あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

この発言で共産党が叩かれる時代2

2016-06-28 22:10:39 | 政治(安倍政権)
 昨日のこのエントリの続き。

【拙】この発言で共産党が叩かれる時代
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/ba9ba0fa33bafab23ab4d9490b01baae

 民進党が苦しんでいる(喜)

【産経】共産・藤野保史氏発言 「自衛隊に助けられた」地震被災者は猛反発…民進陣営から悲鳴「共産共闘は間違いだった」
http://www.sankei.com/politics/news/160627/plt1606270073-n1.html

 そもそも、今回の民進党にはミスが多い。ちなみに現時点でまだ、民進党は知名度が低い。投票用紙に「民主党」と書くと、無効票である。

 これが、まずは「間違いその1」

 その状況にも関わらず、こんな仕打ち…。

共産党の藤野保史(やすふみ)政策委員長が26日のNHK番組で防衛費を「人を殺すための予算」と発言した波紋が、九州・山口でも広がっている。特に熊本地震の被災地では、自衛隊の活動を目の当たりにしただけに、反発の声が高まる。参院選(7月10日投開票)の「1人区」で共産党と共闘する民進党からは、「痛手だ」と悲鳴が上がった(中略)民進党熊本県連幹部は「ただでさえ支持者には根強い共産党アレルギーがあり、名簿も集まらず事務所は機能していない。あの発言で自衛隊に理解のある保守層の票がすっかり離れた。すべては共産と組んだ党執行部の戦略ミスだ」とこぼした。

 共産党と組んだ事。これはワリと予想がつく話で、上記引用箇所の通り。
 この他にも、随所に共産党と組んだ事によるマイナス効果が、この記事には散りばめられている。
 これが、「間違いその2」

 そして、それでもなお、民進党の山尾志桜里政調会長はブレないのである。

26日のNHK番組には、民進党からも山尾志桜里政調会長が出演していた。山尾氏は、藤野発言をとがめず事実上、追認した。

 山尾志桜里と言えば、1年間で地球5周分にも及ぶガソリン代を政治資金から出費したというスキャンダルで、既にクリーンさの欠片もなくなってしまった方である。
 ウチでもこれはネタにしているが…。

【拙】復讐なんて虚しいだけだぜ
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/2268465cf0b2435b03005f59872b8337

 

 相変わらず俺は、政治資金問題による政治家叩きを是としていないので、山尾氏を擁護するエントリなんだが…。この時の記者会見を見ても、今回共産党の藤野なんぞを追認するのを見ても、どう見ても、アホなんである民進党の政調会長は。

 判っててやってるなら国民をナメきっている。そうでないなら本当にアホだ。
 この大事な政調会長職に、クリーンさをアピールしようとして、どうしようもないアホを担ぎあげてしまった。これが、連中の「間違いその3」である。

 先日もエントリしたが、少なくとも蓮舫や前原誠司とかなら、ここまでアホな事はやらない。

【産経】民進・前原誠司元外相「極めて悪質でひどい」と猛批判 「身を賭している隊員に失礼で無礼」とも
http://www.sankei.com/politics/news/160627/plt1606270038-n1.html

 ご存知の通り、今回の参院選は、改憲勢力で3分の2を奪取できるか否かで、憲法改正が可能かどうかの関ヶ原である。

 そして、敵失は明らかだ。
 共産党は、票を伸ばしてはいるが、それは民進党から離れた票を食っているのである。言わば共食いだ。今回は、その共産党の敵失であり、そしてその大暴落に、自業自得とは言え、民進党が巻き込まれる形となっている。

 この流れなら。公明党を抜きにしても憲法改正ができるかもしれない。
 結局、選挙ってのは敵失なんだなと思う。最も効果のある活動は、ネガティブキャンペーンなのであった。

 だってなんら優勢になるような話が、今共産党からも民進党からも出てこないもの。
 自民党はなーんもやってないのにな。でも圧倒的な力で選挙に勝つような気がするよ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※おかげさまで、ランキング回復中!応援お願いします

前傾姿勢でいいじゃない: 子育て、起業、いま女子大生

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

この発言で共産党が叩かれる時代

2016-06-27 23:27:49 | 政治(安倍政権)
 だんだん、評価するまでもない「常識」と化してきている事を、殊の外寿ぎたいと感じる。

 なんの事かと言うと。これである。

【変態】共産・藤野氏:「人を殺す予算」と発言、取り消す
http://mainichi.jp/articles/20160627/k00/00m/010/044000c

今年度予算の防衛費について「人を殺すための予算でなくて、人を支えて育てる予算を優先する改革が必要だ」と述べた。これに対し他党からの批判が相次ぎ、藤野氏は同日、発言を取り消すとコメントを発表した。


