あるウソつきのブログ

日本の左翼が売国的すぎて、本当の左翼がいない事を嘆く、多分左翼的な人のブログです。

最高の閉会式

2016-08-23 23:11:50 | 政治(安倍政権)
 マジでウルッときた。

 あの日本が…。自虐的すぎる日本に…。こんな演出ができるなんて。
 大して期待していなかった、リオ五輪閉会式。

 次の五輪という事で、東京五輪をアピールする演出が凄かった。これは冗談ではなくマジで伝説級の五輪PR。

 とりあえず。まずは動画をどうぞ。



【シネマトゥデイ】“安倍マリオ”に海外も沸き立つ!
http://www.cinematoday.jp/page/N0085483

この演出に海外の人々は、「日本の首相がマリオの姿で緑の土管から飛び出てきた。なんて時代に生きているんだろう」「日本の首相が緑の土管からスーパーマリオとして登場したのを僕は見たのか? 日本が大好きだ!」「日本の首相がマリオとして土管から現れたのがリオオリンピック閉会式での最高の瞬間だった」「オリンピック閉会式での注目は日本の首相がかっさらったわね」「日本の安倍晋三首相がスーパーマリオに。今まででとてもクリエイティブなPRだったわ!」「日本の首相が全世界を前に、スーパーマリオのコスプレ姿を披露したよ。今まで見てきたもので最高のものだ」と大興奮の様子。

 俺はここで、日本のWiki更新回数ランキングを紹介したい。

 https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=特別:編集履歴の多いページ&limit=20&offset=0

 昔、ウィキの更新回数ランキングをネタに、「他国ではもっとインテリな、政治家やら社会問題が更新回数のランキング上位にきとるのに。日本ときたら…」とか言う記事が出たことがあった。
 現在もそうだが、当時、日本のウィキ更新回数ランキングはトップ20まで大半がサブカルチャーという状況であった。

 この時、俺は自分のブログで猛反発した。「何を言うか!こんなWiki更新ランキングにできる国が、日本の他にあると思うか!」と。

 あの当時(2008年)、異端だった俺の考えは、今、まさに日本でスタンダードになろうとしている。五輪PRが、東京五輪のPRだよ?まさにスタンダード。これをスタンダードと言わずして、何をスタンダードというのか。
 Wiki更新ランキングを日本叩き記事にしてた当時のマスコミよ。同じ記事を今、記事にできるかな?

 

 やだ。マジで泣きそう…。ショーの最後の花火のBGMは、マリオの面クリア時の音楽だよ…。今はまさに、俺が8年前に夢見た日本であった。

 東京五輪が決まった時、ドラえもんとかマリオとか、日本のソフトパワーをふんだんに使った演出にするプランはすでに浮上していたが、俺はずっと不安だったのだ。なんつーか、安もん臭い遊園地みたいになるのではないかと。漠然ともやもやして。

 この状況に、脅威を感じるのが中韓である。その記事も出ている。

【産経】閉会式の演出に中国ネットユーザーも驚嘆 「ソフト力のすばらしさ」「桜木花道も越前リョーマもまだいる…考えるだけで恐ろしい」
http://www.sankei.com/rio2016/news/160822/rio1608220053-n1.html

【はちま起稿】リオ五輪の安倍マリオを見た韓国人ブチギレ「歴代最悪の閉会式」「韓国は東京五輪をボイコットすべき」
http://blog.esuteru.com/archives/20000948.html

 日本は世界一のソフトパワーの国である。俺はもう、声憚ることなく宣言できる。
 俺はいずれ、時がくれば日本はこうなってくれると信じていた。本当にうれしい。8年越しの感動なのである。
 きっと、普通の人はこんなに東京五輪PRで感動はしないだろう。俺が感動している経緯は、そこそこ長い文章でなければ伝えられない。俺は変な人だろうと思う。

 それでも。俺は今日猛烈に感動したのであった。

 そして、いつも叩かれている「神の国発言」の、マスコミに歴代最低総理のレッテルを貼られている森喜朗元総理を、ここでアゲておきたい。

 あの人は確かに失言癖があり、アホだとは思うが、俺は事ある毎に主張しているが、決して悪い首相ではなかったのである。
 IT革命の推進により、マスコミによる情報の寡占状態を打破し、リオ五輪の壮行会では選手に表彰台で君が代を斉唱するように要請し、そして今回も、安倍マリオを提案したのは森元総理なのである。

 彼は、肝心なところでは最適手を打っている。失言如きで降ろされるべき首相ではなかった…。

 今の日本の状態は、彼によるところが大きい。確実にあの時時計の針を進めた人物なのである。そりゃー…。マスコミも早々に叩き潰したかったであろう総理なだけはあるのだ。

 そして。この感動のリオ五輪閉会式に、立っている東京都知事が小池百合子なのである。舛添でなく、心底、心底良かった…!

 

 パチリ、パチリと少しずつピースがはまり、今まさに最高の状態でこの時を迎えたという、俺の実感は果たして伝わるだろうか。

 読者の方々に、この想いが少しでも伝わってほしいと思う。こーゆーのを伝えたいが故に、俺はブログを書いているのである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※応援よろしくお願いします!

