あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

多少まともな朝日新聞

2017-05-29 23:49:42 | 政治(安倍政権)
 朝日新聞は安倍晋三系列の政治家を叩くのが社是である。

 それは、すでにお亡くなりになった政治評論家、三宅久之氏がインタビューした朝日新聞の元主筆である、若宮啓文の台詞が本当に有名だと思う。

「(安倍を褒めるのは)無理です。何故なら(朝日新聞の)社是だからです」

 三宅証言が捏造であったとしても。朝日は今日までにその本性を証明し続けており…。森友学園や、加計学園問題に対する報道のあり方を見れば、(三宅証言は)信用に足るというか、真実としか思えないレベルであろう。尤も、森友とか加計だけじゃないけどな。

 さて。そんな朝日新聞だけど。
 とても珍しい事なんだけど、今日は安倍政権に絡んでワリと冷静な分析をしている。俺は朝日といえば朝鮮紙と同じだと思っていた。
 反日が絡めば気が狂うよう朝鮮紙に対して、安倍政権が絡めば気が狂う朝日新聞と思っていたのだ。

【朝日】加計・森友問題、それでも…崩れぬ「安倍支持」の理由
http://www.asahi.com/articles/ASK5V3PWRK5VULZU002.html

 その理由として。

 朝日新聞は「野党がショボすぎる」というのを挙げている。
 うむ。まさにその通りである。よくわかってるじゃないの。そう思ったのだけど。

 俺は最近思うのである。朝日や変態、民進党や共産党に対し、心中で「お前が言うな」とつぶやく回数が、何度増えただろうかと。

 何故、野党がこんなにもショボいのかと言えば。逆に、野党がショボくなかった時、なぜショボくなかったか思い出せばわかるのだけど。それはマスコミが強大な力を持っていたからなのだ。この記事で朝日は自分でも書いていたりする。

これまで、多くの政権が不祥事や政治の混乱で支持率を落としてきた。安倍内閣並みに高い支持を得ていた小泉内閣でも、支持率の浮き沈みは激しかった。02年1月に田中真紀子外相を更迭したときは支持率が20ポイント以上、下がった。だが、その年の秋に小泉首相が北朝鮮を電撃訪問し、支持率は急回復した。世論は敏感に評価を変えていた。

 自画自賛ウケルわ。

 結局、今の野党…まあ民進党の事だけど。連中、マスコミとワンセットだったと言える。マスコミがショボくなったからこそ、民進党が衰退したのだ。無論、民進党政権が酷すぎたってのはあるんだけど。理由はそれだけではない。

 俺には、「内ゲバ」という仲間割れのサヨク専門用語ができた理由がよく分かる。
 連中、常に人のせいなのである。自らを省みない。即ち反省しないのだ。

 今回の記事の例で言えば。加計・森友問題で安倍政権の支持率を落とせないのは、この記事が語るとおり、国民が「野党には任せておけない」と考えているだけだからだろうか。

「『安倍さんがダメ』なら『野党の内閣に代わる』というセットでみる。そこまででなければ、今の政治を否定しない。民間で言えば、多少の損失が出ても会社をつぶすわけにはいかないという状態に近い」それを裏づけるように、安倍内閣を「支持する」人に、その理由を選択肢の中から選んでもらうと「他よりよさそう」が半数を占める。「政策」の2割を引き離し、最も多い。

 違うだろう。本来、朝日や変態は、不甲斐ない民進党の隠れ蓑の役割分担だったはずだ。不甲斐ないのは民進党だけではない。マスコミも不甲斐ないはずなのだ。

 そうして、自分の責任を認めようとせず、他人を責めて、自分の都合ばかりを優先する連中は、「何を人のせいにしとるねん。お前らかてダメダメやんけ」と、当然ながら内輪相手にエンドレスで罵り合う。それが内ゲバなのだ。

 ひとのせいばかりにする人の活動は不毛だ。

 安倍政権の支持率が落ちてこない理由については、朝日新聞にしてはなかなかに鋭い指摘だったように感じるが、結局、俺は「マスコミが流す情報を視聴者が簡単に信じてくれなくなった」という事も大切だと思う。
 で、これをマスコミが書けないうちは、マスコミの未来は明るくなってはいかないのではないかな。

 そう簡単に国連特別報告者の台詞を記事にしても、信用されなくなっているのもそう。国連特別報告者の発言をうけ、まるで国際社会全体が、日本を糾弾しているかのような雰囲気をかもそうとしているのに、もう最近は連中がごくごく一部のアホ共である事が周知になりつつある。

 こんなんもすぐ報道されちゃうしな。

【読売】慰安婦問題で国連総長「日韓合意で解決すべき」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20170529-OYT1T50048.html

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

UDF きれいなジャイアン(ノンスケール PVC製塗装済み完成品)


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

慰安婦問題のターニングポイント

2017-05-25 23:30:45 | 政治(安倍政権)
 昨日、ウチでは別に慰安婦問題を扱っていたわけではないのだけど。
 慰安婦問題の潮目が変わったのはいつだっただろうな?という趣旨のコメントがついてて、そう言えばいつだったかなあと、興味を持った。

