あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

平昌五輪失敗がトドメになるか

2016-12-03 00:11:11 | 特定亜細亜
 基本的に俺の想定では。
 韓国が本格的にヤバい事になるのは平昌冬季五輪の失敗がきっかけであった。
 元々評価の低かった朴槿恵大統領では、元与党の権勢を維持した状態での退陣は、冬季五輪の失敗もあって不可能となり、その後反日政権になる可能性が高い北朝鮮寄りの野党に政権交代し…。

 真綿で首を絞められるようにして衰弱していくと思っていた。
 ところが。例の朴槿恵大統領のスキャンダルにより、韓国は一気に崩壊へと向けて突き進みはじめた。

 元々、サムスン電子の携帯爆発事件に代表される、韓国経済関連の致命的ニュースが相次いだところで、本来民間企業の手に負えない状況にまで堕ちてきていた韓国経済なのだ。今、韓国は政治がしっかりしなければならないはずだ。

 そんなところに、この朴槿恵の騒動である。
 本当に、そんな事をしている場合ではないのだけど。連中の気性は「自分は絶対に正しい」なのである。今の自分達の苦しみの原因は何か?と問われた時、目の前にわかりやすい、決して自分達に危害を加える事ができない、弱りきったスケープゴートがやってきたらどうするか?

 というわけで。韓国民は国を挙げて朴槿恵叩きに邁進した。
 はっきり言って現実逃避である。流石、「溺れる犬は棒で叩け」という、日本人の感性からすると意味不明なことわざがある国である。

 その、国を挙げての朴槿恵大統領叩きの真っ最中に、平昌五輪関連の大事故が発生した。

【レコチャ】平昌五輪競技場で大型電光板が落下する事故、「手抜き工事」への懸念高まる=韓国ネット「すでに不正大会の平昌五輪が心配」「国際的な恥さらしに?」
http://www.recordchina.co.jp/a156554.html


▲落下前


▲落下後

 死者は出ていないものの、ものすごい事故である。
 これ…ちょっとやばくないか。

 俺の想定では、あくまで平昌五輪の失敗は「韓国経済崩壊のきっかけ」であった。
 ところが、既に韓国は致命的な経済崩壊に直面しようとしている。真綿で首をしめるような緩やかな死ではない。ある日突然死ぬかもしれん危うさを感じる。

 もしかして、平昌五輪でヘタに失敗すると、韓国はもう無理なんではないか?
 なんかもう、逆転の芽が思い浮かばない。日本の民進党が、自民党を打倒して政権交代を実現するという妄想と同じレベルで想像できない。

 例えば、日本の場合、民主党政権になった時、「やばい。日本が終わるかもしれん」とか思った人は多いと思うんだけど。俺の場合、日本が滅ぶところまではいくとは思わなかったし、民主党政権の経済政策は「大きな政府」方針だったから、そこが評価されて日本の政治が嫌な方向に流れそうな予感はしてたものの、売国奴に対する批判の声は今後も弱まったりはしないだろうと思ってた。

 すなわち民主党政権では日本にはまだまだ逆転の芽があると思っていたのだ。
 なんだろうな。今の韓国を覆うどうしようもない絶望感は。

 そろそろ、韓国の敗戦処理について、日本は考えておいた方がいいように思う。
 あの連中が勝手に崩壊して、多分日本にも多大な迷惑をかけるだろうけど、その被害が最小限になるように。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

未来世紀ジパング 近くて遠い国、中国・韓国の真の顔

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

流行語大賞授賞式に自作自演疑惑の民進党山尾氏現る

2016-12-01 20:56:37 | 政治(安倍政権)
 毎年非難轟々になる、流行語大賞。
 いつも、「こんなの流行ってたか?」と思わせるような「パヨク語」が混じるので、その恣意的な選考基準はターゲットにされがちなんだけど。

 そんな批判を受け入れてか、それともあまりにも無様であった東京都知事選での敗北のせいか。選考委員の一人であった「パヨク」、鳥越俊太郎氏が今年からいなくなり、マシになるかと思いきや…。

【報知】山尾議員「保育園落ちた―」受賞に「待機児童問題を政治のど真ん中に移動できた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000120-sph-soci

 「保育園落ちた日本死ね」がトップ10のうち、7番目に入った。
 8位の「ポケモンGO」、10位の「PPAP」を躱しての快挙であった。

 …つーかね。選考委員7名で決めるのはやっぱおかしいと思うわ。どう考えても世相を表していると思えない。どっちかと言えば「今年の漢字」の方が、余程世相を反映しているような気がする。

