消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

高野行雄・県議が政務活動費102万円を返還へ。富山県議会

2016年10月14日 | 県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還
高野行雄・県議が政務活動費102万円を返還へ。富山県議会

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280


富山県議会の自民党会派に所属する、魚津市選挙区選出の高野行雄議員は、支援者との懇親会の費用を政務活動費から支出したのは不適切だったとして、102万円余りに利息分を上乗せして返還することになりました。
富山県議会の自民党会派の発表によりますと、魚津市選挙区選出の高野議員は、平成23年度から昨年度にかけて魚津市内のホテルで7回開いた県政報告会の茶菓子代や会場費として、120万円余りを政務活動費から支出しました。
しかし実際には、茶菓子は県政報告会のあとに同じ場所で開かれた支援者との懇親会で出され、懇親会の会場費も政務活動費でまかなったということです。
自民党会派は、「県政報告会と懇親会がセットで開かれる場合は分けて考えるべきで、不適切な支出だった」として、県政報告会の会場費を除く102万円余りについて、利息分を上乗せして高野議員が返還すると発表しました。
これについて高野議員は「不正を行ったつもりはないが、認識が甘く反省している」と話しています。
今回の問題を受けて県議会の自民党会派は、今後、政務活動費から茶菓子代を出すことは認めないことを決定しました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「高野県議が政務活動費を返還へ。富山県議会」  2016年10月13日
  クリック 
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2700万円横領容疑で逮捕... | トップ | 政務活動費の ネット公開の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む