 この名無しコメントさんである。

Unknown (Unknown) 2017-05-25 10:15:51
つい数年前まで、日本の保守派の歴史研究者やジャーナリストの多くは「慰安婦問題はもう日本の負け戦。出来るだけ触れずにやり過ごすが吉」と考えていた。秦郁彦氏ですらそうだった。2013年、橋下氏が慰安婦問題について発言し大きな話題になったが、発言の概略は「当時慰安婦は合法。適切に扱われていた。韓国を含む世界中に慰安婦制度は有った。日本だけが非難されるべきではない」
当時の自分は、「ああもうややこしくせんといて、また非難が蒸し返されるだけなのに」という気分と「いや、現職政治家のめちゃ率直な発言面白い!ひょっとしてなにかが動くかも」という期待の両方を感じた。4年後の今、慰安婦に対する認識は国内で大きく変わり、国外(主にアメリカ)でも変化しつつ有ると感じる。こんな風になるとは思わなかったけど、あの橋下発言が潮の変わり目だったような気もする。

 俺も確かに、橋下の発言は「いらんことを言いよって」的な感想ではあったのだけど。それは、これまでの腐った日本の外務省のような「慰安婦問題は負け戦だから、嵐が過ぎ去るのをおとなしく待つべき」とかいう想いからではなくて。
 あれは韓国人による日本人種差別だと、もっとはっきり主張すべきだという想いからであった。論点がずれてたんだよ。橋下のあのやりようでは、味方をしてくれる人が次々現れて、さらに橋下自身も日和らず、折れず、貫きとおす必要があって、それは当時ものすごくハードルが高かったと思うのである。正直かなりハラハラしていた。

 …話がそれちゃったな。話を戻すと。確かに橋下発言は一石投じた可能性はあるけれども、潮目を変えた出来事ではなかったように思う。

 やはり、慰安婦問題で決定的に潮目が切り替わったのは、2014年、朝日新聞が慰安婦報道を誤報と認めた事であろう。アレは間違いなく決定打だった。
 そして、朝日新聞が慰安婦報道を誤報と認め、大々的に訂正報道を行った理由は、2012年に始まった安倍政権が要因であった。なんせ安倍総理は、河野談話の検証を大々的に始めたのである。このままいけば、朝日新聞の悪行が、朝日新聞の仇敵、安倍晋三の手によって明るみに出てしまう。安倍叩きは社是だからやめるのは無理と言い放った論説がいる朝日新聞である。これは耐え難き事態であった為、そうなる前にいっそ自分から…という感じになったのだ。

 と、言うわけで俺は、慰安婦問題の潮目が変わったのは、安倍政権の河野談話検証からであろうと思う。

 無論、河野談話検証可能な世論状況になっていた事も要因に数える事はできるだろうが、それは勿論、この時誕生した第2次安倍内閣が強大な政権であったからで、では、なぜ第2次安倍内閣が強大な政権になれたかと言えば、その前の民主党政権が有り得ないほど愚かだったからで、ではなぜ民主党政権があんなに愚かだったのかと言えば…と、きりがなかったりする。

 歴史ってのは連綿と続いており、ターニングポイントにもなんらかの複雑な要因がする。

 そんな中、俺はやっぱり、強大な政権与党の総理の発言ってのは、歴史を形作る事のできる、重要なシロモノなんだろうと思うのであった。

 ちなみに。俺は今現在の日本の韓国嫌いについて。
 源流は何かなと問われれば、「嫌韓流」だったのではないかと思う。

 そう考えれば、慰安婦問題がここまで日本に有利に展開できている最初の源流は、嫌韓流の発売だったのかもしれない。

 いずれ何かのタイミングで、嫌韓流は教科書で紹介されるような書籍と…なるかもしれないな。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

マンガ大嫌韓流 (晋遊舎ムック)


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

偉大なるチャ

2017-05-24 23:58:24 | 特定亜細亜
 産経は最近、本当に韓国の分析が納得のいくものに変わってきている。
 今回もなかなか、他紙では見られない良記事であった。

【産経】韓国が見捨てられればうまくいく? 文在寅大統領と付き合う心構えとは…
http://www.sankei.com/politics/news/170524/plt1705240001-n1.html

 結構な長文記事なので、まあいつもなら要点をまとめるのだけど。
 今回は部分部分で面白かった部分をチョイスしてみよう。

 まず、キモとなったのは、米ブッシュ大統領時代、日韓に対する外交を担当したビクター・チャ氏について。ブッシュ政権当時としては、彼の考え方は画期的で。以下の台詞が実に秀逸。まさにその通りであろう。

米国のプレゼンスは『無責任という自由』を助長しているといえよう。そのために両国、特に韓国には理性的かつ建設的な方法で対日関係にアプローチしようとする動機が弱く、両国間の反目を内政に有利に利用しようとする傾向が強い

 つまりね。「米国が日韓に接近すると、韓国は「見捨てられる恐怖」が薄らいで、積極的に協力しなくなるんだよ。で、米国が気を使ってくれる事をいいことに、それを利用して日本を貶めようとする」って主張してるんだね。チャ氏は。
 実際、ニクソン大統領のニクソン・ショックの頃とか、在韓米軍の縮小を開始したカーター大統領の時代には日韓は接近し、レーガンやオバマの時代に米国が特亜情勢に関わってくると、日韓では歴史認識問題が発生する。
 「無責任という自由」とは、本当に的を射ている。

