消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

米田昭夫・県議が京都視察に妻同伴。石川県議会

2016年10月01日 | 県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還
米田昭夫・県議が京都視察に妻同伴。石川県議会

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

石川県議会の自民党の米田昭夫議員が、政務活動費から交通費などを支出した去年12月の京都への視察について、行程の一部で妻を同伴していたことが分かりました。
米田議員は、政務活動費には自分1人分の費用しか計上しておらず、問題はないとしています。
県議会の自民党の米田昭夫議員によりますと、去年12月に日帰りで京都を訪れ、観光鉄道のトロッコ列車や保津川の川下り、それに京都市内の美術館などを視察したということです。
この視察の中で、京都への行き帰りの鉄道を含め、行程の一部で妻を同伴していたということです。
米田議員は、視察にかかった費用のうち、自分自身の交通費や施設の入場料など、あわせて2万8000円余りについて政務活動費から支出しましたが、妻の交通費などは政務活動費に計上していないとしています。
これについて米田議員は、30日、県議会で会見を開き、視察は混雑している観光地の交通安全確保の現状を確認するためだったなどとしたうえで妻を同伴したことについては、「私と妻ではそれぞれ京都に出向いた目的が違ううえ、別々に交通費を出しているので特に問題はない」などと説明し、政務活動費の返還などは行わない考えを示しました。
一方で、議会事務局に提出した視察の調査報告書には、第一印象のようなことしか記入していないとして、必要であれば調査報告書の内容を補充したいと説明しています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「県議が京都視察に妻同伴。石川県議会」  2016年9月30日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3年前に廃業した飲食店の領... | トップ | 政務活動費。新たに2人・成... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む