▲共産党の藤野保史政策委員長

 酷い発言である。戦後のエセ平和主義の象徴と言える、自衛隊を「暴力装置」と人間扱いしない、不遜極まる発言をしていた半世紀前を彷彿する。
 言いたい事は沢山ある。
 連中は、日本の自衛隊を応援する勢力に対し、シールズの連中が言っていたように「反対する連中とはとことん酒を酌み交わして仲良くなればいい」とか言うクソな博愛主義を適用しない。
 ダブルスタンダードとはこの事だ。俺は、連中ほど好戦的な奴らを見たことがない。

 まあ、この話は置いといてだ。この共産党議員の、現時点では恐らく大多数から同意を得る事ができない発言について、自民党の稲田氏はこのように反論した。

「言い過ぎだ。(防衛費は)日本を守るためだ」

 しごく尤もな反論である。
 ほんの数年前までなら、こんな反論しようものなら「GJ!」と俺は狂喜乱舞だったと思うが、もう今となってはむしろこの程度の反論当たり前だ。反論しなかったら、その方が激烈に叩かれたであろう事が容易に想像できる。タカ派である安倍総理や稲田氏でなくとも、ハト派の二階や谷垣氏でも、同じ台詞を言えるだろう。

 だから、俺は稲田氏を褒めはしない。実はむしろ嫌いである。こいつはTPPに反対し、政権与党を獲った後、安倍総理に「君も前はTPPに反対してたじゃないか」とか言われた事がある。
 その時彼女は「ウフフ。そうでしたっけ?」とか、そんなニュアンスの会話をしたという記事を、俺はどっかで読んだ記憶がある。

【産経】石破氏とはまだしこり? 首相、自民党新旧四役と会食
http://www.sankei.com/politics/news/140910/plt1409100036-n1.html

首相は自身が「保守のスターにしたい」と期待する稲田朋美政調会長に対し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について「昔は反対してたよね」と冷やかし混じりに語ると、稲田氏は「(自分が変わったのではなく)状況が変わったんです」とすかさず切り返していた。

 …まともな左翼の政党があれば、俺はこいつを民主党のガソリン値下げ隊のあのクソババアレベルで叩いていた事は、想像に難くない。



 それより、だから俺は、共産党の藤野が、総バッシングで発言を撤回せざるを得ない空気が素晴らしいと思うのである。これは、安倍内閣でしか成し得なかった空気。民主党政権では、当然最大野党であろう自民党のバッシングはあろうとも、総バッシングにはならない。

 あと少なくとも東京五輪まで、この空気が維持できないといけないだろう。
 空気感の変化を感じる記事は良い。

 既に、一部ネット世論から、共産党の主張がカルトである事は認識されつつある。
 普通の世論的に、靖国神社参拝が総バッシングの対象であった8年前、ネット世論はカルトから、今やマジョリティの地位にまで登ったのではないかと思う。今はあの時より、ネットリテラシーは国民に浸透してる。今の変化の速度は、あの時の比にならない。

 共産党は世界的にはカルトである。日本でもとうとうその流れがきている事を感じる。靖国参拝が常識の空気をまとい初めて、かれこれ8年。

 今度は共産党が、カルト化するだろう。もう10年もかからない。
 共産党の主張を、誰かが、例えば維新の会とかが引き継げば、加速するだろう。ただ、地方政治での共産党ネットワークは侮れない。ブスブスと居残り続ける可能性は高いが、カルトな主張と認識された連中は、無毒化する可能性も高い。

 そうなって、俺ははじめて普通の左翼が、日本に誕生するのではないかと思う。
 この例で言えば、維新が左翼に舵を切る形になるのだけど。

 なんせ、自民党支配の終焉には、野党側のカリスマが必要になるだろう。長い道のりになるけど…。しかし、日本の政治は確かに、正しい方向へと進んでいるのは確かなのである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※おかげさまで、ランキング回復中!応援お願いします

「続ける」習慣



P.S.

 関係ないが、EU離脱派の言い分が面白かったので、貼っておく。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

女の子を馬鹿にしている

2016-06-27 23:09:17 | 政治(安倍政権)
 学習するべきである。
 女性を悪く見せると叩かれるという、アホな現実を。

【IT】女子をバカにしている! 自民党のパンフ「国に届け」炎上 「『君に届け』のパクりではない」と党側
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1606/27/news058.html

 そう。これはアホな事実である。
 日本は、元々高度に分業されていた、男女のワークバランスが平等に近かった国である。
 それを、近年無理矢理男女を平等にしようとして、結果歪んでいるように思う。

 何も、昔の秩序がよかったとは言わない。現在には現在の価値観があり、現在であれば、女性の権利が保護されるべきシーンも当然あるだろう。
 が、この歪みにより、元々優位に立っていた男性側が著しく不利になっている側面も、存在している事は認識しておくべきである。
 本来の正しい対処法としては、男性側が不利になっている側面について、丁寧に啓蒙し、男女共同参画の政策の中で、バランスをとっていくべきであろう。
 が、それは無理筋であり、危険な賭けなのは百も承知なので、こんな選挙直前にできる話ではない。

