あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

中国は米国債を吐き出した

2015-08-28 00:20:10 | 特定亜細亜
 さっき、黒マッチョニュースが「中国が米国債を売却し、急激な人民元安を抑止していた」というネタで1本エントリを書いているのを見た。

【黒マッチョ】【地  球  終  了】 中国、人民元防衛のため米国債売却へ 規模不明 1.47兆ドル保有
http://kuromacyo.livedoor.biz/archives/1822400.html

 集めてあるコメントを読むと、ずいぶんと悲観的だった。

 曰く、「米国債を売られるとアメリカはどうなるの?」「中国に戦争を仕掛けるしかなくなる」とか、「中国が米国債を売ればどうなるの?」「日本が買わされる」とか。

 アホかと。
 ちなみに、上記まとめサイトの元記事はツイッターである。
 「こんなんウソっぱちじゃ。ツイッターソースで何いっとるんじゃ」ってのもあったが、別に普通にブルームバーグとかの記事もあったりする。

【ブルームバーグ】中国が米国債を売却、人民元買い支えでドル必要−関係者
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NTQC4J6JIJV001.html

 なんでこんなに陰気なんだろう。

 

 ドルは基軸通貨である。日本が滅びない限り、絶対に破綻しない円と同じく、ドルもアメリカが滅びない限り破綻しない。米国債なんて所詮紙切れである。どうしても誰も米国債を所有しないのであれば、全てアメリカが保有する事すら可能だ。

 アメリカの法の壁によってそれが不可能なのであれば、法律を変えればいい。それだけの話なのである。
 無論、そんな事は本当に最後の手段で、絶対にやらないとは思うが、基本的にドルが原油の決済通貨である限り、信用力で言えば米軍の軍事力の事もあって、日本円を凌ぐ世界一の通貨なのだ。

 そもそも、米国債を売るのであれば対価に何かを貰っているわけだが、今回中国は現金のドルを受け取っている。ドルと米国債を交換しただけなのだ。
 ドル紙幣と米国債ってのは、利子がつくかつかないかの差しかない。両方共アメリカで発行されているものだ。

 今日も、俺は産経新聞を読んでて、多分産経のどっかの編集後記だったと思うのだけど、ちょっと元記事がどれかわからんのだが…。その編集後記の結びが、「日本経済はこのままでは破滅の道を進むだろう」みたいな感じだった。

 産経のこの記事もそうだが。何が地球終了だ。笑わせるな。

 ソフトカレンシーである人民元は、その通貨だけでは価値を担保できない。
 中国は現在自国通貨の信用力低下に苦しんでいる。故に自国通貨の下支えの為に、溜め込んでいた「信用力」の源泉である外貨準備のドルを吐き出したのだ。

 要するに、中国がもしかしたら経済的に破綻しつつあるだけの話だろう?何が悪いの?少なくとも、世界で2番めの規模の内需型国家である日本は、こーゆーネガティブイメージさえ蔓延しなければ、ほとんど影響のでない話だと思うのだけど。
 なんか、今の自分の生活で、中国が経済破綻したら困る事を挙げてみろよ。できるだけ具体的に。できるやつがどれだけいるというのか。

 そりゃ俺はできるよ。例えば中国という外需に依存するような仕事をしている人の会社はなかなかのダメージだろう。他にもいろいろあるが、それは世界が終了するようなイメージか。特に日本に対する影響は内需型な国だけあって、軽微ではないかと思う。

 中国は、ハードカレンシーの持つ特権的な通貨のパワーを手に入れつつあった。

 それは、中国が自身の現状を予測し、急いで手に入れようと躍起になっていたものだ。そう。AIIBの事である。

 

 惜しかった。もう少し、中国は自国の破綻が近い事を隠しおおせれば、もしかすれば人民元のハードカレンシー化は成ったかもしれない。俺は正直ちょっと危惧していた。

 でもって、それが成っていたならば。日米のように他国の様子を伺って通貨発行に消極的にならず、最大限に無尽蔵にその特権を使っていただろう。恐ろしいとしか言いようがない。

 むしろ今の中国の状況は、俺みたいなヤツにすれば望むところではないかと思うのだ。

 無論、世界経済の減速は避け得ないだろう。なんせ名目GDP世界第2位の国発の恐慌である。

 今の状況は、俺が先日までよく主張していた、大阪の状況に似ている。橋下が輝いていた頃の大阪に。
 大阪は、橋下の改革によって公務員給与削減が断行されていたし、生活保護費は減っていた。これによって、大阪の景気が悪くなる事は確実だったが、俺は望むところだと思っていたよ。
 大阪の人は、多かれ少なかれ、やっぱ給食センターのおばちゃんとか地下鉄の乗務員の給与が年収1500万を超えてたりするのはおかしいと考えていたし、ベンツで金ピカのアクセサリーで着飾った人が病院で、生活保護者用の保険証のようなものを見せて支払いをせずに帰宅するのを見ている。
 奴らが肥え太ってるのは、真面目に働いてても苦労してる俺らみたいな大阪の一般庶民の目から見れば、やっぱりおかしいと感じるのである。
※このへんの考え方が、俺は三橋貴明氏とは相容れない。

 中国も同じだ。奴らが破綻しないように、俺らみんなで支えてあげないと世界恐慌になる?そんなもん、知った事か。なぜ俺らの努力で連中が裕福になっているのを見てなければならん。

 現在のギリシャの「永遠の地獄」を見ていても思うが、破綻した方がマシな話はいくらでもあるだろう。

 韓国も今中国に接近している。ちょうどいい。一緒に泥船で沈んでしまえ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※ちょっとずつランキング回復中です。応援おねがいします!