 で、それでも産経は、チャ氏の論旨だけでは韓国の行動は説明できないって言うんだよ。

ただ、チャ氏の議論は冷戦時代の日韓関係の分析を基としている。冷戦後も同じメカニズムが日韓関係に働いているとは言い切れない。

 韓国の戦略的自立を目指した盧政権時代、米政府は盧氏の要求を上回る形で米軍の関与を低下させた。(中略)それでも盧政権は対日関係改善に動かなかった。チャ氏の議論とは矛盾する。

 で、これを補足する論旨として。産経は「対抗と追従」という説明をする。
 この論旨は、国際政治学のケネス・ウォルツ氏の『国際政治の理論』である。

中国は朝鮮戦争で北朝鮮側に立って戦った韓国の旧敵国だ。とはいえ、米国から「見捨てられる恐怖」を感じた韓国が、北朝鮮に影響力を持つ経済・軍事大国である中国に接近することで、自国の安全を確保しようとする力学が働く。

 自国では対処できないほど隣国の国力が増大したり、大きな脅威となったりした場合、国家は大きく分けて2つの選択肢を持つ。1つが軍備増強や同盟形成により隣国に対峙する「バランシング(対抗)」であり、いま1つは隣国にすり寄ることで安全を確保する「バンドワゴニング(追従)」だ。

 ここらへんが、産経の主張が間違っていると感じるところと、同時に面白いところなんだけどね。
 続きを紹介してみる。

国際政治学の大家ケネス・ウォルツ氏(1924~2013年)は『国際政治の理論』で「指導的地位をめぐる競争においては、バランシングが理にかなった行動となる。なぜなら、ある連合が勝利すると、勝った連合の中の(バンドワゴニングした)弱い方の構成国は強大な構成国のなすがままになってしまうからである」と指摘している。

 よーするに産経は、ウォルツ氏の論旨によれば、韓国は常識的ではないという結論に持っていきたいのだ。そして、最終的な結論も、俺と同じ。「日本は、韓国を適度に見捨てられれば、万事うまくいく」のである。産経記事のタイトルの通り。

 な?面白い記事だろう?まるで俺のブログ記事のようなんだよ。この産経の記事。
 でも惜しい…。前述した通り、産経はチャ氏の論旨に矛盾があるので、ウォルツ氏の論旨を拝借するというのだけど。

 チャ氏の論旨だけで矛盾なく説明できていると思うのだ。無論、ウォルツ論のような、国際政治的行動で、韓国が「非常識な」追従を選んでて、常識的ではないのは間違いではないのだけど。

 韓国にとって、米国も中国も、儒教的に絶対に逆らってはならない兄貴分なのである。そして、日本も米中には絶対に逆らってはならない境遇であると感じているのだ。
 そんな中、上記例で言えば、盧武鉉大統領の頃、米国は韓国から距離をとったのに、日韓関係は悪化した。チャ氏の論旨で言えば、ここは日韓の絆が深まる部分ではないのか?という話なんだけど。
 なんの事はない。米国の抜けた穴を、韓国にとっては同レベルの兄貴分である中国が埋めているので、日韓関係は悪化したのだ。むしろ中国が接近したが故に。
 要するに、彼の国の行動は常に「虎の威を借る狐」なのだ。他人の褌でなければ常に相撲がとれない。

 米中が韓国にとって同レベルの存在であるならば。チャ氏の説明で完結できるのだ。
 米国の抜けた穴にすっぽり中国が収まっていれば、韓国は「見捨てられる恐怖」を抱かない。前回は米国の威を借る狐。今度は中国の威を借る狐というわけだ。

 そして。米中から見捨てられ気味になって現在、韓国はやっと「見捨てられる恐怖」を感じるようになってきた。なので、韓国は今、日本に必死になって接近してこようとしているわけである。

 んでね。
 ここからが、産経とは違う意味でチャ氏の論旨が矛盾するのだけど。
 韓国が接近してきても。日韓関係がよくならないのである。

 日本人が、かなり全体的に、韓国が嫌いになってきている証左なのである。チャ氏は、日韓の関係がこんなんになるとは、当時想像もできなかったに違いない。

【産経】慰安婦合意。「新外相が良案出す」と韓国高官
http://www.sankei.com/world/news/170524/wor1705240060-n1.html

 こんな事を言われるとなぁ。時すでに遅しなのに、まだ韓国は日韓関係に亀裂を入れ足りないのかと思ってしまうな。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション(早期購入特典:特製フィルムしおり付き)


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

悪いのは犯罪者

2017-05-23 23:14:22 | その他
 朝やってためざましテレビの「ココ調」が、案の定叩かれていた。

推定20代女子たちが疑う!痴漢に間違われやすい行為ランキングがヤバすぎるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
https://hitomi.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1495409806/

 まあ、別にランキングは(思ったよりは)酷くないのだけど。
 一応、紹介されていたランキングも紹介しておこうかな。TOP3。

1位 下に置いてあるカバンを持ち上げる行為
2位 カバンを持つ手を替える行為
3位 電車が揺れた時に足の間に自分の足が入ってしまう行為


 で。その1位のカバンを持ち上げる行為の恣意的な映像が流れて…。


 ここからが酷いんだけど。

 映像を見てた女性10人に、アウトかセーフかを判定してもらうわけなんだが。
 ここで4人、アウトなのだ。


 何が酷いって、この女性たちが酷いというよりも演出が最低。
 女性たちは、自分の感性に従って、せいぜい「これはいやらしい。嫌だな」の臨界点が超えて、「アウト」と言ってしまったのだろうが。


