あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

蓮舫の二重国籍疑惑再び確定

2016-09-06 21:01:33 | Weblog
 なるほど…。二重国籍である事を知らなかった事にする戦略やな。

【産経】民進党代表選 蓮舫氏、台湾籍の除籍手続き取る 「二重国籍」問題で「確認取れない」
http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/160906/plt16090618170020-n1.html

 ちなみに。台湾の国籍法についてはワリと簡単に調べる事が可能である。
 ウチのブログコメントについていた行政書士さんのサイトから、台湾国籍法の情報を引用してみよう。

【台湾国籍法】第十一条
中華民国国民で次に掲げる者は内政部の許可を得て、中華民国国籍を喪失することが出来る

1.父が外国人であって、その父が認知した者
2.父がしれないか又は認知しない者であって、母が外国人であるもの
3.外国人の配偶者である者
4.外国人の養子である者
5.満20以上であって、中華民国法によって能力を有し、自ら外国国籍の取得を申請する者

 蓮舫は父が台湾人で認知しているので1、2は該当せず、18歳時点で誰とも結婚していないので3も該当せず、養子でもないので4も該当せず、20歳未満なので5も該当しない。
 つまり18歳の蓮舫は国籍を放棄できなかったはずなのである。

 蓮舫は今まで18歳の時に台湾国籍を放棄したと思い込んでいたと主張したいのだ。

 なあ。罵っていいかな。「この卑怯者が」と。

【拙】蓮舫の二重国籍疑惑 [2016/09/01]
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/d9ba387739364fffcd4ae68236601107

 ここから始まった二重国籍疑惑だが。
 この頃の蓮舫はツイッターアカウントは台湾人の頃の本名、「謝蓮舫」で、決して「村田蓮舫」を名乗らず、子供に中国人名をつけるほどの「日本国籍の中華民国人」であったが。

【拙】蓮舫の二重国籍疑惑確定 [2016/09/02]
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/c2deac4e3f11aaa8b2332048ac7ae458

 --国籍法が改正されて、22歳までは日本国籍があるけども、そこで選択を迫られ、残った国籍は速やかに放棄しなければいけないという規定がある。それをしているかどうかという記事が出ている。首相を目指すのであれば、仮に台湾籍があるならば、ネックになると思うが

 「質問の意味が分からないけど、私は日本人です」

 --台湾籍はないということでいいのか

 「すいません、質問の意味が分かりません」

 きちんと説明してくれている、誰でも読解できる内容を話す産経新聞のインタビュアーに対し、恥も外聞もない、知らぬ存ぜぬで通すのが精一杯の状況の記事が出て。
 蓮舫が台湾国籍を放棄していない事を強く意識している状況が見て取れて。

【拙】蓮舫の二重国籍疑惑解決(?)[2016/09/05]
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/8bdcd2da6a783985783b5117d9b0b75c

すると蓮舫氏は「私は生まれたときから日本人です」と明言し、「(台湾)籍抜いてます」「高校3年の18歳で日本人を選びましたので」と説明した。

この発言でのポイントは、蓮舫が台湾国籍を放棄した旨は述べているものの、台湾国籍を放棄した時期を明言していない事である。

 後日「台湾国籍は放棄済みだ」と断言するに至るのである。
 そして、本日の記事だ。


 この流れの通りに解釈すると。まあ「解釈」だからな。いつもの邪推である。

 蓮舫は二重国籍のツッコミを入れられ、嘘をつかないように配慮して最初にごまかし、後で台湾国籍をこっそり放棄しようとした。

 が、すぐさま辛坊氏にツッコミを入れられ、どうせすぐに台湾国籍は放棄するからと、「既に台湾国籍は抜いています」と思わず言ってしまった。

 で、台湾国籍放棄の手続きを、現在「時の人」である蓮舫がコッソリとれるわけもなく察知されてしまい、「18歳の頃に父が台湾国籍を放棄してくれたはずだが父は台湾語を話していたから自信がない。もしかしたら私は二重国籍だったかも…知らなかったの!(泣)」という苦しすぎる言い訳に切り替えたのである。

 蓮舫の発言は、矛盾だらけである。
 18歳の頃に父が台湾国籍を放棄してくれてると思ってただとう?なら、辛坊氏にインタビューされた時、なぜ台湾国籍を放棄したと断言できる。これは明確に嘘だ。
 そして、18歳の時に台湾国籍を放棄していると強く意識しているのであれば、9/2の産経新聞のインタビューの時に「台湾国籍は18歳の時に父に放棄してもらいました」と言えばいいのだ。なぜそれができない。