 ちなみに。昨年は選考委員の一人である鳥越俊太郎が参加した政治運動「アベ政治を許さない」が選定されているし、お仲間の「SEALDS」も選定されている。一昨年に至っては、大賞に選ばれたものが「集団的自衛権」と「ダメよ~ダメダメ」で、並べて集団的自衛権を批判するシロモノだった。特に2014年度は頭がおかしいとしか思えない。
 当時、2013年、安倍内閣が消費税増税を実施し、斜陽期に入ったところであった。腐った連中のやりそうな事である。

 まあ、そんな流行語大賞なんだけど。今年は「パヨク語」も混じってるけど選考されたのはコイツだけであった。まあ、そういう意味では別に構わない。パヨク語1つぐらい混じっても、まあそんなもんかもしれないし。

 問題は、この受賞セレモニーにて、「保育園落ちた」で賞を受けたのが、民進党の山尾議員だったという話だ。これはちょっと常軌を逸してる。

 とりあえず前提知識として。山尾議員は「保育園落ちた」の台詞をはてなダイアリーで日記に書いた人と同一人物ではないかと言われている。
 まあ、疑惑の内容とかの詳細については、こっちのブログを参照してほしい。

【ゴゴ通信】民進党の山尾志桜里議員と「日本死ね」のブログ投稿者は同一人物? ネットで噂される
http://gogotsu.com/archives/17342

 まあ、山尾議員が本当に所謂マッチポンプをやったのかという話はこの際どうでもよくて。少なくともこーゆー噂が立てられているのはご本人もご存知のはずなんだけど。



 こんな状況で、このドヤ顔で授賞式にやってきて、のこのこ賞を受け取る神経が、本気で理解できないのであった。

 普通は「出席辞退」するよねぇ?

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

グラゼニ~東京ドーム編~(9) (モーニングコミックス)

コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

朴槿恵の辞意表明

2016-11-30 22:52:26 | 特定亜細亜
 今朝の朝刊で、韓国の朴槿恵大統領が事実上の辞意表明を行ったというニュースを知る。

 

 これは…やばい。マジで韓国が国家存続の危機に陥るかもしれん。

【産経】大統領の辞意、韓国紙は評価二分「弾劾免れる目的」「混乱を最小限にした」
http://www.sankei.com/world/news/161130/wor1611300038-n1.html

 みなさんもご存知の通り、韓国の大統領は基本的に辞任はできない。だから、辞めさせられるのならば上記記事にもある通り、国会による弾劾決議によって裁判にかけられ、失職させられるのである。
 過去、弾劾によって失職に追い込まれた大統領は存在せず…。俺は朴槿恵が任期満了まで失職なんてできないと思っていたのだけど。

 この時期に憲法改正によって任期前辞任をできるようにするってのは、完全に時間稼ぎだと思う。すっごい時間がかかるもの。

 まあ。そこは置いといて。なんで韓国が危ないのかという話をしようか。

 これで朴槿恵は完全なるレームダックになったからである。そして、次の大統領が、恐らくは野党第一党の「共に民主党」の文在寅になると思われるからだ。

 

 彼は、言わずとしれた、盧武鉉元大統領の同僚である。つまり反日闘士。

 現在、韓国の経済状況は最悪と言っていい。韓国からすれば、日韓通貨スワップは絶対に必要である。それ故に、韓国は断腸の思いで日韓慰安婦合意を実施し、日本との通貨スワップ実施に道筋をつけたのだ。
 ところが、結局日本は韓国からの要請があれば通貨スワップを再開する用意があるという立場を崩さなかった。朴槿恵は、さんざん反日外交を行ってきた事もあり、日本に助けを乞う事をしぶり、現在までとうとう通貨スワップの要請ができなかった。

 こんな状況で、慰安婦合意関連で国内から突き上げを喰らい、追い打ちをかけるように、この国家機密の漏洩疑惑である。もう、彼女には強い決断はできないし、現在彼女に代わって国政を担っている人にも、それは同じ事が言える。通貨スワップが再開できないのだ。

 そして、そんな状況がしばらく続き、ようやく次の大統領が誕生すると…。今度は伝説の大統領、盧武鉉の同僚が恐らくその地位につくのである。

 もし仮に、日韓慰安婦合意が否定されれば、日韓通貨スワップの再開は恐らくはなくなってしまうだろう。まあ韓国が自国に都合のよいように合意を撤回したとしても、乞われれば日本はお人好しだし通貨スワップを再開するかもしれないが、少なくとも韓国の思うような規模での通貨スワップ再開はできない。

