消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

石川県議不適正支出23万円余。秋田県議会

2017年02月22日 | 県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還
石川県議不適正支出23万円余。秋田県議会

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

秋田県議会の石川徹議員は政務活動費について、ガソリン代を二重に計上するなど13件、23万円余りの不適正な支出があったとして収支報告書の修正手続きを行いました。
石川議員をめぐってはおととし10月、議員活動に伴って秋田市内のホテルに宿泊した際に同伴した家族の宿泊代金を政務活動費から支出していたことがすでに明らかになっています。
石川議員は21日、県議会議員に初当選したおととし以降、去年3月までに政務活動費で13件の不適正な支出があったと明らかにしました。
具体的には、ガソリン代を二重に計上したケースが4件あったほか、携帯電話の通話料の中に家族の分が含まれていたり、プリンターの購入費用の半分を計上すべきところを全額、計上したりしていました。
不適正な支出の合計は13件で23万2911円に上っています。
石川議員は「政務活動費は県民の大切な血税がもとになっているのに、ずさんな処理で誤った報告書を提出してしまい申し訳ない。多くの人たちに迷惑をかけたことを心からおわびし、今後はミスがないようしっかりと精査していく」と謝罪しました。
石川議員は21日、収支報告書の修正手続きを行いました。
今後、議会事務局から返納に必要な書類が届きしだい、返納するとしています。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「石川県議不適正支出23万円余。秋田」  2017年2月21日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三重 河川国道事務所元課長... | トップ | 主要な活断層帯が県内で2つ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

県・市会議員の政務調査費・海外視察の返還」カテゴリの最新記事