宇宙を創る実験 (集英社新書)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さらば韓国カウントダウン

2015-08-26 23:48:02 | 特定亜細亜
 シンシアリーさんのところで、抗日戦争勝利式典に参加する国家のリストがあった。ああ。これは欲しかったヤツだ。こんなの、メディアがまとめるべきだと思うのだけど。探すのがめんどくさく感じるほどに、出てこない。いやあありがたい。

【シンシアリー】戦勝節(説?)記念式に首脳が参席する国家リスト
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12066037903.html

 ただ、シンシアリー氏のところのはつらつらと国の名前があるだけなので、場所もあんまりちゃんと認識できない人は多いのではないかと思う。

 そこで、ウチではちょっとだけわかりやすく分類してみよう。

 まずは東欧から中央アジアの共和国。6カ国。
 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ(109)、ベラルーシ(66)、チェコ(52)、カザフ(49)、キルギス(144)、セルビア(87)。

 ちょっと中央アジアと中東の分類が俺の中であやしい中東。5カ国。
 エジプト(39)、パキスタン(43)、タジキスタン(137)、スーダン(69)、ウズベキスタン(72)

 東南アジアから、同じく5カ国。
 カンボジア(113)、ラオス(132)、ミャンマー(71)、東ティモール(151)、ベトナム(56)

 アフリカから3カ国。
 コンゴ(93)、エチオピア(79)、南アフリカ(33)。

 我らが東アジアから2カ国。
 モンゴル(129)と韓国(13)。

 あと、ロシア(10)とベネズエラ(51)、オーストラリアの東側の島国、バヌアツ(178)。
 トップが来てるのは、この25カ国である。

 ちなみに、かっこ内はGDPランキングだ。
 つまり、東欧や中東の貧乏な国々や、中国が経済支援している国が中心なのだ。この25カ国のうち、半分以上がGPDランキング50位以下。
 13位の韓国の次はかなり飛んで33位の南アフリカである。こうしてみると「必死でかき集めたんだろうなぁ」というメンツである。

 …なんか、GDPランキングをつけると、自分がすごく嫌な人間になったような気がしたが。別に金持ちだから偉いとは思わないが。有力な国がロシアと韓国しかいない事が、極めてわかりやすいかと思ってあえてやってみた。

 韓国がこのメンツに加わるのが、中国にとってそこそこ大切な事がよくわかる。
 このメンツじゃあなぁ。ロシアと韓国は、少なくとも軍事パレードの行事に参加しないとか、言えないと思うわ。

 韓国の記事では未だに軍事パレード行事への参加が曖昧に濁されているけど。中国の記事ではこの25カ国は全部重要行事に参加するって報道してるし。外堀どころか内堀も埋められて丸裸だと思うぞ。

 昨日のエントリで。俺は韓国はもう帰ってこれないって書いたけど。
 それが確定しちゃう日が、刻一刻と迫っている。

 しかも、領土的野心を隠さない唯一の国として世界中から非難されてて、当然国連でも中国は非難しなければならん立場なのに、総長の非難声明すらだせず、しかも今の国連事務総長は韓国の潘基文で、さらにその潘基文国連事務総長も、この抗日戦争勝利式典に参加するのである。

中国の「抗日戦争勝利70年」式典 国連の潘基文事務総長も出席
http://news.livedoor.com/article/detail/10512188/

 国連事務総長がこの手の政治的プロパガンダに参加するって…。前代未聞だろ。まさに国連事務総長の職の政治利用。今に始まったこっちゃないけどな。

 これがオインクか。まさにオインク(Only In Koria)だな。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※ちょっとずつランキング回復中です。応援おねがいします!

借金経営のススメ――常識をガラリと変える資金繰りテクニック

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

韓国はもう帰ってこない

2015-08-25 22:44:39 | 特定亜細亜
 ネットでは、韓国と北朝鮮の今回の確執を「プロレス」と例える向きが強かったように思う。実際、結果からすれば、アレはプロレスだったと言える。

【日経】南北、緊張緩和へ6項目合意 北朝鮮「準戦時状態」解除
韓国は宣伝放送中断
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK24H71_U5A820C1000000/

 しかし、俺は今回の件、もっと拗れると思っていた。これだけ早期解決は、ある意味予想の範疇ではあったものの、意外な印象が拭えなかった。

 え?予想通りなんか、意外だったのか、どっちやねんって?
 えっとね。俺は拗れると思ってたのよ。なんせ両方共朝鮮人である。連中は上下関係に命をかける民族だ。それはみんな、知ってるだろう?一度相手を「下」と認識すれば、絶対に謝らない。南北共に、相手を見下しているのだ。謝罪するわけない。

 だから、拗れると思ったのだ。最悪、休戦協定がマジで破棄されると思っていた。
 実際、会社にいる韓国人は「今回はいつもと様子が違う」って言ってたしな。
 それが、意外や意外。早期緊張状態解除である。まずこれが「意外」

 でもって、何が「予想通り」だったかと言うと。中国の恫喝力に屈する姿がである。

【産経】中国、韓国と北朝鮮双方に自制求める 不安定化は米国の干渉招きかねず
http://www.sankei.com/world/news/150822/wor1508220033-n1.html

環球時報は22日付の社説で「衝突が激化しない限り、朴槿恵(パク・クネ)大統領の訪中には影響しない」と推測する。裏を返せば、事態の推移によっては、朴氏は訪中をキャンセルする可能性がある。

 双方ともに、現在中国の庇護下にある事を示してしまったように思う。これが、「予想通り」
 早期解決があり得ない事象だったのだけど。中国が軍事行動を起こして朝鮮国境付近に集結し、南北双方が妥協したのだ。


▲朝鮮国境付近に集結する中国の人民解放軍

 韓国は一歩引いて北朝鮮に向けていた宣伝放送を中止した。

【AFP】韓国 謝罪なければ放送続ける
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6171850

 北朝鮮は謝罪していないのにである。

 ちなみに、北朝鮮は韓国軍兵士がDMZ(非武装地帯)で通常業務を運行中に、北朝鮮が設置したと思しき地雷を踏んで負傷した件について、「遺憾の意」を表明したのみである。
 いささか韓国側に分の悪い引き際だったように思う。産経記事のように、中国が韓国大統領に抗日戦争勝利式典にドタキャンできないように、手を打ったというのが俺にとって最も想像しやすい。

 韓国…。これでもう、抗日戦争勝利式典参加は確定だよ。キャンセルもできまい。
 今の韓国の現状は、誰が招いてしまったのだろうな。これはもう韓国が西側には戻ってこれない地点まで行ってしまったように思う。

 韓国人には、元々その素養があったのだけど。朴槿恵大統領が、決定的なトリガーを引いてしまったのは間違いない。もう、歴代韓国大統領で最高の無能は間違いない。

 ちなみに。

就任3年目で30%に急落した朴大統領支持率…盧泰愚以来最低に
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/19430.html

 朴槿恵大統領は、今年盧武鉉大統領超えの支持率を記録したのであった。
 ああ。それでも韓国大統領はシステム的に交代させる事ができないのである。…これは本当に、任期中に暗殺もあるかもしれないわ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※ちょっとずつランキング回復中です。応援おねがいします!