 韓国は、日本の助力がなければ、単独では経済状況を安定化させる事はできないだろう。
 その「安定」の象徴となるものが、日韓通貨スワップだと思う。

 朴槿恵の最大の敗因はなんだったかと言えば。俺は、最初から反日全開だった事が原因だったと思う。

 韓国の大統領で、最もよいパターンは、前回の大統領の反日を反省し、最初「もう二度と反日しません。だからなかよくしてください」と、日本に平身低頭し、日本の経済力を使って繁栄して、支持率が落ちてくる後半に突如反日に掌返しして日本をケチョンケチョンに叩き、韓国国民に喝采を浴びながら退任する。これではないかと思う。

 朴槿恵は、最初から反日全開で、日本の経済力をほとんど利用できなかった。
 この状況で、交代するのが文在寅である。韓国は現状がこんなんなのに、次の大統領はヘタをすると慰安婦合意を就任直後に撤回するかもしれん。

 それで、日本に通貨スワップの要請にとか、普通はできないだろう。どんなけ面の皮が厚いねん。

 正直、これだけ弱ってる韓国に、なぜ北朝鮮は攻めてこないんだろうってぐらい、韓国は弱っていると思うし、今後弱っていくと思う。

 まじで北朝鮮に吸収されるぞ?

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

朴槿恵の真実 哀しき反日プリンセス (文春新書)
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

世界の愛国左翼的流れ

2016-11-30 00:00:21 | 国際
 そろそろ予言できるレベルかと思うのだけど。

 多分10年以内ぐらいに「小さな政府」的な主張は跡形もなくなっているのではないかな。まあデフレ脱却が成ったら、もちろん小さな政府的主張もアリなんだけど。多分10年たっても世界的にデフレから脱却できてないような気がするんだよね。

 これでフランスでルペン氏が勝ったら…。米国のトランプ氏と違って、流石にないと思うけど、この流れは盤石になっちゃうなぁ。


▲マリーヌ・ル・ペン氏。

【産経】フィヨン氏、ルペン氏の勢い止められるか 「保守回帰」はアキレス腱にも
http://www.sankei.com/world/news/161128/wor1611280028-n1.html

 この記事で、ちょっと強調したい点はここだ。

国民戦線は1972年にルペン氏の父が第二次大戦中の親ナチス派残党らと創設。人種差別政党として、長く異端視された。ルペン氏は2011年の党首就任後、父を党指導部から追放。「公務員増員」「年金受給開始年齢の60歳への引き下げ」といった「大きな政府」政策で左派のお株を奪った。

 ルペン氏は主張こそ全体的に極右だが、経済政策面では左派である。
 これは極めて俺に近い思想的立ち位置にいると言っていい。極右と言ってもタブーである「親ナチ」だからヨーロッパでは極右なだけである。
 俺は、これも以前から主張を続けているが、ナチの暗黒面ばかりを強調するヨーロッパの風潮にはウンザリなのである。

 そしてこれで、ルペン氏は完全に「ナチの主張」に寄り添った状況になったように思える。移民を否定し、大きな政府を主張し…。まさにナチ。
 で、このルペン氏が、本命であるフィヨン氏とがっぷり4つになれる点が、要するに俺が言う「時流に乗っている」証左なのである。親ナチなのに侮れないレベルの対抗馬とか…。すっごい時代になったものだ。

 で。本命の「フィヨン氏@永遠の二番手」の方は、こんな主張である。

フィヨン氏圧勝の要因は、国民戦線台頭を意識して、大きく右寄りの政策を打ち出したこと。「公務員50万人削減」「消費増税」に加え、カトリック教徒にもアピールし、地方の保守層票を掘り起こした。

 これはつまり、安倍総理とか旧民主党の野田元総理の動きと一致する。保守層に支持を訴え、「小さな政府」を主張する。俺にはコレが、時流に乗っているとは思えない。

 現在の潮流は、俺が夢見た「愛国左翼」である。
 つまり、保守的な伝統や自国民を優先し、外国人への優遇を制限し、政府は歳出を拡大し、公務員増員などの自国民の雇用保護を行う。

 デフレなのだから、小さな政府的主張は現状にマッチしない。国民の体力を奪う小泉政権からの伝統である「痛みを伴う構造改革」は、体力が低下して手術に耐えれない患者に対し、大手術を強行するようなものだ。

 世界各国の有権者は、偉そうな医者に対し、まずは体力の回復を優先しろと、とうとう主張し始めた。
 医者は「今すぐ切らないと手遅れなるぞ」と脅し続けて、既に数度手術しているのに回復させれず、しかもずっと手遅れにならないという現状に、とうとう患者の我慢が限界に達した。患者は、他の医者を探し始めたのだ。「切らないと余命1年」とかいい続けて10年ぐらい継続して治療するような医者は、普通ヤブなのである。

