消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

日南市の小学校で津波避難訓練。宮崎県

2017年04月25日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
日南市の小学校で津波避難訓練。宮崎県

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

  1節。
国土地理院地図。   地図の中央の「文」記号が、大堂津小学校

  クリック 


  2節。ニュース。
新1年生にも津波からの避難を学んでもらおうと、宮崎県日南市の海沿いにある小学校で、南海トラフ巨大地震の津波を想定した避難訓練が行われました。

海岸からおよそ400メートルに位置する日南市の大堂津小学校では、新入生が入学したばかりのこの時期に合わせて、毎年、津波避難訓練を行っています。
訓練には、新1年生から6年生まで全校児童78人が参加し、授業中に巨大地震が起きて津波が発生したという想定で始まりました。
校内放送で地震と津波の発生が伝えられると、子どもたちは教職員の指示に従って、学校の裏手にある高さ10メートルほどの一時避難場所に走って向かいました。
宮崎県の想定では、南海トラフ巨大地震では、日南市に最短で14分で津波が押し寄せるとされています。
25日の訓練では全校児童が、津波到達までの時間より短い5分ほどで避難を完了しました。
訓練に参加した1年生の男子児童は「地震が起きたら、津波が来て危ないので急いで高いところに逃げるのが大切だと思いました」と話していました。
宮崎宏子校長は「海は楽しいところという意識が子どもたちにはあるが、ひとたび地震が起きると脅威になります。自分で安全な場所に逃げて命を守るという考えを身につけてほしい」と話していました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「日南市の小学校で津波避難訓練。宮崎」  2017年4月25日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岡山市議会の政務活動費57... | トップ | 横浜事件遺族「全力で廃案に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗」カテゴリの最新記事