あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

カムバック・ダレス

2016-12-13 22:49:21 | 政治(安倍政権)
【週刊現代】プーチンにやられた12・15 安倍「北方領土交渉」無残な結末
「2島返還+α」から「0島返還」へ
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50425

 まるで「0島返還」で経済協力だけ約束させられる事が、既に確定しているかのようなタイトルではあるが…。

 本日は12/13。タイトルの通り、日露首脳会談はまだ未来の話である。

 記事をちゃんと読めば、この記事は意外とキチンとした内容なんだけどな。

 要するに内容的には、米国の強硬姿勢と原油安で経済的に疲弊しているロシアへの日本の外交はこれまでうまくいっていたが、「プーチンを尊敬している」と公言するトランプ氏が大統領選に勝利した事によって頓挫寸前という話である。

 この記事が現実化しそうなニュースがちらほらと今、お目見えしている。

【道新】北方領土に「共同立法地域」 政府検討 日ロ経済活動で
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0347307.html

 実はこの話、ロシア側の提案である。

【朝日】北方領土で「共同経済活動」 プーチン氏、会談で言及
http://www.asahi.com/articles/ASJCN4KFDJCNUTFK008.html

 つまり、これは安倍政権お得意の「観測気球」である。いやいや観測気球であると信じたいところだ。

 まあ、安倍総理の狙いもわからないではないよ。いきなり領土返還という究極の最終結果を求めるものではなくて、「共同統治地区」とした上で、日本の影響力を北方領土へ、まずは広げていきたいのである。

 あくまで、領土返還へと向けたアプローチなのだ。もちろん、それを最終的な決着にはしないだろう。しかし、もしこの共同統治地区が本当に実現したならば。どのような事が起こるか。想像してみようか。

 まず、日本によるロシアへの経済協力フルコースが実現してしまうのである。
 そして、これが最も嫌な事態なんだけど。陸地にロシアとの国境線が誕生してしまうのである。

 日本がなぜ、こんなに平和な国だったのかと言うと。中国・韓国・ロシアと世界的にろくでもない国を隣国としながらも、海、しかも超絶深い日本海溝によって断絶していたからであろう。

 さらに言えば。大東亜戦争の結果、竹島問題、北方領土問題、尖閣諸島問題と、これらの「世界の問題児国家」と仲良くできない大義名分があったればこそである。

 やめてなくならないで北方領土問題!

 マジでやめてよ冗談じゃない。ああ故・ダレス米国務長官。もっぺん安倍総理を止めて。
※所謂「ダレスの恫喝」が日ソ国交正常化を妨げたという説を、俺は別に盲信していないので。念のため。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

北方領土、動く! 2016年 12 月号 [雑誌]: SAPIO 増刊

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍政権の安定感は異常 | トップ | 韓国は100年変わらない »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KY)
2016-12-14 01:44:22
 ソースがゲンダイと北海道新聞・・・
Unknown (ヒトビロ)
2016-12-14 04:45:30
昔雪まつり会場で「帰れ 北方領土」という幟を並べ、署名活動してましたけど、冬の風物詩でした。そのうち「帰れ」でなく「返せ」だろうと文句が出たりしてましたが、今でも署名活動は行われています。
日本人はほんとうに奥ゆかしいですね。
Unknown (加藤隼戦闘隊)
2016-12-14 20:06:20
解決は望むんですけどね。
こちら(日本)側ばかりが譲歩させられた内容なのはノーセンキュー。
領土問題解決が無ければ経済支援の話は無し。
これでいいと思います。

昨日のテレビでプーチンさん「日本には信頼がない」
などと言ってましたけど
日ソ不可侵条約とサハリン2でやらかしておいて
何を言ってるんだ、お前、と思いました。

それと細かい事を突っ込みますが
日本海溝は太平洋側にありますので
厄介な隣国三カ国の断絶には繋がらないのでは…
>加藤隼戦闘隊 (あきよし@管理人)
2016-12-14 21:09:20
>日本海溝は太平洋側にありますので
厄介な隣国三カ国の断絶には繋がらないのでは…

あ。しまった。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。