消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

元県議を詐欺などの疑いで告発。埼玉県議会の沢田力元議員を

2017年07月15日 | 県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還
元県議を詐欺などの疑いで告発。埼玉県議会の沢田力元議員を

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

埼玉県議会の元議員が領収書を偽造して政務活動費などを不正に受け取っていた問題で、市民オンブズマンは元議員が政務活動費など合わせて1200万円余りをだまし取ったとして、詐欺などの疑いで告発状を検察庁に提出しました。

市民オンブズマンによりますと埼玉県議会の沢田力元議員(49)は、活動報告用のチラシを投かんする業務を業者に発注したとして平成23年度から27年度にかけて政務調査費と政務活動費、合わせて540万円余りを不正に受け取ったとしています。
また、同じ時期にチラシの印刷などを業者に発注した名目で政務活動費など690万円余りを不正に受け取り、合わせて1200万円余りをだまし取ったとして、市民オンブズマンは、詐欺などの疑いで告発状をさいたま地方検察庁に提出しました。
沢田元議員は所属していた県議会の会派、「自民党議員団」の調査に対し、チラシを投かんする業務に関して領収書を偽造し政務活動費を不正に受け取っていたことを認めて、12日、議員を辞職しています。
市民オンブズマンの田中寿夫代表は14日、県庁で会見を開き、「今回のような問題を防ぐためには、インターネットなどを通じて政務活動費の情報を広く開示してくことが重要だ」と話していました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「元県議を詐欺などの疑いで告発。埼玉県議会の沢田力元議員を」  2017年7月14日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 捜査記録740点を放置で地... | トップ | 捜査で訪れた高齢者宅で窃盗... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還」カテゴリの最新記事