 なので、現時点で打てる手としては、女性は賢く、男性はバカというキャラの啓蒙漫画とする…である。

 はっきり言って、俺が言っている事は著しく女性を馬鹿にしている。
 だって。男性は啓蒙漫画内でバカにされても「そーゆー漫画だから」と我慢して大人の対応ができるけど。女性はそんな事もできないアホであると言ってるようなものだからだ。

 実際、俺の指摘通り、逆の設定で漫画にすれば、問題は発生しなかっただろう。
 はっきり言って、これで自民党を叩く連中はアホである。自分自身の事をアホだと言っているに等しいのだ。俺は是非、その事に気がついてほしいと思う。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※おかげさまで、ランキング回復中!応援お願いします

「続ける」習慣


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

イギリス、EUからの離脱・雑感

2016-06-25 11:03:15 | 国際
 とうとう。イギリスがEUから離脱する。

【変態】英国民投票:EU離脱へ…過半数確実、BBC報道
http://mainichi.jp/articles/20160624/k00/00e/030/236000c

 実は、俺は今回の英EU離脱について、語りきれるほどバックボーンがない。
 しかし、少なくとも日本国内から見える範囲での日本や世界のマスコミが、英国のEU離脱による経済危機の到来を予言していたのを知っている。英国の崩壊を語っていた…いや恫喝していたのを知っている。「EUを離脱しないで」と、懇願していたとも取れそうだけど。

 きちんと調べきれていないし、また今更調べきれるとは思えないので、直感で申し訳ないのだが…。俺は今回の英国の離脱が、1つの分水嶺になりそうな予感を持っている。

 EUは、旧秩序の象徴のようなものだ。
 日本の状況に当てはめれば、ドイツは財務省で、EUは財務省による財政再建至上主義の世界である。
 今回英国は、マスコミの脅しに屈せず、とうとうEUから離脱した…。俺は、そんな風に捉えられるのではないかと感じている。離脱の主な動機は、マスコミ的には移民問題でEU諸国と同調できない事なんかが、大きな理由とされていたけれど…。

 違うように思うのである。勿論、ぜんぜん移民問題が関係ないとは言わない。大きな要因ではあったと思うのだけど。イギリスはEUの緊縮財政至上主義に不満を覚えていたのではないかと思う。

 2009年の事だ。リーマン・ショックの後、英国は大規模な金融緩和を行い、付加価値税(日本の消費税に相当)の減税に踏み切った。結果、英国はリーマン・ショックの傷跡を最小限に留めたのだ。
 この景気対策が功を奏するまで、英国は1980年以降で最も厳しい景気後退を経験していたにも関わらずだ。

【赤旗】消費税減税で売り上げ増
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-04-16/2009041601_02_1.html

CEBRは「数字は明らかだ。付加価値税減税は効果がある。減税後、売り上げがすぐに増えた」と述べました。
 CEBRは、2010年初頭の税率再引き上げがぜい弱な景気回復を抑制してしまうとして、減税の6カ月延長を主張しています。

 そして。この赤旗の記事には続きがある。
 英国はその後、この劇的な景気回復に自信を深め、さらに来年からロンドン五輪が開催されるという盤石の体制でもって、財政政策を緊縮化に舵を切ったのである。
 付加価値税を元に戻し、福祉予算をカットし、かわりに景気腰折れ対策として、法人税の減税を行ったのだ。まさに、今のニセアベノミクスが実践している事である。

 結果は、多分みなさんの想像通りである。英国は、よりによってロンドン五輪の年、なんとマイナス成長に突入してしまうのである。

 ならば、俺は英国がEUから離脱すれば、緊縮キチガイのドイツにとらわれず、緊縮政策を撤回するように思うのだ。

 今、世界は英国政府自身ですら、EU離脱で英国に経済危機がくると警笛を鳴らす。

【ロイター】英国民投票、EU離脱なら1年間の景気後退も=財務相
http://jp.reuters.com/article/britain-eu-economy-idJPKCN0YE003

 本当だろうか?
 俺は、是非英国には頑張って欲しいと思っている。そして、英国がこの、世界的デフレから脱却できたのならば…。

 今度こそ、世界はこの愚かなデフレスパイラルからの脱出方法に気がつくのではないかと思うのである。

 いやいや。俺はよく知らんのよ?EU圏の話。だからすっごい的はずれな分析をしているかもしれんけど。

 さてさて。嘘つきなメディアの言うとおり、英国のEU離脱は英国の悪夢でしかないのか、それとも英国紳士は慧眼で、メディアの嘘つきを暴き立てる事になるのか…。


 ちょっと、興味ありませんか。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※おかげさまで、ランキング回復中!応援お願いします

前傾姿勢でいいじゃない: 子育て、起業、いま女子大生

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄県は経済制裁されるべき

2016-06-24 23:10:11 | 政治(安倍政権)
 沖縄発の保守ブロガーさんとかがいる。沖武士さんとか。彼が、チャンネル桜と提携したりして、発信力を強めるのはとても意義があって、俺的にはいい事だと思う。