 以上をもってして、彼女はまったく信用ができない事が明らかになった。
 そして、現時点でも99%二重国籍のままであろう。だってこの様子じゃ、18歳からこっち、一切台湾国籍の放棄手続きとってないよね。本人によれば忘れてたぐらいなんだから。18歳じゃ国籍放棄ができないのは、前述でも説明した通りだ。

 さあ!蓮舫はこんな状態なんだけどさ。
 えー。マジで民進党総裁になっちゃうの?蓮舫。

 東京都知事にならなくてよかったねぇ。これじゃ、都知事がまたスキャンダルで失脚する事になるところだったよ。

 日本国籍を保有する台湾人が、長きにわたり日本国民を騙し、国政に参加してきた事になるのだが。

P.S.

 またこれは…。大きなニュースが。
 蓮舫が、台湾国籍であると雑誌のインタビューで答えている。さらに、父親が大陸出身の所謂「外省人」である事が明らかに。これは致命的かもしれない。

蓮舫はまた嘘をついていた!1997年の雑誌CREAのインタビュー記事で自分は台湾籍だと発言していた!
http://anonymous-post.com/archives/11636?__from=mixi

  

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※応援よろしくお願いします!

蓮舫流 やる気のスイッチ! 1日10分! 手作り学習ドリル術(教育単行本)


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮舫の二重国籍疑惑解決(?) | トップ | 蓮舫の二重国籍問題、だんだ... »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (a. n. other)
2016-09-07 01:09:06
今になって、台湾籍の除籍手続きをしていますねぇ。
選挙公報に虚偽の事実を書いていたんで、公職選挙法違反ですなぁ。同様に、参議院の品位を穢す行為ですので...
おとなしく、議員辞職しますかね?
Unknown (タカ派(野球))
2016-09-07 04:15:35
いいんじゃないですか?
村田民進党代表。なかなか新鮮な語感で。
出自的にも民進党というものをよく体現していて看板としては間違って投票する人が減る、とてもよい方だと思います。
政策?大丈夫。今でもこれからも民進党に投票する方は存在すまいがなかろうがそんなこと気にしません!
Unknown (Unknown)
2016-09-07 08:33:04
こいつは、確信犯。引用の雑誌の件もあり、公式の場で虚偽を述べているので、かなり悪質。これで議員辞職しないようでは色々とその後日本の国として問題があるし、その前にマスコミがどうしらんぷりしようが世論が許さなそうですね。
この件で色々その後困る事になる議員や役人が沢山いる事でしょう。蓮舫も貧乏くじを引いたと思って潔く引退することですね。

ネットが普及してホントによかったです。
二番じゃだめなんでしょうか。 (ヒトビロ)
2016-09-07 09:08:23
やはり蓮舫氏は父親の祖国が一番であって欲しいのでしょうね。
気持ちはわからなくもないのですが、日本で政治家を続けたいならけじめをつけていただきたいですね。
日本で甘い汁だけ吸って、「心は中国」では許されるものではありません。
各紙の反応が。。 (tabineko)
2016-09-07 13:24:36
8/29にアゴラに初記事。9/2には産経にインタビュー掲載。朝日の初出は9/6。
最初のアゴラの記事を読めば、誰でも「あ、これはちょっと」と思うのに、朝日は8日間も放置。
民進党希望の星(W)だし、よっぽど乗せたくなかったんだろうね。
Unknown (tabineko)
2016-09-07 15:00:45
ところで管理人さんや皆さんは、この件が代表戦にどう影響すると思います?今後の推移にもよりますが、私はあまり大きくないんじゃないかと。だって今日の時点で民進党議員や党員やってるって、アレでしょ?地球市民にとっては国籍なんかなんぼのもの。
でも普通の国民にとっては国籍ってやはり重いものだしね、蓮舫氏には頑張って代表になってもらって、普通の国民の皆さんにもっと民進党を見限って欲しい。
tabinekoさんへ (あきよし@管理人)
2016-09-07 23:55:51
そりゃ影響必至ですよ。
そこらへんの話は、今日のエントリにも書いたんで、そっちもよかったら読んでみてください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。