あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

NHKの受信料は正当か

2017-12-08 00:52:37 | 政治(国内・その他)
【朝日】「TV20年前設置なら、さかのぼって受信料」 NHK
http://www.asahi.com/articles/ASKD75J6YKD7UCVL01D.html

 俺は、昔っからNHKには受信料を支払っても構わないという立場である。

 ピタゴラスイッチも好きだし、大河も見ている。大科学実験や考えるカラスなどという、スポンサーがつきにくそうな実験的番組や、アニメでも、俺はNHKのアニメはむしろ民放より好きだったりする。中でも、未来少年コナンと電脳コイルは本気で名作であろう?マジで。軍師官兵衛も真田丸も、すっごい良かったよ。

 

 

 これらの高質な番組は、受信料という、ある程度まとまった収入源の賜物であり、潤沢な予算がなければできないものも多いと思う。

 今回の、最高裁判決の内容も、十分に理解できる内容である。

 支払ってくれている人と、支払わない人の公平性を考えるならば、支払うべきなのは当然だ。給食費を支払わないご家庭の息子さんでも給食は提供されるが、支払っているご家庭の方に負担がかかる、正直者が馬鹿を見るような状況はよくないにきまっている。

 ただし。それはNHKが真の公共放送なのであれば…である。

 今回、争点になっていないのかどうか、俺は詳細にはわかっていないのだけど。
 NHKにせよJASRACにせよ、こーゆー法廷で主張している内容と、実際にやってる事に大きな乖離があると思うのである。

 まず1つめに。
 受信料を支払ってくれている人に対し、もっとより沢山支払ってもらおうとするところ。支払ってない人に払ってもらえるようにお願いするのがスジじゃないのか。
 俺、出張旅費を出し渋る会社の方針で、「単身赴任」扱いで、数ヶ月賃貸契約して仕事をしている事もあるが…。自宅でNHKの受信料を支払ってるのに、帰宅して寝るだけの賃貸住宅の中まで確認され、布団と空調しか存在しない部屋でも「携帯持ってるでしょ」とか言って満額受信料を支払わせようとする、NHKの集金に出会った事があるよ。すっごいしつこかった。怒って追い返し続けたけど。
 「車で音楽を聞きたいならば、自宅用と車用で2枚のCDを購入するのは当然」とか言い出すJASRACと同じ考え方だ。

 そして2つめ。
 公共放送なのに偏った政治的思想を主張する事がたびたびある。しかも、反日的な主張をする事がある。以下、一例を紹介する。

【正論】 海外でも反日行為を行うNHK
http://minkara.carview.co.jp/userid/205797/blog/21590235/

 今回、法廷でNHKが主張した事は、言わば正論であろうが。実際やってる事とのダブスタが伝わるだろうか。ホントに公共放送なのか?

 NHKは、

上田会長は「公共放送としての役割を果たしているとの信頼がない限り、単に訴訟だけで受信料をちょうだいするとは考えていない」と訴訟の乱発を否定。

 と言いつつそれをやってくる可能性もあると思えてしまう。

 でも、じゃあどうしたらいいのかは難しい。
 国営にしてしまうと、受信料徴収は税金扱いのようなものだし、取りっぱくれはなくなるかもしれないけれども、国を批判する事はやはり難しくなるだろう。
 NHKの暴走を抑止するような、有効な第3者機関を設立しても、罰則もなければBPOのようなお手盛り機関となってしまい(なんせ放送倫理検証委員に香山リカ委員がいたことがあるぐらいだ)、骨抜きにされてしまう可能性も高い。
 よく言われる、NHKのコンテンツを見たくないならスクランブルを入れるなりするべきだという話も、NHKの資産はテレビに限った事ではないし、それらテレビ以外の資産についての恩恵を、支払を拒否した人も受けられるわけで、不公平だろう。

 現状では、俺は透明性の確保と、著しく公共性を毀損した情報の配信を行った際に、個人情報保護法違反のような罰則規定を設けるぐらいしかないのかなぁと考えている。

 罰則判定には、「正しく機能できるBPO」のような第3者機関による判定と、歴史的事実に対する定義付けが必要になるのだろうけどね。難しいだろうなぁ。

 なんにせよ、今のままでは、NHKに公共放送たる資格がないのは間違いない。少なくとも、自助努力だけでNHKが反日をやめれるようにはならないだろう。

 まず、NHKはこれだけ沢山、NHKに受信料を支払いたくないと思われているという事実について猛省し、国民に頭を下げるべきだと思う。

 まあ、NHKの番組は好きだけど、こーゆー理由にかこつけて受信料を支払わないってな人は、きっと大勢いるのかもしれないけどな。

 そういう意味では、どっちもどっちな気がしないでもないなぁ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

宇宙兄弟 心のノート 「メモしたくなる言葉たち」



コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加