あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

蓮舫失職が現実味を帯びてきた

2016-10-12 23:58:57 | 政治(安倍政権)
 とても重要なニュースだったのに、紹介していなかった。
 というか、ニュース自体には気がついていたのだが、ちゃんと読んでなかったのが悔やまれた。

【産経】民進・蓮舫代表 戸籍説明せず「極めて個人的な件」 二重国籍問題で維新が証明求めたものの…
http://www.sankei.com/politics/news/161006/plt1610060046-n2.html

 ここである。

国会議員の二重国籍問題をめぐっては、自民党の小野田紀美参院議員が日本と米国の二重国籍状態を指摘され、4日に自身のフェイスブック(FB)で戸籍謄本を公開した。

 謄本には「【国籍選択の宣言日 平成27年(15年)10月1日】」と記されており、小野田氏はFBで「(今年7月の参院選)立候補前の平成27年10月に日本国籍選択と米国籍放棄手続きを役所で終えました。戸籍謄本にも国籍選択が完了している旨が記載されております」と説明している。

 

 自民党の小野田議員も二重国籍という事だったのだけど。素早く戸籍謄本を公開されたとの事であった。

 いやあこれは気が付かなかった。小野田議員GJである。
 これで、蓮舫いわくの「極めて個人的な件」を公開した前例ができてしまった。
 ここは質問ができると思うのである。「なぜ、極めて個人的な件で、公開できない事を、小野田議員はできて、君はできないんだい?蓮舫」と。

 当然、これは公開できないと考えるのが自然である。戸籍謄本には、こんな風に国籍選択の宣言日が表示されるんだなぁ。俺は初めて知ったわ。

 とすれば、これは蓮舫が日本人である事を詐称していた可能性が極めて高そうだ。現在は日本人であっても、当選当時は日本人ですらなかった可能性がある。でないと戸籍謄本が公開できないのはとんでもなく不自然。

 これは鳩山と同じパターンで、国会会期中の国会議員は、不逮捕特権で逮捕できない犯罪者の可能性が高くなった。
 結局、鳩山は脱税では逮捕できなかったが。蓮舫のそれは鳩山の脱税とは桁が違う。

 …これはもしかして、国会閉会後に逮捕されるぞマジで。台湾国籍を放棄していなければ、台湾への強制送還すらありえるし、放棄していても公職選挙法は違反確定なので、失職までは追い込まれるんじゃなかろうか。

 返す返すも、小野田議員の素早い戸籍謄本の公開がこの流れを作ったと言える。

 

 喜び勇んでこの事を報道した左派系メディアは、完全に藪蛇であった。

【朝日】自民・小野田氏が二重国籍状態 米国籍「放棄手続き中」
http://www.asahi.com/articles/ASJB4635MJB4UTFK00P.html

 まあ、蓮舫も違法ではないと強調したかったのかもしれないが…。

 面白い事になってんなぁ!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※応援よろしくお願いします!

そうだ難民しよう! はすみとしこの世界

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クレーマーの時代 | トップ | 蓮舫失職が現実味を帯びてきた2 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (a.n. other)
2016-10-13 03:26:42
R4が万が一、大臣になった場合、やはり、「きわめて個人的な事」と資産公開をしないんですかね?
同じくらいの重みはあると思いますが。
Unknown (龍王)
2016-10-13 12:28:13
当然のことながら、公開できない裏事情が有るのだろうと見られますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。