消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

収賄容疑現金30万円の市職員を懲戒免職。和歌山市役所

2017年05月14日 | 官庁の不正。汚職
収賄容疑現金30万円の市職員を懲戒免職。和歌山市役所

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

和歌山市の職員が、公共工事を受注した業者に便宜を図った見返りに現金を受け取ったとして逮捕されたことなどを受けて、市は12日付けで、この職員を懲戒免職にしました。
懲戒免職になったのは、和歌山市水道局の林克芳副主査(34)です。
林副主査は、去年1月、市の工事を受注した業者が必要な技術者を現場に常駐させていないのに見逃すなどの便宜を図った見返りに、現金30万円を受け取ったとして先月、収賄の疑いで逮捕されました。
また、今回の逮捕に先立って、部下の職員を暴行したなどとして逮捕され、罰金40万円の略式命令を受けていました。
和歌山市によりますと、市の職員が本人に面会して聞き取り調査をしたところ、林副主査はいずれも事実関係を認め、収賄については「生活に余裕がなく金に困っていた」と話したということです。
このため市では、12日付けで、林副主査を懲戒免職にしました。
和歌山市水道局・水道総務課の岩本浩吉課長は、「市民の信頼を失墜させたことについて、深くお詫び申し上げます。今後は再発防止に努めたい」と話しています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「収賄容疑の市職員を懲戒免職。和歌山市」  2017年5月12日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豪雨対策考えるシンポジウム... | トップ | 違反車追跡でパトカーが人身... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む