消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

「年明け解散も」「共産などと連携協議急ぐ」と民進党の野田幹事長

2016年12月19日 | 市民意見を議会に反映
「年明け解散も」「共産などと連携協議急ぐ」と民進党の野田幹事長

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

  1節。相川の意見。
 1。 ずいぶん、以前に、中曽根康弘氏が首相の時に「これで、衆議院を解散できる日がなくなった」とマスコミと国民に言った。選挙準備中の、たくさんの自民党候補陣営が来て「まだ解散できる日数がある。選挙準備を、やめたら、良いのか?」と質問したら、中曽根氏が「選挙準備を続けなさい」と答えて、野党は、選挙準備せずに総選挙を迎えて、大敗した。中曽根康弘氏は、機会あるごとに、その大勝を自慢する話がマスコミに、何度も乗った。衆議院選挙のたびに、「私が大勝した時の当選者数よりは、今回の当選者数は すくない、」と。

  2。2年前に、安倍首相が衆議院を解散する直前は、東南アジア訪問しているときに、毎日、同行記者団に「私は、解散という古馬を、1回も行ったことがない」と、繰り返し言った。その言葉をマスコミが、毎日、国民に伝えた。実際には、帰国後に、間もなく解散して、大勝した。毎日、同行記者団のマスコミ各社が、国民と野党に、「安倍首相に頼まれて、選挙準備させない催眠術を、野党と国民にしてやっている」ようなもの。

  3。 政治のニュースに「首相は、「解散するかどうか」「解散の時期」について、うそをついても、責任をとられない」ということが政治家が言っている。

  4。先日のニュースで安倍首相がマスコミ各社に、「現段階では、解散しない」といったとニュースにあった。

  5。 選挙事務所の手当は、間際に、不動産屋を探しても、間に合う可能性が高いが、
自分の党の候補者選考擁立と、野党候補調整は、間際では、間に合いにくい。

  2節。ニュース。
民進党の野田幹事長は茨城県土浦市で記者団に対し、年明け早々に衆議院の解散・総選挙が行われる可能性があるとしたうえで、今週、共産党などと幹事長・書記局長会談を開き、衆議院選挙での連携について協議を急ぐ考えを示しました。

安倍総理大臣は日ロ首脳会談のあとNHKの番組で、衆議院の解散・総選挙について「現段階では、全く頭の片隅にもない」と述べました。

これについて民進党の野田幹事長は記者団に対し「ロシアとの首脳会談のあとがっかりしたので頭になくなったかもしれないが、衆議院を解散したくなる衝動に駆られる可能性はまだあると思っている。解散・総選挙が、来年早々に起こりうるという前提に立つならば、年末も年始もない」と述べ、年明け早々に衆議院の解散・総選挙が行われる可能性があるという認識を示しました。

そのうえで野田氏は衆議院選挙での共産党などとの連携について、「『できるかぎりの協力』をもっと精力的に詰めなければならず、今週のどこかの段階で幹事長・書記局長会談を呼びかけ、開催したい」と述べ、協議を急ぐ考えを示しました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「“年明け解散も 共産などと連携協議急ぐ” 民進 野田氏」  2016年12月18日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トイレ行かせず自白迫る。袴... | トップ | 警官が、警官の停止指示を無... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市民意見を議会に反映」カテゴリの最新記事