消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

津波避難でマンションと協定。鹿児島市の城南小学校

2016年12月07日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
津波避難でマンションと協定。鹿児島市の城南小学校

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

津波から子どもたちの身を守るため、鹿児島市の小学校は、学校の隣にあるマンションを避難場所として提供してもらうための協定を、7日、マンションの管理組合と結びました。

この協定は、鹿児島市城南町にある城南小学校と、学校の隣にあるマンションの管理組合が結びました。
学校の体育館で行われた協定の調印式では、原口洋校長と児童の代表、それに、マンションの管理組合の理事長が文書に署名を行いました。
そして、児童を代表して6年生の上原碧彩さんが「私たちの安全を考えて協定を結んでいただき、ありがとうございます」と感謝の言葉を述べていました。
城南小学校のある鹿児島市城南町は海に面し、津波のおそれがある場合、市の計画では、高さおよそ15メートルの4階建ての校舎の屋上に避難することになっていました。
今回、協定を結んだマンションは13階建てで、41メートルの高さの所に避難することが可能だということです。
鹿児島市教育委員会によりますと、津波に備えて、市内の学校がマンションの管理組合と協定を結んだと報告があったのは、今回が初めてだということです。
学校では、来年度、子どもたちがマンションに避難する訓練も行いたいとしています。

12月07日
城南小学校のYahoo地図    クリック 

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「津波避難でマンションと協定。鹿児島市」  2016年12月7日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元警官が、殺人の罪を改めて... | トップ | 保護者会「学校に厳しい意見... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む