 で、基地問題とかで騒いでる人々が、内地の人ではないというのも、本当の事だろう。とも思う。

 しかし、では、普通の沖縄県民が、ヤマトンチュと意識を共有できる「日本人」かどうかというと、俺は疑問符をつけざるを得ない。

 いつも、俺はウチナンチュに怒りを感じるのである。連中は、あの翁長県知事を選択した県民性なのだ。彼は、明確な沖縄独立派であり、自称琉球人である。

 彼らは、在日米軍の犯罪について叩きまくるが、犯罪率を考えれば自分達ウチナンチュの方が犯罪率が高いと自覚できているだろうか。
 沖縄県が、単独ではなんの戦力も持っておらず、在日米軍がいなくなれば、昨今凶悪度が増すばかりの人民解放軍に即刻危機に陥れられる危険性を、自覚できているのだろうか。
 南沙諸島の現状を、すぐ近くで行われている中共軍の蛮行を、尖閣諸島に毎日現れる中国漁船団を、連中は知らないのか。

 俺みたいな政治マニアな「日本人」は、沖縄県民が沖縄メディアに騙されているのだと言う。いつも思う。確かに、騙されている側面はあると思う。では、沖縄県民は本当に、ヤマトンチュに思うところなく、自分達は日本人であると認識できているのだろうか。

 俺は、かなり懐疑的である。

 今回の参議院選挙は、全国的に自公与党系が優勢なのに、北海道と沖縄では劣勢を強いられているそうだ。安倍総理が沖縄慰霊の日に訪れても、罵声の嵐…。

 琉球王・翁長県知事の所業は、見たところ鳩山由紀夫レベルの酷さである。あの立ち居振る舞い、発言内容、沖縄県議会での叩かれっぷり、どれをとっても醜悪の一言だ。

 でも、それでも沖縄県民は、翁長を選択するのである。
 参議院選挙でも、与党系は選ばないのだ。例え、痛ましい凶悪な犯罪が、在日米軍軍人の手によって発生させられた直後であったとしてもだ。

 【共同】女性遺棄、米軍属を9日に再逮捕
 http://this.kiji.is/113219725580337154?c=110564226228225532

 海兵隊は日本から出て行けだと?

 確かに、日本を守りたいだけであれば、沖縄に在日米軍は必ずしも必要ない。
 沖縄の在日米軍の必要性は、中国本土に近すぎる台湾台北が中共軍に電撃的に占拠されてしまった場合に、すなわちにオスプレイ等で急行し、米軍人がヘリボーンして首都を奪還する為に、戦略的に配置されているものだ。沖縄県民は、自分達に関係ないと、台湾を見捨てるのか。
 さらに、台湾が奪取されれば、次は本当に沖縄である。軍隊もない沖縄は、自衛隊や米軍の助けもなければ、簡単に人民解放軍に蹂躙を許してしまうだろう。蹂躙されなくとも、脅されれば無血開城するしかなくなる。晴れて、中共と戦うまでもなく、沖縄は中国領である。

 なぜ、一切の在日米軍との共存が、連中には考えられないのだろうか。俺は、日米の政治の足を、連中が必死で引っ張っているようにしか見えない。

 俺は、沖縄県民が日本政府を舐めすぎていると思う。
 沖縄振興予算なんぞ、必要ない。ゼロにすればいいのだ。俺はアレこそ税金の無駄であると考える。あの金が、まともに沖縄県民のモノになっているかも怪しい。

 日本政府は、沖縄県に経済制裁をするべきだ。アメとムチで、アメばかりでは効果がない事を、日本政府は中韓を通して、誰よりも知っているはずではないか。

 どうしても、俺には解せないのである。あんな連中なのに、なぜ制裁されないのか。痛い目をあってみればいいと思う。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※おかげさまで、ランキング回復中!応援お願いします

ダジャレイ夫人のひとり言―ちょっとエッチなダジャレイ語辞典


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

IMF提言が無意味なものに成り下がる日まで

2016-06-23 23:40:59 | 政治(安倍政権)
 基本的に、IMFに内政干渉をする権限は存在しない。

 Wikiを引用してみよう。

経済学者の相澤幸悦は「IMFには各国の財政政策を指導する権限があるが、それは財政危機に陥った国などに対して資金支援を行なった場合に限ってのことであり、アメリカに次いで2番目の出資国である日本に対してこんな指導を出すのはあまりにも不自然である。」と指摘している。

 しかし、それでもIMFは壊れたレコードのように、日本に対してのみ、内政干渉を続ける。
 それは何故なのだろうか。

【変態】アベノミクスの目標「達成困難」…報告書
http://mainichi.jp/articles/20160621/k00/00m/020/072000c

安倍晋三政権が目指す経済成長や財政健全化の目標は、現状のままでは「期限までには達成困難」と指摘。外国人労働者の受け入れなど構造改革の着実な実施を求めた。(中略)「今後の確実な実施が肝要」と強調。財政再建に道筋をつけるため、毎年0.5〜1%の幅で少なくとも15%まで引き上げるべきだと訴えた。