 ところで日本はどうかというとね。
 フィヨン氏に該当する人はいる。安倍総理とか、野田元総理とかな。でもね、この対抗となるルペン氏がね…。俺は日本にずっと必要だと主張しているのだ。

 ゲーム理論によって、フィヨン氏とルペン氏は主張が拮抗していく。フィヨン氏は、ルペン氏の人気ある政策は取り入れていかざるをえない。ルペン氏は、自身の過激な主張に不安を持って逡巡している人々を安心させる為、穏当なフィヨン氏の政策も考慮しはじめる。

 ルペン氏であるべき、日本民進党はなんやねん。小さな政府を主張して、外国人に融和的で…。全速力で逆走しとる。これがパヨク。特定日本人である。

 フランスは健全だ。

 俺は、フランスが羨ましいとは思わないものの…。フランスの大統領選の結果が、日本にもいい影響を与えるのではないかと、期待しているのである。

 うん。日本はまず、民進党とか共産党とかのパヨク層の滅亡が喫緊の課題だよね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

現代フランスの新しい右翼―ルペンの見果てぬ夢

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

朴槿恵の日本亡命説アリだと思う

2016-11-27 21:19:38 | 特定亜細亜
 憶測の域を出ないけど、十分にありえる話だろう。

【ゴゴ通信】朴槿恵大統領 亡命の可能性を示す 亡命するとしたら日本?
http://gogotsu.com/archives/23947

 朴槿恵大統領は、失職と同時に逮捕される。もうこれは確実である。
 さらに言えば、現状、彼女は生命の危機に瀕していると言っても過言ではない。いつ暗殺されても不思議ではない。

 思わず、俺は「亡命」の定義を調べてしまったよ。
 亡命は、こーゆー他国の犯罪者予備軍を受け入れるような状況になりえるのだろうかと。

【亡命(ぼうめい)】

 政治や宗教上の原因で、本国を脱出して他国にのがれること。

 すると、なんだか亡命の定義にあたる事に気がつく。
 考えてみれば、亡命者なんてものは、対象の国の中で国外に逃亡されないように謂れのない罪に問われても不思議ではない。

 そして、その対象者が対象の国内で犯罪者であろうとも、政治亡命は成立している例をいくつも思い出してしまったのであった。
 直近では、元CIAのエドワード・スノーデンがそうじゃないか。米国にいれば即逮捕の男である。その犯罪者を、ロシアは受け入れている。

 
 ▲エドワード・スノーデン氏

 ただ、日本の場合は日韓で犯罪者引き渡し条約がある。

 普通の犯罪者の場合、韓国で有罪判決が下った犯罪者は、韓国に引き渡されるが…。朴槿恵の場合、明確に政治犯である。いくつかのパターンで、朴槿恵の場合は引き渡し条約の例外事項に当てはまると思われ、恐らく亡命は可能であろう。

 ただ、朴槿恵について、日本はタダでは亡命させてはくれないだろう。

 だから、朴槿恵は亡命にあたり、韓国の機密情報を日本に漏らすことに、恐らくなるのではなかろうか。

 要するに、日本はもし亡命を受け入れなんぞしたら、それ相応のリスクを負うことになるのである。なら、そのリスクに見合うリターンがなければ、朴槿恵の亡命を受け入れるべきではない。

 朴槿恵大統領は、韓国のトップである。韓国という国は、権謀術数の技術としては日本を遥かに凌駕している。あの国は、証拠はなくとも日本に対して随分と卑怯な事をしている可能性が非常に高い。

 彼女の息のかかった日本の政治家の名前も出るかもしれない。

 なんらかの具体的な証拠も所持している可能性はある。そこから得られる情報で、日本初の外患誘致罪の摘要もあるかもしれない犯罪が、発覚する可能性もあるだろう。

 慰安婦問題なんかで、韓国政府がどう加担しているかなんかも、韓国トップならわかるんじゃないか?。

 いいやん面白そう。マジで。やろう!