健康はシモのほうからやってくる

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

産経は韓国が嫌いすぎ

2015-08-24 22:53:05 | 特定亜細亜
 俺は、基本的に産経の論調には賛成である。
 が、経済関連はハッキリ言ってクソ記事だらけであり、まあ唯一気を吐いているのは田村秀男氏ぐらいだと思う。櫻井よしこ女史や、自民党の稲田朋美女史等、歴史観に関しては文句はないものの、経済政策を語らせるとロクなもんではない(特に稲田氏のTPPに対する変節は…)。

 じゃあ、他の記事は全てそうではないのか?と言えば、なんだか感情が先に立った「いつものパターン」な記事を書くこともあって、けんなりする事もある。

 俺は産経がワリと好きだからこそ、そーゆーのには敏感に反応していきたいと思う。

 さて。本日の産経抄は…いつもの流れなコラムだったのだけど。

【産経抄】8月24日
http://www.sankei.com/column/news/150824/clm1508240004-n1.html

 イソップ物語「コウモリとイタチ」が紹介されていた。
 コウモリが、ネズミが好物のイタチにネズミに誤認された時「私は鳥です」と言い、難を逃れ、鳥が好物のイタチに鳥と誤認された時「私はネズミです」と言い、2回も命拾いをしたという話である。

 ちなみに、この話は日本昔ばなしにもある。日本では、この話の一般的解釈はコウモリは卑怯者であって、最終的に誰にも信用されなくなってしまう。
 如何にも日本らしい解釈だと思う。産経抄も、コラムの最後でこの解釈を紹介している。

韓国では「八方美人」がほめ言葉として使われるという。皮肉交じりにこの語を用いる日本には、理解の及ばぬ感覚だが、先の寓話にはこんな解釈もある。コウモリは後に鳥の世にも獣の世にも居場所を失い、光の国を追われた。朴槿恵(パク・クネ)大統領には肝に銘じてほしい教訓である。

 まあそこはいいのだけど。
 産経抄は、このコウモリを韓国と例え、こんな一例を引いているのだ。

背中合わせの有事に備え、米軍との合同演習に汗を流す。一方で米国の声に耳を貸さず、中国主導の国際金融システムに加わる。日本には「歴史戦」で非を鳴らし、中国の鼻息をうかがってもみる。抜かりないコウモリのまねか、韓国の外交姿勢に同じ臭いがする。

 日本では「卑怯者」の例えなんだけどね。コウモリって。
 でも、中国主導の国際金融システム(AIIB)に加わるってのは、そんなに卑怯だろうか?俺は単に「愚かな選択だな」と思っただけなんだが。俺だったら、コラムのこの例えには、「抗日戦争勝利式典に参加する」を入れるだろうかと思った。

 こんな感じ。

背中合わせの有事に備え、米軍との合同演習に汗を流す。一方で米国の声に耳を貸さず、抗日戦争勝利式典に加わる。日本には「歴史戦」で非を鳴らし、中国の鼻息をうかがってもみる。抜かりないコウモリのまねか、韓国の外交姿勢に同じ臭いがする。

 うん。こちらの方がよほどしっくりくるよね。

 AIIB参加は、韓国には非がない。むしろアレは仕方がない類の話ではないかと思う。アレに参加する事に非があったとするなら、それはイギリスではなかろうか。
 AIIBを上記文脈で叩くとするならば、アメリカと日本以外の全ての国が、韓国と同等のコウモリっぷりであると言っているようなものだ。
 流石にそれは、やり過ぎじゃないかと思う。まあ産経記者をはじめ、そうとる人も日本の保守主義者にはいっぱいいるのかもしれないが。

 さして韓国が悪くない話であっても、ちょっと大げさなぐらいの韓国たたき。まあそれが、現在の産経の芸風と言えばそれまでなんだけどな。でもやっぱりフェアじゃないと思うのだ。

 俺は、左翼はフェアじゃないので嫌いと言っても過言ではないので。
 右側の論調はフェアであってほしいと思っている。今回のように若干アンフェアな記事を見ると、すごく残念な気がするのだ。

 産経よ。韓国を叩くのはいいよ。他のメディアがやらない事をやるのはいい事だし。
 でも、フェアにいこうよ。もし仮に、今後日本の左翼が予想通りに衰退していき、産経の輝きが増してゆくとすれば。

 俺はいずれ、朝日新聞のような慢心しきった誇張表現を、産経はしちゃうような気がするのである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※ちょっとずつランキング回復中です。応援おねがいします!

