消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

南昭弘・富山市議が酒代を茶菓子代で、政務活動費支出。ほかの会派も再点検

2016年09月18日 | 県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還
南昭弘・富山市議が酒代を茶菓子代で、政務活動費支出。ほかの会派も再点検

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

  ニュース
==============
南昭弘・富山市議が酒代を茶菓子代で、政務活動費支出。店からの領収書但し書きに「茶菓子代」と加筆。

NHK  「」  2016年9月18日
  クリック 

政務活動費の不正が相次いでいる富山市議会で、新たに、自民党会派の南昭弘議員が、市政報告会の出席者に出したビールと焼酎の代金、4万5000円を「茶菓子代」として政務活動費から支出していたことが分かり、南議員は不適切だったとして、今後返還することにしています。
これは18日、富山市議会自民党会派の南昭弘議員が、NHKの取材に明らかにしたものです。
それによりますと、南議員は、平成25年6月に開いた市政報告会の終了後、出席者に出したビールと焼酎の代金のうち、4万5000円を「茶菓子代」として請求し、政務活動費から支出したということです。
富山市議会のルールでは、アルコール類は政務活動費から支出できないことになっていますが、南議員は「酒は茶菓子代として認められると思っていた。認識が甘かった」と述べ、不適切だったとして返還する考えを示しました。
また、酒を購入した際、店から受け取った領収書は、ただし書きが空欄で、その後「茶菓子代」と書き加えられていたということで、南議員は「書き加えたのは自分ではない」と説明しています。
一方、みずからの進退については「不正をしようと思ったわけではない。今は、議員として活動を続けたい」と述べ、辞職しない考えを示しました。

09月18日
========================
富山市議会政活費、自民の不適切処理が30件

読売新聞   2016年09月18日 09時44分
  クリック 

政務活動費の収支報告書を相互に点検する自民党会派の市議たち(13日、富山市役所議会棟で)

 富山市議会の政務活動費(政活費)不正受給問題を受けて、自民党会派が2011~15年度分の政活費の収支報告書を再点検したところ、政活費の運用指針に反した不適切な処理が約30件見つかった。

 各会派は21日までに、13~15年度分の政活費の再点検結果を議長に報告する予定。公明、共産、社民3党では、不正はないとしている。2人の不正が発覚した民進党系会派・民政クラブは調査中だ。

 今回の問題が表面化するまで会派に28人いた自民党は、再点検の過程で、白紙領収書に水増し金額を記載して請求するなどの不正が相次いで確認され、6人が辞職に追い込まれた。高田重信幹事長によると、不正が多かった茶菓子代を重点的に点検した結果、茶菓子代に缶ビール代を含めていた例など不適切とみられる請求が約30件あったという。不適切請求について、高田幹事長は「報告書を修正し、返金する予定だ」としている。

 4人いた民政クラブは、会長と幹事長が辞職願を出す事態になった。会計担当の橋本雅雄市議は、「現在、精査しており、公認会計士にも見てもらいたい」と苦しい状況を説明する。

 公明党(4人)は、第三者の弁護士に関係書類を点検してもらったところ、不正請求などの問題はなかったという。佐藤則寿政調会長は「会派内で厳しくチェックしてきたが、弁護士に市民目線で見てもらった」と話す。

 共産党(2人)の中山雅之市議は、「今のところ修正が必要な不正はない」としている。社民党議員会(1人)の村石篤代表も「訂正が必要な不適切請求はなかった」と話している。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 警察職員が、落し物の現金2... | トップ | 自民県議政務活動費に不正疑... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還」カテゴリの最新記事