 実は6年前にも、IMFは同じ主張をしている。

【朝日】日本の消費税15%をIMF提言 来年度から段階的に
http://www.asahi.com/special/08017/TKY201007150639.html

 これこそが、日本の財務省からの圧力で、IMFが日本に対して財政政策の指導を行っている証拠と言っても過言ではない。

 まず第1に、IMFは資金援助していない国の内政に干渉する権限を持っていない点。
 つまり、IMFが日本に対し、財政政策の指導を行う事は、内政干渉に当たらないのだ。すなわち日本の財務省による、財政政策指導なのである。

 そして第2に、IMFでの日本の権限はアメリカに次ぐ2番めであるという事だ。ある程度、財務省はIMFを日本国内向け圧力団体として、私物化可能な地位にある。

 先日主張した通り、法人税とバーターの関係にある消費税だが。これはもう、担税力という意味で、現時点では限界に達している。やっても無意味な増税なのだ。なんせ、IMF自身が認めざるを得ない通り、「(増税で経済が)収縮してしまう」からだ。
 そして、それでもIMFはなぜか財政再建(プライマリーバランスの黒字化)を日本に強要する。
 ウチや、他のブログでも何度もいろんなところで主張が聞こえてくるが、日本のプライマリーバランスが黒字化したのは、唯一バブル絶頂期だけだ。
 要するに、バブルになればプライマリーバランスが黒字化するのだ。

 おかしいとは思わないのだろうか。これを聞いて、プライマリーバランスの黒字化は本当に健全だと思うだろうか。少なくとも、バブルが警戒される信号のようにしか、思えないのではないか。そして、俺はその推測が正しいと思う。
 少なくとも現時点でも、IMFの提言に、日本人は以前程関心を示していないように思う。

 日本に対し、内政干渉をしてくるモノは多い。

 その最たるものがマスコミで、ついで国連、そしてこのIMF。

 マスコミは国内勢力ではあるものの、上記の変態のように、常に日本の外敵に対し便宜をはかる。もはや国内勢力ではないのだ。

 これらの内政干渉に、日本人はどんどん鼻白んできているように思う。
 その中でも、比較的影響力を温存できていたのが、IMFだったのだが…。

 消費税を段階的に15%に引き上げねば、日本の国家財政は破綻すると言い続け、少なくとも6年である。そして、IMFの提言通り消費税を増税すれば、それだけ日本の国家財政が危うくなっていくのを、国民は肌で感じている。

 いくらなんでもおかしい。IMFて、正しいのか?みんな、懐疑的な目で見るようになったからこその、上記のIMFによる「増税で経済が萎縮してしまう」と認めざるをえない発言なのだ。
 IMFは6年前、「当初は、成長率を0.3-0.5%押し下げるが、老後のための貯蓄が消費に回り、日本経済への信用度が増すことで海外からの投資が増えるなどの結果、毎年0.5%ずつ成長率を押し上げる」とかアホな事を言ってるのである。

 6年前の今頃の、日本人の国連幻想崩壊前夜に、現在のIMFは似ている。

 いずれIMF提言は、日本国内で完全に無力化するに違いない。
 現在、国連は無視でOK的な雰囲気だが、いずれIMFもそうなる可能性は大いにありうる。
 オオカミ少年は、いずれ誰からも信用されなくなるのである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※おかげさまで、ランキング回復中!応援お願いします

イタリア人はピッツァ一切れでも盛り上がれる ローマ発 人生を100%楽しむ生き方

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都知事候補、民進党の本命が登場!

2016-06-22 23:38:26 | 政治(安倍政権)
 都知事選の話だけど。

 俺が「蓮舫をむしろ応援してます」っつったら、なんかみんなアホな子を見るかのように黙っちゃうんだよね。すっごい誤解されているように思うんだけど。

 俺が、民進党から出る候補が蓮舫だと聞いた時、なぜ応援したくなったのか。
 勿論、テクニカル分析の結果、その方が民進党の滅びを促進するからってのも、前のエントリに書いた通りでそのまんまなんだけど…。

【拙】蓮舫都知事選断念についての雑感
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/de72077e6193b358cc0f8407f13394ca

 それ以外にも理由はあってだね。それが、実に実に判りやすい、次善の候補が民進党から立候補予定なので、紹介したいと思う。

 変態新聞カモーン。

【変態】民進都議、片山氏で一致 都連が調整へ
http://mainichi.jp/senkyo/articles/20160622/k00/00m/040/135000c

 なんと!あの片山善博である!!