ウノ スーパーマリオ(DRD00)

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

経済オンチの経済講座

2016-08-22 23:54:56 | 政治(安倍政権)
 相変わらずタミーが財務省に敵対的で面白い。
 いい機会だから、今回も初心者向け、経済講座にしようと思う。

【産経】【田村秀男のお金は知っている】朝日・日経など財務省「御用」メディアの執拗きわまる緊縮包囲網を突破せよ!
http://www.sankei.com/premium/news/160820/prm1608200020-n1.html?google_editors_picks=true

 俺は、日本の全国紙では産経が最も好みではあるものの、経済については最もクソな新聞だと思っている。財務省の御用聞き的な記事と言うならば、産経も似たような記事を掲載していると思う。
 というのは、各メディアに向けた情報提供という形で、財務省がペーパーを配布しているからで、多忙な記者たちは、たいていそれをそのまま記事にするからである。

 そんな中、彼(田村秀男。通称俺の中で「タミー」)の主張はシンプルでわかりやすく、いつも同じであり、そしておそらく間違っていないと思うのだ。

 なぜ、「おそらく」かというと、これを実践できた国が存在しないからだ。
 実績がまったくない。
 で、実績がない部分以外では、彼の言う事は完全に事実であり、財務省やら朝日、日経の主張は嘘なのである。

 例えば。

突出しているのは日経で、財務省が10日に「国の借金」が6月末で1053兆4676億円になったと発表するや、国民一人当たりで約830万円の借金を抱えていることになると騒いだ。経済に多少でも精通していれば、すぐわかる詭弁である。
 国債の9割以上は金融機関経由で国内の預金者が保有しているのだから、国民一人当たり約800万円の資産なのである。借金の当事者は財務官僚なのだから、それほど問題だと言うなら官僚は給料を返上すべきなのだ。

 代表的なのはこれである。国の借金(国債)が1000兆円であり、日本の人口で割ると、一人頭830万円の借金だという話。
 例えば、俺を含めた一般国民ってば。国債を資産運用で購入するんだよね。日本国民が、日本政府に貸しているお金。それが国債なのだ。これを、「日本国民全体の借金」という事が、どれほどの詭弁か。しかも、国債なんてものは、日本の場合返す必要がない。

 なぜなら、日銀が現金を発行しているからだ。国債を、日銀が全部引き受ける事も可能なのである。実際、日銀は国債を現時点でもこっそり大量に買い取っている。
 ぶっちゃけ、日本国債は金利がつく日本円であり、現金は金利がつかない日本円であると言い切ってしまって問題がないくらいの話なのである。

 で、この話をすると確実にハイパーインフレがどーのとか言い出す人がいるんだけど。このハイパーインフレ、戦中の日本ですらハイパーインフレなんぞになった事がないのである。

【ニューズウィーク】ヘリコプターマネー論の前に、戦後日本のハイパーインフレを思い出せ
http://www.newsweekjapan.jp/kaya/2016/07/post-19.php



 こうやって、無限に日銀が資金を供給する状況を「ヘリコプターマネー」なんていう言葉で表現されるわけだけど。昔から、これをやるとハイパーインフレになると言われつつ、最初に「ヘリマネするとハイパーインフレになる」なんて言ってた限界借金量、国債発行額に達しても、日本はいつまでも円高で困ったままなのである。ちっとも円が安くならない。ハイパーインフレになって、日本円が紙くずみたいに安くならないのだ。

 産経でも記事になっていたと思うが、「日本はヘリマネの実験場ではない」という論調の記事を最近見かける。ちなみに、日本がヘリマネの実験場となる事を、世界中のどこの国も望んでいない。

 なぜなら、ヘリマネをするとそれは確実に、円安へとシフトするからだ。
 日本人ならば、円高で困ったという話はさんざん聞くだろうが、円安で困ったってのは、聞いたことがあるだろうか。圧倒的に少ないはずだ。円安は、日本のモノを外国が安く手に入れる事ができる事を示している。これは外国からすれば脅威なのである。

 逆に、日本では海外の安いものを手に入れる事が難しくなる。ここで、日本の食料自給率の低さなんかが話題に出てくる。日本は食料を海外に依存しているんだから、円安になると日本が食糧難に陥ると。

 これも、馬鹿げた話である。実は、日本の食料自給率の算出方法はカロリーベースなのだ。日本人の摂取カロリーのうち、60%ぐらいが海外に依存しているという事になっているのだけど…。
 小麦と肉が、これだけ輸入されてちゃ、こんなの下がんないのである。野菜にはほとんどカロリーがない。そして、日本は食料自給率をコストベースで考えると、70%ぐらいの自給率なのである。

 実際問題、日本の食料自給率を上げたければ小麦を控えて米を食えばいいのだ。それだけだ。

 日本は、世界有数の内需の国なので、外需依存度は低い。鎖国しても問題なく生きていくことができる。こんな国で、ハイパーインフレなんぞ起きるわけがない。つーか起こせないのである。

 確かに、タミーのいう事は実績がないんだけどな。
 誰もが、特に朝日やら日経が、信じられないようなデタラメを言ってて、そのデタラメの方が正しいみたいな形になっているんだよな。タミーの言葉が例え夢物語だったとしても。やってみる価値は、あると思うのである。

 いいやん日本がヘリマネの実験場になっても。俺はそれで、日本は世界に先駆けて、この先の見えない世界的なデフレ恐慌から脱出できると思っているのだけどさ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※応援よろしくお願いします!

