消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

防災行政無線が7か所で故障。福岡県朝倉市。今後は、携帯電話の緊急メール(エリア・メールなど)も併用

2017年07月17日 | 東日本大震災津波とゲリラ洪水の対策成功失敗
防災行政無線が7か所で故障。福岡県朝倉市。今後は、携帯電話の緊急メール(エリア・メールなど)も併用

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

記録的な豪雨で大きな被害を受けた朝倉市で、市内に設置された少なくとも7か所の防災行政無線のスピーカーが故障していたことがわかり、市は、
大規模災害時に故障を防ぐのは難しいとして、
携帯電話のメールなど複数の方法で情報を伝えたいとしています。
朝倉市は、市内の116か所に防災行政無線を設置し、7月5日の豪雨の際にも避難勧告や避難指示を呼びかける放送を流しました。
ところが市が、今月10日に防災無線のスピーカーを点検したところ、
▽高木地区の3か所と▽松末地区の4か所のあわせて7か所が
故障していたということです。
市が7月5日に確認した際には、正常に作動していたということで、市は、大雨や土砂で電線が切れたことによる停電が故障の原因とみています。
すでに一部のスピーカーは復旧しているということです。
朝倉市消防防災課は、「大規模災害時に防災行政無線の故障を防ぐのは難しい。携帯電話の緊急メールなど複数の手段を使って情報を確実に伝えたい」としています。
====================================

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「防災行政無線7か所で故障。福岡県朝倉市」  2017年7月17日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
この「クリック」をクリックして表示される画面を「お気に入り」に登録してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海水浴場で津波想定の避難訓... | トップ | パトカーが関係する事故相次... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む