あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

ネット社会は韓国面に堕ちていないか2

2016-12-07 23:06:31 | 政治(国内・その他)
 ちょっとドヤ顔になってしまったかもしれん。いかんいかん。

【東京新聞】「保育園落ちた日本死ね」流行語大賞トップ10入り 怒りの背景直視を
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2016120602000122.html

 昨日ウチで主張していたように、東京新聞とかが、ネットで「日本死ね」を批判している連中を逆批判しているみたいだ。

保育園の審査に落ちた母親が今年2月に投稿した匿名ブログのタイトル「保育園落ちた日本死ね」が、年末恒例の「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10に選ばれた。どぎついながらも率直な物言いは多くの母親の共感を呼び、待機児童問題は政治の中心課題に躍り出た。ところが、今回の受賞にはネット上で「日本人として悲しい」「流行(はや)らせたい人間は変態」と批判が噴出している。「日本死ね」が飛び交うのは確かに悲しいが、現実から目を背けてはなるまい。

 以下の記事は、やくみつるの方の再反論ね。

【R25】流行語大賞「世間とのズレは?」やくみつる委員に聞く
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161206-00000012-rnijugo-ent

難しい専門用語が入っているわけでもありません。ニュースぐらい見ろと言いたいですよ

 やくは、「ニュースも見てない低能だけがほざいているだけだ」と断定し、東京新聞は「全国の母親なら誰でも知っている」と言わんばかり。

 こいつらの反論を見ればわかる通り、「流行している事」が前提なのである。
 一番の問題が、おいてけぼり。

 そして、連中にしてみれば、その一番の問題を前提にした上で、日本を叩く事が主目的なのである。

 R25の方は、「確かに流行していないような…」みたいな記事の文章にしてあるが、流行語大賞を苦し紛れに正当化している。まあ取材対象者はやくみつるなので、こいつの代弁をしているのだ、記事の流れとしては仕方がないのだけど。

世の中のすべての人が野球を観ているわけではないのは当然わかっています。ただ、以前から『神対応、塩対応』などというふうに、よい状態のことを『神』と表現することがあった。それを、あまり使わなそうなプロ野球の監督(広島カープ・緒方孝市監督)までもが使っている。それだけ広まったところに面白さがあるということです。さらに、宗教観のうすい日本ならではの『神』という言葉のライトな使い方にも注目しました

 とまあ、選考した理由とかがつらつらと書いてあった。
 書いてあるわけだが…。要するに流行していないと、認めるわけだな。


 しかし、「日本死ね」が選ばれた事を利用する輩がいるわけだよ。
 上記東京新聞を見ろ。

 そして、これらを流行らせようとする連中は、捨て身の犯罪行為でもって、これが「本当に」流行っているという事に、真実に書き換えようとしているんだよ。

 

 まあね、「日本死ね」の背景に、待機児童問題などがあって、俺はその主張には普通に正当性があると思う。行政も動かされたしな。

 でも、こんな言葉がぜんぜん流行してないのは間違いないのだ。

 なら。「流行語大賞」という言葉がおかしいのである。「有識者のボクタチが選ぶ、今年のイチオシの言葉」とでもしておけばどうだね。それならばなんの問題もない。

 俺は、サヨクの連中が本当によくやる「拡大解釈」が大嫌いである。
 「特定アジア」という言葉が生まれた時の事を、俺はよく覚えている。朝日新聞が「日本人はアジアの人々に対して申し訳ないと思わないのか!」とか、そんな類の事を言った時、櫻井よしこ氏が

「あなたのおっしゃるアジアとは、どこの事ですか?」

 と返したのである。日本人に謝罪を要求してくる連中の99%は、中国人か韓国人である。他のアジアと区別する為、「特定アジア」という言葉は生まれた。

【朝日】(社説)安倍首相 真珠湾で何を語るか
http://www.asahi.com/articles/DA3S12694094.html

忘れてならないのは、アジアの人々への視線である。戦火の犠牲になったのは、日米の軍人や市民らだけではない。

 日本のサヨクは変わらない。
 だから俺は、お前らの事をこう呼ぶのである。「特定日本人」と。


【関連】ネット社会は韓国面に堕ちていないか
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/6b4c701e4988bfa77778054d5c725cb7

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

自衛隊VS“特定アジア”―中国・北朝鮮・韓国 (別冊宝島 (1329))

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネット社会は韓国面に堕ちて... | トップ | 労働生産性キチガイ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。