反逆の日本経済学

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日本初の女性総理は蓮舫ではない

2016-08-20 23:42:11 | 政治(安倍政権)
【NIFTY】小池百合子 稲田朋美 蓮舫 日本初「女性首相」へ仁義なき戦い
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12151-11430/

一時は都知事選への出馬を党内からも強く期待された蓮舫氏は、本人も当初、気持ちが揺らいだ。もし出馬していれば、“蓮舫都知事”が誕生していた可能性は7割以上あったでしょう。それを断念した理由は、一国の首相という高い目標があったからです。まずは党代表を勝ち取り、総選挙での大勝、さらにその先の首相の絵図を描いたための、都知事選回避だった

 先の都知事選において、蓮舫が出馬を断念した。
 俺も、蓮舫が都知事選に出れば、上記記者のように7割とは言わないけど…。そうだなぁ3割ぐらい、蓮舫の都知事のメはあったと思う。

 しかし、今回の選挙の流れで見れば、おそらく小池氏が結局、圧勝していた可能性は高いであろう。なぜなら、そのケースでは共産党からは宇都宮けんじ氏が出馬していた可能性が高いからだ。野党共闘に至らず、鳥越氏のように150万票という巨大な組織票にはならなかった。

 結果として、鳥越氏よりは多少、票を集める事ができたであろうが、増田氏といい勝負ができた程度だったのではなかろうか。

 蓮舫の選択は結果としては英断であり、民進党総裁選は圧勝であろう。
 しかし、俺は蓮舫が日本初の女性総理にはなれるとは思えない。なれるとすれば、どちらかと言えば、小池百合子だと思う。

 上記NIFTYニュースの記者の物言いに、矛盾を感じないだろうか。
 記事タイトルは小池百合子、稲田朋美、蓮舫の順番で、日本初の女性首相レースの馬を紹介している。これは、そのまま注目度の順番で、大本命は小池氏、対抗は稲田、そして大穴が蓮舫なのである。

 小池氏は、今回の都知事選で大勝したが故に、「初の女性総理」レースに出馬する為の予選を突破し、一気に本命まで駆け上がったのである。いわば賭けに勝ったのだ。
 対する蓮舫はどうだろう。総理という目標の為、都知事選を断念?何いってんの。その都知事選で知事の座を勝ち取った小池氏は、今や日本初の女性総理候補筆頭ではないか。
 都知事選、蓮舫は勝率7割と思っていたのだろう?なら、都知事選で盤石に勝利を収めていれば、現在の自民党の一極支配の牙城を打ち破った野党候補として、確実に与党へ脅威を与え、かつ日本初の女性総理の座、可能性において暫定1位になれていた。

 なぜ、蓮舫は都知事選に出馬しなかったのか。前にもウチで主張したが、要するに博打に出られなかったのである。

【BLOGS】蓮舫人気にすがる民進党の苦境 長島昭久議員インタビュー
http://blogos.com/article/187521/?p=2

 結局、蓮舫は身内では最強だからして、安易に勝てる道を進んだようにしか見えない。長島の言うとおり、民進党内では本命が蓮舫であれば、対抗を探すのがほぼ不可能なほど、蓮舫は強いのである。

 蓮舫は、民進党総裁になる可能性が極めて高いと言わざるをえないが。これで俺は蓮舫が女性総理になる可能性がほぼ潰えたと思う。
 今のルートに入った蓮舫が女性総理になるには、民進党が再度勢力を取り戻し、自民党を上回る必要があるのだ。

 はっきり言ってやろう。不可能である。

 結局、蓮舫はその程度の器なのだ。
 まあ、いいんではないかな。俺は蓮舫が都知事になればそこは密かに応援しようと思っていたのだけど。総理の器ではないよ。都知事にはなれても、総理にはなれない。

 蓮舫は、本名は帰化1世で村田蓮舫。台湾人であった頃は、謝蓮舫であった。

https://twitter.com/renho_sha?lang=ja

 彼女のツイッターアカウントを見れば、村田性を名乗りたくないのは明白である。俺には彼女に愛国心があるようにはとても思えない。
 本来、そういう人を総理にするべきではないのだ。ジリ貧で、徐々に消滅していけばいいよ。民進党なんていう泥船の船長になって、目標総理候補とか、ちゃんちゃらおかしいわ。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※応援よろしくお願いします!