 このアウトとセーフの境界には、男性の社会的生命の成否がかかっているのだ。
 母数はすこぶる少ないのだが。乱暴な物言いをすれば、トップ3すべてが不可抗力である可能性がかなりある男性の動作を見て、不愉快だからと犯罪者認定してしまった女性が4割もいるのである。

 無論、この「アウト」を選択した女性たちには、「この再現映像の行為を行ったヤツは痴漢であり、犯罪者である」と深刻に判断したわけではなかろうが…。

 このテレビの演出「男性に脅威を与えるには十分なシロモノ」だろう。

 こーゆー時、思うのである。もし、性別が逆であるならば。空恐ろしいほどにバッシングされるだろうと。
 ブッサな女性による、イケメン男子への痴女行為を、この放送作家は同じ演出できるのか?あの映像に出演していたゲストの女性やらレポーターのように、終始笑顔でその企画をやりきれる?

 間違いなくドン引きでキチガイ臭がすごいであろう事が簡単に想像できてしまう。

 俺は、その点だけで見ても、暴論かもしれんが女性よりゃ男性の方が理性的だと思う。

 別に、女性がみんな、男性目線で見ればキチガイ…みたいな事を言っているわけではないので、お間違えなきように。

 痴漢云々ではなく。悪いのは犯罪者なのである。
 痴漢する男性も、痴漢冤罪詐欺をする女性も犯罪者。男女の話ではなく、本来は犯罪者が悪い。

 ただ、男性と女性を比べると、明らかに女性犯罪者優位なのは事実で。

 女性犯罪者>男性犯罪者≧マスコミ>一般人

 …だと思わない?反論を恐れず述べてしまえば、俺の認識はこんなんなんだけど。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

めざましテレビ めざましくんTシャツ ネイビー Sサイズ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

共謀罪を説明不足と感じている人々が多すぎる

2017-05-23 00:24:17 | 政治(安倍政権)
 毎度、みんながマスコミの事を嘘つきと表現するたびに、俺は連中が本当の事を言っていないだけで、嘘なんぞついていないと主張するのだけど。

【東京】「共謀罪の説明不十分」77% 反対41%、賛成39% 共同世論調査
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201705/CK2017052202000119.html

 それは、いくら信じがたい世論調査結果であっても同じである。
 が…恣意的にコントロールぐらいはしているだろうなぁと感じるのだけどな。どこのアンケかと思えば、共同通信であった。

 まあ、正直信じがたいほどの、「共謀罪説明不十分」率なんだけどさ。
 じゃあ、アレのどこがよくわからんのだろうと思わないだろうか。とてもわかりいい法律だと思うのだけど。

 これは、要するにマスコミや野党の尽力の成果だと思う。
 つまり、共産党系とかが「居酒屋で上司の悪口を言っただけで逮捕される」とか「何かの反対派集会やデモに参加するだけで逮捕される」とか、そーゆー明らかなデマを流して、そこが明確に様々な媒体や政府自身によって否定されているにも関わらず、

「解釈を変更すれば逮捕することは可能だ!」

 とか何度も何度も連呼し、主張が平行線の為、人によっては意味がわからなくなっているだけなのである。

 1+1は2だ!と主張している人が1人いたとして。周囲で可能な限り人を集めて「1+1なんて嘘にきまっている!」と大人数でわめき続けていれば、1+1は実は2ではないのかもしれないと疑う人も出てくるのだ。

 そーゆー戦略の元、共同通信の世論調査では共謀罪の説明が不十分であるというアンケート結果が出てしまっている。と、俺は思っている。

 ちなみに。これも俺が毎度主張している、最も信頼のおけるアンケートをやってる時事通信のアンケート結果を紹介してみようか。

【時事】内閣支持微減、51.3%=「共謀罪」提出に賛成6割超-時事世論調査
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031700883&g=pol

 どうしてこれだけの差が出るんだろうな。
 正直、共同のアンケがもし本当にまっとうな調査結果なのであれば、世論調査で解答した人がアホばかりであったとしか思えない。あるいは、共謀罪の恐怖を煽ることを目的として、あえて政府に説明不足を突きつけているように感じる。

 反対派の意見を聞いて、その上で政府の説明を聞いてみるがいい。
 反対派の連中が、どんな説明であったとしても、納得していない事がよくわかる話なのであった。

 まあ、特定日本人共が反対しまくってるのはわかるんだけどな。
 犯罪計画たててる自覚があるわけだしな。共産党のビラとかを見てりゃよくわかるわ。

 

 

 自分たちの行いを、できるだけソフトに変換して酷い法律に見せかけようとしてるだけだものな。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

余命三年時事日記 共謀罪と日韓断交 (青林堂ビジュアル)

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

アホな北朝鮮…

2017-05-22 00:33:01 | 特定亜細亜
 正直、最近の米国の様子には、落胆を禁じ得なかった。

 北朝鮮への単独制裁も辞さない覚悟…つまり軍事制裁をちらつかせていたにも関わらず、なんの進展もないままに、いつの間にか周辺諸国との協調をベースとした北朝鮮への説得がメインになってきつつあったからだ。

【産経】米国防長官、北朝鮮攻撃は「悲惨な事態に」 外交解決を強調
http://www.sankei.com/world/news/170520/wor1705200025-n1.html

