消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

警察官が酒気帯び運転し事故。栃木県警

2017年08月05日 | 警察・検察・裁判・刑務所・弁護士の不正
警察官が酒気帯び運転し事故。栃木県警

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

4日未明、宇都宮市で栃木県警の32歳の警察官が酒を飲んで車を運転したとして、酒気帯び運転など疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、栃木県の下野警察署管内の交番に勤務する巡査長で、宇都宮市横山の大井啓容疑者(32)です。
警察によりますと大井巡査長は、午前2時半ごろ、宇都宮市横山の市道で酒を飲んで乗用車を運転して、道路脇の電柱などに車をぶつける事故を起こしたものの通報しなかったとして、酒気帯び運転などの疑いが持たれています。
この事故でけが人はないということです。
警察が到着した際に、巡査長は「代行運転の運転手が逃げた」などと話していましたが、基準を超える濃度のアルコールが検出され、その後、「酒を飲んで事故を起こした」などと容疑を認めたことから、5日逮捕したということです。
警察によりますと大井巡査長は、休みだった3日の夜に宇都宮市内の居酒屋で同僚とビールや焼酎を数杯飲んだということです。
栃木県警察本部の北村修首席監察官は「警察官がこのような事案を起こしたことは誠に遺憾であり、事実関係を調査し、厳正に対処いたします」とコメントしています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「警察官が酒気帯び運転し事故。栃木県警」  2017年8月5日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州北部豪雨(福岡県朝倉市... | トップ | 被爆証言150人収録呼びか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む