蓮舫流 やる気のスイッチ! 1日10分! 手作り学習ドリル術(教育単行本)


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「日本国憲法はワシが作った」のバイデン発言、朝日の反応

2016-08-18 23:28:13 | 政治(安倍政権)
 昨日ネタにしたバイデンの仰天失言。そう「日本国憲法は俺たちアメリカ人が作った」ってアレ。記事は毎度の如く、産経新聞だったわけだけど。

【拙】米民主党の傲慢
http://blog.goo.ne.jp/jpakiyo/e/56586f0ef1c01305c949b79364fcdeb6

で、バイデンである。現役副大統領の。
 上記で紹介した通り、終戦時は民主党政権なので、日本国憲法はバイデン達の先輩が記述したので間違いない。
 間違いないんだけど…。日本の共産党とかがひた隠しにしている、彼らが金科玉条の如く奉る日本国憲法が、アメリカの都合によって作成されたものであるという事を、こんなに簡単に発言していいものなのだろうか。

 これ、産経だからいとも簡単に記事にするけどさ。
 流石に日本のメディアはスルーできる発言ではないよね。

 と、いうことは。朝日がどんな記事を書いているか、気にならないか。今日は、あのバイデンの失言を、日本の左翼はどのように受け止めたかを書いてみる。

【朝日】(天声人語)米副大統領の憲法発言
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12515229.html?rm=150#Continuation

 久しぶりの、3行で要約をやってみるとね。

憲法草案、日本政府案を破棄してGHQが全文作りなおしたのは事実。しかし日本の研究者の意見は参照されたと言われている。
確かに作ったのは日本人ではないが、使い込んで自分達のものにした。
あれから70年、憲法は変わらなかった。これが日本国民の選択である。

 とまあこんな感じだ。なんとまあ、日本国憲法を正当化しようと必死な記事であろうか。GHQが作りなおしたのは事実なんで認めざるを得ず、そのフォローとして日本の研究者達の意見が参照されたとあるが、「…だと言われている」と、なんの裏付けもない。その上、その「日本の研究者」という連中が「日本人の研究者」なのか「日本の事をよく研究しているアメリカ人研究者」なのかの意味も曖昧…。フォローになっているどころか、胡散臭さガビガビであろう。

 で、ほとんど改憲不可能レベルの条件をつけておきながら、70年改憲できなかった事が、国民の選択だと言う。

 左翼が必死こいて自虐教育を徹底して、さらに、アメリカは中韓にあえて日本の利権の一部を与えて対立させ、日本政府が一枚岩になれないようにしておきながら、ほとんど不可能に近いレベルの衆参両院議員の3分の2の賛成でやっと発議でき、さらに国民投票で有効投票の過半数を取らねばできない改憲の、その投票者は、日教組率いる左翼に教育された人々がベースなのである。

 しかも。日本国憲法がGHQによって作成されたなどの情報は、徹底的に報道規制して日本国民に知らせずにである。

 これは、国民の選択なんぞではない。強い戦勝国の意思であり選択であろう。日本国民はそれに屈服していたにすぎない。

 その、日本国民が為す術もなく屈服する姿を、朝日は「これぞ国民の選択である」と胸を張るわけだ。さすが、GHQの片棒を担ぎ、左翼の自虐史観教育を担った中心的新聞なだけはあるよね。

 そんな朝日と同じような主張をする人が。民進党代表の、岡田氏である。

【産経】民進・岡田克也代表「米国が書いた憲法とは、不適切な発言だ」 バイデン米副大統領を批判
http://www.sankei.com/politics/news/160818/plt1608180014-n1.html

「最終的には(日本の)国会でも議論して(現行憲法を)作った。米国が書いたというのは、副大統領としてはかなり不適切な発言だ」と述べた。

 選択の余地がなかったはずの日本国憲法の押し付け。
 朝日にせよ、民進党にせよ、どーしても、これは「日本国民が望んで押し頂いている憲法」としたいらしい。

 ちなみに。小賢しい朝日新聞や民進党と比較して、「しんぶん赤旗」は、予想通りの華麗なスルーである。

 これを潔いととればいいのか。朝日とかは報道するだけまだマシととればいいのか…。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※応援よろしくお願いします!

あなたの常識を論破する経済学 (経済界新書)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米民主党の傲慢

2016-08-17 23:55:51 | 政治(安倍政権)
 ここ8年間、アメリカは民主党政権でオバマ大統領であった。

 
 ▲現役アメリカ大統領、バラク・オバマ

 副大統領は、ジョー・バイデンだったわけだけど。俺は日米共に民主党政権が大嫌いで、よくもまあ日本がむっちゃくちゃにならなかったなと思ったものである。

 
 ▲副大統領、ジョー・バイデン

 なんせ、日本の鳩山由紀夫元総理率いる民主党政権は、2009年9月からである。
 オバマ大統領率いる民主党政権は、その年の1月から大統領。日米双方の、民主党政権の始まりの年であり、悪夢であった。

 なぜ、こんな事を言い出したかと言うと、本日の産経の朝刊に、ジョー・バイデンの失言がデカデカと掲載されていたからだ。

【産経】バイデン副大統領「私たちが日本国憲法を書いた。日本は核保有国になり得ない」トランプ氏の容認論批判、異例の発言
http://www.sankei.com/politics/news/160816/plt1608160010-n1.html