ものの見方検定――「最悪」は0.1秒で「最高」にできる!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

韓国の孤立感がとんでもない件

2015-08-23 22:58:57 | 特定亜細亜
 先日、韓国は中国で行われる「抗日戦争勝利式典」に参加するという話が出ていた。
 で、今北朝鮮は、この抗日戦争勝利式典に韓国が参加する、9/3を目前に、無謀とも言える軍事的挑発を行って、緊張状態にある。
 で、中国の人民解放軍は、朝鮮国境付近に集結しつつある。

 北朝鮮はゲリラ戦か核ミサイルを使った恫喝以外に活路がない貧乏国家である。朝鮮戦争の休戦は北朝鮮にとっても実に好都合な話だったはずなんだけど。
 まあ、定期的に恫喝して、存在感を維持しないといけないのは確かなんだけど。三代目の正恩氏は外交がへったくそだなぁ…とは思うのだけど。

 でも、背景はなんだかちょっと判るような気がしている。
 以下、俺の妄想である。


 中国と北朝鮮は、「中朝友好協力相互援助条約」という同盟条約を結んでおり、相互に批准している。これは、どちらかの国が敵国から侵略を受けた場合、自動的に敵国に対し宣戦布告し、同盟国を守るために行動するというものだ。



 もちろん、現在でも有効で、20年毎に自動的に更新もされている。ちなみに最新の更新は2001年で3回めである。

 韓国は、中国と北朝鮮の敵なのだ。
 その敵が、中国の抗日戦争勝利式典に参加するのだという。これは、北朝鮮にとっては自国の孤立化を懸念する事態ではないかと思う。

 で、北は難癖をつけて韓国を攻撃し、韓国と話し合う機会を作ったわけだ。
 ちなみに、抗日戦争勝利式典への参加は、中国が要求した韓国の忠誠の証ではないかと思っている。韓国も、アメリカの手前、こんな中国側の踏み絵を踏むような事をしたくない。が、中国に面と向かって逆らう事もできない…。

 そこで、北朝鮮からの攻撃は渡りに船だったような気がする。
 昨年、3月のオランダ・ハーグでの核サミットの時、初の日米韓首脳会談が行われた時も、韓国の朴槿恵大統領は、体調不良でドタキャンをしようとしていたけど…。アレを彷彿する。同じ臭いがする。
 なんとか、中国のメンツを潰さず、アメリカに睨まれずにすむ抗日戦争勝利式典に参加しないで済む方法は、ないものかと。

 ここに、北と韓国の思惑が一致しているのだ。どっちも、韓国の抗日戦争勝利式典参加を阻止したいと考えているのだ。

 で。現在北朝鮮は、昨日午後5時がリミットだった軍事的挑発が過ぎた今も、微妙な挑発を繰り出しつつ…。

【痛いニュース】北朝鮮の潜水艦50隻が出撃 朝鮮戦争以降最大規模
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1851184.html


※北朝鮮の挑発の1つがこれ…。なんともショボい挑発である。

 なんだか急に高官の会談がセッティングされ、北と韓国で話し合いが持たれているのだそうだ。

【シンシアリー】午後6時、板門店で韓国・北朝鮮の高官(2+2)が会談
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12064563579.html

 そして、時を同じくし、中国の人民解放軍が韓国国境付近へと集結。
 台湾の自由時報より。(翻訳記事)

【自由時報】韓国と北朝鮮の緊張チュアン中国人民解放軍は、国境に移動
http://news.ltn.com.tw/news/world/breakingnews/1420823



 人民解放軍は、なんの為に軍事行動に出たんだろうね?(日本ではぜんぜん報道されないなぁw)当然、この構図で見れば悪いのは北朝鮮である。何も知らない日本人に尋ねれば、多分「中国は北朝鮮の暴発に警戒してるんじゃない?」ってとこなんだけど。これは前述の中朝の条約を知ってる人なら、北朝鮮側につく行動かもしれないって普通に考える感じなんだよね。

 …俺は、どうも中国側の恫喝に見える。

 韓国に、「抗日戦争勝利式典」参加するよな?しないとどうなるか…わかってるんだろうなぁ(パキポキベキ)って…。なんかイメージジャイアンみたいな感じ。

  

 韓国は、中国の恫喝に屈して、アメリカ陣営を離れ、徐々に中国陣営に組み込まれようとしているのに…。北朝鮮と共に、中国は韓国に銃口を向けているように見えるのだ。

 この韓国の世界からの孤立感はハンパじゃねぇ。

 そもそも、中共は対日戦闘では戦勝国ではない(戦勝国は台湾)し、朝鮮は日本と連合国側と戦った側だ。抗日戦争勝利式典ってのは酷すぎるレベルのデタラメの式典だ。
 これに、西側陣営である韓国が参加するのは、もう華夷秩序に韓国が組み込まれようとしている事を意味する。

 今、韓国は見捨てられつつあるアメリカと完全に決別し、仲間になってくれそうな中国に恫喝されて下僕になろうとしているように見えるのである。

 すっごく心が寒い展開な気がするわ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※ちょっとずつランキング回復中です。応援おねがいします!

人生は90秒で変わる!

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

世界最強のダブルスタンダードの代償

2015-08-22 00:18:27 | 特定亜細亜
 俺はよく、ダブルスタンダード(以下ダブスタ)で人や国を批判するが、ダブスタが絶対駄目だと思ってはいない。
 人は誰しも全知ではないわけで。どうしたって知らない事はあるのだ。なら、ダブスタとなってしまっていてももう片方の事実を知らないケースはある。

 ダブスタは、その片方を知らなければ素直にその事実を認め、謝罪して前言を撤回すればいいのだ。

 俺がダブスタを叩くケースは、明らかに片方の事実を無視していて、事実を認め謝罪するケースがほぼ皆無である場合だ。
 だから、ダブスタ批判には強弱がある。その批判すべきダブスタでの中でも最強のもの。それが、実は韓国がやってる慰安婦問題だと思う。

 俺の人生40年の中で、慰安婦問題ほど強烈なダブスタは存在しない。まさにキングオブダブスタ。世界最強のダブスタである。

 洋公主やライタイハン問題等で、自分たちの方が余程酷い仕打ちをしているくせに、同じような事をやっていた日本にだけ罪を償わせようとしているだけであれば、それは洋公主やライタイハン問題を知らない可能性もあるわけで。普通よりかなり酷いぐらいのダブスタに過ぎないと思うのだけど。

 連中は、今いる慰安婦詐欺ババア共は、日本軍付きの慰安婦ですらない可能性が高いのだ。
 少なくとも極めて疑わしく、証拠らしい証拠もない。

 つまり、捏造した罪で日本人を責め、その捏造した罪は実は自分たちがやっていた事なのである。
 …ここまでの事実ですら、ただ普通よりむちゃくちゃ酷いぐらいのダブスタなだけであって、「最強」をほしいままにするダブスタではなかったりするのだけど。

