あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

マスコミに嫌われたら政権はとれないか

2017-10-12 23:37:55 | 政治(安倍政権)
 こいつぁ…酷いな。

【NETGEEK】ふかわりょう「なぜそんなに安倍総理を倒したい?」 伊藤惇夫「なんとなく嫌いだから」←え
http://netgeek.biz/archives/104071

 動画見たけど。記事タイトルは煽りである。みんなこの方向性で煽っているみたいだけど。これじゃなんだか伊藤氏が安倍の事が嫌いで、ただそれだけの理由で公共の電波でもって安倍叩きをしているみたいだ。

 正確には、伊藤は「政治の世界ってね、つまるところ好き嫌いで決まるとこがあるんですよ。この人好き、この人嫌いで動いていくことがいくらでもあるんですよ」と言っているのだ。

 伊藤惇夫とは、自民党から新進党、民主党へと、小澤一郎と共に政党の結党に立ち会った、人呼んで「新党請負人」。政治家ではないけれど、そこそこの大物である。
 そういう人の台詞だからこそ、実感として捉えてきた感想なのだろうと思う。
 けっして、反日なTBSの番組だからとか、そういう理由でこんな事を語られたわけではないだろう。

 実際のニュアンスは「野党な連中は、みんな安倍が嫌いだから、ただそれだけで叩くんだ。軽蔑すべきだけど、世の中そんなもんだよね」という感じである。

 軽蔑すべきは、理由なしで安倍叩きをしている連中だ。

 そして、伊藤氏曰く、「政治の世界はそんなもの」らしい。

 素晴らしい。

 だってね。これまでは、伊藤氏現役の頃ってのは、今回の安倍叩きのようなヤツがおおいに通用してたって事なのである。
 俺は昔、マスコミの安倍叩き、麻生叩きがあまりに酷かったので、「本日の安倍叩き」みたいなシリーズエントリーを作って、マスコミの偏向を読者に伝えようとしていた時期があったぐらいだ。当時、マスコミの偏向報道に、ネットユーザや安倍・麻生氏らは為す術もなかったよ。

 今、安倍叩きは機能しているだろうか?

 そりゃーね、数ヶ月前までのモリカケ問題シリーズは酷かったよ。あれこそ安倍嫌いの無意味な、マスコミ主導のヘイトスピーチであった。政権支持率も大暴落だったさ。で、そいつぁ今でも続いてるよ。ネガキャンには一定の効果があるのも、認めざるをえないよ。

【政経ワロス】【偏向報道】TV各局、党首討論での論点テーマ割合でテレ朝とTBSのみがモリカケ問題に放送時間の1/3以上を使っていたと判明 ⇒ 報ステは脅威の51%www
http://seikeidouga.blog.jp/archives/1067958528.html

 でも、モリカケ問題て、報ステとかでは散々1時間ちかく論議したようだけど、現時点でも問題視されてる「案件」をみんな正確に把握してるか?俺はもう何ヶ月も前に、あの問題提起が既に政権与党への悪魔の証明に成り下がった段階で完全に興味を失い、まるで情報を追いかけていないのだけど。ウォッチャー失格レベルでなんも知らん。実際、今の選挙情勢をみるに、モリカケの影響はほぼないと言っても過言ではないと思う。

 つまり、無意味な安倍叩きは機能していないのである。
 朝日なんて与党圧勝を悟って選挙の棄権を訴えはじめたぐらいである。なんてバカな連中なんだろう。

 ほら。素晴らしいんだよ。昔は確かに、伊藤氏曰くの、マスコミに代表される人々の好き嫌いによって政治は左右されてきたんだよ。

 今は、それが通用していないだろう?

 ふかわりょう氏は、良い質問をした。

ふかわりょう「なぜそんなに安倍総理を倒したい?」

伊藤惇夫「(野党やマスコミは、安倍が)なんとなく嫌いだから」

 これに対し、俺はこう答えてやりたくなった。

「嫌いだから叩くとか、無意味な批判はもう通用しなくなってきてますよ。だからこそ、今与党は圧勝の勢いなんじゃないですか」と。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

日本に惨敗し ついに終わる中国と韓国


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中韓スワップ、予定通り | トップ | 韓国がきっと何かする(期待) »

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ブタヲ)
2017-10-13 00:17:52
これはホントにそう思いますね。
安倍さんが嫌いな野党の皆さんは、安倍さんのことを生意気な優等生みたく感じてるのでしょうか。