 この、バイデン副大統領の認識は事実である。

 ちなみに。第2次世界対戦の終戦時、アメリカ大統領はハリー・トルーマン。米民主党政権の大統領で、日本への原爆投下を決断した大統領である。

 
 ▲アメリカ元大統領、ハリー・トルーマン

  
 ▲ちなみにこっちは、真・女神転生で登場する、アメリカ大統領のトールマン。正体は魔神トール。

 その後、日貨排斥の時代にビル・クリントンが大統領となり、ウチでは何度もとりあげて批判しているトム・ヘイデン法の他にも、強力な円高政策、日本に対する経済制裁(所謂スーパー301条)や内政干渉(年次改革要望書スタート)でしかも親中国という、最低の大統領であった。

 民主党政権は日本であれアメリカであれ、ロクでもない。
 今回も、もし共和党のトランプが敗れれば、あのビル・クリントンの嫁さんであるヒラリー・クリントンが大統領という悪夢になるのである。

 まーでも今回はトランプでも五十歩百歩だが。

 で、バイデンである。現役副大統領の。
 上記で紹介した通り、終戦時は民主党政権なので、日本国憲法はバイデン達の先輩が記述したので間違いない。

 間違いないんだけど…。日本の共産党とかがひた隠しにしている、彼らが金科玉条の如く奉る日本国憲法が、アメリカの都合によって作成されたものであるという事を、こんなに簡単に発言していいものなのだろうか。

 いや、よくないよ。俺はむしろアメリカの教科書に、「日本国憲法を作成したのは我々アメリカ人である」とか書いてあるという話に驚いたよ。ホントなの?そこまでアメリカでは常識なの?バイデンさん。

「(日本が)核保有国になり得ないとする日本国憲法を、私たちが書いたことを彼(トランプ氏)は知らないのか」と発言した。(中略)
 バイデン氏は「(トランプ氏は)学校で習わなかったのか」とも皮肉り、「彼に(大統領として)核兵器発射のコードを知る資格はない」と非難した。

 少なくとも、俺は日本人にはあからさまにすべき話ではなかったと思うな。アメリカ人の立場からなら。
 日本国憲法は素晴らしい憲法だとか言ってる共産党や、9条以外は改憲すべきではない。天皇陛下がお認めになったものであるという保守派な人々に冷水を浴びせる効果のある台詞であろう。

 戦力を封じた状態で中国という危険な国の隣に無防備な状態で立たせておいて、アメリカに依存させて逆らえなくさせるアメリカの対日武器の1つなわけだからな。日本国憲法。

 今もアメリカ人が、教科書で勉強するレベルで「日本を我々アメリカが封じているのだ」という認識なんだと理解できてしまう台詞であった。


 …バイデンの言う事が事実かどうかはよくわからん。
 が、それを誤解させうる発言であった事が非常に問題なのである。バイデンが日本人を見下している証左であろう。民主党政権は、日本を自国の友ではなく、奴隷だと思っているのではなかろうか。人種差別的と言ってもいい。

 日本国憲法は、もはや日本人のものである。アレを変更するのも日本だし、核保有をするか否かを決めるのも、日本人なのだ。決してお前らアメリカンではないわ。

 俺は、米民主党政権がチラチラ見せるこの傲慢さが嫌いである。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※応援よろしくお願いします!

ヒラリーは勝てるか?(ニューズウィーク日本版e-新書No.38)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

韓国の反日は止まず2

2016-08-16 23:58:24 | 政治(安倍政権)
 日本は、アメリカに似ている。

 そんな風に思ったこの一報であった。

【共同】政府、竹島提訴見合わせ 日米韓の連携維持優先
http://this.kiji.is/137856764408940023?c=113147194022725109

 正直、そうなるんじゃないかなぁとは思ったが。嫌な気分は拭い去れない。
 昨日のエントリの続きのようなニュースである。

 短い記事だし。全文引用しても構わんだろう。

日本政府は15日、韓国の超党派国会議員団による島根県・竹島上陸に対して外務省局長レベルの抗議伝達にとどめ、領有権問題に関する国際司法裁判所(ICJ)への提訴は当面見合わせる方針を固めた。提訴によって亀裂が深まれば、北朝鮮の核・ミサイル開発に対応する日米韓連携に支障が出かねないと判断した。日本政府関係者が明らかにした。

 提訴検討を求める島根県などの要望を踏まえ「一番効果的なタイミングを探る」(外務省幹部)立場は堅持する。政府としては竹島問題での抑制的な対応を強調することで、再発防止につなげたい考えだ。

 正直、今の日本政府は日本人の気持ちが理解できていないと思う。大局的に見ればこの方針は、政府の連中にとって間違ってはいないだろうが、それでも我が目を疑う。
 韓国がやってる事は、間違いなく北朝鮮と同じ、所謂「瀬戸際外交」である。

 対北朝鮮において、日米は何度も煮え湯を飲まされた。南北双方の朝鮮人は、ようするに日米を舐めているのである。「どーせ口頭注意だけだよ。ムショに入るわけでなし」と、日本警察を舐めきってる日本人の未成年達のようなガキ臭さを感じる。

 わざわざこんな方針、固める必要はない。結果、ICJへの提訴を見合わせる事になってもだ。それよりも、俺は韓国に対してなんらかの制裁措置をとるべきだと思う。

 一体何度目なんだよ連中の駄々は。アメやってなだめて言うことを聞かせても、その時だけウンウン頷いていても、目を離せば同じ悪さを繰り返すだけではないか。
 アメだけではダメなんだよ。ムチが必要なのだ。小学生ぐらいのガキと思って外交するべきであろう。

