消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

抗がん剤「オプジーボ」で心臓に重い炎症。異常の場合の投与中止指示。厚生労働省が

2016年10月18日 | 医療事故
抗がん剤「オプジーボ」で心臓に重い炎症。異常の場合の投与中止指示。厚生労働省が

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

オプジーボで心臓に重い炎症 異常の場合の投与中止指示

新しいタイプの抗がん剤「オプジーボ」を投与された60代の患者が心臓に重い炎症を起こして死亡し、厚生労働省は因果関係が否定できないとして、製薬会社に対し、患者に異常が見られた場合には投与を中止することなどを添付文書に盛り込むよう指示しました。

「オプジーボ」は、体の免疫機能を高めてがん細胞を攻撃する新しいタイプの抗がん剤で、肺がんや皮膚がん、腎臓がんの治療薬として承認されています。

厚生労働省によりますと、これまでに投与された患者のうち6人が、心臓に重い炎症を起こす心筋炎を発症しました。
このなかで、因果関係が否定できない患者3人のうち、60代の男性患者1人が死亡したということです。
ほかにも、血小板の量が減って内出血を起こしたり、筋肉がえ死したりする症状も、報告されているということです。

このため、厚生労働省は、製造元の小野薬品工業に対し、患者に異常が見られた場合には、投与を中止することなどを添付文書に盛り込むよう指示しました。
オプジーボをめぐっては、ほかの薬が効かない患者にも効果が期待できる一方で、価格が高いことでも注目され、
厚生労働大臣の諮問機関が価格を引き下げる方針を示しています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「オプジーボで心臓に重い炎症 異常の場合の投与中止指示」  2016年10月17日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元・警察官が 起訴内容を一... | トップ | 詐欺などの疑い 社協職員逮捕... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む