 勿論、俺も軍事オプションは外交的失敗の産物であって、悲惨な最終手段だと思ってはいるのだけど。
 あまりに相手が馬鹿な場合で、もはや最終手段もやむを得ないという時点からであれば、話は別だ。
 この時点でいきなり外交的解決を言い出すのは、馬鹿を増長させるだけなのだ。

 仮にここで北朝鮮が核開発をやめるフリをして、北朝鮮の望みどおりに経済支援を行ったとすれば、それは間違いなく核開発費に回されてしまう。
 言わばカイジやアカギの世界で言う「勝ったら倍プッシュ」な感じであろう。

 これまで、この毎度おなじみのパターンで北朝鮮は先進国から外貨を獲得しており、経済制裁を強化したとしても、まるで日本の生活保護制度のように、中国がちまちまと最低限の生活を北朝鮮に保証し続けているので、まるで意味をなさずに日本の拉致被害者のみなさんは、ずっと何十年もの間、果たされぬ想いを胸に抱き続けてきたのである。

 はっきり言って、北朝鮮にもはや「言葉」は通じない。あそこは獣の国だ。

 だからこそ、事態を打開できそうなトランプ政権の動きには少なからず期待していたのだが…。「北朝鮮攻撃は悲惨な事態にしかならん」とか、何を今更当たり前の事を…と思って俺は本当にゲンナリしたのであった。

 通常、ここで北朝鮮が対話のテーブルにつけば、かなり自国(北朝鮮)に有利な展開のはずなのだが。

 北朝鮮という、所謂「朝鮮民族」の特徴は、「溺れる犬は棒で叩け」なのである。即ち「弱みを見せた人間は限界まで追い詰めるべし」なのだ。それが、朝鮮民族のこれまでの成功体験の証であり、自分たちが中国からやられて絶大な効果があった方法なのだ。
 そして、日本に対しても実施して、なまじ日本の地力がとんでもなかったが故に、アホみたいに搾り取ってもなお、あまりある日本の財力で、ついには「漢江の奇跡」なんて呼ばれるすざまじい経済成長を遂げるのである。韓国の事だけど。

 だが。朝鮮民族はアホなのであった。2chでは「我々の予想を遥かに超えてほんのちょっと右斜上をいく」なんて揶揄されるのには、やっぱりそれ相応のワケがあるのだ。

 まさかここでもう一度ミサイル撃ってるたあなぁ。

 すげぇわ。日本で、「日本は敵国である!金正恩同志マンセー!」なんつってる日本の総連連中、在日は今頃、金正恩のこの仕打に対して、「バ、バカー!!」とか叫んでるかもしれんな。

【産経】高度560キロ、500キロを飛行 2月発射と同型か 地上配備型SLBM、短時間で発射の個体燃料を導入
http://www.sankei.com/world/news/170521/wor1705210051-n1.html

 これに、まずは安倍総理が反応。

 でもって、トランプ大統領をアホな子扱いして、北朝鮮との妥協の道を探ろうとしてくれたティラーソン米国務長官は「落胆」したそうである。そりゃ落胆するわ。

【共同】米国務長官、北朝鮮への失望表明
https://this.kiji.is/239017580030197765?c=39550187727945729

 短絡的かつ個人的感想としては。朝鮮人らしいなぁと思ったのであった。
 まさに弱みを見つけたらとことんである。その性癖が、自分たちの歴史的境遇を形作っている事に、気がつかないのだろうか。

 だから、ただ思うのである。ああ。アホだなぁと。


P.S.
 日本が各国と協調して北朝鮮を相手にするしかないのは、9条がある為にそれしかできないので、当然だよ?だってそれしかできないんだもの。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

余命三年時事日記 共謀罪と日韓断交 (青林堂ビジュアル)

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

共謀罪雑感

2017-05-19 23:32:06 | 政治(安倍政権)
 本日、共謀罪が成立。

 やはり、一番気になっていたのは、ヤツである。

 ▼小西ひろゆき…!
 

民進党・小西ひろゆき議員の亡命先は4ヵ国のどこ?アンケートが一晩で15,000近い投票を集める
http://www.buzznews.jp/?p=2108446

テロ等準備罪法案について民進党の小西ひろゆき議員が「成立したら本気で国外亡命を考えなければならなくなると覚悟している」と発言していた件に関連して(以下略)

 さあ。どこ行くんやろな。まあ、結局嘘をついても平気な特定日本人なんだから。どこにも亡命なんぞしないのだろうが。政治家が全世界に向かって宣言した事なんだから、守ろうよ。とりあえずは日本人ではなくなるのだから、国会議員は辞職しような。そもそも自分の身が危うくなったら国外逃亡するとか冗談でも抜かすヤツに国会議員の資格はない。国民の為に活動するのが政治家ではないのか。このクズ野郎。

 ちなみに。彼は共謀罪が嫌で亡命するわけだから。共謀罪がない国へと亡命するしかない。なので、以下の11カ国に絞られる事になると思われる。

 出典はネット。通称「髭の隊長」自民党議員、佐藤正久のこのツイートから。
 外務省資料で、昨年12月時点での事だそうな。

https://twitter.com/satomasahisa/status/805918619863433216

 まあどうでもいいや。まずはとっとと辞めろ。話はそれからだ。

 さて。共謀罪なんだけど。すでにみなさんご存知だろうが、これを成立させないと、国際組織犯罪防止条約を締結できない。つまり国際的な集団的防衛体制に入ることができないのである。
 なので、東京オリンピックの開催国として、この法律は必ず通せねばならない法律なのだ。現在民主党政権であったとしても、これは通されていた事だろう。
 とすると、今よりずっと国会運営はやりやすかったかもしれないな。誰も反対しないだろうし。共産党ぐらいかなぁ。反対すんの。