 アメリカは、北朝鮮に対して一貫して甘かった。もう10年以上、拉致された日本人は帰ってきていないし、未だに北朝鮮は核開発を行っている。ようするになんの解決もできていないのだ。
 日本もアメリカと同じである。韓国に対し、何もできていない。そして韓国もなんの痛痒も感じていないのは明白なのだ。

 自分達が損をしなければ、連中は平気で裏切り続ける。そういう民族であり、そういう歴史の持ち主ではないか。

 特にムカついたのが、共同の記事の後半であった。

提訴検討を求める島根県などの要望を踏まえ「一番効果的なタイミングを探る」(外務省幹部)立場は堅持する。政府としては竹島問題での抑制的な対応を強調することで、再発防止につなげたい考えだ。



▲まるで万尾獅子(まんおじし)。アニメ妖怪ウォッチでは、「まだだ!まだその時ではない!」と言って何もしてくれない事が多い妖怪

 こんなの、政府にやる気がないのはミエミエなんである。
 ICJに今、提訴したくないのはわかる。理解もできる。しかし、それで韓国に、まるで「何もしないから安心しろ」とでも言わんばかりの安心感を与えてどーすんだよ。

 安倍政権は、昨年の慰安婦問題日韓合意までは、方針が明確に「まずは韓国を潰そう」であった。あの合意で政府方針が切り替わったとしか思えない。

 韓国に肩入れしても、なんもいい事はない。


 ま。後もう1つ付け加えるのならば。この問題はアメリカの弱体化問題であると言っておきたい。
 南沙諸島の問題もそうだが、アメリカの影響力が低下しているからこそ、中韓は調子に乗ってこんな事が平気でできるのだ。

 あーゆーゴロツキ国家と対峙する歳には、必ず武力の背景が必要だ。
 日本に武力がなく、日本の仮の武力である米軍が弱体化しているとなると、とたんに調子に乗るのだ。

 憲法9条が、どれだけ世界の平和をむしろ脅かしているのかと。
 そんな事を感じないだろうか。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※応援よろしくお願いします!

北朝鮮経済のカラクリ (日経プレミアシリーズ)

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

韓国の反日は止まず

2016-08-15 23:35:34 | 政治(安倍政権)

「慰安婦問題の解決なくして、韓国の歩み寄りはない」

 一貫した、朴槿恵韓国大統領の主張である。
 
▲朴槿恵韓国大統領

【産経】韓国議員団が竹島上陸
http://www.sankei.com/world/news/160815/wor1608150008-n1.html

 それが、尽く裏切られた話であった。前にも主張したが日本の保守論客には、「(日韓慰安婦合意事項の)10億円ぐらい、手切れ金として支払ってやればいい」という主張が多すぎる。それで解決できないなら慰安婦問題は韓国の国内問題であると。

 しかしそれは、本質を直視しない思考停止であるとの事が、俺の主張であった。

 そもそも、10億円支払って、日本が得る果実とはなんなのか。

 それは、韓国の西側復帰である。中国に対する西側防衛圏の再構築のはずであった。
 いわゆる「反共の防波堤」というやつで、共産国家に対する防衛ラインとしての韓国という位置づけのはずだ。無論、これはカビの生えた冷戦時代の論理であり、今や不要な配慮なわけだけど。
 アメリカは、日韓を両方とも未だに「自陣営」と考えているのだ。韓国の日本への歩み寄り、関係改善は、自陣営への修復処理であり、フォローだと考えている。

 ところが、結果はどうであろう?

 韓国は結局、慰安婦日韓合意ではなんの約束事も履行できなかった。慰安婦問題は、海外ではむしろ韓国政府の中途半端な態度のせいで態度が硬化した上に激化した。
 さらに、韓国国内で政府主導の歴史問題叩きが減じた結果、韓国国民のフラストレーションが爆発してしまい、慰安婦以外の歴史問題で反日を煽り、バランスをとるしかなくなったのである。

 これが、今回の竹島強行上陸に繋がった。

 

 日韓関係は、安倍政権発足以来で、最高に悪化していると言って良い。だいたい、5月に日本で開催されていた伊勢志摩サミットに韓国が出席しなかった点でも、日韓慰安婦合意が機能していない事を示している。
 今後、日韓関係は悪化こそすれ修復には向かわない。年末までにと期限が切られている朴槿恵大統領の来日計画も、俺は実は怪しいと考えている。

 あの朴槿恵大統領に、そこまでの社交性は求められないだろう。

 明らかに、日韓合意を引き金に、裏目に出ている現在の日韓関係の悪化。アメリカは良かれと思って日本を動かしたのだが、それは火に油を注いだだけに過ぎない事が、アメリカにも理解できたはずだ。
 そして、日韓慰安婦合意は無駄だったのかというと…。これもちょっと前に書いたが、日本にとっては無駄ではなかったのである。
 アメリカに「日本は従順に従ったのに、韓国は従順に従わない」と思わせる事が大きい。

