あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

平昌五輪の開会式でドローンが飛んでいない?

2018-02-11 22:52:10 | 特定亜細亜
 これマジなん?

 俺は産経のこの記事を読んで、本当に驚愕した。

【産経】サイバー攻撃か?! 開会式のさなかにネットがダウン 国防省も巻き込んで原因調査中
http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180210/pye1802100060-n1.html

 驚愕したのは、以下の部分。

しかし、ロイター通信によると、開会式では予定していた小型無人機(ドローン)を飛ばすことができず、事前に録画した映像を使用した。

 実は俺、五輪の開会式をリアルタイムでテレビで見ていた。
 プロジェクションマッピングによる、中央の円形のスクリーンを使った寸劇など、なかなか興味深く見ていたのだけど。
 IOCの偉いさんのスピーチが始まった辺りで「長そうだな。まあ、開会式のパフォーマンスもそんなに酷い失敗もなかったみたいだし、もういいか」と、テレビを切ったのだ。

 ライブで開会式をその辺りまで見ていた人はご存知だと思うが、突然映像が、録画映像に切り替わったのである。俺も見た。

 俺は、きっと、現地のモニターで流している映像を、日本のテレビでも直接流しているのだと、その時思ったのだった。

 それで、ウチの嫁と、「現地の観客たちが見ている姿も含めたライブ映像が重要じゃないのか。現地のスクリーンに写っている映像を、そのままTVで放映して、日本のマスコミは、何を勘違いしてるんだ?」と訝しんでいた。

 それで、俺や嫁さんは、開会式を途中で見るのをやめたから、知らなかった開会式の最後にドローンのパフォーマンスがあった事をニュースで知って、後で、ドローンの演出を担当したインテルのサイトでそのパフォーマンスを見て、「これはすげー」とか言ってたのだけど…。

 これ、録画で当日現地では、見れなかったって事?マジで?一番の目玉パフォーマンスやんけコレ。

 この話、俺本当に知らなかったのだけど。日本報道してなくない?

 それに、だったらとてつもなく不自然だった、平昌五輪開会式の最中、唐突に録画映像のみが流された事がものすごい符合してしまうのだけど。

 もしかして、日本人はマスコミに騙されてて、実は本当は、平昌五輪の開会式って大失敗だったって事…?

 まあ、極寒の平昌で、20時開会式なのに、列車で増便もできないという

【朝日】五輪開会式後、深夜に観客大混乱「電車は終わりました」
https://www.asahi.com/articles/ASL2B1DZ1L29UHBI03Y.html

 凍死者を出していない事が不思議なぐらいのサバイバル五輪で、その点だけとっても開会式は大失敗なんだけどさ。開会式参加者の心証はガチで最悪だろうし。

 まさか、エンタメ…つまり「見た目」だけは取り繕う韓国が、開会式のパフォーマンスでそこまでの失態を演じていたとは。

 俺、逆に平昌五輪が終わった頃ぐらいがすっごく楽しみになってきたわ。

 だってさ。平昌五輪の評価が、日本人と、その他の国と、韓国の3つでぜんぜん違うような気がしない?

 なんだか意外と、分析のしがいがありそうな予感がする。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

クレベリンゲル 60gx2個セット


ジャンル:
オリンピック
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平昌のノロわれたパンデミック | トップ | 強敵・枝野幸男 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ブタヲ)
2018-02-12 15:09:00
もうね、予言しますよ!(笑)

閉会直後…

コリアン「完璧ニダ!チョッパリは嫉妬してるニダ!」

海外報道後

コリアン「やっぱりウリの国は後進国ニダ!五輪は早すぎたニダ!ムン災害ニダ!」
Unknown (タカ派(野球的な意味で))
2018-02-12 15:59:40
日本のジャーナリストはあんなところほとんど行ってないんじゃないですかね。前情報でも、開催以降でも聞こえてくる話は現地にいること自体罰ゲームに思えるようなものばかりですよ。
正直、ジャーナリズムなる崇高なお題目は世界には存在していないと思っていますが、今の日本では特にひどいように感じますね。世界でも最もヘタレで根性なしなのが今の日本のジャーナリストじゃないですか?札束でビンタされれば次の瞬間自分の主張を曲げられるなんてヘタレ以外の何物でもないでしょう?

高校時代好きだったTHE BOOM、「ひのもとのうた」の替え歌で。

ひのもとよいとこおいでませ
新聞発行世界一
ジャーナリズムはないけれど
ジャーナリストは星の数

コメントを投稿

特定亜細亜」カテゴリの最新記事