 ものすごく有力な情報提供がありそうなだけに、俺は受け入れてもいいと思う。
 日本にはこれ、なかなかのメリットだ。

 それ故に。俺は本当に朴槿恵の日本への政治亡命はありそうな気がするのだ。

 それにな。韓国の朴槿恵が他の国に亡命したとして、亡命を受け入れるだけのモノを、日本以外の国に対して、用意できると思えない。

 日本なら、朴槿恵は非常に有力な情報を手土産にする事ができるのである。
 
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

NHK大科学実験(全5巻)~やってみなくちゃわからない~

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

左翼を馬鹿にするな

2016-11-27 00:22:41 | 政治(安倍政権)
 最近2chで、ツイッターを元ネタにしたスレが立つ。
 たいてい、左翼のバカそうな発言が取り上げられる。在特会ネタとか、右翼側も稀に立つ事はあるが、ほぼ連日立てられてる左翼とは回数の桁が違う。

【話題】津田大介が怒り「百田尚樹のツイッターアカウントは停止すべき」「この人も差別を垂れ流してるから違反」@tsuda
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1480112477/-100


▲津田大介

 で、見るたびに腹が立つのである。
 こんなの、ネタにしたところでニュースバリュー的な価値があるわけでもない。

 基本的に、2ちゃんの東亜+とは、俺的存在意義は、

日本人に知らされないけど、海外で好き勝手反日を喧伝する中韓を監視し、同時に日本人にその惨状を届ける

 てな感じだったように思う。故にスレ住人は何度も同じ言葉の繰り返しであっても、バカに対して全力で反論する。ROMれとは言わない。
 ここ最近、日本のメディアもアリバイ報道をするようになって、日本人にその情報面での惨状が、小さな扱いであっても届いているので、東亜+の存在意義が薄れてきているような気がする。

 そして、東亜+がその存在意義を誇示するかのように、バカな左翼のツイッターとかが「監視対象」として格上げされたようだ。メディアで紹介されない(どうでもいい話だからだろうが…)ので、東亜+に登るようになっているのではと分析する。

 で。今回の有識者、津田氏の発言を見てても思うのだけど…。
 明らかに左翼がアホすぎる。程度の低さで言えば、ツイッターアカウントを停止すべきなのは津田氏ら左翼側だろう。彼らの場合、全員が度を越した「特定日本人以外の日本人差別」である。

 なのに、それが論じられる事はない。まあ右翼的には、ほっといた方が左翼のアホさが周知されるだけなので、ほっといて、自分達ではなく世間様にアホな左翼達を叩いてもらった方がメリットが大きいので、放置しているに過ぎない。

 実際、差別発言なんぞする敵方のツイッター民なんぞ、敵方にとって所謂「無能な働き者の味方」である。故事通りであれば「射殺するのが最も有益」な人々だ。敵方にいるならば放置すべきだろう。

 そう。あれは言ってみりゃ安倍内閣の最大の味方なのである。「安倍総理を筆頭とする日本の保守勢力(注:俺は含まない)」にとって、連中は「無能な働き者の敵」なのだ。壊滅されると、むしろその方が保守勢力にとってダメージとなるだろう。叩く相手と意味の半分近くが消滅してしまい、張り合いがなくなってしまうのだ。

 俺にとって問題があるとすれば。俺は左翼(注:誤解しないように。俺は、現在の経済状況では大きな政府を標榜すべきだと考えている、脱亜論賛成、改憲論者の左翼)なんだよなぁ。
 現状、日本の経済政策は間違っていると感じている、反安倍なんだけど。
 あのアホ共は、明らかに日本の経済政策が間違っている事を主張しにくくしている。誰しも、あれと同類とは思われたくない。

 はっきり言って、俺は連中に消滅してほしい。ツイッターアカウント凍結処分にされるのは、百田氏ではなく津田氏の方がふさわしいと思う。

 それに、百田氏のアカウント消滅を願うという事は、百田氏のツイートで、自分達にダメージがあるという事の証明であるという事。それと、自分達がツイッターアカウント削除されろとか、そんな叩かれ方をしていない事について、如何に自分が無能であるのかを、悟るべきだと思う。

 俺はね。繰り返しになるが津田氏とかのアカウントが凍結されてほしいと思っている。連中のツイートが明らかに俺ら「俺認識の左翼」にダメージがあるからだ。

 脅威ではなくピエロで、左翼の無能を宣伝していると、気がついてくれ…!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

おなじ阿呆なら踊って逝きます


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

農協は生産者を大切にしているとアピれるようになるべし

2016-11-24 23:40:34 | 政治(安倍政権)
 あー。こいつは最悪や。

【netgeek】【炎上】ホクレン部長「バター不足は俺らが仕掛けててボロ儲けなんすよ(笑)」 ガイアの夜明けで語る
http://netgeek.biz/archives/87834

 

 

 

 …少し間があって(みえる…インタビュアーのドン引きがみえる…)…

 

 ウチでは前々から主張しているが。経営者なんてものは基本的に外道である。
 で。システム屋である俺の経験則も加味すると。銀行とか、警察とかお役所とかの、巨大企業の管理メンバー社員共なんてものも、外道である。

