消費者保護。東日本大震災・津波避難・福島原発。子供安全。冤罪。警察不祥事。労働者権利。相川哲弥ブログ

消費者保護。市民意見を議会に反映。子供・おとな安全。大学の選び方。無実市民を有罪にするのを防ぐ。警察の裏ガネと不正。

「改良すべき踏切」に歩道を設置。富山県砺波市の「第2三郎丸踏切」

2017年01月30日 | 子供・おとな安全
「改良すべき踏切」に歩道を設置。富山県砺波市の「第2三郎丸踏切」

相川哲弥ブログ。 http://blog.goo.ne.jp/jp280

国土交通省が指定した県内の「改良すべき踏切」のうち、
通学路として危険性が指摘されていた砺波市の踏切は、道幅を広げる工事が終わり、子どもたちが渡り心地を確かめました。
砺波市の「第2三郎丸踏切」は、JR城端線が通る、市道と交差する踏切で、道幅が狭く歩道がないことから小学校の通学路として危険性が指摘され、今回の「改良すべき踏切」に指定されています。
砺波市は、去年9月から踏切内の道幅を広げて歩道を設ける改良工事を進めてきましたが、このほど工事が終わり、30日午後、通れるようになりました。
市によりますと、これまで、道幅は5.5メートルでしたが、改良工事によって4メートル広くなり、幅3メートルの歩道が新たに設けられたということです。
30日は、下校中の子どもたちがさっそく踏切を利用し、歩道を友だちと並んで歩きながら、渡り心地を確かめていました。
小学6年生の女の子は「踏切を渡るとき、すぐそばを車が走っていたので危ないと思っていました。
安全に渡れるようになってよかったです」と話していました。
砺波市土木課の齊藤正晴主任は「5年以上前から検討を進め、時間がかかりましたが、子どもたちが安心して渡れるようになってよかったです」と話していました。

  9節。資料出典。
別の記事『インターネット版のニュース記事を、記憶容量が最小のファイルに保存・整理』(2010年2月19日)
 クリック 
を使って、
(記事がインターネットから削除されないうちに)ファイル保存・整理してください

NHK  「「改良すべき踏切」に歩道を設置。富山県砺波市」  2017年1月30日
  クリック 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生徒700人の食中毒で、県... | トップ | 雨量データを「電話で連絡」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

子供・おとな安全」カテゴリの最新記事