないのである。

 とことんゲームズマンシップでくる連中を相手にするのは、俺も職業柄よく知っているが、本当に疲れる。
 相手にしない事が一番なのである。むしろこうやって、距離をおく為の理由を常に排出してくれる、現韓国政権に拍手を贈りたい。

 俺が、韓国の大統領であったなら。表向き、日本とは本気の友好関係を結ぼうと取り繕うであろう。
 しかし、最早俺には、俺が大統領であったとしても、反日はするであろう。
 もう、そうしなければ韓国では支持されないように思うからである。

 李明博から朴槿恵、文在寅に至るまで。李明博が竹島に上陸したのが2012年7月だから、5年7ヶ月。

 それまでの大統領は就任当時に反日を封印し、辞任が近づくと、人気取りの為、反日をブーストする。その繰り返しだった。
 ところが、5.5年間。韓国は、反日し続けたのである。就任直後に反日封印宣言をしない大統領が、3代も続いてしまった。最早、反・反日の姿勢をとると、国民から支持を得る事ができない。国民が、反日を日常としてしまっているからだ。

 朴槿恵政権なら、まだもしかしたら反日が行き過ぎる前に、戻れたかもしれない。
 …しかし、文在寅のアレはもう、無理だろう。

 多分、次の大統領も反日を前面に押し出すようなタイプだろうと思うが…。
 今代の文在寅大統領ほどの反日主義者がくる事は、少なくとも次はなさそうだし。

 できるだけ、ひっぱってほしいものだ。
 文在寅の代が長く続けば続くほど、日本の嫌韓は進む。

 それは、俺にとって望むところなのであった。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

クレベリンゲル 60gx2個セット

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 強敵・枝野幸男 | トップ | 沖縄タイムズが気持ち悪い »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (bulk)
2018-02-15 07:09:50
「国政において外交がこれはど大きな比重を占めていたとは知らなかった」by文在寅

この言葉をブログ主にも送りたい。
相手は韓国と国内だけではないんですよ、と。

コメントを投稿

政治(安倍政権)」カテゴリの最新記事