 さらに問題なのは、この問題を世界的にプロパガンダし、それを世界各国に信じこませ、日本人がいわれのない罪で世界各国から責められている事だ。

 慰安婦像がそこかしこで建てられているアメリカで「こんな理不尽黙ってられるか」と、勇気ある日本人が、慰安婦像建立に一役かったアメリカの政治家に抗議の為渡米までして会いに行くと「貴様らは南京大虐殺で何人虐殺されたか人数が言えるか!」と意味のわからん恫喝を貰ったりするのである。聞く耳持ってくれねぇ。

 まあ言うまでもない事かと思うが、南京大虐殺も捏造である。あったのは南京事変であり、普通の戦闘行為である。

 事、ここに至りようやく慰安婦問題は最強のダブスタになるのだ。

 その大嘘が成立するマイルストーンが、朝日新聞の捏造報道、河野談話、クマラスワミ報告、マクドゥーガル報告書である。

 これはあかん。日本人にとってこんなムカつく事はないわ。

 で、こうして慰安婦問題のマイルストーンを列挙すると、ちょっと気がつかないか。
 そう。安倍政権からこっち、この「慰安婦のウソ」が成立するクリティカルパス上のマイルストーンが、1つ目から順番に潰されていっているのである。

 朝日新聞が慰安婦の虚報を認めたのは、政府の「正当な」圧力故に、認めざるを得なかったというのがもっぱらの噂だったし、河野談話は朝日新聞の虚報によって弱体化した後、先日の安倍談話でほぼ消し飛んだ。

【産経】「ラバウルの慰安婦、快活だった」豪州人捕虜の手記紹介 拍手で盛大に見送られ…「性奴隷」説ほど遠く
http://www.sankei.com/world/news/150812/wor1508120008-n1.html

 で、この記事とかがそうなってくるが、今度は国際的な反論である。まるで次のターゲットはクマラスワミ報告だとでも言わんばかりではないか。

 無論、アメリカの慰安婦像の問題等も、大きな問題である事は否定しないが、要するに慰安婦像を建てる根拠になっている部分が崩壊しつつあるのだ。

 韓国は今、中国の抗日行事に参加する等、ますます先鋭化してきているが。

【産経】中韓の「対日共闘」に米はくさび打てず 朴氏の中国・抗日記念行事出席、欧州首脳は見合わせ濃厚
http://www.sankei.com/world/news/150820/wor1508200040-n1.html


▲朴槿恵大統領の訪中を発表するソウルの青瓦台

 それは、韓国が崩壊へ向けて引き返せなくなってきている証左のようでもあると思う。48時間以降に韓国への直接武力攻撃を宣言した北朝鮮は、韓国の足元を見ているようにも見える。弱り目に祟り目とはよく言ったものだ。

【ニュースフィア】北朝鮮「48時間以内に放送中止しなければ軍事行動」 砲撃の応酬、緊迫化する情勢
http://newsphere.jp/world-report/20150821-1/


▲好戦的な北朝鮮、19ご…じゃない金正恩

 うん。今東亜ウォッチャーとしては韓国には興味津々だ。
 連中は今、自分たちがわかっててやってた強烈なダブスタのしっぺ返しを食らっているのだ。俺には韓国という国が突然激動期に入ったように見える。

 これから、何が起こるか想像もつかないが、韓国にとって愉快な事は起こらないだろう。でも、絶対に何か起こると、俺は思っている。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※ちょっとずつランキング回復中です。応援おねがいします!

口ベタ営業マンが渋谷ギャルをナンパし続け半年後に1億の契約をとった件

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

安倍内閣の支持率下げ止まる

2015-08-20 00:22:42 | 政治(安倍政権)
【日経ビジネス】安倍内閣、支持率は持ちこたえる「チプラス現象」で30%割れ回避?
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/248790/081700009/

 別に全面的に同意できる記事ではないのだけど。むしろ 結構不愉快な気持ちになった記事だったのだけど。
 タイトルにある「安倍内閣の支持率が持ちこたえる理由」ってのが、実に妥当だと思ったので紹介しようと思う。

 この論調で解説するメディアを俺は初めて見たような気がする。

 ウチのブログではさんざんこの路線でエントリしているんだが…。

 たまにウチのブログにコメントしてくる、ハナっから罵倒したいだけの、「ぼくちゃん今頃気がついたのー?安倍ちゃん支持者ってバカばかりだね!」とか、マジでウチのエントリをロクに読んでない連中に、特に紹介してやりたい記事なのだ。

 つーかね、俺のどこが安倍支持者なのよ。脱力するわ。俺、もし東京都民でこの間の都知事選の投票権持ってたら、タイミング悪けりゃ断腸の思いで舛添に投票してたと思うぞ?舛添都知事とか最悪だと思うけど。選挙当時もそう思ってたけどな。でも、あの時舛添以外の誰に投票できたのよ。田母神氏?死に票だよ?それで保守層が舛添と田母神氏で股裂きになって順位を落としゃ、上がってくるのは細川護煕元総理か共産党の宇都宮健児だよ?