 

 ウチのブログでは、何度となく取り上げた、あの片山善博だ。あの舛添が可愛く見える程の売国奴である。しかも、中国系ではなく、朝鮮系。

 彼は鳥取県知事を2期8年やった実績がある人物なんだけど。地方版の人権擁護法案を実現させた人物である。
 これは、罰則と罰金を課すことが可能な、完璧バージョンの法案であった。しかも、人権侵害認定を行うのは、人権救済委員会というシロモノで、構成メンバーは部落解放同盟、民潭、総連という念の入れよう。罰則も、禁錮刑というわけではなく、「氏名の公表」という、言わばさらし首刑である。
 当然の如く、議会では即刻批判が集中し、この法案は凍結され、その後何年もかけて廃案にされてしまう。当然である。アメリカのトム・ヘイデン法と同じ流れだ。

 で。あの「亡国の宰相」菅直人内閣の総務大臣を最初から最後まで勤めあげた菅直人の盟友であり…。

 

 日本海の事を朝鮮東海と公言し、韓国語がペラペラで、朝鮮総連の面々との記念写真が残っており、日本の知事で唯一、平壌に公式訪問した事がある。北朝鮮に「金正日総書記万歳 鳥取県知事片山善博」との署名があるとの事だが…。詳細はわからない。

 
 ▲総連重鎮との記念撮影

 鳥取県の公用車は全てヒュンダイ車にしようとして失敗し、自分が使う知事用車両だけはヒュンダイ車で譲らなかったというエピソードもある。

 亡くなった奥さんの介護を美談にする辺り、精神的方向性が舛添と同じで、なのに奥さんが亡くなった直後に仕事上の部下の女性と再婚している。

 これだけでも物凄い情報量だが…。これだけではない。単にうんざりして全部書きたくないだけである。
 菅内閣が発足した時、岡崎トミ子と共に「売国の双璧」というカッコイイ二つ名で呼ばれた奴でもある。

 こいつが都知事になったとして、せっかく凍結された韓国人学校、どうなると思うよ?!こいつなら作るに決まっとるやん。それなら舛添の方が遥かにマシ。

 ほらな。民進党から出る奴なんて、ロクなのがいないんだよ。蓮舫の方がマシだってのは、よくわかるだろうが。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※おかげさまで、ランキング回復中!応援お願いします

亡国の宰相―官邸機能停止の180日

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

利用されるヘイトスピーチ解消法

2016-06-21 22:53:14 | 政治(安倍政権)
 うん。これでいいのだ。完全に想定通りである。

【産経】やはり危惧した通り…ヘイトスピーチ解消法による表現の自由の規制が始まった 自民党の責任は重いぞ!
http://www.sankei.com/politics/news/160621/plt1606210001-n1.html

 一応。ウチの今までアップした関連エントリのスタンスとして、ヘイトスピーチ解消法への見解を述べておくと…。

ない方が圧倒的に平和な法律ではあるが、右側の不愉快なデモは抑圧され、左側の米軍基地を追い出せとか言ってる連中も同時にブーメランで刺す事ができる、そこそこいい法律かもしれない

 といった感じである。
 で。上記産経の記事の話なんだけど…。

市は同法を盾に、申請された公園の使用を認めず、横浜地裁川崎支部は一定区域内での実施を禁じる仮処分を決定した。団体は場所を変えてデモを試みたが、警官隊も出動する大騒動に発展。同法の施行が、かえって現場を混乱に陥れている。

 合法的デモが、売国左翼によって叩き潰されるという、言論弾圧が繰り返されているとの事だ。おっと。別のデモかと思ってたら、ウチでも取り上げた、有田芳生らが地面に寝っ転がって妨害してた、あのデモの事か。

【拙・参考】売国左翼がキモいのは日本の常識
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/b1b68a33986ae153713c4b4ce956f5a0

 で、冒頭のあの記事では、産経は「ほーらみたことか!やっぱヘイトスピーチ解消法とか危険な法律だっただろうが!」と、獲ったり鬼の首状態である。実際、このデモ鎮圧については、ヘイトスピーチ解消法が恣意的に利用され、言論弾圧されている。

定義の難しいヘイトスピーチそのものを禁じた法律でないことは明らかだ。にもかかわらず、罰則規定もないこの法律を根拠に、表現の自由の「事前規制」が行われるとすれば、「曲解」のそしりを免れない。

 この通りであろう。うん。俺はこの産経の記事はすごく正しいと思うし、どんどん騒ぐべきだと思うのね。
 ただ。

同支部の仮処分によると、今回のデモの主催者は平成25年5月から今年1月までに、JR川崎駅前の繁華街を中心に在日韓国・朝鮮人の排斥を訴えるデモを計12回実施。昨年11月と今年1月のデモでは「朝鮮人をたたき出せ」などと拡声器を使って叫んだという。

 このデモは、確かにヘイトスピーチに該当するのである。
 俺としては、右側の論調として、ここまで極端なものは支持できない。それは、「このデモに参加したいか?」と問うてみたら明らかだと思うのね。俺は参加したくない。