やっかみ、言いがかり、或いは羨んでいるのかな。
ただ、マスコミに至っては敵意みたいなのしか感じないけどなー。
Unknown (a. n. other)
2017-10-13 01:16:55
アカヒ新聞は、社是で安倍叩きでしたからねぇ。
モリカケ、特に加計学園の方で、野党のボロが出ましたからねぇ。獣医養成大学の言いだしっぺの江田五月は沈黙を守っていますがねぇ。未だ、民進党の最高顧問を辞職していないし。
今回の選挙で、獣医学会系のタマキン、四国の民進前職は非常に厳しい戦いになりますねぇ。
既成メディアと戦おうとする安倍、既成メディアに頼る小池 (七四)
2017-10-13 01:50:35
安倍政権が既成の左派メディアから嫌われる理由ははっきりしてる。それは安倍政権の体質が既成の左派メディアのテーゼと戦う路線を前面に打ち出した政権だからね。所謂戦後レジームの打破という思想。

戦後の左派メディアというのは、GHQ史観の尊重、戦前的価値観の全否定、
既成メディアと戦おうとする安倍 (七四)
2017-10-13 02:09:32
安倍政権が既成の左派メディアから嫌われる理由ははっきりしてる。それは安倍政権の体質が既成の左派メディアのテーゼと戦う路線を前面に打ち出した政権だからね。所謂戦後レジームの打破という思想。

戦後の左派メディアというのは、GHQ史観の尊重、戦前的価値観の全否定、反米帝国主義、弱者?(在日朝鮮人他)との連帯、という路線でやってきて、そういう戦後テーゼに真っ向ケンカ売ってきたのが安倍さん。その延長に自民党内右派と党外右派の「メディアを懲らしめろ!」的な論調があってネトウヨ現象ネトパヨ現象が起こった。既成メディアとしては自分たちのアイデンティティの否定だからね、当然噛みつくわw

悪夢の都議選では麻生さんや二階さんまでもが安倍路線に乗せられて「あんな新聞買う人の気が知れねぇ」「誰が新聞買ってやってんだ」とやらかして惨敗w
今回の衆院選、自民党が優位に選挙戦を展開してる理由の少なくともひとつに、既成メディアの挑発にとことん乗らないという戦術があった。ところが、ちょっと優勢が伝えられると根がボンボンの安倍さんはすぐ弛む。「籠池は詐欺師だ」と「敵陣」報ステでやらかしてしまった。うーん、雀百まで踊り忘れずw
最後まで気を引き締めて (たぬき帝国)
2017-10-13 07:53:07
与党の勝利はかなり硬いとは思います。
ですが、結果はまだ闇の中です。
(※まあ、既にマスコミ各社が勝敗ラインの引き上げの敗戦処理モードに入ってますが)

圧勝の雰囲気に気を緩めポカをやらかさないとも限らない、
俺の一票が影響する訳ないと投票率が下がった結果組織票で生き延びる議員が出るかもしれない。

まずは有権者の立場としては投票して自己の意思を示さなければならないですね。
Unknown (TAMIDA☆★☆)
2017-10-13 08:17:41
与党過半数の情報発信は工作でアナウンス効果を狙った物だと思ってた方が良いですね
棄権や自民を懲らしめたいとする票を自民以外の党に誘い込む工作だと思ってたら間違い無いと思います
何と云ってもモリカケなるフェイクニュースに全エネルギーを使ってた連中のヤル事ですから

Unknown (ブタヲ)
2017-10-13 11:04:00
>TAMIDAさん

昨日、お昼のニュース番組のゴゴスマでアナウンス効果について触れてましたー。
いつもバラエティー感覚で見てるんだけど、なんか憎めないんだよなぁ、あの番組(笑)
曜日のレギュラーで金慶珠とか出ちゃってるんだけど。

選挙前予想にとらわれず、ちゃんと選挙に行きましょうと呼び掛けてるあたり、テレビも多少は自浄効果出してきたのかな。
Unknown (Unknown)
2017-10-13 22:45:05
「なんとなく嫌い」って、お前それ印象操作の自白だろう。
Unknown (Unknown)
2017-10-13 22:45:29
「オッス!おら極右!

左巻きのみんな、今回もオラに一票よろしくな!」
Unknown (ん)
2017-10-13 22:50:58
そーなんですよね。
元左翼として言わせて貰えると、生理的というか感覚的に安倍首相は危険人物に思えるのですよ。

で、朝日新聞みたいなのばっか読んでると、その思え方が正しい感覚だと思えてくるのです。朝日新聞も別に悪意であんな記事になってるのではなく、自分たちは正しいと思ってあんな偏向記事書いてるんです。

この感覚は左翼にハマった経験無いとわかりませんよ、きっと。

ちなみに、私が左翼を見捨てたのは東日本大震災。
安倍首相の有能さに気付き、安倍首相に全幅の信頼感を持つようになったのは安倍政権2年目あたりですかね。

↑遅くて済みませんが、身内にガチ右がいてこれなので、左翼集団にどっぷり浸かってると、なかなか抜けたり醒めたりしづらいんだろうなあ、と思います。

コメントを投稿

政治(安倍政権)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。