消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

岐阜県議会 政務活動費。返還は2割。支給額。領収書の添付なしも。情報公開手数料

2017年06月30日 | 県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還
岐阜県議会 政務活動費。返還は2割。支給額。領収書の添付なしも。情報公開手数料

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

  1節。相川の意見。
2節ニュースの青色文字部分は、相川の加筆です。

  2節。ニュース。
岐阜県議会の議員に昨年度支給された政務活動費の収支報告書が、6月30日公開され、総支給額1億8200万円余りのうち返還されたのは約20%にあたる3600万円余りにとどまりました。
  支給額
政務活動費は政策の調査や研究などのために、議員報酬とは別に支給されるもので、岐阜県議会では議員1人に1か月33万円が前払いで支給され、使わなかった分は返還するよう条例で定められています。
6月30日から県議会の事務局で公開された政務活動費の収支報告書によりますと、昨年度1年間に46人の議員に支給された政務活動費の総額は1億8200万円余りでした。
  使い残し返還額
このうち、返還されたのは約20%にあたる3600万円余りにとどまりました。
また、1人あたりの年間支給額396万円を使い切ったとしているのは10人で、会派別では自民党と民進党の会派がそれぞれ4人、無所属が2人となっています。
  領収書の添付
一方、政務活動費はすべての支出に対して、原則、領収書の添付が求められていますが、約10%にあたる1370万円余りは領収書がありませんでした。
  情報公開の手数料
岐阜県議会では政務活動費の領収書などの電子データを市民に提供する費用がこれまで12万円余りと全国でも突出して高額でしたが、今回から140円に見直され、今後、インターネットでの公開も検討しています。
======================================
  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「県議会政務活動費。返還は2割。岐阜県」  2017年6月30日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
この「クリック」をクリックして表示される画面を「お気に入り」に登録してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有害鳥獣駆除補助金。確認不... | トップ | バスが信号機に衝突。3人軽... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還」カテゴリの最新記事