 政治問題というものは、突如化学変化的に関係が崩壊するなんてことは、少なくとも戦後秩序上はない。徐々に徐々に、韓国の必要度合いが減じていくのだ。
 そして、如何にも自然に、アメリカが韓国と、これまでの間柄を継続するように見せながら「プチッ」と「事実上切れたも同然」という状況にする。
 このままであれば、確実に韓国がちゅうぶらりんになる日が来る。

 その状態から数年が経過して、韓国はいつの間にか、アメリカという後ろ盾が中国にすり替わっている事に気がつくのである。

 その頃になれば、韓国系アメリカ人が慰安婦問題関連の韓国の主張を見限っていて、自分達のルーツに嫌悪感を感じているのが理想的。いわば韓国版のウォーギルトインフォメーションプログラム。日本の場合、嘘を信じ込ませる方針だったわけだけど。韓国の場合、真実を突きつける方針となる。

 このネット社会でなら。やれると思うんだよな…。そして事実、俺はその方向で世界が動いているように思っている。長年積み上げていたとは言え、所詮嘘が立脚点なのだ。
 韓国人が、アメリカ人にとって害のある民族なのであれば、いずれ必ず正常に戻ろうとする力が発生する。

 そんなわけで。盧武鉉大統領の頃からかなぁ。韓国は自滅の道を歩んでいると思うのだけど。今も順調に地獄道である。

 株というものは、基本的に大暴落にさえ巻き込まれなければ儲ける事はできると思うのだけど。国際政治についても、同じ事が言える。

 大切な事は、沈む韓国に手を差し伸べたりすると、日本も一緒に沈む可能性があるということだ。
 政治家たちは、果たして気がついてくれているのだろうか…。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※応援よろしくお願いします!

「慰安婦」問題・日韓「合意」を考える (彩流社ブックレット)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

現実復帰

2016-08-15 23:31:30 | 日常ネタ
 嫁さんの実家から帰還した。本日からまたネットの海を漂って平常運転である。
 世の中は、徐々に盛り上がりを見せるリオ五輪とSMAP解散騒動の話題で持ち切りのようだが、現状では、まだ俺がついていけてなかったりする。

 まあ、ゆっくりリハビリのつもりで元に戻していこうと思う。
 また、応援よろしくお願いします。

 ただいま。

 ところで。
 今、SMAP解散の記事と、ジャニーズ事務所のサイトを確認してみたんだけど。キナ臭い事この上ないな。解散時期は今年年末との事だけど、すでにジャニのサイトでは、SMAPというグループ名は削除されているんだよね。
 そして、5人は継続してジャニ事務所に所属。誰も独立しない。事務所がSMAPというグループだけを消し去りたい気マンマンではないか。

 正直、誰もSMAPの解散を望んでいないと思うんだよね。メンバー自身も。それなのに、ドル箱のメンバーは、全員事務所に縛られるんだよ。

 ブラック企業ここに極まれりだと思ったよ。先日、天皇陛下はそのお言葉において、過酷なご公務を高齢となった自身が実施しなければならないという矛盾をご指摘になられていたが、天皇陛下の仕事もまた、ブラックだと思う。

 リオ五輪においては、金メダル以外では喜べない日本の柔道選手が銅メダルをとって悔し涙で謝罪するしさ、日本という国は、本当になんとしがらみの強い国民性なのだろう。ブラック企業はなくならんと思うわ。マジで。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※応援よろしくお願いします!

マリオ&ソニック AT リオオリンピック

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

君が代を大声で

2016-08-10 22:52:54 | オリンピック
 久々に、産経抄を取り上げようと思う。

【産経抄】声が裏返るまで歌え 8月10日
http://www.sankei.com/column/news/160810/clm1608100003-n1.html

 まずは、思わず金メダルおめでとうと言いたくなる、涙腺が緩みそうないい記事だと思った。体操ニッポンは、こうやって世代を引き継いでいくのだなと。記者が日本を誇らしく思っている事が伝わってくる。

 まあ、そこは今回置いておこう。今回オレが注目したキモは、当然ここだ。産経抄記者も当然わかっている。タイトルにしたぐらいだからな。

エースの内村航平選手(27)は表彰式の前、メンバーに呼びかけていた。「声が裏返るまで歌ってやろう」。同じ「裏」の字が入っていても、丸谷さんの小説とは正反対の意味である。実際、金メダルを首にかけた5人は、大声で「君が代」を歌っていた。

 イチローがWBCで日本人である事を誇らしげに語ったり、日本の、世界的に注目を集めているトップアスリートから、俺は団塊の世代にはないエネルギーを感じている。時代の変化というか。

 だって「君が代を、声が裏返るほど高らかに、みんなで歌ってやろう」だぜ?
 なんという羨ましい体験であろう。発想であろう。底抜けの明るさを感じる。

 この発想は、俺らの世代以上は出てこない。特に団塊の世代とかは絶対に出てこないし、思っても口にしない。仮に、内村選手のような事を考えたとしても、この世代の連中は少々君が代に忌避感があるので、うっかり口にすると浮いちゃうかもしれないという恐怖があるのだ。

 なんせ、俺の小中学校では、音楽の教科書の一番後ろのページが君が代であったにも関わらず、そこに配られた校歌のプリントを、全面的に糊付けして貼らされたのである。おかげで校歌は覚えていても君が代の歌詞を覚えていないし、メロディラインすら知らなかったりする。