 こーゆー、右翼側のデモは抑制され…。しかも、これに対するカウンター連中は、平気で言論弾圧を行うゴロツキであると、産経さんを中心として、世にしらしめる事ができて…。結果的には、俺にはいい事尽くめである。

 そうだそうだ!ヘイトスピーチ解消法は、今の形だと恣意的に利用されて売国左翼が言論弾圧しまくるぞー!騒げ騒げ!てな気分なのだ。

 俺は、こーゆー川崎のような悪しき例により、恣意的判断による曲解ができなくなるような罰則規定がつくなど、動きも出てくると思うのである。

 とりあえず、今のところ想像通り。
 他にも、ヘイトスピーチ規制法の概念により、人権教育に取り入れていこうとかの動きも出ているが、これらも明らかになれば、今の政府であるならば、きちんと検討してくれそうな気がする。

 なんせ、今は膿出しの最中なのである。
 そして、想定通りに膿の存在がクローズアップされているように思う。
 今の日本で、しばき隊のような連中が、かつての平和ボケ日本人を売国左翼が鎮圧してた時のような力を持つ事はもうない。
 いずれ消滅していかざるをえない連中だが、その消滅を早める効果が期待できそう。

 その為には、これから出てくる膿をどのようにひり出して治療するか。現日本政府の手腕にかかっているのである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※おかげさまで、ランキング回復中!応援お願いします

美少女ゲーム作品に見るニーチェの思想

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

自然消滅も同然。シールズ

2016-06-20 22:54:21 | 政治(安倍政権)
 いい加減、連中を特別扱いするの、やめたら?最早呆れるしかないわ。

【変態】シールズ 参院選後に解散へ「声を上げる流れできた」
http://mainichi.jp/articles/20160620/k00/00e/040/151000c



 上記変態のエントリだが、読んみるとうんざりできる。

<18歳選挙権>「シールズ」10代支持高く

<参院選>シールズ、政党と一線…野党期待に冷静対応

 そして、さらに結構な比率で「混じっている」事は、以下の朝日新聞の記事からも明らか。

【朝日】若者と考える参院選 不安・怒りが活動の力
http://www.asahi.com/articles/CMTW1606202800002.html

関西の学生らで構成する「SEALDs KANSAI」。メンバーで龍谷大4年の邊玲奈(ピョンリョンナ)さん(21)=東大阪市=は在日韓国人。(中略)邊さん自身は投票権がない。「本当はのどから手が出るほど投票に行きたい」。若者の投票が伸びないことがもどかしい。「投票をしたくてもできない人がいる。重い一票を放棄しないで」と訴える。

 一応、先日でエントリしたが。実態はこれである。

【拙】今日び聞かねぇ左翼的若者ども
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/cd128eaef73a53c94a7e1444ec5ee604

…シールズ…。若者の代表、か…。
 民進党と、共産党を足した数字が、まあシールズとかぶる支持政党なわけだけど。
 約6%っすな。一方、与党系は約33%。話にならん程の大差。(中略)
「シールズは、若者から一番ださい人たちと思われている」(政府高官)

 朝日と変態(毎日)新聞に言いたい。すっごい今更だけどさ。
 この、大嘘つき共が。

 でも、まあこれもいつも言ってるんだけど。朝日とか変態って、記事の中に嘘は混じえてないんだよね。本当の事を言ってないだけで。

 シールズを若者の代表って言うけど。その若者の母数については何も書いてないし。
 でも、その書きっぷりからして、日本全国の若者の大半が、シールズを支持しているかのようなんだよね。

 そっか。辞めるんだねシールズ。その活動。

 で、なんで辞めれるのかな。「俺たちの仕事は終わった」そうだけどさ。若者のカリスマで、崇拝されてたら、多分辞めるに辞めれないよ?間違いなく、引き止め圧力がハンパではない。目立ちたがりの君らの性質からしても、本当にカリスマだったなら辞めないよ。

 こんなにすんなり綺麗に辞めれる事自体、連中自身、支持されていない事が判っているであろう。トラウマものの黒歴史やな…。黒歴史確定になってしまったな。

 10年後、振り返ってみて、彼らは自分達の行いについて、どう思うだろうな。
 連戦連敗の、愚かな活動記録。何も生み出さず、恥を晒しただけだった。

 ネットで紹介される奥田愛基は、検索すれば簡単にその頭の弱さがわかる。
 そいつらと、熱を共有した事実は消せない。きっと、ひっそり抱えて生きていく事になるのだろう。

 正直、気の毒でならない。学生運動で公安に目をつけられたインテリの卵は、就職もままならなかったという話があるが…。人生棒に振ってしまったかもしれんという、危機感は、彼ら彼女らにはないのだろうか…。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※おかげさまで、ランキング回復中!応援お願いします

『永遠の0』と『魔法少女まどか☆マギカ』の類似点に関する考察

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

蓮舫都知事選断念についての雑感

2016-06-18 23:36:51 | 政治(安倍政権)
 残念。

 実は、俺は蓮舫の都知事選を応援したい気持ちであった。
蓮舫が都知事選に出馬しない事が、残念でならない。

【産経】【ポスト舛添】蓮舫氏一転、出馬見送りは「なぜ」 大勝負逃したと嘆くベテラン
http://www.sankei.com/politics/news/160618/plt1606180037-n1.html

 意外かな?