 で。この法律は共産党やら民進党やらが「平成の治安維持法だ!」とか言って、「一般人を検閲して逮捕し放題のディストピアになる!」とか喚いていたのだけど。

テロ等準備罪、衆院法務委で可決 23日通過へ 野党は猛抗議
http://www.sankei.com/politics/news/170519/plt1705190026-n1.html

テロ等準備罪の対象犯罪は277で、適用対象をテロ組織や暴力団、詐欺グループなどの組織的犯罪集団に限定した。構成員が2人以上で犯罪を計画し、うち少なくとも1人が現場の下見などの準備行為をすれば、計画に合意した構成員が処罰される。

 この通り、あくまで「対象犯罪277例の準備を行った構成員も逮捕される」という法律で。内訳は以下の画像の通り。



▲【図解】【図解・行政】「テロ等準備罪」対象犯罪の内訳(2017年3月)
http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_seisaku-houmushihou20170321j-01-w400

 犯罪をするように仕向けたアジテーターが逮捕されずにのうのうといつまでもトカゲのしっぽを切り続けて同じことを繰り返せるのを取り締まる事ができる。すばらしい法律である。真っ当に生きてりゃまず共謀罪なんぞで逮捕される事はない。

 むしろ先日、辛淑玉とかが「高齢者の支持者のみなさんは体張って逮捕されてください!私は集金頑張るから!」てな事を言っていて、実際高齢者が逮捕されたりしてるので、辛淑玉とかのような卑怯な沖縄活動家連中は実にギリギリであろう。あと、アジるだけアジって逃げ足だけは早い、通称「四列目の男」とか「ゼロ戦」とかいう異名を持つ菅直人とかも、逮捕できるかもしれん。

 むしろだからこいつら共産党系活動家共は、ここまで真摯に反対し続けていたのだ。
 つーかね、慌てて亡命とか言い出すこにたんみたいなヤツ、怪しいと思うよ。こいつ本当にこれまで、犯罪を侵すように誰かを煽った経験があるんじゃないかな。少なくともそう思われても仕方がない言動だよね。

 というよりも、「これからはアホな支持者を使って犯罪を煽ると俺らまで捕まってしまうかもしれん」という抑止力のために成立させたようなもんではないかと思う。

 これで、沖縄とか北海道とかの共産党系活動家共を煽ってた政治家が途端に静かになったら笑うしかないよな。

 自分の身が可愛い、アジる事しかできない連中はマジで涙目だよなぁ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

余命三年時事日記 共謀罪と日韓断交 (青林堂ビジュアル)

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

二階なんて必要ない

2017-05-17 23:07:00 | 政治(安倍政権)
 二階は確かに仕事をしていると思う。
 今日も産経の記事を見て、そんな事を思った。

【産経】日中パイプ役に徹した二階俊博幹事長 AIIBで親中ぶり発揮
http://www.sankei.com/politics/news/170517/plt1705170015-n3.html

 確かに、中国外交において、自民党の重鎮でかつ親中派最後の大物である二階を送り込めば、麻生&安倍が中心となった日本の政界に確たるパイプのない中国は大歓迎である。
 さらに、以前拙ブログにおいても主張したが、如何に二階であっても、親中・親韓の肩身が狭い自民党内においては十全に力が発揮できない故、「重鎮」として飼っておく事に意義がある…というのも、正直わからないではない。

 が…。
 不愉快な事は不愉快なのである。
 今回も、二階は訪中してAIIBに日本が参加する事をアピールしている。

ただ、二階氏には政府の方針と異なる発言をする懸念もあった。二階氏は15日、同行記者団にAIIBへの日本の早期参加が必要との考えを示した。

 安倍や麻生は、二階の発言について、以下のような釘を刺しながら、「二階の言っている事は我々の言っている事と同じだ」と語っているけど。

首相も15日のインタビューで「公正なガバナンスが確立できるのかなどの疑問点が解消されれば」との前提で「前向きに考える」と語った。「運用を注視する」とも述べ、日本同様に不参加のトランプ米政権と共同歩調をとる方針だ。
 菅義偉官房長官は16日の記者会見で「運用を注視していくことは全く変わらない」と語り、麻生太郎副総理兼財務相も記者会見で、首相の発言は「われわれが言っていることと全く同じ」と語った。

 同じワケないわ。
 二階は、在韓日本大使の帰任問題についても「日本大使をなぜ韓国から一時帰国させる必要があったのか」と日本政府を批判したし、慰安婦問題で理不尽な態度をとる韓国に対し「放っておいたらどうか」と突き放すようなものいいで、実は「自由に日本を批判させてあげてください」と主張していた。
 それどころか、今回の訪朝で中国を米国なき後のTPPに参加を誘ったりもしているのである。ありえないわ…。

 とにかく邪魔なのだ。獅子身中の虫とまで言わないが、とにかくウザい。

 ただ、安倍政権の目線からすると、二階の発言というものは、ネットの反応なんかを見てる限り、とても言うとおりにはできない。結果として二階の発言は安倍政権にとって「観測気球」のような役割を果たしている。

