始めたよ!一口馬主~チーム・ノーマンの挑戦~

競馬と少し距離を置いていたが、一口馬主を始めて、資金力の無いのに入れ込んでいるノーマンが書く備忘録

[東サラ]メテオーリカ16牝に追加出資(17/11/15)

2017-11-15 13:10:00 | 2016年産出資馬

簡単に追加出資を決めた訳ではなくて、相当悩んだ。

出資可能だったシルク・東サラの募集馬の中で、魅力的に感じた。

では、我慢して見送ったシルクの3、4頭と比べて、出資するべき馬なのかと言うと、そう言い切れないところはある。

結局、来年度の募集ではロードカナロア産駒の募集金額が上がって、出資しにくくなるだろうと考えられることが決め手かな。


プラス面とマイナス面を考えると、マイナス面が多くて、不安がたくさん有る。

最も懸念されるのは、馬体重。
10月末の更新で、408キロ。
募集時から、382キロ→401キロ→408キロ→408キロ。

シルクの会報で読んだことがあるけど、牝馬の場合は募集時(1歳9月頃)から体重があまり変わらない馬が多い。
なので、増えて420〜430キロだと思っている。

というのは、血統からもあまり増えない要素があるからだ。

ロードカナロア×ディープインパクトというのは、相性が良さそうな配合だけど、ディープが入ると馬体重が心配される。
実際に、同配合のシルクのアルモニカ牝2は、420キロでデビュー。

だから、母母のところには、筋肉を付けるような血脈が欲しい。

メテオーリカ16の場合、母母父がHernandoで、Northern Dancerが2本入る。
もう少し頑強になりそうなNorthern Dancer血脈の方が良いけど、悪くはない。

ただし、4代母にはナスキロ血脈が2本入るので、柔らかな体質が伝わるとともに、体重が増えないかもしれない。
ここが、ロードカナロアの母、ディープの母父の母の部分と結び付くので、強調の度合いが大きい場合には、体重が増えない可能性が高まる。


検討しては止めておこうと思い、また検討してみるの繰り返しだった。
最後には出資を決めたのだが、種牡馬ロードカナロアに期待しての出資というほかはない。

(今年度は、自分が好きなナスペリオン血脈をクロスした馬を、思ったように確保できなかったので、今後に向けて模索中というのもあるかな。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分メモ〜ハービンジャーに... | トップ | [シルク]モノドラマの近況+α... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2016年産出資馬」カテゴリの最新記事