 君が代を一度も斉唱する事なく学業を卒業してしまい、歌えないのである。

 団塊の世代ではなくとも、俺らでも、当然君が代は歌えるし、歌うべきだとも思う。でも、それはどこか厳粛さをまとっているように思うのだ。
 それは、俺が小中学校で施された、呪いのような自虐史観である。その後の、それに紐づくマスコミの国旗国歌に対する取り扱いである。

 まるで、原爆投下時や911テロ発生時の黙祷のような面持ちで、我が国の国歌を歌ってはいないだろうか。

 国歌なんて、どんなふうに歌ってもいいはずだ。アレンジ上等。ホンモノをリスペクトしているからこそ、アレンジが生まれるのは、サブカルチャーが好きな俺らなら、みんな知ってるはずだ。

 右派とか保守とか言われる方々の中には、日の丸や君が代を神格化してしまっている方も見受けられるが…。
 日本の素晴らしいところってのは、どこだったっけ?なんでもかんでも、いいものは受け入れて、魔改造してハイスペック化してしまうところだろう?

 オリンピックの勝ちは、健全なナショナリズムを発露してくれる。その中でも、これまでで最も喜ばしいエピソードだったと思う。これはちょっとした事件だよ。「君が代事件」

 なんにせよ。何を置いても、体操ニッポン。復活おめでとう!

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※応援よろしくお願いします!

体操ニッポン!―体操王国ニッポンの復活、そして2020東京へ (日本文化出版ムック)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天皇陛下のお言葉

2016-08-08 23:47:43 | 政治(安倍政権)
 本日、天皇陛下が国民に向けて、約10分間のメッセージを述べられた。



 天皇陛下のご公務は過酷である。ご高齢となって、ご公務を十全に果たせなくなる前に、生前退位を希望される旨を語られたわけだが…。
 以前、誰かがおっしゃっていた。天皇陛下は日本の頂点に君臨されているのではなく、円の中心におられるのだと。
 それを、強く思い出されたお言葉だった。常に、日本国民の為にとのお気持ちが前面にある。国家元首としては最高のお方であろう。

 さて。そんな今上天皇陛下だが。

【日経】天皇陛下「お気持ち」表明 「生前退位」を強く示唆
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08H2M_Y6A800C1000000/

生前退位を巡っては、7月13日、陛下が5年ほど前から周辺に意向を示されていることが表面化。

 今回の生前退位の話が5年前からの話である事が、新聞各紙で報じられている。…なぜか、この5年前から生前退位を希望されていたとの話が、産経と読売ではヒットせず、道新や朝日がトップでヒットするのか。その理由がよくわからないが…。

 その「5年ほど前」というキーワードが、俺には気にかかった。当時は、おそらく民主党の菅直人総理である。その1年ほど前に、同じく民主党の鳩山政権にて、天皇陛下特例会見における30日ルール破りいうムチャもあった。

 ちなみに30日ルールとは、村山内閣、当時与党が新党さきがけで、代表幹事が鳩山由紀夫だった頃にできたルールで、会見30日前までに、会見希望の文書を宮内庁に申請せよというもの。
 このルールは度々破られてはいたのだが、2004年に今上天皇が腫瘍摘出手術を受けられたのちは、健康面の配慮から厳格化されていた。それ以降も1度だけ、タイ国王に対する会見が例外的に30日ルールを1日だけ破られていたが、当時スマトラ沖地震でタイ国内が大混乱に陥っていた事もあって、特例的に認められたものであった。

 上記民主党政権の30日ルール破りは、当時の民主党・小澤幹事長が、権力にものを言わせて中国に便宜を図ったものであった為に、さんざん避難されたのであった。

しかし、陛下(宮内庁かもしれないが)は本当に大したお方だと思う。
 朝日新聞に紹介された、この1枚の写真が大変いい。
 

 日本における、黄色いバラの花言葉は、「薄らぐ愛・恋に飽きた・別れよう、誠意がない、不貞、嫉妬」であり、おめでたい席では贈ってはいけない花なのであった。宮内庁の仕掛けか…。表現が雅だ。
 ちなみに、中国における黄色いバラの意味は、金運アップだそうで。こりゃー気がつかないな。はっはっは。
▲当時のウチのブログ(【拙】石原都知事の小澤擁護・宮内庁非難

 なんというか、本当に信用ならんかったんだろうなと思う。宮内庁にとっても、陛下にとっても民主党政権が。民主党政権が倒れ、盤石な自民党政権が確立し、憲法改正が可能となったタイミングでの、狙いすませたかのような、今回の生前退位の話。

 案の定、この話が出てきている。

【FNN】「生前退位」可能となるよう改憲「よいと思う」8割超 FNN世論調査
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160808-00000744-fnn-soci

 明らかな、安倍政権への後押しであろう。

 どう解釈するかは、人それぞれだと思うけどな。俺は、少なくとも現政権が、陛下のご意向にそった政権なんだろうと思ったのであった。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ※応援よろしくお願いします!

破壊外交-民主党政権の3年間で日本は何を失ったか-完全まとめ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加