 立派に役にたっているように見えるんだけど…。俺はそんな事はない。結果論だと思うのである。そもそも、今回の訪中の件にしても、大義名分として

極めつきは習氏との会談だ。同行筋は「中国と太いパイプを持つ二階氏でなければ習氏との会談は実現しなかった。今回の会談は北朝鮮への強いメッセージになる」と語る。

 てな事だったそうだけど。
 国連が役に立たない故に米国が単独制裁の話をしているのに、今更中国に取り入る意味がどれだけあるというのか。
 実は、二階のようなヤツはいらんのではないか…そんな風に思うのである。

 だいたい、日本との関係を維持したいと思っているのは中国や韓国の方なのだ。
 二階のような親中派でなければ、習氏との会談を望めないと、まるで日本が困るような言い分だけど、プライドとかメンツが邪魔をして、親中派でなければ日本の政治家とは会談すらできない中国の方が困っている話ではないか。

 中国や韓国とは、関わる時間が短ければ短いほどいいのだ。そうは思わないか。

 これは、憶測になるんだけど。そんなの安倍や麻生は知っているかもしれないと思う。自民党内には、決して無視できる数ではない、二階のような男を支持する親中派がいるのだ。
 結局、政治は数が力で、親中派からも重用しないと、自民党の分裂の要因になってしまうのかもしれない。
 そんな配慮からの、二階重用なのかもと。俺はそんな風に思っているのであった。憲法改正が実現するまでは、結集は重要だと、我慢しているような気がする。

 でも…。例えば改憲についても。若い連中の方が前向きで、年寄りになればなるほど改憲に反対の傾向が強くなっている。
 部数をぐんぐん落としてる筆頭の朝日新聞みたいなのは、読者が年寄りばかりになってきているのだ。

 俺は、そのうち二階クラスの親中派なんて呼ばれるセンセ方はいなくなるのではないかと思う。民主党時代の超特亜寄りの時代から、思いもよらないぐらいの速度で、日本は脱亜化してきていた。意外と、二階の目が黒いうちに、中韓と日本の間には、もう修復不可能なぐらいの断絶が…

 生まれてほしいものだよなぁ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

永田町知謀戦 二階俊博と田中角栄


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

韓流グループがまたまた日本で大人気

2017-05-16 23:30:28 | 国内の事件
 TWICEという、韓流グループが今、日本で人気だと言う。

 誰?と思った。こーゆー時はとりあえずGoogleトレンドサーチする事にしている。俺はエンタメはぜんぜん駄目なのである。

 まずは単独検索。単独検索の場合、注目すべきは「地域別のインタレスト」だ。

指定した期間において、該当のキーワードの人気度がどの地域で最も高かったかを表示します。人気度の値は 0~100 です。100 の場合はその地域ですべてのキーワードに比較してそのキーワードの人気度が最も高いことを示します。50 の場合、同じ地域内で比較して、その地域でそのキーワードの人気度が半分であることを、0 はその地域での該当のキーワードの人気度が、最も高かった地域の 1% 未満であることを示します。

 と、言うわけでTWICEが相対的に最も人気が高かったのが台湾であった。
 1位台湾、2位フィリピン、3位シンガポール…。

 日本のテレビでこのグループが「今大ブームの韓流アイドルグループ!」と紹介されても、誰もわからないのは無理もない。
 日本の地域別インタレストは26位であった。韓国でも20位。
 それならば。ZIPが街頭インタビューで、血眼にならないとファンが発見できないのもうなずけた。

 実は、誰かが撮影したのか、こんな出処不明の写真が出回っているのである。

 

 俺の認識において、大人気のアイドルについて質問する目的での街頭インタビューというものは、「TWICEって知ってますか?」とか無作為に聞いて、一般人に「えー。知らんわ」「え?知らんの?結構有名やで?」とか言わせるものを言う。

 間違ってもプラカで「TWICEのファンを探してます」とか掲げない。そうしないとファンが見つけられない段階で、人気なんてなかろう。

 と、言うわけでもう1つ。今度はレコチョクのシングルダウンロードランキング4月を確認してみる。今度はトップ50にすら入っていねぇ。

https://recochoku.jp/ranking/single/monthly/

 ちなみに、ニュース検索をかけるとこんな記事が出てくる。

【Kstyle】TWICE、新曲「SIGNAL」音楽配信チャートで1位総なめ&MV再生回数が600万回を突破…海外でも大ヒット中
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2070087

 しかし、記事本文を読むと…

昨日(15日) 午後6時に発売されたTWICEの新曲「SIGNAL」は、今日午前8時、MelOn、genie、Mnet、NAVER MUSIC、Olleh Music、Bugs!、Soribadaなど7つの韓国の音楽配信チャートで1位を獲得した。

 韓流限定の配信チャートでトップ獲ったという内容だったり…

海外でも人気が高い。新しいアルバム「SIGNNAL」は本日(16日) 香港、シンガポール、台湾、タイ、ベトナム、フィリピン、マレーシア、インドネシア、マカオ、ケイマン諸島、ブルネイ、パナマなど計12ヶ国のiTunesアルバムランキングで1位になった。


 とこんな感じで有名所のチャートでは「日本で人気」とかいう言葉は出てこない。
 最初に調べたGoogleのトレンドサーチ、「地域別のインタレスト」が正しかった事が証明されただけである。地域別インタレストでは台湾、フィリピン、シンガポールでの感心の高さが見て取れたが、台湾、フィリピンではiTunesのアルバムランキングで1位になっているようだし。