 ワタミで普通なのだ。

  
 ▲ワタミの社長

 ましてやホクレン。農業王国、北海道の農協である。利権団体なのは間違いない。最低の連中なのは、当然わかっているのである。

 農業改革について、俺は不要だと思った事はない。
 それでも。今回の「ガイアの夜明け」に恣意的なものを感じてしまうのは何故かというと…。

 当然、現在国会で、TPP関連の批准作業の真っ最中だからである。米国が今後かなりの確率でイチ抜けするTPPなので、米国の圧力じゃとか、そんな事は言わないが…。どうにも気色悪い感じがしてしまう。

 結局、俺は一方向だけしか語られない状況を気持ち悪いと感じてしまうのだ。

 別に、どっちかの立場で情報を提供するのは構わないと思うんだけど。フェアな情報提供ではない場合に、俺はなんだか気持ちが悪くなる。

 今回のガイアの夜明けでの、一方的なホクレン叩きの場合、「もしホクレンが潰れたら、供給側にとって素晴らしい状況になるか?」という点が、徹底的に欠落しているように思う。

 米国が中心となったTPPが順調に推移していたならば、日本の酪農は米の穀物メジャーのような、巨大な営利多国籍企業に食い物にされたり、海外からの安価なバターによって壊滅的打撃を受けないだろうか。要するにホクレンから米穀物メジャーに頭がすげ替えられるだけではないかという疑念とか、競争原理が働きすぎ、日本の酪農家が考えている程に世間は、自由競争は甘くないかもしれないじゃないか。

 アニメータにせよ、プログラマーにせよ同じだと思うのだけど。俺は優秀な実働部隊の人々に、もっと利益がまわるようにしてあげないといけないと思うのである。農業にせよ酪農にせよ同じ事だ。

 だったら、こーゆーテレビ番組で言うことじゃねーよホクレンの部長さん。アホじゃねーのか。

 いや知ってる。知ってるねんけどな。こーゆー連中が、単に自分の傘下にいる人々からカネを吸い上げとるだけの外道な連中だという事は。

 いやあ、トランプ米大統領誕生は、タイミング、もしかしてよかったかもしれんわ。
 TPPの頓挫が見えてるので、日本の酪農が外資に蹂躙されるという後顧の憂いを立った上で、農協改革とかが進められるかもしれない。

 俺、農協は潰したらダメだとは思うんだけどな。
 でも、叩かれなければいけないとは思っているのである。別に、営利目的は否定しないけど…。

 もっと、農協は生産者を大切にしている事をアピールできるようになって欲しいのである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

おなじ阿呆なら踊って逝きます


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

米国はTPPを離脱できるのか

2016-11-23 00:44:25 | 政治(安倍政権)
 まあ、これは想定内と言ってもいいんじゃないかな。

【変態】TPP・次の一手苦しく、安倍政権に痛手…発効絶望的
http://mainichi.jp/articles/20161123/k00/00m/020/101000c

【産経】「TPPは米国抜きでは意味がない」「北方4島、日露双方にとってウィンウィンの形で」
http://www.sankei.com/politics/news/161122/plt1611220013-n1.html

 トランプ氏が大統領になった場合、俺は彼が「やりやすいところから手をつけていく。無理な話は後回しにして結局できないだろう」という風に予想した。

 と、言うことは安保関連は最後である。また、これには多分手がつけられない。
 そして、喫緊の課題となるのが、景気対策である。

 その中で、TPPについては最優先だと思っていた。
 確かにこれは通商関連政策であって、直接的な景気対策でこそないが、これが発行する事で米国内の不景気に拍車がかかる可能性は否定できない。この「否定できない」というところが不気味で、無論減税やら公共投資なんかも「簡単に手がつけられるところ」ではあるんだけど。新大統領誕生の瞬間が、最も権力が確実に強い時期で、そのタイミングで多少強引な事でもできるって状況では、やっぱりTPP脱退が、トランプ氏のTODOリスト筆頭の「景気対策」なのであった。

 誰が言ったかは忘れてしまったのだけど。

「TPPはグローバル化政策の中において、大国に旨みが少ない政策であった」

 と、俺も言えると思う。世界的デフレ経済状況で、各国共に減ってしまった需要という名のパイを取り合っているのに、その少ないパイを他国企業でも平等に取りにいけるようにする政策だからだ。
 だって。経済規模の小さいところから、元々少ないパイを大国が根こそぎ奪っても儲けなんてないじゃない。小国が、大国の需要を奪うからこそ旨みがあるのである。