 いつも主張しているが、民進党は消滅すべき政党である。アレは旧社会党の亡霊なのだから。実際、民進党は今、消滅の危機に瀕している。
 蓮舫がもし、都知事選出馬を決断すれば、民進党内で数少ない人気議員の一人が国政から消える事になる。また1つ、民進党消滅が進むと思うのだ。

 そして、都知事選に出馬した場合、蓮舫はかなりの強さを誇ると思われるが、万が一にも取りこぼした場合、民進党の被るダメージは計り知れない。そして、蓮舫都知事が誕生したとしても、もしかしたら彼女特有のスタンドプレーから、マスコミの怒りをかって、嵐のようなバッシングに遭って、舛添のように追い詰められて退陣となっても、同じように民進党へのダメージは計り知れない。

 要は、彼女が動いた方が、民進党の首が締まるのだ。
 産経は上記の記事で、出馬見送りのなぜを分析しているが、俺は、蓮舫が都知事職を望んだものの、民進党執行部門の説得に応じたのではないかと思う。蓮舫抜きで、国政が戦えないと。

 さて。ここまでなら、俺の主張も納得できるのではないかと思う。何故なら、ここまでの俺の主張では、蓮舫の出馬は歓迎していても、蓮舫の当選を応援はしていないからだ。
 俺は、蓮舫を、民進党議員の中ではだいぶマシな部類だと思っているのである。
 彼女の事は嫌いだし、平気でその場限りの嘘もつくし、あの手の女性特有の、すぐに「法的手段に訴える」という恫喝もやる。典型的な民進党議員の鑑だとは思う。

 それでも、他の民進党議員より、「中韓寄り」を思わせるような台詞は少ないと思う。まあ、腐っても台湾人だしな。唯一、入閣していた頃に、中国漁船が尖閣諸島付近で海上保安庁の巡視船に体当たりをしてきた時、尖閣問題の事を「領土問題」と明言していた事があった(…まあ元台湾人だしな…)が、あれもすぐに発言の訂正をしている。

 彼女が、韓国や中国へ都市外交をやって、様々な便宜をはかる事を、現段階ではなかなか想像しにくい。可能性が皆無だとは言わないが。そして、彼女は決して無能ではないのである。少なくとも、極左である宇都宮健児や、バカ殿である細川護熙よりは数段マシではないかと思う。

 蓮舫が無難に都政を全うする事。これが一応、最悪のパターンであり、それ以外の、例えば、蓮舫がスタンドプレーによってマスコミとかに不況をかって辞任に追い込まれたり、都知事選で落選したりは、かなりいい流れだと思う。

 …都民には大迷惑かもしれないが。

 そんなわけで。どう転んでも蓮舫都知事に関しては、問題にならないように見える。
 俺は密かに蓮舫を内心で応援しようと思ってたんだけど…。もう、この話はないも同然なので、いいよね。

 現段階で、誰が都知事選の候補者なのかはわからないけど。都知事選候補は後出しであればあるほど有利とされている。現時点ではマック赤坂をはじめとして、在特会の元会長、桜井誠氏も含め、ロクな候補者が立っていないが、俺は楽観している。自民党は今回は、まともな候補者をあげる用意があるだろうと。後出しジャンケンが有利であるジンクスがある限り、都知事選の準備段階は、いつもグダグダなのである。

 本当はね。きちんと実務型のクリーンな都知事が立候補されるのが一番いいんだよ。
 ただ、蓮舫が立候補に意欲を示して、今日撤回するまで、都知事候補はロクなもんではなかった。最悪、この中では蓮舫でもいいかなぁと。そんな気持ちになったのである。

 どうなるかねぇ。都知事選。俺は、例の韓国人学校が中止になるとわかった段階で、舛添都政でもよかったんだけど…。実務はそこそこ優秀だしな。
 人格は最低だけど。辞職が確定した後、給与の全額返納はヤンピらしいし、退職金も満額貰うそうで、奴が使った税金の損失は、彼の辞職によって解消されない事になった。

舛添要一知事、辞職で給与の全額返上は取り消し 受け取る退職金の額は
http://news.livedoor.com/article/detail/11648099/

 人間性がな…。ホント最悪だとは思う。でも、コイツはホリエモンも言っていたことだが、無難だったんだよね。

 どーなるかなぁ。都知事。ちょっとハラハラしながら、見守っているよ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※おかげさまで、ランキング回復中!応援お願いします

やはり俺のソシャゲ課金は間違っているだろうか

コメント
この記事をはてなブックマークに追加