始めたよ!一口馬主~チーム・ノーマンの挑戦~

競馬と少し距離を置いていたが、一口馬主を始めて、資金力の無いのに入れ込んでいるノーマンが書く備忘録

[シルク]ゼアブラヴ・ビートマッチの近況(17/7/6)

2017-07-06 23:55:00 | 2014年産出資馬

ゼアブラヴ牡3[シルク]
父ファルブラヴ母ジェシカ
(ジェシカの14)

6日にCWコースで追い切り
 助 手 7. 6CW不
 86.4- 69.6- 54.2- 39.6- 11.7[9]稍一杯追う
(16.8- 15.4- 14.6- 27.9- 11.7)
 チカリータ(古馬500万下)末強目の外に1.2秒先行同入

次走予定:中京7月23日 芝1400m(500万下)

小崎憲調教師「6日にCWコースで追い切りました。
終いまでビッシリ行いましたが、抜かれそうになると頭が上がり気味になり、苦しいところを見せていたものの、何とか辛抱して同入してくれました。
徐々に馬体は引き締まってきているものの、まだ余裕があるので、絞れて来れば動きも素軽くなるでしょう。
動きだけ見ると再来週の競馬には間に合いそうなので、このままピッチを上げていきたいと思います。」


 ◇
長期休養明けでどこまで走れるか?
1度使ってからかな。
レースをした影響がどのくらい出るかだなぁ。


 
◇◇◇
ビートマッチ牝3[シルク]
父ルーラーシップ母パーフェクトマッチ
(パーフェクトマッチの14)

南Wコースで5日に時計
 助 手 7. 5南W不
 68.6- 53.5- 39.3- 12.6[9]馬なり余力
(15.1- 14.2- 26.7- 12.6)

次走予定:7月16日の福島・種市特別(500万下・芝2000m)〔戸崎圭太〕

萩原清調教師「帰厩後も状態に問題はなかったことから、2日には坂路コースで終いサラッと伸ばす程度で時計を出し、5日には南Wコースで強めの追い切りを行いました。
坂路コースだとまだいいのですが、フラットコースになると脚捌き自体は力強いものの、まだしっかりと馬体を収縮させて走ることが出来ておらず、フットワークに改善の余地を残していますね。
ただそれはこれまで脚元が気掛かりで、坂路主体で調教を行ってきたことの影響もあると思いますので、今後も脚元との相談にはなってきますが、出来る限りフラットコースでの調教も取り入れながら改善を図っていければと考えています。
来週の福島に芝2000m戦が組まれていますので、そこを目標に仕上げていきたいと思います。
鞍上は戸崎圭太騎手にお願いしています。」



脚元に不安がある。
大きな頓挫が無く、よくここまで来たな〜と思う。



-----
出資馬に関する情報はシルクHCのホームページからの転載で、許可を頂いています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [シルク]ヴェロニカグレース... | トップ | [シルク]ヴェロニカグレース »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2014年産出資馬」カテゴリの最新記事