 で。TPP領内で言えば、日米で需要の8割を叩き出しており、日本は米国の需要を、米国は日本の需要を奪えるという形で、国民を説得しようとしていたのだ。

 つまり、米国が最も損なはずなんだけど。まあそれでも米国は自国の損になる事は徹底的にやらない国なので、日本とは違って自国有利なルールを設けていた。それでも、需要が奪われる事には変わらないので、米国内の自動車メーカーなんかを中心にして、TPPは猛反発されていた。

 まあ、だからと言ってなあ…。まだ脱退が正式決定じゃないけどさ。よくやるよなぁ。TPPを今の形までまとめ上げるまでに、どれだけの労力を払ったと思っているんだろうな。トランプ。シガラミがない、ゼロベースの改革ができるってのが、トランプ氏のウリなんだろうけどさ。
 今となっては中国包囲網の意味合いもあったTPPだし、日本が米国に対して「近隣窮乏化政策(他国の需要を奪って自分が豊かになる策)」ができなくなる…なんて事より何より、中韓をTPP枠外へと追放できる意味合いがよかったのに…。

 米国が脱退するならしたで、米国が引いていた自国有利のレールを、日本がごっそり引き継ぐ事ができるかもしれないけど。それをやる気概が、今の日本の政治家にあるだろうか…。

 まだまだ予断を許さない状況だけど。随分厳しくなってきたなTPP。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

おなじ阿呆なら踊って逝きます

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

蓮舫の不幸せ家族

2016-11-21 21:45:36 | 政治(国内・その他)
 こんな生活臭のない奴はおらんわ…。

 何って、先日の蓮舫出演のテレビ番組、「金スマスペシャル」である。

【民進党】【宮崎】「皆さんの声に寄り添った政治をやらせてほしい」蓮舫代表が民進党への支援訴え
https://www.minshin.or.jp/article/110400/

昨日、私、テレビ番組で家族が全員公開されてしまったんです。こう見えて、私子どもがいるんです。家庭の匂いがないと言われますが、これから生活臭を醸し出そうと思っています

 ひたすら旦那さんディスりであった。マジで引いた。

 

 

 ちょっと前に「栗田貫一の亭主関白っぷりを紹介!」とかで、クリカンの酷すぎるモラハラっぷりが赤裸々と紹介されていたが…。俺はアレもマジで引いた。つーか人間性を疑ったものだが、蓮舫のソレも、勝るとも劣らない。

   

 蓮舫、生活臭がないとか言われてる事自身、俺は実は知らなかったんだけど。生活臭を臭わせる為に、これみよがしに家族をテレビで紹介したのならば、完全に逆効果である。クリカンも、好感度を上げる目的で、家族とのやりとりの取材を許している(強い自分をみてほしいとかそんな理由かな?理解できないけど)のだけど、これを晒して大丈夫と思っている時点で、かなり大丈夫じゃないと思った。

 炎上商法としても、あまりにリスクが高すぎる。
 同じことは蓮舫にも言える。

 流石にお父さんの家庭内カースト最下層、ペット以下はないわ。

 例えば、共産党系列の女性議員がいるとするじゃない。でも、家庭内ではちゃんとお母さんをしてて、家事も立派にこなしてて、お父さんもお母さんに負けないぐらい家事をやってて、全面的にその女性議員を応援してると。普通はそんな風に紹介されるものである。政治家なんてものは、嘘でも家族円満の演出をするものなのだ。なんせ、虚像であっても理想の家族像を演じないといけないものなんだもの。

 それが…。なんじゃあれ。
 あんなの放送したら、アメリカの議員だったら辞職に追い込まれてもおかしくないぞ。キチガイだと思われるわ。

 考えてみれば、蓮舫の家庭には、純粋な日本人の血筋はお父さんしかいない。子供たちには愛情を注ぐのに。夫はまるで蓮舫自身の日本国籍のように、隅っこに追いやられている。その姿はまるで保険。自分の国籍が台湾国籍オンリーであっても、配偶者が日本人であれば、日本国籍を得る資格があるから…とでもいわんばかり。

 こんな女、美人でもお断りであろう。何が楽しくて結婚なんてしたんだろう。村田信之氏は、自身の名字を蛇蝎の如く避ける蓮舫に、どのような心境でいるのだろうな…。

 気の毒でならない。

 蓮舫よ。よくその口で「皆さんの声に寄り添った政治を」とか言えるな!俺はまず、最も身近な日本人夫をまずは不幸にしているお前を心から信用できない。

 この家族が公開されても平気とか…流石、ほんまもんのアホなだけはあるな。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

余命三年時事日記 外患誘致罪

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

リベラルの終焉2

2016-11-19 23:33:52 | 政治(安倍政権)
 左翼の崩壊が加速している手応えを感じる。

【拙】リベラルの終焉
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/c0c219ec53454c5f79733186ce5272b5