 上記記事タイトルが示す通りである。例え安倍内閣が嫌だったとしても、現状でいったい誰が、自民党以外の選択肢を選ぶんだ。

 さて。記事を紹介してみようかな。

より一層の我慢をギリシャ国民に強いる妥協をしたにもかかわらず、チプラス首相への支持は落ちていないのである。なぜだろうか。
 7月下旬の米紙ウォールストリートジャーナルに掲載された記事が、謎解きをしてくれる。理由は2つあるという。(中略)
 そしてもう一つは、自分たちの国を過去に長く支配したものの大きな経済危機を結局は招いてしまった旧2大政党や古い政治家の表舞台への復帰をギリシャ国民が望んでいないことである。(略)
 過去の政権の失政に対する反感や失望が国民の間にあまりにも強く根付いている場合には、たとえ現政権の指導者の行動が期待に反する結果を招いたとしても支持率はあまり落ちないことが、上記のギリシャの事例からうかがえる。

 これ、そのまんま日本の自民党と民主党に言える事だよね。
 誰が、韓国で土下座した総理を抱いていた民主党に政権を返したいのか。
 

 …誰が、東日本大震災を「東日本大人災」にしてしまった総理を抱いていた民主党に政権を返したいのか。
 

 いやまあ、日本の政治を長く支配したのは自民党であって、民主党ではないのだけどな。その政権交代した民主党が自民党より遥かに劣る政党だったが故に…。

 日本の野党は実務能力に欠ける。この事に、日本国民が普通に気がついてしまっただけなのだ。それが、安倍内閣の支持率が落ちない一番の原因。

 ただ、その事以外においては、この記事には同意しかねる。

ここで考えてみたいのが、日本の安倍内閣のケースである。安倍内閣は「株価連動型内閣」と長く呼ばれてきたが、実際には株価動向と支持率はこのところ連動しなくなっている。
 株高が続いても景気回復の実感がさっぱり出てこないことに多くの国民がすでに気付いているということもあるが、より大きな原因は、安全保障関連法案の衆院での強行採決と今国会で成立させることへの強いこだわりという、過半数の有権者が望んでいない行動を安倍内閣がとっていることへの批判である。

 記事では、いくら酷い野党であっても、安倍内閣の支持率が低下し続けている要因に、国民が望まない安保関連法案の強行採決を上げているが。「はあ?」である。安倍内閣の支持率が低下している主な要因は2つ。

 1つは慢性的な不景気だ。彼は景気回復を約束して総理大臣になったが、現在に至っても景気が回復できていない。そしてもう1つ。こちらがより重要だが。マスコミの執拗なネガティブキャンペーンであろう。

 で、そのネガキャンの主なターゲットが、安保関連法案なだけに過ぎない。
 せっかく、部分的には珍しく同意できる記事で、マトモに全文読んでみようと思ったのに、この点でドッチラケである。
 さらに。この記事は最後に、70年談話が発表された際に行われた世論調査で、安倍内閣の支持率が回復している事を掲載している。

首相の「戦後70年談話」が発表された後、8月14〜15日に実施された共同通信の世論調査では、安倍内閣の支持率は43.2%に上昇。不支持率は46.4%に下がった。

 まるで、この記事で紹介された「チプラス現象」も、支持率下落回避に関与しているとでも言いたげな内容で、またもうんざりである。

 俺はあの談話、本当に素晴らしいと思う。あまり日本のメディアでは紹介されないが、世界各国のニュースで、安倍70年談話は評価されている。
 今、本当にウケる政治は保守路線であり、中韓と距離を置く事であり、そしてデフレ対策なのだ。

 これらの路線が表沙汰になった時は、いつも確実に何らかの成果があったのではないだろうか。今、日本をいい方向に変えるのは、比較的易しいと思うのだけど。


 いい加減、そろそろ本腰を入れて日本を盛り立てて欲しいなぁ。政治家さんたち。
 それがやれれば、自然に支持率なんて、あがってくと思うんだよ。

 安倍談話。ちゃんと国民は評価してくれたからこその支持率回復だろう。
 マスコミは、そこをちゃんと認めて、国民に「ちゃんとそれがわかるように」伝える義務があると思う。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※ちょっとずつランキング回復中です。応援おねがいします!

人類はアンドロイド! 電磁波によって完全にコントロールされる世界 (超☆はらはら)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「まずは韓国を潰そう」方針は間違いない

2015-08-19 00:12:14 | 政治(安倍政権)
 今日、シンシアリー氏のところで紹介されてた東亜日報の記事で、気がついた事がある。

【シンシアリー】外務省、歴史問題への見解を安倍談話に合わせて修正か
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-12063011005.html

日本外務省が、過去の跡が植民地支配と侵略をしたという説明を独自のホームページから削除されたことがわかった。

 ちょっと引用箇所の日本語がヘンなんだが。要するに外務省のQ&Aページから「歴史問題」ってページが削除されているとの事。
 そこには、村山談話を根底とした解説があったようだ。

 韓国の立場として、日韓の歴史認識で一致していなければならない点は、要するに「韓国に対する日本の侵略と植民地支配」である。これは、まあみなさんご存知の通り、両方とも嘘だ。

 中国や台湾については、侵略も植民地支配も行われているのだけど。
 韓国については合法的に併合したのであって、侵略も植民地支配も行われていない。日朝は戦っていないのである。

【拙】安倍総理「まずは韓国を潰そう」
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/d037888a81d3b30f8d23ee71be6236cc

 で。思い出したのがこれら自分の主張だ。

 安倍政権誕生直後から何回も主張しているが。安倍政権は同じ特亜仲間でも韓国だけを差別的に扱っているような印象を、俺は持っている。

 外務省の歴史認識問題の解説ページが消えた事もそう。恐らく、史実にそって書き換えられるのならば。韓国が求めていた植民地支配や侵略といった記述は、韓国に対する解説からはほぼ確実に消える事になる。

 この、韓国潰しであろう方針が確認できた時、俺は安倍談話について、ある事に気がつき、再度安倍談話の全文を読み返した。

 安倍談話の、この辺りに注目。(1頁目中段辺りから2頁目中段あたりまで)

【産経】戦後70年談話全文(全8頁)
http://www.sankei.com/politics/news/150814/plt1508140016-n1.html

百年以上前の世界には、西洋諸国を中心とした国々の広大な植民地が、広がっていました。圧倒的な技術優位を背景に、植民地支配の波は、十九世紀、アジアにも押し寄せました。その危機感が、日本にとって、近代化の原動力となったことは、間違いありません。アジアで最初に立憲政治を打ち立て、独立を守り抜きました。日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。

