消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

危険ドラッグ購入か 警察官を逮捕。交通課長・警部補。宮城県警。今年4人目の警官不祥事

2017年03月15日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
危険ドラッグ購入か 警察官を逮捕。交通課長・警部補。宮城県警。今年4人目の警官不祥事

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

南三陸警察署の交通課長が危険ドラッグを購入したとして近畿厚生局麻薬取締部に逮捕されました。
逮捕されたのは、南三陸警察署の交通課長、三浦章容疑者(52)です。
近畿厚生局麻薬取締部によりますと、三浦容疑者は、2月、法律で規制された指定薬物を含む危険ドラッグの粉末およそ0.5グラムを購入したとして医薬品医療機器法違反の疑いがもたれています。
石巻市の自宅で、郵送で受け取っていたということで、別の危険ドラッグの密売事件で2月に逮捕された男の供述などから麻薬取締部が捜査を進めていました。
麻薬取締部によりますと、調べに対して容疑を認めているということで、購入した詳しいいきさつなどを調べています。
宮城県警察本部によりますと、逮捕された南三陸警察署の交通課長三浦章警部補(52)は昭和58年に宮城県警の警察官となり、交番勤務のあとは交通部を中心に勤務し、おととし平成27年3月に南三陸署の交通課長になりました。
勤務態度はまじめだったということです。
宮城県警察本部監察課の遠藤浩幸首席監察官は「警察官がこのような行為で逮捕されたことは誠に遺憾であり深くおわび申し上げます。
捜査結果を踏まえ明らかになった事実に即し厳正に対処します」とコメントしています。

逮捕された三浦交通課長は、地域の交通安全の催しや、南三陸さんさん商店街のオープンにあわせて交通整備も担当していたということで、地域の住民から失望の声が相次ぎました。
南三陸警察署の近くにある仮設住宅に住む80代の男性は、「いざとなったら頼るのが警察なので残念で言葉にならないです」と話しました。
また、70代の女性は、「南三陸は復興に向かって一生懸命やっているので警察官が逮捕されてがっかりです」と話していました。
また三浦課長は今月の南三陸さんさん商店街のオープンにあわせて交通整備を担当していたということで、商店街の阿部忠彦会長は「オープンの時は、周辺が渋滞するなど道路環境が厳しい中、警察に交通整備をしてもらったので残念です。次の3連休も混雑が予想されるので、影響がないといいです」と話していました。

宮城県警の警察官の逮捕は今年度4人目で、警察が把握している平成に入ってから最も多いということです。
去年5月には大河原警察署の54歳の警部補が酒酔い運転の疑いで逮捕され、有罪判決を受けました。
去年10月には若柳警察署の30歳の巡査長が交通安全協会が管理する現金を盗んだ疑いで逮捕され、その後、会社事務所に盗みに入った罪でも起訴され有罪判決を受けました。
さらに2月には女子高生のスカート内を盗撮しようとしたとして交通機動隊に勤務する34歳の巡査長が逮捕され、その後、罰金の略式命令を受けるなど不祥事が相次いでいます。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「危険ドラッグ購入か 警察官逮捕。宮城県警」  2017年3月15日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪の母子殺害事件。被告・... | トップ | パソコン強制終了で残業時間... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正」カテゴリの最新記事