 この記事の続きである。

【U.S.FRONT.LINE】「この映画を作れば捕鯨は理解してもらえる、という一心」
http://usfl.com/2016/11/news_articles/105329

和歌山県太地町で撮影された反捕鯨映画「The Cove」。「果たして、あの映画に真実はあるのか?」と反証映画「ビハインド・ザ・コーヴ」で真っ向から対抗したのが監督の八木景子さんだ。2016年11月、ロサンゼルス近郊サンタモニカ市内でのアメリカンフィルムマーケットに参加した八木景子監督に話を聞く機会があった。


▲監督の八木景子さん

 捕鯨の問題って、俺はそれなりに不安を感じていた。
 南京事変の事もそうだけど、日本人が正しい事を主張したところで、それが受け入れられるとは限らない。慰安婦問題とかが、その最たるものであった。

 それが、最近はかなり日本側に寄ってきている。
 それでも、俺は捕鯨問題における日本叩きは、とても日本に分が悪いと思っていた。この映画を撮られた八木氏には敬意も表しているし、一定の意義も感じてはいるのだが、まだ素直には欧米社会に受け入れてもらえないと思っていたのだ。

 ところが、まあオーストラリアについては予想通りだけど、意外とすんなり受け入れられているのである。

日本の捕鯨に非常にネガティブな教育を行ってきたオーストラリアで決まりかけた上映がキャンセルになったんです。異文化を取り上げるというコンセプトの上映会で取り上げられる予定だったんですが。理由はわからないけれど、邪魔する勢力があったとしても、自分から乗り込んでいくつもりです。諦めません。それからオバリーが、今年、日本に入国しようとした時に強制送還になったそうです。それまでは反捕鯨活動を展開するのに、観光ビザで入国していたのです。彼からメールが来て『日本で映画(ビハインド・ザ・コーヴ)を見たかったけど入国できなかった』と書いてありました。普通にメールのやり取りはするんですよ(笑)」


【東スポ】全米で拡大中の反トランプデモ仕掛け人は20代・韓国人女性
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/618724/

 俺が若かった頃「ネタ記事、嘘記事の宝庫」とされていた東スポは、ここ10年ほどはスポーツ紙と思えないほどにしっかりした裏のある記事を配している。

ドナルド・トランプ次期大統領への抗議デモが全米に拡大するなか、「USAトゥデー」紙が「デモにプロ活動家が関与している」と指摘した。その“首謀者”として名前を挙げたのが、環境活動家で20代の韓国人女性チョ・ヨンジョン氏。環境NGO団体「350 Action」のメンバーで「脱石炭」「脱原発」を掲げ、表向きは環境問題に取り組んでいるが“正体”はプロのデモ活動家だという。

 紹介されている「USAトゥディ」は、ウォール・ストリート・ジャーナルと全米で1・2を争う全国紙である。
 その全国紙で、トランプデモの首謀者がアメリカ国民ではない事が報道されたのだ。

 映画、ビハインド・ザ・コーヴが意外にもすんなり欧米社会に受け入れられている事。トランプデモの首謀者の国籍なんてものが、ニュースバリューがあると判断されてる事…。

 なんとなく、「次期大統領(ドナルド・トランプ氏)が共和党(右派)からに決まって」からのような気がする。世界が、左翼に対して嫌気がさしていると感じる動きなのである。

 今回の大統領選では、まさにそんな、上記のような「反左翼的な」トランプの支持理由も散見していた。その世界情勢が、とうとう左派的なメディアにも伝播してきている事が実感できつつあるのだ。

【保守速報】【東京新聞】山口二郎が書いた「安倍を痛烈に皮肉った今年最優秀作の記事」がこちら
http://hosyusokuhou.jp/archives/48776933.html



 こーゆーの、ネットでは凄い叩かれてたし、読んだらドン引きで、よく東京新聞がOKしたなと思うような低レベルな記事だったんだけど。
 俺なんて小学校の頃、学校の先生から日本はアジアの癌細胞とかマジで教わっていたのである。当時、それが普通だったのだ。

 世界は、現在急速に左翼主導の世界観から正常に立ち返りつつある。
 昨今、俺もだけど、「左翼の劣化」を主張するが、正しくは恐らく左翼は変わっていない、劣化なんてしていないのだろうと思う。

 時代が、世界が正常化してきてて、左翼がそれに追いついてこれていないのではないだろうか。そんな実感が伴う、最近の指導者交代なのであった。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

リベラルですが、何か? (イースト新書)

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加