世界を巻き込んだ第一次世界大戦を経て、民族自決の動きが広がり、それまでの植民地化にブレーキがかかりました。この戦争は、一千万人もの戦死者を出す、悲惨な戦争でありました。人々は「平和」を強く願い、国際連盟を創設し、不戦条約を生み出しました。戦争自体を違法化する、新たな国際社会の潮流が生まれました。
当初は、日本も足並みを揃えました。しかし、世界恐慌が発生し、欧米諸国が、植民地経済を巻き込んだ、経済のブロック化を進めると、日本経済は大きな打撃を受けました。その中で日本は、孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを、力の行使によって解決しようと試みました。国内の政治システムは、その歯止めたりえなかった。こうして、日本は、世界の大勢を見失っていきました。

 満州事変、そして国際連盟からの脱退。日本は、次第に、国際社会が壮絶な犠牲の上に築こうとした「新しい国際秩序」への「挑戦者」となっていった。進むべき針路を誤り、戦争への道を進んで行きました。

 そして七十年前。日本は、敗戦しました。

 日韓併合は、1910年である。安倍談話は、日露戦争の勝利や、韓国の併合については、むしろ肯定的に捉えているのだ。
 そして、安倍総理曰く、「日本が間違った道を歩み、悔悟した」と表現しているのは、満州事変以降なのだ。つまり、間違った戦争とは日中戦争から太平洋戦争にかけて。

 まあ、そりゃそーだよね。これだけ史実に沿った解説を談話ですれば、韓国の解説は出てこない。だってウソなんだもの。あれはウリジナルだもの。当たり前やん。

 …こうなってくるとねぇ。韓国に対する配慮も欠片もねぇ…。
 これは、もう日米が韓国を切り捨てるのが織り込まれているかもしれんね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※ちょっとずつランキング回復中です。応援おねがいします!

だいたい四国八十八ヶ所 (集英社文庫)

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

天皇陛下のお言葉検証

2015-08-17 23:20:11 | 政治(安倍政権)
 終戦記念日における、天皇陛下のお言葉の検証を、今年はしようと思っていた。
 と、言うのは、当ブログコメント欄にて、以下のやりとりがあったからである。

【拙】安倍談話の重要性
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/d1153b78f06912cc565f5e3d8be36f3f

Unknown (H) 2015-08-05 05:37:06
(前略)気になるのが、最近噂になっている天皇談話です。
天皇は政治的な行動をとってはならないことになっていますが、政府の反対を押し切ってパラオ訪問強行など、気になる行動も見受けられました。
国際的には天皇>>総理大臣ですから、非常に面白くないことになります。
流石に無いと言いたいとこですが不安はぬぐえません。

Unknown (通り道) 2015-08-05 12:42:56
安倍談話が重要?まさか!
天皇陛下が戦後70年の「談話」を発表される。こっちのほうが上でしょ!
閣議決定のない安倍談話など井戸端会議と同じ!意味なしですよ

天皇談話について (あきよし@管理人) 2015-08-05 22:59:12
正直、陰謀論の類だと思っています。
天皇陛下が政治的圧力とか、普通に考えたらほぼ不可能でしょう。
むしろコレを流して安倍談話を牽制し、公明党との着地点を左寄りにしようとしていると考える方がよほど有り得そうで、まだ説得力がマシな話です。

 他にも、安倍談話が発表されるまでの間に、天皇談話が安倍談話よりも注目を集めるに違いないという噂が流布されていた。

【リテラ】戦後70年談話で迷走、安倍首相が怯える「天皇のお言葉」…天皇から憲法軽視と歴史修正主義への批判が?
http://lite-ra.com/2015/08/post-1383.html

 で。俺は。

1.戦後60年の談話(2005年の談話)が、それ以前とどう変わったか
2.戦後60年から69年の談話がどう変わったか
3.戦後69年から70年(今年)の談話がどう変わったか


 に注目してチェックしようと思ってたら…。
 J-CASTがほぼ同じ事をやってくれていた。

【J-CAST】天皇陛下、戦没者追悼式「お言葉」で「深い反省」表明 安倍談話より踏み込む
http://www.j-cast.com/2015/08/15242763.html

 うん。確かに、70年の天皇談話は特別なものだと言えるだろう。
 特に締めの部分の変化が顕著と言える。重要な部分であろう。

2014年度版
 (前略)ここに歴史を顧み、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と、我が国の一層の発展を祈ります。

2015年度版
 (前略)ここに過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心からなる追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。

 天皇陛下のお言葉に、ほとんどまったくと言っていい程にこれまで変化がなかった事を考えれば、確かに激変と言える。
 みなさんご存知だろうとは思うが、日本のテレビ最後の良心と中韓から讃えられる「報道ステーション」では、今回の談話について、4つのキーワードが含まれるか否かを争点としていた。

 すなわち、反省、植民地支配、侵略、お詫びである。



 このうち、反省は中韓にとって最も必要のないキーワードである。なぜならば反省は前向きな言葉だからだ。

 天皇陛下のお言葉は確かに変化した。しかし、あえて言おう。「たかが」反省キーワードが追加されたにすぎない。

 日本人として、先の大戦が無謀な戦争であったという認識を持たない人がいるだろうか。まあ皆無とは言わないが、9割以上いないであろう。日本人はもう、イチかバチかの賭けのような戦争はやらない。これは「反省」があったればこそである。

 ちなみに。安倍談話にも以下のくだりがある。

事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に訣別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。先の大戦への深い悔悟の念と共に、我が国は、そう誓いました。

 悔悟とは、自分の非を悟り、後悔する事である。
 陛下のお言葉にあった「反省」と、何が異なるのだろう。

 前述の俺のコメント通り、俺は天皇陛下のお言葉について過分に恐れる態度は、閣議決定を伴ったであろう安倍談話の内容を萎縮させるだけであろうと思っていた。
 リテラのような左翼メディアが天皇談話をおどろおどろしく紹介していた事も、俺の妄想に信憑性を加算していた。

 実際、天皇陛下の終戦記念日のお言葉に変化はあったが、その変化は微妙なものである。安倍談話に内包されているもの以上では、決してない。

 陛下がどうお考えであれ、政治的な横槍を考慮される事はないのだ。
 それを、まるで陛下の代弁者のように騙るリテラの禍々しいこと。これぞ、「虎の威を借る狐」だ。

 談話発表前のNHKの報道もそうだったが、左翼系の報道は必ず連中の願望が加味されている。連中は、自分の言葉が力を持っている事を知っているからだ。
 それは、無論右側も同様なのだが、力が強い故に、左翼系の方が悪質で、許せないものと感じるのである。

 連中は、ウソはつかないが、本当の事は言っていない。
 常に、「ウソをついていないなら、どこでごまかすつもりなのだろうか」という観点で、左翼系ニュースは見ていないといけない。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※ちょっとずつランキング回復中です。応援おねがいします!

