消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

支援企業に政務活動費から会費。島根県議会の自民党の議員が

2017年06月09日 | 県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還
支援企業に政務活動費から会費。島根県議会の自民党の議員が

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

島根県議会の自民党の議員が、自分を支援する企業グループに、政務活動費から3年間であわせて18万円あまりを支払っていたことがNHKの取材で分かりました。
県議会のルールでは後援会活動などに政務活動費を支出することは不適当とされていて、議員は「認識が甘かった」として返還することにしています。
NHKは、島根県議会の議員の政務活動費が適切に使われているかどうか、独自に調査を行っています。
その中で、自民党議員連盟に所属する益田選挙区の中島謙二議員が自分を支援する益田市内の建設会社など、10社近い企業でつくる「けやき会」というグループに、
「会費」の名目で平成25年度から27年度にかけて、合わせて18万5千円を政務活動費から支払っていたことが分かりました。

「けやき会」は、おととし行われた県議会議員選挙の前に、
中島議員が代表になっている「自由民主党島根県益田市第四支部」に
会の名義で50万円を献金していました。
「けやき会」の関係者は、NHKの取材に対し、「中島議員を支援する企業で定期的に集まり、会費は会の活動にあてた」と話しています。
政務活動費は議員が行う調査研究のために支給されるもので、県議会のルールでは、後援会活動などへの支出は不適当とされています。
中島議員はNHKの取材に対して、「認識が甘かった。過去の政務活動費の支出を精査して、返還したい」と話しています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「支援企業に政務活動費から会費。」  2017年6月9日
  クリック 
NHKの各県放送局のホームページ    クリック 
この「クリック」をクリックして表示される画面を「お気に入り」に登録してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小学生が障害を体験。その直... | トップ | 西祖谷の小中学校で防災学習... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還」カテゴリの最新記事