 ZIPやめざまし、Rの法則なんかでは、今でも韓流については「日本で大人気」って扱いなんだけど。正直デタラメもいいとこではなかろうかと思っていた。

 でも、俺はご存知の通りエンタメについては完全に門外漢なもんで。「また韓流ごり押しを続けとるんか…こいつらしつこいなぁ」とか、内心で思うに留めてたんだけど。
 俺が知らんだけで10代とかでは本当に流行ってるかもしれないし。

 少なくとも、TWICEはないわ。韓流ゴリ押し健在だったわ。
 冬のソナタが本当に爆発的に流行って、韓流コンテンツが一気に増えた時期があったけどさ。あの頃は、韓流コンテンツは安かったし、商業的にテレビも韓流を使いたくなる気持ちも、理解できなくはなかったんだけどさ。

 今は…。使えば確実に視聴者離れを起こしかねないほど、悪印象だと思うよ。
 なんで、そんな無駄な韓流販促をいまだにやっとるのかなぁ。理解できないわ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

4thミニアルバム - Signal (ランダムバージョン) (韓国盤)

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

バカは死ななきゃ治らない

2017-05-15 23:15:02 | 特定亜細亜
 今回、どれぐらいの確率で、北朝鮮は軍事制裁を喰らうと思うだろうか。

 まあこれは俺の多分な願望も含まれているのかもしれないが、8割方、軍事制裁を喰らうのではないかと思っている。

 北朝鮮は、国際社会を舐めすぎている。

 基本的に、国連が絡めば北朝鮮が軍事制裁を食うことはない。国連常任理事国である五カ国が決議の際拒否権を持っているからだ。北朝鮮に対する軍事制裁を、中露は反対しないまでも、絶対に賛成しないであろう。

 ところが、今回米トランプ大統領は、国連決議に囚われず、単独制裁を示唆しているのである。もし、これでまだ北朝鮮がミサイル開発を継続し、挑発的行動を繰り返すのであれば、国連の制裁では効果がないと言っているようなものなのである。

 無論、経済制裁と軍事制裁はその毛色が異なる。経済制裁という名の兵糧攻めは、最終的には軍事制裁よりも苛烈な結果を招くかもしれないが…。親北朝鮮である韓国や中国からの援助は完全に途絶えたりしないだろうし、補給経路が残っている籠城なんぞ、終わるわけはない。

 今回米国は、北朝鮮に何らかの結果を求めている。そして、その決着がつかなければ、米国は振り上げた拳をそのまま北朝鮮に叩きつけるしかなくなるのである。

 そして、北朝鮮や韓国は、俺が長年ウォッチした限りでは、完全に卑屈なまでに屈服するか、相手を骨の髄までしゃぶり尽くすかの二択しかない民族的特徴を持っている。
 最初ペコペコしてる韓国企業が、ある一定の地位についた瞬間態度を豹変させて強圧的になるなんて話は、日本のビジネスの上では有名な話だったではないか。

 で、北朝鮮は今、懸命に米国に屈服しない方針で踏ん張っている。
 ミサイルによる恫喝外交は愚かだが、北朝鮮にしてみれば栄光か屈服かの二択なのである。もう、周辺のどの国から見ても、北朝鮮はやりすぎているのに、米国が完全屈服しないかぎり、恫喝は終了しない可能性が高い。慰安婦問題で韓国がムービングゴールポスト的にエンドレスで日本に恫喝してくるのと、ホントよく似ている。実に愚か。

 その上、北朝鮮はGDPの20%近くをミサイル開発に計上していると言われている。それを完全にやめるとなると、日本でいうなら投資と政府支出が一気にゼロになるぐらいのインパクトがあるのである。
 それは、平たく言えば北朝鮮に「滅びよ」と言っているようなものである。
 そりゃー…ミサイル開発はやめねぇわ。

 もし俺が金正恩だったとしても、多分ミサイル開発はやめられないだろう。それによる失業者や、国内経済の落ち込みは空前絶後であり、想像を絶する。
 なので、俺(金正恩)は無用な挑発などせず、淡々と、国際社会から孤立しながらも軍事開発を進めていくのではないかと思う。長距離弾道ミサイルや核開発は極秘である。地下核実験なんぞやって地震波とかで探知されても、シラを切り通すであろう。

 今回のような単独制裁を主張するようなタカ派、トランプ政権で、かつ自らがミサイル恫喝を繰り返すような事がなければ、そうそう北朝鮮は軍事制裁なんぞ貰わない。中露に守られて。

 北朝鮮の、いや金正恩のアホなところは、ミサイル開発をやって、米国に「やーいやーい。俺は核開発も弾道ミサイル開発もやめてねーよ!?お?お?攻撃してくるつもりなん?やってみろや!」と、ぶんぶん蝿のようにうっとおしく挑発を繰り返している事である。

 冗談抜きで思う。死にたいんだろうか。
 こんなけコケにされても、米国は動かないと。本気で思っているのだろうか。

 まあ、これをやられても動かなかったのが、これまでの日米だったわけだけどな。

 可能な限り、調子に乗り続ける。それが韓国の民族的特徴。
 昔の人は言いました…。

 きっと、バカは死ななきゃ治らない。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※いつも応援ありがとうございます!

ピンバッジ 北朝鮮 国旗 デラックス薄型 キャッチ付 朝鮮民主主義人民共和国

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加