女騎士さん、ジャスコ行こうよ 文庫 1-3巻セット (MF文庫J)

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

くだらない談話が消え去った

2015-08-16 22:33:32 | 政治(安倍政権)
 嫁さんの実家に戻っているうちに、「安倍談話」が発表された。

 結論から言えば。ほっとした。その一言に尽きる。
 事前に、主にNHKだったが、キーワードであった「お詫び」や、「村山談話は継承される」などの飛ばし記事が入ってたし。

【NHK】談話 「お詫び」明記し歴代の立場継承表明
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150814/k10010189881000.html

 安倍総理は今回の安倍談話を「閣議決定」していて、自公で認識を一致させていた。彼は典型的すぎる程の調整者であってリーダーシップなんてないし、公明党は言うに及ばず、自民党内にもハト派は山ほど存在する。どうせ、中途半端で右からも左からも納得できない談話になると思っていた。

 なんの為に、談話なんぞ発表すんのかと、多分俺は言わざるを得ないんじゃないかなと思っていた。思ってはいたが…。

 これは、実にいい方向で裏切られた。
 一応、やけくそに長い談話なので、超わかりやすいまとめが、例によって2chに書かれていたので引用しておく。

49: 名無しさん@1周年 2015/08/14(金) 23:46:18.32 ID:D6okEDvJ0
分かりやすい70年談話

・そもそも西欧が侵略してアジアにまで植民地支配の手を伸ばしたんやで

・日本はそれに負けんと日露戦争とか勝ったんやで

・アジア、アフリカはそれで勇気付けられたんやで

・そやけど調子乗った日本は空気読めんと孤立したんやで

・そして日本は負けたんやで

・女性や色んな犠牲になった全ての人に哀しみの気持ちを捧げるで

・日本はもう力ずくで物事を解決せえへんで、それは他の国もそうせなあかんのや

・そう誓って日本はお詫びを繰り返してきたんやで

・そうして アジアの国々に尽くしてきたんやで(台湾は国扱いな!)

・(謝罪を感謝に振り替えて、)世界の国々・皆さん 寛容な心で許してくれて感謝やで!

・日本はもう殆ど戦後生まれの世代やで、そやからあの戦争には関係ない

 子孫たちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはならないんやで!

・日本はこれからも積極的に平和の為に貢献しますんでよろしう!ほな!

 これについては、当然ながら中韓関連勢力からは非難轟々である。共産党とか社民党とか、マスコミとかな。代表は報道ステーションとかかな。



 ちなみに、現在最右翼である次世代の党も、一定の評価はしつつ、この談話にちくりとやっているが…。

【産経】「おわびはもうやめるべき」次世代・平沼党首コメント
http://www.sankei.com/politics/news/150814/plt1508140021-n1.html

ただ、「戦争の反省は重要だが、おわびはもうやめるべきだ。おわびを繰り返しても未来は切り開けない」と強調。さらに「現在、アジア太平洋の平和を乱す動きがあることへの批判も入れるべきだった」ともした。

 正直、こんなものは入れるべきではないと俺は思う。
 以前、コメント欄での返事かエントリのどっちかで書いたと思うが、今回の70年談話最大の役割は、「不毛な村山談話、河野談話継承を断ち切る事」なのである。

 民主党・枝野の「談話なんてくだらない。発表すべきではない」という、「くだらない」という部分には同意するが、(70年談話を)発表しないと極めて悪質で「くだらない」村山談話と河野談話を引き継いだ事になってしまうのである。

 70年談話は、村山・河野談話を断ち切る為に、単発になってはいけないのだ。今後、70年談話が引き継がれなければ意味はない。

 すると、次世代の党が言うような「中韓への非難」を70年談話に含めてしまうと、継承が困難になる。次世代の党の弁は、今回に関して言えば明らかに足を引っ張っているのである。

 はっきり言って、今回の70年談話はかなり理想的だ。
 誰も批判しておらず、謝罪も、戦前の日本を否定もしておらず、かつ反省だのお詫びだのの文言が含まれていて一定の左派への配慮もあって、敗戦への反省もある。

 今回の安倍総理は、これはもういい仕事をしたとしか言いようがない。文句なし。
 この談話が、今後継承されていくべき談話だ。一分の隙もない。

 これで、今後の内閣は「過去の談話を全て継承する」と言えばOKなのである。
 なんと素晴らしい事だろう。

 アベノミクス&日銀砲については、安倍総理は評価されているものの、はっきり言って運が良かったと言える。
 今回、安倍内閣は初めて、素晴らしい仕事をしたと思う。

 朝日新聞のこの社説が、今回の安倍談話、あるいは70年談話の素晴らしさを物語っていると言えよう。

【朝日】戦後70年の安倍談話―何のために出したのか
http://www.asahi.com/articles/ASH8G3FRVH8GUSPT001.html

いったい何のための、誰のための談話なのか。(中略)■「村山」以前に後退(後略)

 誰の為の談話かと言えば、日本人の為の談話であり、村山以前に後退は、はっきり言って望むところである。
 それは、民主党きっての革マル派、枝野元官房長官ですら「談話なんてくだらない」と認めていた事だ。村山談話以前まで後退。

 くだらない談話が、消え去った。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※ちょっとずつランキング回復中です。応援おねがいします!

もっと私にかまってよ!

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加