消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

横領の疑いで送検の警部を懲戒免職。栃木県警。金庫の中の、留置中の被疑者の所持金15万円を、横領

2016年10月14日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
横領の疑いで送検の警部を懲戒免職。栃木県警。金庫の中の、留置中の被疑者の所持金15万円を、横領

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

宇都宮中央警察署の50代の警部が署内に保管されていた現金15万円を着服したとして業務上横領の疑いで書類送検され、栃木県警は、14日付けでこの警部を懲戒免職の処分にしました。

処分を受けたのは、宇都宮中央警察署の留置管理課長の54歳の警部です。
警察によりますと、この警部はことし8月中旬、署内の留置管理課の金庫で保管されていた現金15万円を着服したとして業務上横領の疑いで書類送検されました。
この現金は当時留置されていた容疑者のもので、釈放される際に金庫を確認したところ残金に食い違いが見つかり、この警部が自分が預かっていたと話したということです。
その後、詳しく事情を聴いたところ横領したことを認め、調べに対し「横領した金はすべてパチンコに使った」と供述したということです。
栃木県警察本部は、この警部を14日付けで懲戒免職の処分にしました。
栃木県警察本部の赤坂浩首席監察官は「警察官がこのような犯罪を起こしたのは極めて遺憾であり、心からおわび申し上げます。再発防止と信頼回復に努めてまいります」とコメントしています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年02月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「横領の疑いで送検の警部を処分。栃木県警」  2016年10月14日
  クリック 
  クリック 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 警察職員が残業手当て水増し... | トップ | 「逮捕は違法」都に賠償命じ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む